中学1年生で知っておくと中学の勉強に困らない!【誰にも聞けない勉強の話】

中学1年生

オンライン授業で全国の小学生と中学生を応援する。

 

塾オンラインドットコムです。

 

今回の記事の担当は、塾長です。

 

「中学1年生の勉強」について不安はありませんか?

 

この記事で紹介する、「中学1年生で知っておくと中学の勉強に困らない!【誰にも聞けない勉強の話】」を読むと、中学生の勉強について理解が深まる内容となっています。

 

なぜなら、塾長の経験をベースに中学生になる生徒にアドバイスしている内容だからです。

 

この記事では、中学生の勉強のポイントをまとめた記事になっています。

 

記事を読み終えると、中学1年生の勉強のポイントがわかる内容になっています。

 

以下の悩みを解消します。

中学生になったら勉強が不安

中学生の勉強法が知りたい

勉強と部活の両立は?

英語・数学対策に興味のある方

↓↓↓↓↓

無料体験授業実施中です!

記事の内容

中学1年生の勉強は大事

中学1年生の勉強法

家庭学習の習慣化

あわせて読みたい

参考記事:【小学生】の算数を復習するポイント、中学生になるための準備編 

参考記事:小学生の先取り学習【英語編】この英語の単元を予習すればOK!

内申点対策に興味のある方

↓↓↓↓↓

無料体験授業のお申し込みはこちら

中学1年生の勉強は大事

中学1年生

中学1年生の勉強は大事という話から始めます。

 

以下のポイントについて説明しています。

小学生の復習は終わりましたか?

中学1年生は3年間の基礎

内申点を理解する

小学生の復習は終わりましたか?

中学1年生の皆さん、小学校の勉強の復習は終わりましたか?

 

中学1年生の勉強は、小学生の勉強が土台になっていますので、中学生になる前に小学生の復習を済ませておくことが理想的と言えます。

 

中学生の勉強は、小学生の勉強と比較すると難易度が高くなる内容になりますので、しっかりと中学生になる前に復習をしておくことをおすすめします。

 

中学1年生は、中学校生活のスタート地点ですが、スタートに失敗しないためにも前もって準備を整えておきましょう。

 

小学生と中学生のギャップで悩む生徒も多いため、しっかりと準備を行い、中学1年生を迎えてください!

中学1年生は3年間の基礎

中学1年生の勉強は、とても大事な位置づけになります。

 

なぜなら、学校での勉強は積み上げ方式だからです。

 

積み上げ方式というのは、中学1年生で勉強した基礎的な内容が学年が上がるに連れて発展したり、応用したりすることです。

 

つまり、中学1年生の学習内容を理解していないと、中学2年生や中学3年生になってからも理解することが難しくなるということです。

 

多くの勉強が苦手な生徒は、中学1年生の内容を理解していないことが多いのが現状です。

 

上記の理由からも、中学1年生の勉強は中学3年間の基礎の部分となるため、とても重要ということをご理解いただけましたでしょうか?

内申点を理解する

中学生になると、内申点で評価されます。

 

内申点の意味を理解しておくのも大切なことになります。

 

内申点とは、通知表の5段階評定の数値を、9科目合計したものを指します。

 

内申書(正式には「調査書」)は、中学校の先生が内申点(評定合計)を含め、行動の記録や生徒会活動などの評価がすべて記入し、志望する高校側に提出する書類となります。

 

公立高校受験では、学力検査と内申書の評価を合わせて合否を判定されるので、中学生になると内申点を意識しましょう。

 

また、高校受験における推薦入試や私立高校入試でも、内申点が合否の判定に影響します。

 

内申点の計算方法は都道府県によって異なりますが、中学1年生の内申点から高校入試の資料として採用する地域もありますので、教育委員会のホームページなどで確認してください。

 

あわせて読みたい

参考記事:中学生の準備講座【数学編】先取り学習する単元はこれだ!

参考記事:【オンライン学習塾】小学生・中学生の活用事例をご紹介

中学1年生の勉強法

中学1年生

次に中学1年生の勉強についてまとめてみました。

 

以下のポイントについて説明しています。

中学1年生の勉強時間

学校の授業が大切

予習と復習も大切

中学1年生の勉強時間

ベネッセ教育総合研究所から発表された、「子どもの生活と学びに関する親子調査2020」の報告書の中に中学生の学年別の勉強時間が記載されています。

 

自分の子どもの勉強時間と比べてみてください。

 

・中学1年生

 

中学1年生の成績上位者の平均的な勉強時間は、121分です。前年と比べて2分増えています。

 

成績下位者の勉強時間は、88分です。前年と比べて2分減っています。

 

ゲームの時間も参考に、ベネッセ教育総合研究所から発表された、「子どもの生活と学びに関する親子調査2020」の報告書の中に中学生の学年別の勉強時間が記載されています。

 

・中学1年生のゲームの時間は、63分です。前年から12分増えています。

 

中学1年生の1日の勉強時間は2時間位が平均的となります。

学校の授業が大切

中学1年生の勉強の基本は学校の授業です。

 

