STAFF BLOG
合格ブログ

【小学生】勉強嫌いな子の原因と親ができる対策について解説

【小学生】勉強嫌いな子の原因と親ができる対策について解説

オンライン授業で全国の小学生と中学生を応援する。

 

塾オンラインドットコムです。

 

今回の記事の担当は、受験メンタルトレーナーです。

 

小学生から勉強が嫌いって気になりますよね?

 

実は、今回紹介する「【小学生】勉強嫌いな子の原因と親ができる対策について解説」を読めば、小学生の勉強嫌いが克服できます。

 

なぜなら、受験メンタルトレーナーが実践している内容だからです。

 

この記事では、勉強が嫌いな原因や対策を具体的に紹介しています。

 

この記事を読み終わると、小学生の勉強が嫌いな子どもが勉強好きになるはずです。

 

最後に親ができる、小学生の算数・国語・理科・社会・英語の勉強法を紹介しています。参考にしてください。

 

以下の悩みを解決します。

小学生が勉強嫌いな原因を知りたい

勉強嫌いな子に勉強させる方法を知りたい

勉強が嫌いな子の親が出来ることを知りたい

記事の内容
【小学生】勉強嫌いな子の原因と親ができる対策について解説

小学生の勉強嫌いな子に楽しく勉強させる

親のサポートでが嫌いな子どもを克服

内申点対策に興味のある方

↓↓↓↓↓

無料体験授業のお申し込みはこちら

【小学生】勉強嫌いな子の原因と親ができる対策について解説

【小学生】勉強嫌いな子の原因と親ができる対策について解説

【小学生】勉強嫌いな子の原因と親ができる対策について解説についてまとめてみました。

 

小学生から勉強嫌いになると不安ですよね?

 

しかし、理由が漠然としていると、不安を解消するのも難しくなるでしょう。

 

子どもに当てはまる原因がないか、考えながら読み進めてください。

 

以下のポイントについて説明しています。

勉強嫌いな原因:学校の授業についていけない

勉強嫌いな原因:勉強の仕方がわからない

勉強嫌いな原因:勉強を強制している

勉強嫌いな原因:他人と比べてしまう

勉強嫌いな原因:スマホやゲームに夢中になる

勉強嫌いな原因:学校の授業についていけない

小学校の授業についていけてますか?

 

勉強嫌いな原因として、小学校の授業についていけない場合があります。

 

なぜなら、授業についていけないと、授業の内容を理解できなくなるため、勉強が苦痛になるからです。

 

当然、授業の内容がわからないとテストで良い点数は取れません。

 

テストで良い点数が取れなくなると、勉強が嫌いになりますよね?

 

また、宿題が出されても、勉強がわからないから宿題もやらないといったように勉強嫌いに拍車がかかります。

勉強嫌いな原因:勉強の仕方がわからない

勉強の仕方がわからないから、勉強嫌いになる小学生も多くいます。

 

なぜなら、勉強の仕方がわからないと、たとえ机に向かったとしても、何をどのようにして勉強したら良いのかわからないからです。

 

具体的には、宿題はやるけど、宿題が終わるとすぐに勉強に飽きてしまって集中力が続かなくなります。

 

親から「勉強しなさい」と言われても、何をしたら良いのかわからないため、勉強嫌いになるのです。

 

勉強の仕方がわからない場合には、具体的に「宿題が終わったら、計算問題やろうね」、「次は、教科書の音読よ」と指示してあげると、勉強に取り組みやすくなります。

勉強嫌いな原因:勉強を強制している

子どもは親から勉強を強制されるとやる気が起きなくなります。

 

理由は、人間は「自分の行動は自分で決めたい」という欲求があるからです。

 

特に子どもがこれから勉強を始めようとするタイミングで高圧的に「勉強しなさい」と言われると、子どもは反発してやる気を無くします。

 

勉強を高圧的に強制されると反発心が生じて、勉強がますます嫌いになってしまう可能性があるのです。

 

子どもへの勉強の強制は注意が必要です。

勉強嫌いな原因:他人と比べてしまう

子どもは勉強について、他人と比較されると勉強が嫌いになるケースがあります。

 

子どもは勉強以外でも他人と比較されると嫌悪感を抱いてしまうのです。

 

