STAFF BLOG
合格ブログ

【小学生】理科の勉強法を知って親が教えると理科の成績アップ

【小学生】理科の勉強法を知って親が教えると理科の成績アップ

オンライン授業で全国の小学生と中学生を応援する。

 

塾オンラインドットコムです。

 

今回の記事の担当は、塾長です。

 

小学生の理科の勉強法って知りたくないですか?

 

実は、今回紹介する「【小学生】理科の勉強法を知って親が教えると理科の成績アップ」を読めば、小学生の理科の成績が上がります。

 

なぜなら、塾オンラインドットコムで実践している内容だからです。

 

この記事では、小学生の理科の勉強法を具体的に紹介しています。

 

記事を読み終わると、小学生の理科の勉強法がわかる内容になっています。

 

以下の悩みを解決します。最後に小学生の各教科の勉強法をまとめていますので参考にしてください。

小学生の理科って?

小学生が理科を好きになるには?

小学生の理科の勉強法を知りたい

記事の内容
【小学生】理科の勉強法を知って親が教えると理科の成績アップ

小学生が理科を好きになるためには

小学生理科の勉強法

内申点対策に興味のある方

↓↓↓↓↓

無料体験授業のお申し込みはこちら

【小学生】理科の勉強法を知って親が教えると理科の成績アップ

【小学生】理科の勉強法を知って親が教えると理科の成績アップ

小学生の理科についてまとめてみました。

 

以下のポイントについて説明しています。

小学生理科の学習目標

小学3年生理科の学習目標

小学4年生理科の学習目標

小学5年生理科の学習目標

小学6年生理科の学習目標

小学生理科の学習目標

小学生の理科の学習目標から見ていきましょう。

 

小学生理科の指導要領を参考にしています。

自然に親しみ,理科の見方・考え方を働かせ,見通しをもって観察,実験を行うことなどを通して,自然の事物・現象についての問題を科学的に解決するために必要な資質・能力を次のとおり育成することを目指す。

つまり、

(1) 自然の事物・現象についての理解を図り,観察,実験などに関する基本的な技能を身に付けるようにする。

 

(2) 観察,実験などを行い,問題解決の力を養う。

 

(3) 自然を愛する心情や主体的に問題解決しようとする態度を養う。

ということです。

 

この目標は,小学校理科においてどのような資質・能力の育成を目指しているのかを簡潔に示したものでです。

 

この次には、各学年の理科の学習目標について説明します。

小学3年生理科の学習目標

小学3年生の理科 学習目標
物質・エネルギー 物の性質,風とゴムの力の働き,光と音の性質,磁石の性質及び電気の回路についての理解を図り,観察,実験などに関する基本的な技能を身に付けるようにする。
物の性質,風とゴムの力の働き,光と音の性質,磁石の性質及び電気の回路について追究する中で,主に差異点や共通点を基に,問題を見いだす力を養う。
物の性質,風とゴムの力の働き,光と音の性質,磁石の性質及び電気の回路について追究する中で,主体的に問題解決しようとする態度を養う。
生命・地球 身の回りの生物,太陽と地面の様子についての理解を図り,観察,実験などに関する基本的な技能を身に付けるようにする。
身の回りの生物,太陽と地面の様子について追究する中で,主に差異点や共通点を基に,問題を見いだす力を養う。
身の回りの生物,太陽と地面の様子について追究する中で,生物を愛護する態度や主体的に問題解決しようとする態度を養う。

 

小学4年生の理科の学習目標

小学4年生の理科 学習目標
物質・エネルギー 空気,水及び金属の性質,電流の働きについての理解を図り,観察,実験などに関する基本的な技能を身に付けるようにする。
空気,水及び金属の性質,電流の働きについて追究する中で,主に既習の内容や生活経験を基に,根拠のある予想や仮説を発想する力を養う。
空気,水及び金属の性質,電流の働きについて追究する中で,主体的に問題解決しようとする態度を養う。
生命・地球 人の体のつくりと運動,動物の活動や植物の成長と環境との関わり,雨水の行方と地面の様子,気象現象,月や星についての理解を図り,観察,実験などに関する基本的な技能を身に付けるようにする。
人の体のつくりと運動,動物の活動や植物の成長と環境との関わり,雨水の行方と地面の様子,気象現象,月や星について追究する中で,主に既習の内容や生活経験を基に,根拠のある予想や仮説を発想する力を養う。
人の体のつくりと運動,動物の活動や植物の成長と環境との関わり,雨水の行方と地面の様子,気象現象,月や星について追究する中で,生物を愛護する態度や主体的に問題解決しようとする態度を養う。

