中学1年生の【be動詞】を理解して英語が得意になるコツを解説!

中学1年生の【be動詞】を理解して英語が得意になるコツを解説!

オンライン授業で全国の小学生と中学生を応援する。

 

塾オンラインドットコムです。

 

今回の記事の担当は、塾長です。

 

「中学1年生の英語のbe動詞」について悩んでいませんか?

 

この記事で紹介する「中学1年生の【be動詞】を理解して英語が得意になるコツを解説!」を読むと、be動詞の事がわかる記事の内容となっています。

 

なぜなら、塾オンラインドットコムで生徒に実践している内容だからです。

 

この記事では、be動詞についてわかりやすく解説していますので、記事を読み終えるとbe動詞について理解できる内容となっています。

 

今回は以下の悩みを解消します。

be動詞がよくわからない

be動詞を理解したい

英語・数学対策に興味のある方

↓↓↓↓↓

無料体験授業実施中です!

記事の内容
be動詞の意味を知る

be動詞の例文

be動詞の確認テスト

内申点対策に興味のある方

↓↓↓↓↓

無料体験授業のお申し込みはこちら

中学1年生の【be動詞】を理解して英語が得意になるコツを解説!

中学1年生の【be動詞】を理解して英語が得意になるコツを解説!

be動詞の日本語の意味についてまとめてみました。

 

以下のポイントについて説明しています。

be動詞の日本語の意味を知る

be動詞の使い分け表を覚える

be動詞の日本語の意味を知る

 

be動詞とは、述語のことです。

be動詞は、is , am, are 


日本語の訳は、「〜です。」 「〜いる(ある)。」

 

述語とは文の中で、どうする・どんなだ・なんだ・ある(いる・ない)を意味する言葉です。

 

述語を見つける時に注目すべきポイントとなるのが主語です。

 

主語は、文の中で、何が・誰がにあたる言葉です。

 

主語と述語は意味がつながっていて、主語が「何が・誰が」、述語が「どうする・どんなだ」をあらわします。

 

述語と主語はセットで文のベースになるので、述語を見つけるためには主語も一緒に探します。

 

なぜなら主語によって、be動詞が変わってくるからです。

be動詞の使い分け表

 

人称名 主語 現在形 意味
一人称 単数 I am 私は
複数 we are 私達は
二人称 単数 you are あなたは
複数 you are あなたたちは
三人称 単数 he is 彼は
単数 she is 彼女は
単数 it is それは
複数 they are 彼らは、彼女たちは、それらは、

 

「I(私)」と「we(私たち)」が一人称です。

 

二人称は、聞き手を指します。つまり、「you(あなた)」と「you(あなたたち)」のことです。

 

三人称は、話し手と聞き手以外のすべての人や物を表します。

 

単数とは、1つのものを指す名詞のことを指します。

 

複数とは、2つ以上のものの事を指す名詞の事を指します。

 

過去形については改めて、説明いたします。

中学1年生:be動詞の勉強法

中学1年生の【be動詞】を理解して英語が得意になるコツを解説!

be動詞の例文についてまとめてみました。

 

覚えると効果的です。

be動詞の例文を覚える

be動詞のポイント

be動詞のまとめ

be動詞の例文を覚える

 

I  am  a  teacher. 私は先生です。主語がIのときは「am」

We  are  teachers.  私達は先生です。主語がweのときは、「were」

You  are  a  teacher. あなたは先生です。主語がyouのときは、「are」

You  are  teachers. あなたたちは先生です。主語がyouで複数の時は、「are」 

He is  a  teacher. 彼は先生です。主語がheのときは、「is」

They  were  teachers. 彼らは先生です。主語がtheyのときは、「were」

be動詞のポイント

主語がIの時は、「am」

 

主語がyouのとと複数(2人以上)のときは「are」

 

主語がI, You以外の単数のときは、「is」

be動詞のまとめ

be動詞は人称や数によって、動詞の形が変化します。

 

be動詞の単数・複数の表を暗記して、どんなパターンで単数・複数などになるのかを理解してください。

 

そうすれば、今回出てこなかった名詞に対しても、問題なく対応することができます。

be動詞の用法

・主語 + be動詞 + 名詞 be動詞の後に名詞をおき、主語が何であるのかを説明する。

 

This is my book. これは私の本です。

 

・主語+be動詞+形容詞 be動詞の後に形容詞をおき、主語がどんな状態かを説明する。

 

Your book is nice. あなたの本はすてきです。

中学1年生ならできる:be動詞の確認テスト

中学1年生の【be動詞】を理解して英語が得意になるコツを解説!

be動詞の確認テストです。

 

試しにやってみてください。

be動詞の確認テスト

塾オンラインドットコムについて

be動詞の確認テスト

人称名 主語 現在形
一人称 単数 I 【①】
複数 【②】 are
二人称 単数 you 【③】
複数 【④】 are
三人称 単数 he is
単数 she 【⑤】
単数 【⑥】 is
複数 they 【⑦】

 

私は太郎です。【⑧】【⑨】Taro.

 

私は、10歳です。【⑩】【⑪】ten.

 

並べ替え:私は学生です。(a/student/I/am)⑫

 

日本語に訳す:I am a baseball fan. ⑬

be動詞の確認テスト答え

①am ②We ③are ④You ⑤is ⑥It ⑦are ⑧I ⑨am ⑩i ⑪am ⑫I am a student ⑬私は野球のファンです。

塾オンラインドットコム

塾オンラインドットコムでは、中学生の英語を理解するまで徹底的に行なっていますので、定期テストの点数が爆上げしています。

 

英語がわからない生徒には基礎から徹底的に学習して、成績をグングン伸ばします!

 

オンライン授業で全国の小学生と中学生を応援しています!

まとめ:中学1年生の【be動詞】を理解して英語が得意になるコツを解説!

最後までご覧いただき、ありがとうございます。

 

今回の記事、中学1年生の【be動詞】を理解して英語が得意になるコツを解説!は参考になりましたでしょうか?

塾オンラインドットコムでは、東京大学と早稲田大学の講師が丁寧に学習指導をしています。

そのため、生徒の成績がグングン伸びています。

塾オンラインドットコムで一緒に勉強しませんか?

塾オンラインドットコムでは、無料体験実施中です。

資料請求はこちらから

お気軽にお問い合わせください。

スタッフ一同、心からお待ちしています。

友だち追加

効率よく勉強したい方

↓↓↓↓↓

無料体験授業のお申し込みはこちら

-