STAFF BLOG
合格ブログ

中学生の準備講座【英語編】この英語の単元を予習すればOK!

中学生の準備講座【英語編】この英語の単元を予習すればOK!

オンライン授業で全国の小学生と中学生を応援する。

 

塾オンラインドットコムです。

 

今回の記事の担当は、ベテラン塾長です。

 

中学生になると英語のが心配ですよね?

 

今回紹介する「中学生の準備講座【英語編】この英語の単元を予習すればOK!」を読めば、中学生になっても英語で困らないはずです。

 

なぜなら、塾長が生徒にいつも指導している内容だからです。

 

この記事では、中学生なるまでの英語の準備について具体的に紹介しています。

 

記事を読み終えると、中学生の英語についていいスタートが切れる内容となっています。

 

以下の悩みを解消します。

中学生の英語って難しいの?

どこまで先取りするの?

勉強方法は?

 

あわせて読みたい

参考記事:中学生の準備講座【数学編】先取り学習する単元はこれだ!

参考記事:英語の偏差値を上げたい中学生はこれを実践するだけ!

資料請求

英語の内申点対策に興味のある方

↓↓↓↓↓

無料体験授業実施中です!

 

記事の内容

英語を先取りする理由

先取り学習をする前の準備

英語で先取り学習する内容

英語学習に興味のある方

↓↓↓↓↓

無料体験授業のお申し込みはこちら

中学生になるための英語の準備

中学生の準備講座【英語編】この英語の単元を予習すればOK!

最初に英語を先取りする理由について、まとめてみました。

 

中学生の英語は難しい

勉強時間が取れない

高校受験や大学受験を見据えた勉強

中学生の英語は難しい

小学生で英語を学習しているとはいえ、中学生になると英語のレベルが難しくなります。

 

学習指導要綱の改訂により、さらに難しくなりました。

 

具体的には、小学生で覚える単語は、600~700語と言われています。

 

中学生になると、以前は、教科書に出る単語が1200語でしたが現在では、1600~1800語とも言われています。

 

単語の数でもわかるように、難易度が増しています。

 

さらに、小学生では、遊び感覚で学習していた英語が中学生になると最も重要な科目になります。

勉強時間が取れない

中学生になると勉強時間の確保が難しくなります。

 

通学時間、部活動、生徒会活動など小学生時代と比べると格段に忙しくなります。

 

忙しくなると、家に帰っても疲れていて、勉強する体力も気力も失せて、机に向かう時間が少なくなります。

 

先取り学習を行えば、勉強の貯金ができます。

 

中学生の生活に慣れるまで英語の先取り学習の貯金でなんとか乗り切れることができます。

高校受験・大学受験を見据えた勉強

英語は、高校受験や大学受験においてもとても大事な教科だからです。

 

さらには、昨今では英語が公用語の会社も多く存在しています。

 

今後の人生においても英語が重要な位置づけになるかもしれません。

 

万が一、中学生の最初で英語が嫌いになってしまうと今後の人生の選択肢において影響を及ぼす可能性もあります。

 

以上の理由から、英語の先取り学習が必要と考えています。

 

塾オンラインドットコムでは、英語が嫌いにならないように生徒のペースで学習を進めていきます。

あわせて読みたい

参考記事:【中学生】英語の勉強のポイントと勉強法を具体的に紹介!これで英語の苦手を克服!

参考記事:小学生と中学生の勉強の違いを分かりやすくポイントにまとめて徹底解説!

塾オンラインドットコムに興味のある方

↓↓↓↓↓

無料体験授業のお申し込みはこちら

英語の先取り学習をする前の準備

中学生の準備講座【英語編】この英語の単元を予習すればOK!

いきなり、中学生の英語を学習しても、理解できないケースがあります。

 

この章では、先取り学習をする前の準備についてポイントを以下にまとめてみました。

アルファベットを覚える

英語の簡単な挨拶を覚える

小学生で習った単語を覚える

アルファベットを覚える

アルファベットは完璧に覚えて下さい。

 

アルファベットは、大文字と小文字が書ける。

 

そして、発音ができる。

 

覚え方は、視覚を使って見て覚える。

 

アルファベットの表を部屋に貼った経験ありますよね?

 

聴覚を使って聞いて覚える。

 

超有名なアルファベットの歌がありますよね?