学校の授業を理解できるように授業に集中してください。

 

なぜなら、学校の授業は、生徒にとってより充実した学習となるように、学校の教育目標に向けて、どのような教育内容にしたりどれくらいの授業時数にしたりするのかをまとめた計画(カリキュラム)にもとづき授業が行われているからです。

 

繰り返しになりますが中学1年生の目標は“学校の授業を理解すること”です。

 

この「授業を理解する」ということが中学生の場合はけっこう大変なんです。

 

なぜなら、中学の授業では常に新しいことを学習していき、さらには中学になると授業のペースが一気に早くなるからです。

 

中学1年生ではしっかりと授業についていけるように頑張ってください。

予習と復習も大切

授業のペースも早く、難易度も上がる中学校の授業についていくためには、予習と復習が大切になります。

 

理由は、学力を身につけるには、「予習」→「学校の授業」→「復習」、このサイクルがとても大事になってくるからです。

 

特に英語や数学は予習をすることで学力が身につきやすくなります。

 

予習は、教科書を読むだけでも効果はかなりありますので試してみてください。

 

また、学力を身につけるには復習も忘れてはいけません。

 

むしろ、復習のほうが大切と考えています。

 

なぜなら、各科目の勉強はすべてが積み重ねです。

 

「中途半端な理解」で次の単元へ進めば、以降の単元の授業も理解ができなくなります。

 

理解が不十分なところへ新しい知識を積み重ねようとしても難しく、ますます分からないといった悪循環に陥ってしまうからです。

 

復習を行うことで、過去の授業内容を確実なものにすることが、次の学びへのなによりの予習になります。

 

復習によって目の前の問題と丁寧に向き合い、一つひとつクリアにして次に進むことを意識してみてください。

 

あわせて読みたい

参考記事:中学生の勉強時間って知りたくないですか?意外と勉強しています!

参考記事:部活と勉強の両立ができる中学生がやっているポイント

 

家庭学習の習慣化

中学1年生

最後は最も大事な勉強の習慣化についてまとめてみました。

 

以下のポイントについて説明しています。

勉強を習慣化させる

勉強と部活動を両立させる

中学1年生から塾に行かせる

勉強を習慣化させる

中学生になると勉強を習慣化させることを意識しましょう。

 

習慣化とは、朝起きたら顔を洗い、着替えながら「コーヒーを入れる」と考える、といったように、無意識に行動や思考を繰り返す状態になることです。

 

勉強習慣化することができ、毎日、机に向かうようになると学力が定着しやすくなります。

 

どんなことでも、継続して努力をしていれば確実に勉強の成果が得られます。

 

また、毎日、勉強していると自信にもつながります。

 

勉強の習慣化をするポイントは、

 

1.勉強を習慣化することの必要性を理解すること

 

2.適切な目標設定を行う

 

3.継続するための仕組みを作る

 

勉強の習慣化を子どもと理解し合いながら取り組んでみてください。

勉強と部活動を両立させる

中学生になると部活動の活発に行われます。

 

部活動に積極的に取り組むことはとても良いのですが、たまに勉強の妨げになることもあります。

 

例えば、「部活で疲れて勉強する気になれない」「帰りが遅いので勉強時間が確保できない」「土日も部活で忙しい」など、部活動中心で勉強が疎かになってしまうケースがありますので注意が必要です。

 

部活と勉強の両立は可能です。

 

ポイントは、

 

1.自己管理能力

 

2.時間の使い方

 

3.規則正しい生活リズム

 

家族のサポートと強い意志を持って取り組めば、部活と勉強の両立は可能です。

中学1年生から塾に行かせる

中学校の勉強が心配な場合は、塾に行かせる選択肢も検討してみてください。

 

家でテレビを見たり、ゲームをしたりで勉強しないのであれば、塾で勉強することで学力が身につきます。

 

しかし、無理やり塾に行かせても効果はありません。

 

「家で勉強しないのであれば塾に行ってみる」と聞いてみてください。

 

塾に行きたい気持ちを確認することができれば塾に入れることを検討してみてください。

 

塾に行っている間は勉強しているので勉強と部活の両立が可能と言えます。

 

あわせて読みたい

参考記事:学生の内申点の付け方を知る!これで内申点対策はバッチリ!

参考記事:オンラインドットコムのオンライン授業の特徴と指導方針について徹底解説!

まとめ:中学1年生で知っておくと中学の勉強に困らない!【誰にも聞けない勉強の話】

最後までご覧いただき、ありがとうございます。

 

今回の記事、中学1年生で知っておくと中学の勉強に困らない!【誰にも聞けない勉強の話】は参考になりましたでしょうか?

まとめ

中学1年生の勉強は大事・・・中学1年生の基礎が大事

中学1年生の勉強法・・・参考にしてください

家庭学習の習慣化・・・習慣化は必要

塾オンラインドットコムでは、中学生を応援しています。

 

少数精鋭で授業を行っています。

 

お気軽にお問い合わせください。

 

スタッフ一同、心からお待ちしています。

効率よく勉強したい方

↓↓↓↓↓

無料体験授業のお申し込みはこちら

-