漢字が苦手な小学生はこれを読めば解決できる!

漢字が苦手な小学生はこれを読めば解決できる!

オンライン授業で全国の小学生と中学生を応援する。

 

塾オンラインドットコムです。

 

今回の記事の担当は、塾長です。

 

小学生って漢字が苦手ですよね?

 

今回紹介する「漢字が苦手な小学生はこれを読めば解決できる!」を読めば、小学生の漢字嫌いが克服できるはずです。

 

なぜなら、塾長が生徒に指導している内容だからです。

 

この記事では、漢字の具体的な勉強法を紹介しています。

 

記事を読み終わると、漢字が苦手な小学生を解決できる内容となっています。

 

以下の悩みを解決します。

漢字が苦手な理由

勉強法を知りたい

漢字嫌いを克服したい

資料請求

記事の内容
漢字が苦手な小学生

各学年の勉強法

漢字嫌いを克服するコツ

内申点対策に興味のある方

↓↓↓↓↓

無料体験授業のお申し込みはこちら

漢字が苦手な小学生

漢字が苦手な小学生はこれを読めば解決できる!

漢字が嫌いな小学生についてまとめてみました。

 

以下のポイントについて説明しています。

漢字が苦手な理由

小学生はいくつ漢字を覚えるの?

漢字を覚える基本の勉強法

漢字が苦手な理由

漢字が苦手な小学生は意外と多く、生徒によって原因はいろいろありますが、代表的な原因として「漢字を覚えていない」ことがあります。

 

生徒をよく観察してみていると、もともと漢字が苦手というよりも、漢字を覚えていないため漢字が苦手という生徒の方が圧倒的に多い気がします。

 

そのような場合には、漢字を覚える方法を丁寧に指導することで漢字の苦手が解消されます。

 

また、小学生の中には、本を読むことと漢字が苦手な生徒がいます。

 

なぜなら、漢字に触れ合う時間が少ないからです。

 

小学校で習う漢字は、日常生活においても使用頻度が高いため、日常的に漢字と触れ合うことが大切です。

 

漢字と触れ合う時間がないと、漢字の読み書きが苦手になってしまいます。

 

そうなると、本を読むことも苦手になる可能性が高いのです。

 

いずれにしても、生徒をしっかりと観察して、原因を探ってみてください。

小学生はいくつ漢字を覚えるの?

小学生の漢字のレベルはどのくらい必要なのでしょうか?

 

小学校で習う漢字は学習指導要領で定められています。

 

学習指導要領では,小学校1年生から6年生までに習う漢字の数は1026字となっています。

 

各学年で習う漢字の数は次のようになっています。

1年 80字
2年 160字
3年 200字
4年 202字
5年 193字
6年 191字
合計 1,026字

 

多いと感じますか?少ないと感じますか?

 

ちなみにポケモンのキャラクター数は、約900匹だそうです。

 

決して覚えられない数ではありませんので、しっかりと漢字の学習を行いましょう。

漢字を覚える基本の勉強法

漢字は暗記です。

 

漢字を覚えることで、読めるようになったり、書けるようになったりするのです。

 

覚えた漢字の量に比例して、本も読めるようになったり、漢字が楽しくなったりするのです。

 

漢字の勉強法はいろいろとネットで検索しても出てきます。

 

しかし、自分にあった勉強法を行うのが最も効率的な覚え方となります。

 

暗記系の基本的な勉強法のコツは、覚えてから問題集を解くことです。

 

覚える作業と問題を解く作業を分けて考えて勉強することが重要となってきます。

 

しっかりと感じを覚えて、問題集を解くことで暗記したかどうかの確認を行います。

 

繰り返して反復練習することで学力が定着するのです。

学年別漢字勉強法

漢字が苦手な小学生はこれを読めば解決できる!

学年別の漢字の取り組み方についてまとめてみました。

 

以下のポイントについて説明しています。

低学年の漢字勉強法

中学年の漢字勉強法

高学年の漢字勉強法

低学年の漢字勉強法

小学生の低学年で気をつけなければならないのが、漢字が嫌いになることです。

 

特に小学校1年生は初めて漢字に触れ合う学年です。

 

漢字が嫌いにならないように、親がサポートしてあげる必要があります。

 

国語の授業では必ず漢字を学習するので、家庭での反復練習は欠かすことはできません。

 

書いて覚えることも大切なので、プリント形式や漢字ドリルを使う学習も大切です。

 

小学生の低学年では、漢字を楽しく学ぶことも重要です。

中学年の漢字勉強法

小学3・4年生になると、漢字の覚え方もレベルアップします。

 

例えば、その漢字がどうしてできたのか?書いている漢字の意味は?など、頭の中で論理的に漢字の成り立ちを想像できるようになります。

 

