STAFF BLOG
合格ブログ

やる気を出す方法を知って中学生の勉強のヒントに【必見の記事】

やる気を出す方法を知って中学生の勉強のヒントに【必見の記事】

オンライン授業で全国の小学生と中学生を応援する。

 

塾オンラインドットコムです。

 

今回の記事の担当は、受験メンタルトレーナーです。

 

勉強のやる気が出ない中学生って心配ですよね?

 

実は、今回紹介する「やる気を出す方法を知って中学生の勉強のヒントに【必見の記事】」を読めば、勉強のやる気を出すヒントになるはずです。

 

なぜなら、受験メンタルトレーナーが実践している内容だからです。

 

この記事では、勉強のやる気を出す方法を具体的に紹介しています。

 

記事を読み終わると、勉強のやる気が出るようになるはずです。

 

以下の悩みを解決します。

勉強のやる気が出ない中学生の理由は?

勉強のやる気を出す方法を知りたい

親ができる勉強のやる気を出させるためには?

記事の内容
やる気を出す方法を知って中学生の勉強のヒントに【必見の記事】

勉強するために中学生のやる気を出す方法

子どものやる気をアップするために親ができること

内申点対策に興味のある方

↓↓↓↓↓

無料体験授業のお申し込みはこちら

やる気を出す方法を知って中学生の勉強のヒントに【必見の記事】

やる気を出す方法を知って中学生の勉強のヒントに【必見の記事】

やる気を出す方法を知って中学生の勉強のヒントに【必見の記事】についてまとめてみました。

 

中学生の勉強のやる気が出ない代表的な原因をまとめてみました。

 

当てはまるかどうか、原因を読みながら読み進めてください。

 

以下のポイントについて説明しています。

勉強が楽しくないからやる気が出ない

勉強がわからないからやる気が出ない

スマホやゲームがあるからやる気が出ない

部活が忙しくてやる気が出ない

勉強する環境が悪いからやる気が出ない

勉強が楽しくないからやる気が出ない

中学生は楽しいものには興味を示しますが、楽しくないものには興味を示しません。

 

残念ながら勉強は楽しいものには分類されないため、勉強に対してやる気がでないのです。

 

中学生がやる気が出る状態とは、楽しいこと、興味があることなどをやっているときなのです。

 

具体的には、スマホやゲームは楽しいため、夢中になって長時間続けられます。

 

つまり、勉強が好きじゃない、勉強が楽しくない場合、やる気がでないのも当然です。

 

勉強のやる気を出すためには、やる気を出すための行動が必要になるのです。

勉強がわからないからやる気が出ない

学校の授業がわからないから、勉強がわからなくて、やる気が出ない中学生も多くいます。

 

なぜなら、中学校は授業の進度も早く、一生懸命に授業を聞いていても理解できない場合があるからです。

 

そのため、学校の授業についていけずに、勉強のやる気がでないのです。

 

さらに中学生の勉強は、積み上げ式の教科が多く、最初わからないと、その後も当然わかりません。

 

学校の授業に関する質問をして授業についていけてるかどうかを確認してみてください。

 

具体的には、「今日の授業で何を勉強した?」と聞いてみるのが良いでしょう。

 

何も答えられない場合は、学校の授業についていけてない可能性があります。

 

学校の授業についていけないため、勉強がわからなくて、やる気がでないのかもしれません。

スマホやゲームがあるからやる気が出ない

中学生が勉強のやる気が出ない原因として、スマホやゲームがあります。

 

なぜなら、中学生は勉強よりも楽しいことを優先してしまうため、勉強の優先順位が下がり、勉強が後回しになるからです。

 

先程も説明しましたが、楽しいことが優先される事例と言っていいでしょう。

 

中学生の中には、勉強そっちのけで、夜中までスマホやゲームに夢中になっている場合があります。

 

スマホやゲームの時間を中学生の自主性に任せるのも良いのですが、親がしっかりと管理しないと、いつまで経っても勉強のやる気が出ない中学生になってしまう可能性があります。

 

勉強のやる気が出ない原因がスマホやゲームになっていないか、確認してください。

部活が忙しくてやる気が出ない

中学生が勉強のやる気が出ない理由として、部活が忙しいケースが考えられます。

 

なぜなら、中学生の部活動は時間も拘束されて、さらには肉体的にも疲れて、家に帰ると勉強する気力が無くなるからです。

 

また、家に帰っても晩御飯を食べて、テレビを見て、寝るだけの習慣が身についてしまっていると、机に向かうことができなくなるのです。

 