子どもとしては、一生懸命にやっているつもりでも、他人と比較されると劣等感を持ち、勉強に対してのストレスを感じてしまいます。

 

また、兄弟姉妹と比べてしまうのもNGです。

 

なぜなら、自分より勉強ができるお兄ちゃんやお姉ちゃんのほうが好きなのかもしれないと、親に不安を感じてしまうからです。

 

子どもの気持ちを考えて、子どもが頑張ったことをほめてあげましょう。

勉強嫌いな原因:スマホやゲームに夢中になる

スマホやゲームに夢中になって、勉強時間を確保できずに勉強が嫌いになるケースもあります。

 

なぜなら、勉強よりも楽しいスマホやゲームのほうが勉強よりも、優先順位が高いからです。

 

スマホやゲームが勉強の妨げになっているのであれば、遊べる時間を考えなければなりません。

 

小学生にとってスマホやゲームを自己管理するのは難しいため、親が勉強中は電源を切るなどして、勉強に支障が出ないようにするのがポイントです。

小学生の勉強嫌いな子に楽しく勉強させる【小学生】勉強嫌いな子の原因と親ができる対策について解説

小学生の勉強嫌いな子に楽しく勉強させるについてまとめてみました。

 

親子で一緒になって勉強に取り組み、子どもの勉強のサポートをしてあげてください。

 

以下のポイントについて説明しています。

毎日少しずつ勉強して勉強嫌いを解決

勉強時間を固定して勉強嫌いを解決

勉強を楽しいと感じる工夫をして勉強嫌いを解決

毎日少しずつ勉強して勉強嫌いを解決

勉強嫌いな子を克服するためには、毎日、少しずつ勉強していく方法があります。

 

なぜなら、勉強は毎日継続して行うものという認識を覚えてもらうためです。

 

具体的には、1日10分の学習からスタートさせて、徐々に勉強時間を増やしていくと良いでしょう。

 

または、「1日○問」といったように学習内容を決めて、増やしていく方法もあります。

 

毎日、継続して勉強できるようになると、勉強嫌いを克服できる日が近いと言えます。

勉強時間を固定して勉強嫌いを解決

勉強時間を毎日固定するやり方も効果的です。

 

なぜなら、勉強時間を毎日固定していると、子どもも毎日その時間が気になり、「そろそろ勉強する時間だ」と勉強の習慣が身につくからです。

 

毎日の勉強時間を決める際には、子どもに決めさせるのがポイントです。

 

理由は、子どもが勉強時間を決めることによって、自発的に勉強に取り組むようになるからです。

 

毎日同じ時間勉強することで、生活の一部に勉強時間が組み込まれることになるため、勉強の習慣化が身につきやすいのです。

勉強を楽しいと感じる工夫をして勉強嫌いを解決

小学生にとって勉強が楽しいと感じてくれると、勉強に興味を示してくれます。

 

勉強が楽しいと感じるためには、考えることや学ぶことを「楽しいこと」だと感じることと、わからないことや知らないことを「怖い・恥ずかしい」と感じないことが重要です。

 

例えば、テストで悪い点を取ると親に怒られるという気持ちで勉強していると、勉強することは「楽しい」になりません。

 

小学生の勉強嫌いを克服するためには、勉強を楽しいと感じる工夫も必要なので勉強法を紹介します。

タイムアタック勉強法

集中力が続かない小学生にオススメなのが、10分〜30分でどこまで問題を解けるかを競う「タイムアタック」勉強法です。

 

最低限、解かないといけない問題を決めて、それ以上の結果をどれほど残せるのか、ゲーム感覚で勉強します。

 

タイムアタックは、自分の過去の記録を更新していくことで、自分自身のレベルアップを感じられ、自信をつけることにも繋がります。

暗記チャレンジ勉強法

社会や理科など、暗記を楽しくするための勉強法です。

 

いくつ覚えられたかを確認して、自己記録を更新していきます。

 

暗記する前に今日は何個覚えるか目標を確認してから、暗記にチャレンジしてください。

 

暗記が終わったら、小テストを行い暗記できた個数を確認します。

 

小テストの結果はその日の努力を視覚で確認できるため達成感や満足感につながります。

 