 

小学5年生理科の学習目標

小学5年生の理科 学習目標
物質・エネルギー 物の溶け方,振り子の運動,電流がつくる磁力についての理解を図り,観察,実験などに関する基本的な技能を身に付けるようにする。
物の溶け方,振り子の運動,電流がつくる磁力について追究する中で,主に予想や仮説を基に,解決の方法を発想する力を養う。
物の溶け方,振り子の運動,電流がつくる磁力について追究する中で,主体的に問題解決しようとする態度を養う。
生命・地球 生命の連続性,流れる水の働き,気象現象の規則性についての理解を図り,観察,実験などに関する基本的な技能を身に付けるようにする。
生命の連続性,流れる水の働き,気象現象の規則性について追究する中で,主に予想や仮説を基に,解決の方法を発想する力を養う。
生命の連続性,流れる水の働き,気象現象の規則性について追究する中で,生命を尊重する態度や主体的に問題解決しようとする態度を養う。

 

小学6年生理科の学習目標

小学6年生の理科 学習目標
物質・エネルギー 燃焼の仕組み,水溶液の性質,てこの規則性及び電気の性質や働きについての理解を図り,観察,実験などに関する基本的な技能を身に付けるようにする。
燃焼の仕組み,水溶液の性質,てこの規則性及び電気の性質や働きについて追究する中で,主にそれらの仕組みや性質,規則性及び働きについて,より妥当な考えをつくりだす力を養う。
燃焼の仕組み,水溶液の性質,てこの規則性及び電気の性質や働きについて追究する中で,主体的に問題解決しようとする態度を養う。
生命・地球 生物の体のつくりと働き,生物と環境との関わり,土地のつくりと変化,月の形の見え方と太陽との位置関係についての理解を図り,観察,実験などに関する基本的な技能を身に付けるようにする。
生物の体のつくりと働き,生物と環境との関わり,土地のつくりと変化,月の形の見え方と太陽との位置関係について追究する中で,主にそれらの働きや関わり,変化及び関係について,より妥当な考えをつくりだす力を養う。
生物の体のつくりと働き,生物と環境との関わり,土地のつくりと変化,月の形の見え方と太陽との位置関係について追究する中で,生命を尊重する態度や主体的に問題解決しようとする態度を養う。

 

以上、各学年の学習目標を知ることで学習のポイントが分かります。

小学生が理科を好きになるポイント
【小学生】理科の勉強法を知って親が教えると理科の成績アップ

小学生が理科を好きになるポイントについてまとめてみました。

 

以下の項目について説明しています。

小学生は理科に興味を持つ

遊びから理科を好きになる

実験に興味を持つ

小学生は理科に興味を持つ

理科の勉強を得意にする方法として、理科に興味を持たせることが大切と言えます。

 

理由は、小学生の理科は、生物、地学、化学、物理の分野を学習しますが、これらの分野に親しみ、興味を持つことで理科への関心度が高まるのです。

 

具体的には、自然現象に「なぜ?」と疑問を持つと、観察したり、実験したり、主体的に自然現象を理解しようとする態度が養われてくるのです。

 

そうなると、理科全般に興味を持ち、積極的に理科の学習に取り組むようになるのです。

 

理科の勉強を得意にするためには、何よりも興味のある分野から取り組むのもおすすめです。

YouTubeチャンネルで実験を視聴

YouTubeチャンネルで理科の実験を検索すると、小学生向けの面白い実験が多くアップされています。

 

楽しい実験やおもしろ解説などの動画を見て、理科に慣れ親しむのもおすすめです。

 

なぜなら、楽しく理科に触れながらおもしろおかしく理科を学ぶと、理科への関心度が高まるからです。

 

遊びを通して理科の実験に触れることで、理科を身近に感じて、自分でもやってみたいという気持ちになるはずです。

 

