STAFF BLOG
合格ブログ

勉強が嫌いな中学生!勉強嫌いを克服するための勉強法をアドバイス

勉強が嫌いな中学生!勉強嫌いを克服するための勉強法をアドバイス

オンライン授業で全国の小学生と中学生を応援する。

 

塾オンラインドットコムです。

 

今回の記事の担当は、受験メンタルトレーナーです。

 

中学生の勉強嫌いをなんとかしたいですよね?

 

実は、今回紹介する「勉強が嫌いな中学生!勉強嫌いを克服するための勉強法をアドバイス」を読めば、中学生の勉強のヒントになります。

 

なぜなら、中学生の勉強嫌いを克服している、受験メンタルトレーナーが実践している内容だからです。

 

この記事では、勉強が嫌いになる原因と克服するための勉強法を具体的に紹介しています。

 

記事を読み終わると、中学生の勉強嫌いが克服できるはずです。

 

以下の悩みを解決します。

中学生が勉強嫌いになる原因は?

勉強が嫌いな中学生の勉強法は?

中学生が勉強習慣を身につけるためには?

記事の内容
勉強が嫌いな中学生!勉強嫌いを克服するための勉強法をアドバイス

勉強が嫌いな中学生の勉強法

中学生が勉強の習慣を身につける

内申点対策に興味のある方

↓↓↓↓↓

無料体験授業のお申し込みはこちら

勉強が嫌いな中学生!勉強嫌いを克服するための勉強法をアドバイス

【中学生】勉強が嫌い!克服するための勉強法をアドバイス

勉強が嫌いな中学生!勉強嫌いを克服するための勉強法をアドバイスについてまとめてみました。

 

勉強が嫌いな原因について紹介しています。

 

以下のポイントについて説明しています。

中学の勉強についていけない

中学校の部活が忙しくて勉強嫌いに

スマホやゲームが勉強の妨げに

勉強が嫌いな中学生は勉強についていけない

中学生になると勉強の難易度が格段に上がります。

 

しかも、授業の進度も早く、一生懸命に授業を聞いていても理解できない場合もあります。

 

そのため、ただ単に授業を聞いているだけでは、授業についていけなくなる可能性があるのです。

 

さらに中学生の勉強は、積み上げ式の教科が多く、最初にわからなくなると、その後も当然わかりません。

 

中学生で勉強が嫌いと感じた時は、「今日の授業で何を勉強した?」と聞いてみてください。

 

何も答えられない場合は、授業についていけていない可能性があります。

 

逆に授業についていけているのであれば、授業内容を整理して説明できるため、安心と言えます。

 

この時は、あれこれいわすに聞き役に徹して、子どもの説明に耳を傾けてあげてください。

 

勉強のが嫌いな理由は、学校の授業についていけなくて、勉強が嫌いなのかもしれません。

中学校の部活が忙しくて勉強嫌いに

中学生が勉強嫌いになる理由として、部活が忙しいケースが考えられます。

 

なぜなら、中学生の部活動は時間も拘束されて、さらには肉体的にも疲れて、家に帰ると勉強する気力が無くなるからです。

 

また、家に帰っても晩御飯を食べて、テレビを見て、そのまま寝るだけの習慣が身についてしまっていると、机に向かうことができなくなるのです。

 

しかし、部活と勉強を両立させている中学生もいるため、部活が忙しいからと言って、勉強しない言い訳にはなりません。

 

親子で一緒になって、中学生の子どもの勉強サポートをすることが大切になります。

 

中学生で勉強が嫌いな場合、部活が忙しくないか?確認する必要があります。

スマホやゲームが勉強の妨げに

中学生が勉強嫌いになる原因として、スマホやゲームが勉強の妨げになっているケースもあります。

 

なぜなら、勉強よりも楽しいことを優先してしまうため、勉強の優先順位が下がるからです。

 

1日のスマホやゲームの時間をちゃんと管理していますか?