 

書いて覚える。

 

歌を歌いながら書く練習をします。

 

そして、最後はアプリで覚える。

 

最近の学習法ですね。

 

以上 アルファベットの覚え方です。

 

覚えるまで繰り返し行って下さい。

英語の簡単な挨拶を覚える

簡単な挨拶を覚えましょう。

ありがとう Thank you
どういたしまして You are welcome/My pleasure
おはようございます Good morning
こんにちは  Hello/Good afternoon
こんばんは Good evening
おやすみなさい Good night
はじめまして Nice to meet you
さようなら Good bye/See you
気をつけて Take care
よい1日を Have a nice day

 

簡単な挨拶は、どんな場面で使うのかも含めて発音・書く・聞くを行い覚えて下さい。

小学生で習った単語を覚える

小学生で習った単語はすべて覚えましょう。

 

なぜなら、中学生の英語の授業は、小学生で習った単語を覚えている前提で授業が進むからです。

 

冒頭で小学生で習う単語は、600から700語と書きました。

 

覚え方は、アルファベットを覚えるのと同じです。

 

教科書を見直して復習して下さい。

 

700語を覚えるのは大変ですがポケモンのキャラクター数は約900匹だそうです。

 

ポケモンのキャラクターより、少ないのでそう考えると難易度は高くないと思います。

 

頑張って単語を覚えましょう。

 

塾オンラインドットコムでは、小学生英語の復習授業も行っています。

あわせて読みたい

参考記事:中学生の春休みの勉強の仕方を5分で解説いたします!

参考記事:中学生の準備講座【数学編】先取り学習する単元はこれだ!

塾オンラインドットコムに興味のある方

↓↓↓↓↓

無料体験授業のお申し込みはこちら

英語で中学生の先取り学習する内容

中学生の準備講座【英語編】この英語の単元を予習すればOK!

最後に英語で先取り学習する内容について、ポイントをまとめました。

 

すべてやるのは大変なのでできるところまでやるようにしましょう。

繰り返し、アルファベットと挨拶

be動詞

一般動詞

アルファベットと挨拶

塾オンラインドットコムでは、繰り返しになりますがアルファベットと挨拶を覚えているか確認します。

 

なぜなら、中学生の最初の定期テストでは、アルファベットと挨拶の問題が必ず出題されます。

 

今後の英語の学習を左右する単元なので繰り返し確認を行います。

 

ローマ字と英語の区別がつかなくなる生徒もいますので理解してから、次の単元に進みます。

 

中学1年生の英語について知りたい方、中学1年生の英語文法こうすれば英語の成績がグングン伸びる!

be動詞

次に、be動詞ですがそもそも「be動詞」って何?から始まります。

 

日本語の意味もわからないのに英語で理解するのは至難の業です。

 

さらには、日本語の語順と英語の語順が違うということを理解するのは、とても難しいです。

 

この単元で英語が苦手になる生徒が多いのも事実です。

 

小学生の間にbe動詞を理解すると中学生になってちょっと有利かも?

 

この単元もちゃんと理解してから次に進みます。

 

be動詞について知りたい方、中学1年生の【be動詞】を理解して英語が得意になるコツを解説!

一般動詞

最後に一般動詞です。

 

〈一般動詞〉は、英語の中核である〈動詞〉のことです。

 

〈動詞〉をしっかりと理解していれば、これから学ぶ「文型」「時制」「助動詞」「不定詞」「分詞」などの重要文法単元を学習していく際にも、効率よく新しい知識を身につけることができます。

 

be動詞を理解してから勉強を始めるのもいいですが、be動詞と一般動詞を比較しながら勉強するのも分かりやすいです。

 

これも、一般動詞の日本語の意味からちゃんと説明しないと実力が身につきません。

 

ここまで小学生で先取りができると中学生になっても苦労することはないでしょう。

 

しかし、最後に先取り学習については、生徒本人の意向ではなく親の意向がほとんどです。

 

押し付けているわけではないですが無理に先取り学習を行うと英語が嫌いになってしまう可能性もあります。

 

先取り学習なので理解できないこともあります。

 

生徒本人のペースで理解したら次に進むことが大切です。

 

先取り学習をしても効果が出ないときもあります。

 

あとから勉強を始めた生徒に追い抜かれることもあります。

 

そのあたりを理解して先取り学習を行って下さい。

 

一般動詞について知りたい方、中学1年生の【一般動詞】を読むだけで成績が上がる記事

あわせて読みたい

参考記事:国語の勉強法を知りたくないですか?【成績が上がるコツ】

参考記事:勉強しない中学生の接し方と解決方法を受験メンタルトレーナーが教えます!

まとめ:中学生の準備講座【英語編】この英語の単元を予習すればOK!

最後までご覧いただきありがとうございます。

 

いかがでしたでしょうか?

 

今回の記事を参考にして準備を進めてみて下さい。

 

中学生準備講座 英語編ということで解説いたしました。

 

塾オンラインドットコムでは、中学生準備講座【英語・数学】を行っています。

 

お気軽にお問い合わせ下さい。塾オンラインドットコムでは、無料体験実施中です。

 

スタッフ一同、お待ちしております。

塾オンラインドットコムについて知りたい方

塾オンライン

資料請求はこちらから

お気軽にお問い合わせください。

スタッフ一同、心からお待ちしています。

友だち追加

効率よく勉強したい方

↓↓↓↓↓

無料体験授業のお申し込みはこちら