楽しく理科を学びながら、理科の基礎を学べるため、遊びながらできる理科の実験のYouTubeチャンネルを視聴するはおすすめです。

自然に触れる

理科を好きになる小学生の特徴として、自然にたくさん触れているケースがあります。

 

理由は、自然に多く触れることで、虫などの生物、植物、動物などに関心を寄せると、理科の分野に興味を持つからです。

 

具体的には、小学生の多くは近くの公園に遊びに行くと、蟻や虫、昆虫などに興味を示します。

 

また、森や川などに遊びに行った時も、動物や魚などに触れ合うことで、自分で飼育してみたいと思う気持ちになります。

 

小学生にとって、多くの自然に触れ合うことで、自身の目や手を通して感じたことや「なぜ?」などの疑問に対しての気づきによって、観察力や解決力が養われるのです。

 

そのような場合には、想像力を伸ばしてあげましょう。

 

小学生が興味を持って取り組み始めたら、ぜひ褒めてあげてください。

小学生理科の勉強法

【小学生】理科の勉強法を知って親が教えると理科の成績アップ

小学生理科の勉強法についてまとめてみました。

 

以下のポイントについて説明しています。

小学生の理科は教科書

理科が苦手な場合は暗記

ワークや問題集を使って

小学生の理科は教科書

小学生の理科の基本的な勉強は教科書を使って学習します。

 

なぜなら、小学校の教科書は基本事項が抑えられているため、教科書が勉強の基本だからです。

 

具体的には、理科の教科書の音読です。

 

教科書を音読する効果は、大きな声で言葉に出すと、アウトプットできて、勉強の効率が上がります。

 

また、理科の学習には資料集を併用するのも効果的と言えます。

 

資料集を使って視覚で覚えることで、記憶として脳に定着しやすくなります。

 

小学生の理科の勉強は、繰り返し教科書を音読するのが基本になります。

理科が苦手な場合は暗記

理科には、暗記分野と計算分野があり、計算分野が苦手な理由で理科が嫌い、という小学生も多くいます。

 

理科が嫌い、苦手という場合には、暗記分野から学習するのがおすすめです。

 

なぜなら、覚えることは誰にでもできるからです。

 

理科が嫌いな場合には、暗記分野から取り組んでみてください。

ワークや問題集を使って

小学生の理科の学力を定着させるためには、ワークや問題集に取り組むのがおすすめです。

 

なぜなら、ワークや問題集に取り組むことで、基本が身につき応用問題にも対応できるようになるからです。

 

理科の基礎は語句や公式などを覚えることです。

 

理科の基礎がしっかりと理解できているのであれば、ワークや問題集に取り組んで、学力を定着させましょう。

 

基本問題が解けるようであれば、応用問題にも挑戦してみてください。

 

ワークや問題集が解けるようになると、自信にもつながり、理科が得意科目になる場合もあります。

 

ワークや問題集を使って、理科の学力の定着を図りましょう。

まとめ:【小学生】理科の勉強法を知って親が教えると理科の成績アップ

最後までご覧いただき、ありがとうございます。

 

今回の記事、「【小学生】理科の勉強法を知って親が教えると理科の成績アップ」は参考になりましたでしょうか?

 

塾オンラインドットコムでは、無料体験実施中です。

「塾オンラインドットコムにお任せください」

受験生の親は不安や心配で何かと大変ですが、子どもに悔いのない高校受験をさせてあげるのが大切です。

 

塾オンラインドットコムでは、受験勉強はもちろんのこと、ご家庭とのコミュニケーションを大切にして、スタッフ一同が塾生の高校合格までを全力でサポートいたします。

 

ぜひこの機会に塾オンラインドットコムの無料体験授業を受けてみてください。

 

もちろん、受験生の親の不安や心配事があれば、なんでも相談してください。

 

そのために塾オンラインドットコムがあるのです。

塾オンラインドットコムについて知りたい方

塾オンライン

資料請求はこちらから

お気軽にお問い合わせください。

スタッフ一同、心からお待ちしています。

友だち追加

効率よく勉強したい方

↓↓↓↓↓

無料体験授業のお申し込みはこちら