STAFF BLOG
合格ブログ

中学3年生の数学は教科書を勉強して内申点をアップさせる!

中学3年生の数学は教科書を勉強して内申点をアップさせる!

オンライン授業で全国の小学生と中学生を応援する。

 

塾オンラインドットコムです。

 

今回の記事の担当は、塾長です。

 

中学3年生になると数学が難しくなってきます。

 

この記事で紹介する「中学3年生の数学は教科書を勉強して内申点をアップさせる!」を読めば、数学の勉強の仕方がわかる内容となっています。

 

なぜなら、塾オンラインドットコムで塾長が実践している内容だからです。

 

この記事では、数学の教科書を使った勉強法を具体的に紹介しています。

 

記事を読み終わると、数学の勉強の仕方がわかります。

 

以下の悩みを解決します。

数学の勉強法が知りたい

数学のテスト対策が知りたい

数学の内申点を上げたい

記事の内容
中学3年生の数学は教科書を勉強して内申点をアップさせる!

中学3年生:数学の教科書の勉強法

中学3年生の数学の成績をさらにアップ

あわせて読みたい
参考記事:中学生が定期テストの勉強法を知ると内申点アップ間違いなし!
参考記事:中学生が苦手な図形を克服するためのポイントを説明

内申点対策に興味のある方

↓↓↓↓↓

無料体験授業のお申し込みはこちら

中学3年生の数学は教科書を勉強して内申点をアップさせる!

中学3年生の数学は教科書を勉強して内申点をアップさせる!

中学3年生の数学は教科書を勉強して内申点をアップさせる!についてまとめてみました。

 

以下のポイントについて説明しています。

中学3年生は受験モード

数学の復習は大丈夫

数学の苦手を克服する

中学3年生は受験モード

中学3年生になると、いよいよ高校受験に向けての勉強が始まります。

 

志望校への合格を目指して、中学3年生は受験モードになっていると思いますが、まだ受験モードになっていない中学3年生は早くスイッチを入れてくださいね。

 

高校受験までの限られた時間を有効に使って志望校を目指すためにも、中学3年生の数学の勉強は大事なポイントになります。

 

なぜなら、高校入試においては中学3年生で学習する単元も多く出題されるからです。

 

そのためには、中学3年生になると勉強時間をしっかりと確保して、早い段階から受験モードになることをおすすめします。

数学の復習は大丈夫

数学は積み上げ型の教科です。

 

なぜなら、数学は前の単元で学習した内容を理解していないと、新しい単元を理解することが難しくなるからです。

 

具体的には、中学2年生で学習した数学の内容を発展させたのが、中学3年生の数学なのです。

 

つまり、中学1年生や中学2年生の数学の内容を理解していないと、中学3年生の数学を理解することが難しいのです。

 

中学3年生の数学を難しいと感じている生徒には、中学1・2年生の数学の復習が必要となるので、夏休み等を利用して、復習することをおすすめします。

 

前学年の復習をすることは決して遠回りではありません。

 

逆に、問題が解けるようになると、数学が楽しくなる可能性もあります。

 

中学3年生の数学は中学1・2年の復習が大切になります。

中学3年生は数学の苦手を克服する

中学3年生で数学が苦手と感じている生徒の場合、なんとか中学3年生の早い段階で数学の苦手を克服する必要があります。

 

理由は、高校受験までには限られた時間しか無いので、数学の高校受験対策が中途半端で終わってしまう可能性があるからです。

 

生徒に「なぜ数学が苦手なの?」と聞くと、ほとんどの生徒が「数学が難しくてわからない」、または「数学の勉強の仕方がわからない」と答えます。

 

そのような生徒には、数学の簡単な問題を解くことで、小さな成功体験を積み重ねることや数学の勉強の仕方を教えることで苦手を克服できることがあります。

 

数学は受験でも大切な教科になるので苦手意識を早い段階で克服しましょう。

あわせて読みたい
参考記事:中学生数学の勉強法をわかりやすくポイントをまとめた記事
参考記事:勉強しない中学生の接し方と解決方法を受験メンタルトレーナーが教えます!

中学3年生:数学の教科書の勉強法

中学3年生の数学は教科書を勉強して内申点をアップさせる!

中学3年生の数学は教科書をしっかりと学習することで定期テスト対策にも繋がります。

 

しかし、数学はテスト前に猛勉強をしても高得点にはつながりません。

 

毎日、コツコツと教科書を勉強することが大切となってきます。

 

ここでは、数学の教科書の勉強法について紹介します。

数学は教科書の復習

テスト対策は教科書の反復

教科書の解けない問題

数学は教科書の復習

数学は教科書を理解することで成績アップに繋がります。

 

なぜなら、教科書はわかりやすく要点がまとめてあり、読むだけで理解できるようになっているからです。

 

特に数学は復習が大切な要素となっているので、学校の授業で学習した内容は、その日のうち家に帰ってから教科書を中心に復習することがポイントです。

 

教科書を復習することで公式の使い方や問題の解法を忘れないうちに覚えてください。

 

そのためには数学の教科書の基本問題を繰り返し解く事が必要となります。

 

