中学生の準備講座【数学編】先取り学習する単元はこれだ!

中学生の準備講座【数学編】先取り学習する単元はこれだ!

オンライン授業で全国の小学生と中学生を応援する。

 

塾オンラインドットコムです。

 

今回の記事の担当は、塾長です。

 

中学生の数学の先取りって気になりますよね?

 

実は、今回紹介する「中学生の準備講座【数学編】先取り学習する単元はこれだ!」を読めば、中学生の数学の大事なポイントが分かります。

 

なぜなら、塾オンラインドットコムで実践している内容だからです。

 

この記事では、中学生の数学を先取りする単元を紹介しています。

 

記事を読み終わると、中学生の数学で先取りする単元を理解できます。

 

以下の悩みを解決します。

中学生の数学って難しいの?

どの単元まで先取りするの?

数学の勉強方法は?

資料請求

塾オンラインドットコムに興味のある方

↓↓↓↓↓

無料体験授業実施中です!

 

記事の内容

数学を先取りする理由

先取り学習する前の準備

数学で先取り学習する単元

塾オンラインドットコムに興味のある方

↓↓↓↓↓

無料体験授業のお申し込みはこちら

数学を先取りする理由

中学生の準備講座【数学編】先取り学習する単元はこれだ!

中学生の数学を先取りする理由についてまとめてみました。

 

以下のポイントについて説明しています。

算数と数学の違い

勉強時間が取れない

高校受験や大学受験を見据えた勉強

算数と数学の違い

ますは、算数と数学の違いです。

 

算数は、基本的な計算問題が中心で、たし算、ひき算、かけ算、わり算を使い、図形の面積や体積の求め方を勉強する科目です。

 

日常生活で必要となる計算力を養い、「正しく答えを求める」ことが重要なのが算数です。

 

中学校の数学は主に数量(代数)分野と図形(幾何)分野の2つに分かれます。

 

数量分野には、数と計算・文字式・方程式・関数・データの活用などがあります。

 

図形分野には、平面図形・空間図形・作図・図形の証明などがあります。

 

中学生の数学は、それぞれの数がどのような意味を持つのか?世の中で起こっていることをどのように数で表現するのかを学びます。

 

以上、算数と数学では大きな違いがあります。

勉強時間が取れない

中学生になると勉強時間の確保が難しくなります。

 

通学時間、部活動、生徒会活動など小学生時代と比べると格段に忙しくなります。

 

忙しくなると、家に帰っても疲れてしまい、勉強する体力も気力もなくなってしまい、机に向かう時間が少なくなります。

 

その点、先取り学習すると、勉強の貯金ができるのです。

 

中学生の生活に慣れるまで数学の先取り学習の貯金でなんとか乗り切れるでしょう。

高校受験や大学受験を見据えた勉強

数学は、高校受験や大学受験においてもとても大切な教科となります。

 

高校受験において、数学は避けては通れません。

 

理系の学生を目指している人にとっても数学はとても大事な教科となります。

 

万が一、中学生の最初で数学が嫌いになってしまうと今後の人生の選択肢において影響を及ぼす可能性もあります。

 

そうならないためにも、中学生の数学をしっかりと最初から勉強する必要があるのです。

 

以上の理由から、数学の先取り学習が必要と考えています。

 

塾オンラインドットコムでは、数学が嫌いにならないように生徒のペースで学習を進めていきます。

 

数学の先取り学習をする準備

中学生の準備講座【数学編】先取り学習する単元はこれだ!

いきなり、中学生の数学を学習しても、理解できないケースがほとんどです。

 

この章では、先取り学習する前の準備についてポイントを以下にまとめてみました。

小学生の算数の復習

本人の意志の確認

数学が嫌いにならないように

小学生の算数の復習

数学の先取り学習する前に小学生の算数を理解しているかを確認します。

 

なぜなら、中学校での学習は小学校で習った内容が基礎だからです。

 

特に数学の先取り学習する上で、小学生で習った算数の重要単元を理解していないと難しくなります。

 

もし、小学生の算数を理解していない場合は数学の先取り学習をやめて小学生の算数の復習してください。

 

算数の復習は決して遠回りではありません。

 

この機会に小学生の算数の復習することをおすすめします。

本人の意志の確認

小学生が数学の先取り学習する場合は、親の意向がほとんどです。

 

必ず、本人の意向を確認してみてください。

 

理由は、本人のやる気がなければ成果が上がらない可能性があるからです。

 

また、無理やり、数学の勉強を始めてしまうと数学が嫌いになる可能性もあるからです。

 

本人と話し合い、合意の上で数学の勉強を始めましょう。

数学が嫌いにならないように

塾オンラインドットコムでは、中学生の準備講座において、生徒が数学を嫌いにならないように細心の注意をはらいます。

 

準備講座は、塾のカリキュラムを進めるのが目的ではありません。

 

生徒が理解するまで何度でも繰り返し説明して、理解したら次に進みます。

 

これから3年間、中学で数学を学習するのに最初でつまずくと取り返しがつかなくなるからです。

 

逆にすんなりと数学に慣れると数学が好きになる生徒が多いです。

数学で先取り学習する単元

中学生の準備講座【数学編】先取り学習する単元はこれだ!

最後の章では、中学準備講座【数学編】で行う単元について説明をいたします。

 

塾オンラインドットコムでやる先取り学習のポイント

符号のついた数

正の数・負の数

正の数・負の数で量を表す

符号のついた数

言葉の意味を覚えてもらいます。

 

・自然数:1以上の整数のこと

 

・素数:2,3,5,7のように、それより小さい自然数の積で表せないし自然数を素数という。

 

素数は、1とその数の他に約数がない数である。

 

但し、1は素数ではない。

 

・素因数分解:自然数を素数だけの積に分解することを素因数分解という。

 

例)12の素因数分解

 

  12÷2=6 6÷2=3   2☓2☓3

 

12を素数で順に割っていき、その素数だけで積を作る。

 

素因数分解はちょっと難しいので繰り返し行います。

正の数・負の数

正負の数はプラスマイナスの意味を覚えてもらいます。

 

・正の数:0より大きい数。正の符号を「+」をつけて表す。(自然数)

 

例)0より5大きい数は+5

 

・負の数:0より小さい数。負の符号を「−」をつけて表す。

 

例)0より3小さい数は−3

正の数・負の数で量を表す

プラスとマイナスの意味を理解してもらいます。

 

・反対の性質の量:収入と支出などです。

 

一方を正の数で表すと、他方は負の数で表せる。

 

例)500円の収入を+500円 500円の支出を−500円と表します。

 

・基準と正負の数:ある量を基準に定めると、それからの増減で正負の数で表すことです。

 

例)50kgを基準にそれよりも重たい55kgの場合、+5kg、それよりも軽い45kgの場合、−5kgと表します。

以上、塾オンラインドットコムで行う数学の単元でした。

まとめ:中学生の準備講座【数学編】先取り学習する単元はこれだ!

最後までご覧いただき、ありがとうございます。

 

今回の記事、中学生の準備講座【数学編】先取り学習する単元はこれだ!は参考になりましたでしょうか?

 

塾オンラインドットコムでは、無料体験実施中です。

 

公立高校の受験対策や内申点の対策を少数精鋭で行っています。

 

お気軽にお問い合わせください。

 

スタッフ一同、心からお待ちしています。

資料請求はこちらから

お気軽にお問い合わせください。

スタッフ一同、心からお待ちしています。

友だち追加

効率よく勉強したい方

↓↓↓↓↓

無料体験授業のお申し込みはこちら

-