しかし、部活と勉強を両立させている中学生もいるため、部活が忙しいからと言って、勉強しない言い訳にはなりません。

 

親子で一緒になって、中学生の子どもの勉強サポートをすることが大切になります。

 

中学生で勉強のやる気が出ない場合、部活が忙しくないか?確認する必要があります。

 

部活と勉強の両立について知りたい方、部活と勉強の両立ができる中学生がやっているポイント

勉強する環境が悪いからやる気が出ない

勉強にやる気を出すためには、学習環境を整えることが大切です。

 

なぜなら、勉強にふさわしくない環境でやる気を出すのはとても難しいからです。

 

大人でも周囲の環境によって集中力を維持できないのです。

 

勉強にやる気を出そうと思っていても、スマホやゲームが視界に入ったりすると、勉強していても気になってしまいます。

 

勉強にやる気が出ない環境例

部屋が整理整頓されていない

スマホやゲームが視界に入る

テレビの音や笑い声が聞こえる

やる気のでる学習環境を整えましょう。

勉強するために中学生のやる気を出す方法
やる気を出す方法を知って中学生の勉強のヒントに【必見の記事】

勉強するために中学生のやる気を出す方法についてまとめてみました。

 

以下のポイントについて説明しています。

勉強する環境を整えてやる気を出す

勉強のやる気を出すために目標設定する

理解できる単元から復習してやる気を出す

簡単な基本問題に取り組みやる気を出す

勉強する環境を整えてやる気を出す

勉強の環境が整っていない理由からやる気がでない場合、勉強にやる気が出る環境整備を心がけましょう。

 

なぜなら、勉強のやる気を出すためには、集中できる環境が必要だからです。

 

具体的には、先程も説明しましたが、勉強以外のものは勉強部屋に持ち込まない、スマホやゲームは遠ざけるようにしてください。

 

もちろん家族の協力も必要なため、勉強中のテレビの音や会話には十分に気をつけるようにしましょう。

 

家族が協力してくれていることに気がついたならば、きっと勉強のやる気も出るはずです。

勉強のやる気を出すために目標設定する

中学生は勉強する目標がないことで、勉強のやる気がでない場合があります。

 

なぜなら、勉強するメリットが感じられないからです。

 

そのような場合には、目標を決めると良いでしょう。

 

目標達成するためにはいつまでに何をすべきかが明確になるため、勉強のやる気が出るきっかけになるはずです。

 

具体的には、「〇〇高校合格」「定期テストで〇〇点アップ」など具体的な内容の目標がおすすめです。

 

受験生にとっての目標は、志望校を決めることがやる気を出すポイントです。

 

大きな目標を持つことで、受験までのモチベーションアップにもつながります。

 

勉強のやる気を出すために、目標設定してみてください。

理解できる単元から復習してやる気を出す

勉強がわからなくて、やる気が出ない場合は、理解できている単元から復習するのが良いでしょう。

 

なぜなら、勉強が理解できないからやる気が出ないため、理解できている単元まで戻って学習するとやる気がでるからです。

 

理解できているか、理解できていないかを確認するためには、親子でしっかりと教科書を見ながら確認する必要があります。

 

もしかしたら、前学年の単元まで戻って復習することになるかもしれませんが、決して遠回りではありません。

 

やればできることがわかると、勉強のやる気が出てくるのです。

 

やる気が出て勉強に取り組むと、すぐに中学校の授業に追いつけるようになるはずです。

簡単な基本問題に取り組みやる気を出す

勉強にやる気が出ない中学生には、簡単な基本問題から取り組むのがポイントです。

 

なぜなら、簡単な基本問題に取り組むことで、「できた!」「わかった」という成功体験を体験すると自信がつくからです。

 

簡単な基本問題でも勉強のやる気が出ない中学生にとっては、難しく感じるかもしれません。

 

しかし、徐々に問題が解けるようになると、わからない問題を解くためにはどうしたら良いのか勉強に対しての意識が変化し始めます。

 

そうして、解けるようになりたいという強い思いがあると努力が実を結び、モチベーションアップに繋がり、勉強のやる気がでるのです。

 

中学生の勉強のやる気を出すためには、簡単な基本問題から取り組んで成功体験を積み重ねるのがおすすめです。

ご褒美を与えて勉強のやる気を出す

勉強のやる気が出ない中学生にはご褒美を考えてあげることも時には大切です。

 