したがいまして、漢字の成り立ちや意味について学習することで効率的に漢字を覚えることができるのです。

 

今まで習ってきた漢字の復習と共に、漢字の構成を理解しながら、漢字の勉強を行うため、うまくバランスを取りながら学習することが重要です。

 

漢字の反復練習は欠かさず行うことで、漢字の学力が身につくことになるでしょう。

高学年の漢字勉強法

小学生の高学年にもなると、漢字の勉強法も進化してきます。

 

これまでの反復練習に加えて、漢字の示す意味を覚えて、さらに熟語と関連付けて覚える勉強法ができるようになります。

 

漢字は反復練習が大切ですが、書いて覚えれば終わりではありません。

 

漢字の意味を正しく理解し、正しい書き順で書けるようにしましょう。

 

また、高学年の漢字は、複雑な漢字に加えて読みが同じものや、似たような形の漢字が多いのです。

 

似たような漢字が多いため、漢字の特徴や特質を正しく理解することが大切でしょう。

 

漢字嫌いを克服するコツ

漢字が苦手な小学生はこれを読めば解決できる!

漢字嫌いを克服するコツについてまとめてみました。

 

以下のポイントについて説明しています。

親が子どもの学習のサポートを行う

本を読む

漢字に慣れる

親が子どもの学習のサポートを行う

小学生が自分で学習を行うのはハードルが高く、親が学習をサポートしてあげることで、勉強への意識が高まるはずです。

 

小学生が家庭での家庭学習を日々の習慣にするには、勉強をする時間をある程度決めておくのがポイントです。

 

例えば、テレビを見る前の時間やゲームの前、お風呂のあとなど、毎日必ずおこなう行動に結びつけることがポイントです。

 

遊ぶ時間の前に勉強をする習慣をつけると、遊び過ぎて時間がなくなることも避けられます。

 

また、楽しみながら勉強できるように工夫することも大切な要素です。

 

ゲーム性を持たせることも子どもの家庭学習を習慣化するためのコツです。

 

さらには、子どもが達成感を得られるような工夫をすると、より勉強への意欲が高まります。

 

例えば、子どもの解答に親が丸付けをする、勉強をした日にシールを貼るなどの工夫があります。

 

自分のがんばりが一目でわかるなど可視化される点も、子どもが達成感を得るためのポイントです。

 

親が勉強のサポートをしてあげることで漢字の苦手も克服できるはずです。

本を読む

漢字嫌いにを克服するためには、本を読むことをおすすめします。

 

理由は、小学生が本を読むと国語の知識と思考力がプラスされるからです。

 

そうすることで、漢字や文法を理解し、漢字嫌いも克服できるはずです。

 

本を読むことで、読解力や語彙力が高まり、普段は使わない言葉に出会うことも多くあります。

 

新しく知った言葉の意味を丁寧に調べていけば、自然と語彙力が鍛えられるでしょう。

 

また、本を読めば読むほど文章に慣れ、話の展開を理解しやすくなります。

 

単に本を読ませるだけでなく、その本について子どもと話をするとより効果的です。

 

「本の感想を教えて?」などと質問すると、効果的です。

 

漢字嫌いを克服するには、本を読むことをおすすめします。

漢字に慣れる

漢字に慣れることはとても重要です。

 

理由は、そもそも低学年の子どもは、漢字そのものに慣れていないため、まずは漢字への抵抗をなくすことが重要だからです。

 

声に出して漢字を読みながら書いてみる、漢字の形をなぞる、語呂合わせをする、などの方法で、目や耳を使いながら漢字を覚えさせる方法がよいでしょう。

 

また、漢字が読めない、書けないと苦手意識を持つ子どもが、それを克服するためには、小学校低学年の漢字の「読み方」からスタートすることです。

 

読むことは学習の基本です。

 

漢字を読むことからはじめて、意味を理解することで漢字が書けるようになるのです。

 

漢字に慣れることで、漢字を身近に感じて、漢字嫌いを克服しましょう。

まとめ:漢字が苦手な小学生はこれを読めば解決できる!

最後までご覧いただき、ありがとうございます。

 

今回の記事、「漢字が苦手な小学生はこれを読めば解決できる!」は参考になりましたでしょうか?

漢字を親切丁寧に指導!

一緒に漢字の勉強をしませんか?

塾オンラインドットコムについて知りたい方

塾オンライン

塾オンラインドットコムでは、無料体験実施中です。

資料請求はこちらから

お気軽にお問い合わせください。

スタッフ一同、心からお待ちしています。

友だち追加

効率よく勉強したい方

↓↓↓↓↓

無料体験授業のお申し込みはこちら

-