数学の教科書が終わったら、次は学校の問題集やワークの基本問題を中心に最低2回以上は解くことがおすすめです。

 

そうすることで数学の実力が定着するはずです。

 

数学の定期テスト対策のポイントは、教科書の基本問題の解き方のパターンを覚えることで高得点が狙えます。

テスト対策は教科書の反復

テスト期間中は、数学のテスト範囲の総復習を行うので、教科書の基本問題やワークの問題に再度取り組んでください。

 

総復習する理由は、以前学習した単元を思い出させるためです。

 

そして、テスト範囲を確認して、数学の教科書の基本問題を繰り返し解くことに集中してください。

 

そうすることで数学の実力が確実にアップし、定期テストで良い点数が取れるはずです。

 

また、テスト期間中に数学の課題がある場合は、期限を確認して最優先で取り組んでください。

 

なぜなら、定期テストでは課題から似たような問題が出題されることが多いからです。

 

当然、数学の課題を期限内に提出することは言うまでもありません。

教科書の解けない問題

教科書の基本問題の演習が終わったならば、テスト期間中の終盤では、数学の教科書の間違えた問題を重点的に取り組んでください。

 

数学では解けない問題が解けるようになると自信に繋がります。

 

効果的な見直しのポイントは、間違えた問題の解答解説を読み、「解き方」を理解して、その単元を数学の教科書やなどで復習して、間違えた問題をもう一度何も見ずに解き直し、「解き方」を覚えることです。

 

これができれば、中学3年生の数学の定期テストで高得点が狙えるはずです。

あわせて読みたい
参考記事:【高校受験】志望校を下げるな!行きたい高校を選ぶ!20のチェックポイント
参考記事:中学生の内申点の付け方を知る!これで内申点対策はバッチリ!

中学3年生の数学の内申点アップ

中学3年生の数学は教科書を勉強して内申点をアップさせる!

中学3年生の数学の内申点をアップさせる方法についてまとめてみました。

 

以下のポイントについて説明しています。

中学3年生は関数を理解する

数学の授業中の態度は重要

数学の提出物は期限厳守

中学3年生は関数を理解する

中学3年生の数学の難しい単元は「関数」が挙げられます。

 

2乗に比例する関数が苦手になる中学3年生は特に多く、むしろ「関数自体が苦手」という生徒さんがほとんどです。

 

理由は、数学における関数とは、「ある変数に依存して決まる値、あるいはその対応を表す式」という意味があり、この定義自体が抽象的で理解しにくいからです。

 

また、関数は計算と図形の複合的な問題が出題されることが多く、中学3年生の数学が全般的に含まれた内容の単元となります。

 

高校入試においても、「単純計算」「方程式」「関数」「平面図形」「空間図形」「確率」「資料の整理」で構成されていますので、関数はとても大切な単元になります。

 

関数を理解するかしないかで、高校受験が大きく左右される重要な単元なので、しっかりと理解するようにしましょう。

数学の授業中の態度は重要

数学の通知表の成績を良くしたいのであれば、数学の授業中の態度も十分に気をつけないといけません。

 

理由は、授業中の態度も内申書の評価を決める重要な要素だからです。

 

授業中に先生の話を聞く態度や積極的な挙手など、授業に対する姿勢や意欲をアピールしなければなりません。

 

たまには、先生に質問することも必要です。

 

授業中の態度は内申書に大きく影響します。

数学の提出物は期限厳守

数学に限らず、宿題や提出物を期限内に提出することを心がけてください。

 

なぜなら、先生は宿題や提出物を管理することで、内申書の評価を決めているからです。

 

先生も授業内容の理解を図るために宿題や提出物の課題を与えているので、期限内に提出物を出さないことは先生の意図を理解していないと判断されます。

 

特に、提出期限を守れない場合は、全く評価されない可能性があります。

 

宿題や提出物は定期テストの前に集中的に出されることがあるので、提出期限を確認し、優先順位をつけて行うようにしてください。

 

親のサポートが必要な場合もあるので、宿題や提出物はいつも注意をするようにしてください。

 

宿題や提出物をやるこことは定期テスト対策にもなるので、家庭での学習は最優先してやることが大切です。

 

あわせて読みたい
参考記事:中学生の因数分解はこれを読めば理解できる
参考記事:中学生の理科の勉強法で絶対に抑えるべきポイントとは?

まとめ:中学3年生の数学は教科書を勉強して内申点をアップさせる!

最後までご覧いただき、ありがとうございます。

 

今回の記事、中学3年生の数学は教科書を勉強して内申点をアップさせる!は参考になりましたでしょうか?

 

塾オンラインドットコムでは、無料体験実施中です。

中学1年生の数学について知りたい方、中学1年生は数学の教科書を勉強して成績と内申点を上げる!

中学2年生の数学について知りたい方、中学2年生が数学の教科書を勉強してテストで高得点【やればできる】

塾オンラインドットコムについて知りたい方

塾オンライン

資料請求はこちらから

お気軽にお問い合わせください。

スタッフ一同、心からお待ちしています。

友だち追加

効率よく勉強したい方

↓↓↓↓↓

無料体験授業のお申し込みはこちら