なぜなら、勉強のやる気が出ない中学生は、まずは勉強を始めることが大切だからです。

 

そのためには、ご褒美を考えて、勉強を始めるきっかけを作り、勉強に取り組んでください。

 

ご褒美を与えることについては賛否両論あるかもしれませんが、勉強を始める動機づけとしては、最も有効的と言えるのです。

 

とにかく、勉強のやる気が出ない中学生には勉強を始めてもらいたいのです。

 

そうすることで、やる気が生まれるケースもあるかもしれません。

 

意外と効果があるご褒美が欲しい文房具を買ってあげることです。

 

勉強を始めるきっかけを作ってあげましょう。

子どものやる気をアップするために親ができること

やる気を出す方法を知って中学生の勉強のヒントに【必見の記事】

子どものやる気をアップするために親ができることについてまとめてみました。

 

以下のポイントについて説明しています。

勉強嫌いな子を褒める言葉の「さしすせそ」

やる気を出すためには勉強の強制しない

他人と比べてしまうとやる気が出ない

勉強のやる気が出ない中学生を褒める言葉の「さしすせそ」

勉強のやる気が出ない中学生への褒め言葉を紹介します。

 

「さしすせその法則」を使って、子どもを褒めたいときに使ってみてください。

「さ」→「さすがだね」

「し」→「じょうず」「知ってたの!」

「す」→「すごい」

「せ」→「せいかい!」

「そ」→「そのとおり」「その調子」「そうだね」

子どもを褒める時のポイントは、これらの言葉を使って具体的に褒めてあげることです。

 

具体的に褒めることで、子どもは自信がつき勉強のやる気がでるはずです。

やる気を出すためには勉強の強制しない

子どもに「勉強しなさい」と強制するとかえって反発したり、ふてくされたり、部屋に閉じこもったりしますよね?

 

これは、心理学で言うところの「心理的リアクタンス」と呼ばれています。

 

「心理的リアクタンス」とは、自分の選択的自由が外部から脅かされた時に生じる、自由を回復しようとする反発作用のことです。

 

つまり、「勉強しなさい」と高圧的に叱ると、子どもは強く反発して、勉強嫌いになります。

 

これは大人に当てはまり、例えば、ご主人から、「風呂掃除しろ」「掃除機かけろ」と強制されるとカチンときませんか?

 

「やれ」と言われるとやる気が失せるどころか反発したくなるものです。

 

特に反抗期と言われる中学生には、勉強を強制しても難しいといえます。

 

反抗期の中学生には、言葉を選んで勉強のやる気を出す工夫が必要なのです。

他人と比べてしまうとやる気が出ない

子どもは勉強について、他人と比較されると勉強のやる気が出ません。

 

子どもは勉強以外でも他人と比較されると嫌悪感を抱いてしまうのです。

 

子どもとしては、一生懸命にやっているつもりでも、他人と比較されると劣等感を持ち、勉強に対してのストレスを感じてしまいます。

 

また、兄弟姉妹と比べてしまうのもNGです。

 

なぜなら、自分より勉強ができるお兄ちゃんやお姉ちゃんのほうが好きなのかもしれないと、親に不安を感じてしまうからです。

 

子どもの気持ちを考えて、子どもが頑張ったことをほめてあげましょう。

まとめ:やる気を出す方法を知って中学生の勉強のヒントに【必見の記事】

最後までご覧いただき、ありがとうございます。

 

今回の記事、「やる気を出す方法を知って中学生の勉強のヒントに【必見の記事】」は参考になりましたでしょうか?

 

塾オンラインドットコムでは、無料体験実施中です。

「塾オンラインドットコムにお任せください」

受験生の親は不安や心配で何かと大変ですが、子どもに悔いのない高校受験をさせてあげるのが大切です。

 

塾オンラインドットコムでは、受験勉強はもちろんのこと、ご家庭とのコミュニケーションを大切にして、スタッフ一同が塾生の高校合格までを全力でサポートいたします。

 

ぜひこの機会に塾オンラインドットコムの無料体験授業を受けてみてください。

 

もちろん、受験生の親の不安や心配事があれば、なんでも相談してください。

 

そのために塾オンラインドットコムがあるのです。

塾オンラインドットコムについて知りたい方

塾オンライン

資料請求はこちらから

お気軽にお問い合わせください。

スタッフ一同、心からお待ちしています。

友だち追加

効率よく勉強したい方

↓↓↓↓↓

無料体験授業のお申し込みはこちら