たった5分で算数と数学の違いを理解して中学生になったら数学を得意にする!

たった5分で算数と数学の違いを理解して中学生になったら数学を得意にする!

オンライン授業で全国の小学生と中学生を応援する。

 

塾オンラインドットコムです。

 

今回の記事の担当は、塾長が担当しています。

 

これから中学生になる皆様、中学生の数学で悩んでいませんか?

 

この記事で紹介する「たった5分で算数と数学の違いを理解して中学生になったら数学を得意にする!」を読めば、算数と数学の違いを理解して、数学の苦手を克服します。

 

なぜなら、塾長が数学嫌いの生徒に分かりやすく説明している内容だからです。

 

この記事では、算数と数学の違いを説明して、数学の苦手克服の方法も具体的に紹介しています。

 

記事を読み終えると、算数と数学の違いを理解して、苦手意識のある数学を克服できる可能性があります。

 

以下の悩みを解消する記事となっています。

 

中学校の数学って難しいの?

数学の成績が伸びない

数学がわからなくなった時はどうする?

英語・数学対策に興味のある方

↓↓↓↓↓

無料体験授業実施中です!

記事の内容

小学校の算数と中学生の数学の違い

中学数学の苦手や伸び悩みの原因とは

中学生の数学がわからなくなった時の勉強法

内申点対策に興味のある方

↓↓↓↓↓

無料体験授業のお申し込みはこちら

小学生の算数と中学生の数学の違い

たった5分で算数と数学の違いを理解して中学生になったら数学を得意にする!

算数と数学の違いについてまとめてみました。

 

以下のポイントについて説明しています。

算数と数学の違い

小学生の算数とは

中学生の数学とは

算数と数学の違い

小学生の算数では具体的な数だけの計算式を取り扱っていましたが、中学生の数学では文字を含む文字式を使うようになります。

 

また、数学では関数や空間図形など想像しにくい問題も出てきます。

 

具体的なイメージが難しくなることで、苦手意識をもってしまうこともよくあります。

 

内容が算数よりも高度になっているため、そこでつまずく子どもが多いのです。

 

また、基本的な問題はできるけど、難しくなると途端にできなくなることが出てきます。

 

これは、問題の難易度そのものが小学校の時と比べて上がっているため、応用問題がむずかしくなっているからです。

小学生の算数とは

文部科学省が出している小学校学習指導要領では、「日常の事象を数理的に処理する技能を身に付けるようにする」ことが、学習目標として定められています。

 

つまり、算数は、実用的な計算力を養う教科ということです。

 

図形の面積や体積の求め方・四則演算など、計算力が重視されています。

 

算数で勉強する計算力は普段の生活でも使う場面が多くあります。

 

例えば、買い物に行った時やお釣りの計算など計算力が必要となってきます。

 

計算力を養うのが小学生の算数です。

中学生の数学とは

文部科学省の中学校学習指導要領では、「事象を数学化したり,数学的に解釈したり,数学的に表現・処理したりする技能を身に付けるようにする」ことを学習目標と定めています。

 

つまり、数学は、ものごとの意味合いやプロセスを数字や記号を用いて論理的に説明する力を養う教科です。

 

中学生の数学は、問題の答えを導き出すための過程を勉強する教科であり、論理の正確性が数学では重要視されます。

 

算数と比較すると学習内容が複雑になり、難易度もまして、論理的に説明する力を養うのが中学生の数学です。

中学生の数学の苦手や伸び悩みの原因とは

たった5分で算数と数学の違いを理解して中学生になったら数学を得意にする!

中学生が数学で伸び悩む原因についてまとめてみました

 

以下のポイントについて説明しています。

数学の内容を理解していない

数学の内容の正しい理解とは

数学の問題の体系的な解き方とは

中学生の数学の内容を理解していない

数学が苦手という子の多くは、数学の内容がそもそも分かっていないことが多いのです。

 

学校の授業は聞いているが、その内容を正しく理解しているわけではない。

 

それが積み重なっていくと徐々についていけなくなってしまい苦手意識をもってしまう。

 

そんなことがよくあります。

 

また、数学が伸び悩んでいる子も同じように正しい理解が出来ていないことが多いのです。

 

何となく基本の問題を解けているけれども、なぜこの式を使うのかわからない、なぜこの条件が出てくるのかわからない、といった場合がよくあります。

 