暗記する個数を毎日増やして、自己記録を更新してください。

親子でクイズを出し合う

基本的に勉強は一人ですることが多いと思いますが、親子でクイズを出し合って勉強したことがある人も実際に多いのではないでしょうか。

 

親子でクイズを出し合うことは、一人で勉強するときよりも、断然「楽しい」という感情を感じやすいでしょう。

 

また、問題に答えることはもちろん勉強になりますが、クイズを出題するということは、思いのほかとても良い勉強になります。

親のサポートで勉強が嫌いな子どもを克服

【小学生】勉強嫌いな子の原因と親ができる対策について解説

親のサポートで勉強が嫌いな子どもを克服についてまとめてみました。

 

以下のポイントについて説明しています。

勉強嫌いな子どもを褒める

勉強嫌いな子に勉強の仕方を教える

子どもの可能性を信じる

勉強嫌いな子どもを褒める

褒めるということは、子どもを認めるということです。

 

子どもは、親から褒められることが好きなのです。

 

子どもは、褒められるとうれしくなってやる気を出したり、素直に親の言葉に耳を傾けるようになります。

 

親としては、子どもを褒めることで机に向かってくれればストレスも軽減します。

 

逆に子どもが勉強しても褒めないでいると、勉強嫌いが悪化する可能性があります。

 

子どもが勉強したときには、積極的に褒めてあげるよう声をかけるのが大切です。

 

また、褒めるのは結果と過程をしっかりと見てあげて、褒めるようにするといいでしょう。

 

勉強の結果ではなく、15分間漢字問題に取り組んだことや、予定通りに宿題を始めたといった行動内容を具体的に褒めるようにすることが大切です。

勉強嫌いな子に勉強の仕方を教える

小学生に勉強しなさいと言っても、勉強の仕方がわからないため、机に向かっても何をしたら良いのか、わからない場合があります。

 

なぜなら、小学生は勉強の仕方を理解していないからです。

 

例えば、宿題しなさいといえば、宿題だけはしますが、宿題が終わると何も勉強していないことがあります。

 

そのような場合には、具体的に勉強の仕方を教えててあげるのがポイントです。

 

おすすめの勉強の仕方は、教科書の音読です。

 

学校の授業でやった内容を家で音読すると、復習になりますし、わからないところも明確になります。

 

教科書の音読は勉強の基本中の基本とも言えるため、とても効果のある勉強法と言えます。

子どもの可能性を信じる

親の反応が子どもの未来を左右することがあります。

 

例えば、「勉強しても無駄」「成績なんて上がらない」と可能性を否定するのと、逆に「勉強したらきっと良いことがあるよ」「勉強したら成績が上がるよ」と子どもの可能性を信じた場合では、結果が大きく違ってくるのです。

 

なぜなら、子どもの可能性を否定してしまうと、子どもの心のエネルギーが低下して諦めてしまうからです。

 

今後の人生においても、挑戦するのが怖くなってくるのです。

 

子どもの努力は成果が出るか出ないかに関わらず、努力したことはその後の人生において必ず役に立ちます。

 

勉強が嫌いな子どものやる気を引き出すには、子どもの可能性を信じて、寄り添うことが大切です。

まとめ:【小学生】勉強嫌いな子の原因と親ができる対策について解説

最後までご覧いただき、ありがとうございます。

 

今回の記事、「【小学生】勉強嫌いな子の原因と親ができる対策について解説」は参考になりましたでしょうか?

 

塾オンラインドットコムでは、無料体験実施中です。

「塾オンラインドットコムにお任せください」

受験生の親は不安や心配で何かと大変ですが、子どもに悔いのない高校受験をさせてあげるのが大切です。

 

塾オンラインドットコムでは、受験勉強はもちろんのこと、ご家庭とのコミュニケーションを大切にして、スタッフ一同が塾生の高校合格までを全力でサポートいたします。

 

ぜひこの機会に塾オンラインドットコムの無料体験授業を受けてみてください。

 

もちろん、受験生の親の不安や心配事があれば、なんでも相談してください。

 

そのために塾オンラインドットコムがあるのです。

塾オンラインドットコムについて知りたい方

塾オンライン

資料請求はこちらから

お気軽にお問い合わせください。

スタッフ一同、心からお待ちしています。

友だち追加

効率よく勉強したい方

↓↓↓↓↓

無料体験授業のお申し込みはこちら