 

中学生の中には、勉強そっちのけで、夜中までスマホやゲームに夢中になっている場合があります。

 

スマホやゲームの時間を中学生の自主性に任せるのも良いのですが、親がしっかりと管理しないと、いつまでも勉強しない中学生になってしまう可能性があります。

 

勉強しない原因がスマホやゲームになっていないか、確認してください。

勉強嫌いの中学生を克服する勉強法

勉強が嫌いな中学生!勉強嫌いを克服するための勉強法をアドバイス

中学生の勉強嫌いを克服する勉強法についてまとめてみました。

 

中学生の勉強嫌いが続くようでは高校受験に影響を及ぼします。

 

以下のポイントについて説明しています。

勉強が嫌いな中学生は定期テスト前に教科書の暗記

勉強が嫌いな中学生は得意教科から勉強

勉強が嫌いな中学生は教科書の音読

勉強が嫌いな中学生は定期テスト前に教科書の暗記

勉強が嫌いでも定期テスト中は普段より、机に向かう時間が長いはずです。

 

定期テスト期間中も机に向かわずに、勉強しないようであれば危険信号です。

 

しかし、テストで良い点数を取ることで勉強に対する意識が変わる可能性があるため、定期テスト中の効率的な勉強法について紹介します。

 

最初は、定期テストの教科書の範囲を暗記してください。

 

なぜなら、定期テストは教科書の範囲から出題されるからです。

 

具体的には、社会、英語については、教科書のテスト範囲を暗記すると高得点が狙えます。

 

また、理科の暗記分野も暗記することで高得点が期待できるはずです。

 

教科書の暗記で高得点が獲得できたならば、今後も成功体験を重ねていけるため、勉強嫌いが克服できるはずです。

勉強が嫌いな中学生は得意教科から勉強

苦手な教科があるから勉強しない中学生の場合には、得意な教科から勉強するのがおすすめです。

 

なぜなら、苦手な教科を勉強しても苦手意識が強いため、集中力が欠けて長続きしないからです。

 

その点、得意な教科から勉強を始めると、集中力も増して、勉強時間の確保ができます。

 

逆に嫌いな教科から始めると集中力は続きません。

 

したがいまして、好きな教科と嫌いな教科を交互にやることをおすすめします。

 

嫌いな教科を放置してしまうことは得策ではないので、メリハリを付けて勉強することが大切になります。

 

ちょっとした工夫で勉強時間の確保ができるので試してみてください。

勉強が嫌いな中学生は教科書の音読

勉強が嫌いな中学生には、教科書の音読を試してみてください。

 

「音読」とは、声に出して読むことを指します。

 

なぜなら、教科書の音読は勉強の基本であり、音読することで教科書の内容を暗記することにもなるのです。

 

いくら勉強が嫌いだからと言っても、教科書の音読はできるはずです。

 

教科書を音読するメリットは、教科書を一言一句を丁寧に声に出していくため、知らない言葉や馴染みのない言葉に出会うと、声に出せずに詰まってしまいます。

 

なぜ詰まってしまったのか、前後の文章を読み直したり単語の意味を調べたりすることで、文章の構造や意味を十分に理解できるようになるのです。

 

教科書の音読は、暗記系の教科に役立つため、社会や英語などの暗記に効果を発揮します。

 

教科書の音読を繰り返して行ってみてください。

 

定期テストで良い点数が期待できるはずです。

 

そうなると、勉強嫌いも克服できる日が近いと言えます。

中学生は勉強の習慣を身につけて勉強嫌いを克服

勉強が嫌いな中学生!勉強嫌いを克服するための勉強法をアドバイス

中学生は勉強の習慣を身につけて勉強嫌いを克服についてまとめてみました。

 

以下のポイントについて説明しています。

中学生は勉強の習慣化が大切

中学卒業語の進路について話し合う

勉強が嫌いな中学生は学習塾に通わせる

中学生は勉強の習慣化が大切

勉強の習慣化によるメリットとしては、勉強は繰り返し積み重ねて行うことで成果が得られます。

 

勉強が習慣化すれば、毎日少しずつでも必ず勉強に取り組めるようになり、確実に成績アップにつながります。

 

また、学んだことを復習する習慣がつくため、授業で習ったことも記憶として定着しやすくなり、試験勉強をスムーズに進められます。

 

中学生から勉強を習慣化しておくことで、勉強を苦痛だと感じにくくなるというメリットもあります。

 

習慣化によって義務的・ノルマ的に勉強する、我慢しながら勉強するという感覚がなくなるため、自主的に勉強に取り組むサイクルが生まれます。

 