この場合も内容を正しく理解していないことが多いように思います。

 

さらに、理解が曖昧だから、解法も曖昧になり、なんとなく問題を解いてしまうということが原因となっていることが多いのです。

 

そのため、数学の苦手や伸び悩みを克服するために必要なのは、内容の正しい理解とそれに基づく問題の体系的な解き方です。

中学生の数学の内容の正しい理解とは

先ほど数学が苦手な子や伸び悩んでいる子は正しい理解が出来ていないことが多いと述べましたが、内容の正しい理解とは、基本的な定義や論理に基づいた理解です。

 

そもそも関数とは何か、確率とは何か、その分野の根幹をなしている考えを理解しそこから考えていくことです。

問題の体系的な解き方とは

内容の正しい理解が重要だとさきほど述べましたが、難しい問題を解くには、体系的な解き方が必要です。

 

一つの問題に対してさまざまなアプローチが考えられるような問題では、なぜ、その解き方を選んだのかということが重要になります。

 

特に難しい問題では、複数の解法のうちから、適切なことを用いることが必要になる場合もあります。

 

そのため、解法を体系的に理解することが重要となります。

中学生の数学がわからなくなった時の勉強法

たった5分で算数と数学の違いを理解して中学生になったら数学を得意にする!

中学生の数学がわからなくなって時の対処法についてまとめてみました。

 

以下のポイントについて説明しています。

わからなくなった原因を調べる

一つ前の単元を学習する

基本問題を繰り返し行う

分からなくなった原因を調べる

中学生の数学が分からなくなった場合、どの単元が分からないのか?原因を把握する必要があります。

 

なぜなら、分からない単元によって対処法が違うからです。

 

中学生の数学がわからなくなる原因として、「計算が分からない」、「図形が苦手」、「文章問題や応用問題が苦手」といったことがあげられます。

 

原因をしっかりと分析することで、やり直す単元が分かってきます。

 

場合によっては、小学生の算数からやり直す必要があるかもしれませんが、今後のことを考えると必要なことです。

 

まずは、数学が苦手と感じたら原因を分析してみましょう。

一つ前の単元を学習する

中学生の数学は、積み上げ式の傾向があるので、どこか一つでもできない単元があると、そのあとすべての学習がわからなくなってしまいます。

 

したがって、一つ前の単元からやり直すことで理解を深めることができることがよくあります。

 

例えば、一次関数が苦手なら方程式から勉強をもう一度勉強したり、または、小学生の比例と反比例から勉強すると効果的です。

 

一つ前の単元は、難易度が優しくなっていますので苦手克服には良い方法です。

 

試してみてください。

基本問題を繰り返し行う

中学生の数学で基本問題を繰り返し行うのは、基本中の基本の勉強法となります。

 

理由は、数学は解き方を覚えたら、次は、繰り返し基本問題を解いて、解き方を学び学力として定着させるためです。

 

学校などで配布されているプリントやワークなどで、同じ問題を繰り返し解くのが効果的です。

 

基本問題が解けるようになってから、応用問題に挑戦してください。

まとめ:たった5分で算数と数学の違いを理解して中学生になったら数学を得意にする!

 

最後までご覧いただき、ありがとうございます。

 

今回の記事、たった5分で算数と数学の違いを理解して中学生になったら数学を得意にする!は参考になりましたでしょうか?

まとめ

小学校の算数と中学生の数学の違い・・・中学生の数学は難しい

中学数学の苦手や伸び悩みの原因とは・・・正しく内容を理解していない

中学生の数学がわからなくなった時の勉強法・・・原因を分析してみましょう

 

塾オンラインドットコムでは、数学を理解するまで徹底的に学習指導いたします。

数学の苦手を克服しましょう!

お気軽にお問い合わせください。

スタッフ一同、心からお待ちしています。

塾オンラインドットコムについて知りたい方

塾オンライン

塾オンラインドットコムでは、無料体験実施中です。

資料請求はこちらから

お気軽にお問い合わせください。

スタッフ一同、心からお待ちしています。

友だち追加

効率よく勉強したい方

↓↓↓↓↓

無料体験授業のお申し込みはこちら

数学を勉強したい方

↓↓↓↓↓

無料体験授業のお申し込みはこちら

-