勉強を楽しむ感覚も自然と身についていくでしょう。

 

最後に勉強を習慣化できれば、本人の自信にもつながります。

 

継続してきたことは確かな成果を生むため、「できるようになった」「続けてきた」という達成感が自信になります。

 

それがさらなる継続のモチベーションへとつながっていくのです。

中学卒業語の進路について話し合う

勉強嫌いな中学生の意識を変えるために、親子で中学卒業後の進路について話し合うのが効果的です。

 

理由は、中学生も将来の進路については関心があるため、進路について話をすると「なんとかしないと」という気持ちになるからです。

 

中学生になると、高校受験に向けて受験勉強することは、分かっているはずなので、進路について話をすると良いきっかけになるはずです。

 

中学卒業後の進学先・就職先の選択は,本人の将来を良く考えて,本人・家族とも納得いく話し合いを持った上で決定していくことが,何よりも大切なことです。

 

進路についてのポイントを以下にまとめましたので参考にしてください。

(1)わが子の適性・実力を知る

 

・本人の適性(長所・短所)を親がアドバイス

 

・「こんな人になってほしい」など,親の思いを伝えていくことも大切です。

 

・冷静で客観的な判断が必要。

 

・進路の最終決定者は,あくまでも「本人」

(2)本人の気持ちにあった学校・職業を選択

 

・入学することが目的でなく「入学して何をするか,何を頑張るか」が大切。

 

・単に入学難易度と成績を一致させた学校選択ではなく,自分の能力と個性を大きく成長させてくれると期待できる学校を選ぶ。

 

・職業選択も,自分の能力・適性・興味関心などをよく考えてください。

 

(3)親・子・教師がよく話し合う

 

・親と子,教師が一体となって考えてください。

 

・ちなみに塾オンラインドットコムでは「教育相談」を随時行っています。

勉強が嫌いない中学生は学習塾に通わせる

親が言っても全く勉強しないケースでは、塾に通わせるのも選択肢の一つです。

 

なぜなら、塾に行くことの最大のメリットは、学習習慣が身につくことです。

 

「学校の授業が終わるとスマホやゲーム」「机に向かっても勉強しない」など、親がいくら言っても勉強しないケースが多いのです。

 

中学時期は反抗期と言われる年頃でもあり、親の言うことを一切聞こうとしないのが普通なのです。

 

塾に通うことで、勉強時間の確保になり、学力も身につくはずです。

 

早い段階から塾に行って学習習慣をつけることで、長期的には塾に行っていないお子さまと大きな差がつくでしょう。

 

塾には多種多様なタイプが有り、塾ごとに特長や授業の進め方も異なるため、子どもに合うか合わないかの判断はインターネットやチラシの情報では判断できません。

 

そのため、実際の授業を体験してから入塾の判断ができるよう、無料体験のサービスがほとんどの塾で設けられています。

 

無料体験授業を受けてみて、子どもにあった学習塾を選ぶのがポイントです。

まとめ:勉強が嫌いな中学生!勉強嫌いを克服するための勉強法をアドバイス

最後までご覧いただき、ありがとうございます。

 

今回の記事、「勉強が嫌いな中学生!勉強嫌いを克服するための勉強法をアドバイス」は参考になりましたでしょうか?

 

塾オンラインドットコムでは、無料体験実施中です。

「塾オンラインドットコムにお任せください」

受験生の親は不安や心配で何かと大変ですが、子どもに悔いのない高校受験をさせてあげるのが大切です。

 

塾オンラインドットコムでは、受験勉強はもちろんのこと、ご家庭とのコミュニケーションを大切にして、スタッフ一同が塾生の高校合格までを全力でサポートいたします。

 

ぜひこの機会に塾オンラインドットコムの無料体験授業を受けてみてください。

 

もちろん、受験生の親の不安や心配事があれば、なんでも相談してください。

 

そのために塾オンラインドットコムがあるのです。

塾オンラインドットコムについて知りたい方

塾オンライン

資料請求はこちらから

お気軽にお問い合わせください。

スタッフ一同、心からお待ちしています。

友だち追加

効率よく勉強したい方

↓↓↓↓↓

無料体験授業のお申し込みはこちら