中学生の英語がわからなくなったら!これを読んで解決

中学生の英語がわからなくなったら!これを読んで解決

オンライン授業で全国の小学生と中学生を応援する。

 

塾オンラインドットコムです。

 

今回の記事の担当は、塾長です。

 

中学生の英語って難しいですよね?

 

今回紹介する「中学生の英語がわからなくなったら!これを読んで解決」を読めば、英語の苦手が解決できるかも?

 

なぜなら、英語が苦手な生徒にいつも実践している内容だからです。

 

この記事では、英語がわからなくなった場合の対策を具体的に紹介しています。

 

これを読み終われば、きっと英語勉強に役立つ内容となっています。

 

以下の悩みを解決します。

英語がわからない

どんな勉強法をすればいいの?

具体的な勉強法は?

資料請求

記事の内容
英語がわからない

英語を好きになるために

英語の勉強法

内申点対策に興味のある方

↓↓↓↓↓

無料体験授業のお申し込みはこちら

中学生の英語がわからない

中学生の英語は特に重要

中学生の英語は大切

英語がわからない、英語が苦手な原因

中学生の英語は特に重要

中学生の英語は大切

中学生になると英語の授業が本格的に始まります。

 

外国語の授業なのでこれまでの国語や数学と言った授業とは違ってくるので、戸惑う生徒も多くいます。

 

また、英語の勉強の仕方がわからなくて、最初から英語の授業についていけなくなる生徒も見かけます。

 

しかし、英語の学習は高校受験や将来を見据えた上でもとても大切です。

 

なぜなら、進学する上では英語は避けては通れない科目ですし、大学受験においては必須とされる科目だからです。

 

中学生の英語は、これから将来にわたって学習する英語の基礎となるので、しっかりと理解しておく必要があるのです。

 

英語のコツと勉強法を理解すると英語が得意科目になる可能性もあるので、今のうちに英語が理解できるように学習することが大切です。

英語がわからない、英語が苦手な原因

英語がわからなくなった生徒や英語が苦手な生徒は、原因を見つけることがポイントです。

 

「なぜ?」を繰り返して、原因を見つけてください。

 

英語がわからなかった場合は、理解していた単元まで戻って学習をやり直すことで解決する可能性があります。

 

また、英語が苦手な場合は、英語に触れる機会を増やすことで、英語が身近に感じることもあります。

 

もしかすると、英語の勉強法が間違っているのかもしれません。

 

いずれにしても、原因がわかれば解決策を見つけることができます。

 

英語がわからない、英語が苦手を放置するのではなく、早めに原因をみつけて対処することをおすすめします。

中学生の英語は特に重要

中学生の英語学習は今後の英語学習の重要なポイントです。

 

中学英語で習う英語や例文、文法英語の基礎がたくさん詰まって、中学生で学習する英語だけでも英会話ができるとも言われています。

 

英語力の基礎を固めるためには、中学生の英語学習がポイントです。

 

さらに英語は積み上げ方式と呼ばれていて、中学1年生で学習した内容を発展させたのが中学2年生で学習する英語となり、さらに応用したものを中学3年生で学習するということです。

 

したがって、中学1年生で授業についていけなくなると、中学2年生の英語も中学3年生の英語も理解するのが難しくなるということです。

 

そういった意味でも中学生の英語はとても大切になるので、英語がわからなくなったり、英語が苦手と感じたらすぐに対応することをおすすめいたします。

 

英語を好きになるために

中学生の英語がわからなくなったら!これを読んで解決

英語が好きになるポイントについてまとめてみました。

 

以下の内容について説明いたします。

英語がわからなくなった場合

英語が苦手・嫌い

学習塾に通わせる

英語がわからなくなった場合

英語は、単語と熟語に分けて理解度を確認することが大切です。

 

単語がわからないから英語がわからない生徒は多いのです。

 

単語は英語学習の基礎になるので、単語を覚えることで英語の理解度が高まります。

 

英語がわからないのではなくて、単語を覚えていないからなのです。

 

また、中学生の英語がわからなくなった場合は、どの英文法の単元まで理解しているかを確認してください。

 

そうすることで、わからなくなった単元から集中的に復習することできるため、学校の授業についていける可能性があるからです。

 

しかし、どの単元も中途半端に理解している場合などは、中学1年生の「be動詞」から理解しているのかを確認する必要があります。

 

中学1年生の「be動詞」から学習することは、決して遠回りではありません。

 

英語を理解するための近道とも言えますでの、生徒のレベルに合わせて復習することで、英語の苦手を克服できるはずです。

 

be動詞について知りたい方、中学1年生の【be動詞】を理解して英語が得意になるコツを解説!

英語が苦手・嫌い

英語の苦手を克服するためには、英語が理解できるようになることが大切です。

 

英語を理解するためには英語への苦手意識を持たないことが勉強方法のポイントです。

 

英語が苦手な生徒は、「英語=難しい」と思っている場合が多く、決して難しい勉強では無いことを伝えることが大切です。

 

英語学習の苦手克服は最初のステップが肝心です。

 

「英語」は、4技能である「話す」「聞く」「読む」「書く」力や、文法や語彙など、さまざまな要素から成り立っています。

 

まずは、できるところから取り掛かることが大切です。

 

また、どの分野が苦手なのか?を知ることで、苦手意識をなくすための解決策が見えてきます。

学習塾に通わせる

英語がわからない、英語が苦手な場合は集中して教えてくれるような個別指導の学習塾に行くこともおすすめです。

 

なぜなら、勉強のプロに任せつのが一番安心といえるからです。

 

学校ではの集団授業は、単元を進めるために、ドンドン授業が進みます。

 

一般的に言われているのが、中学校の授業は通知表でいうと「4」の生徒を対象にして授業をしていると言われています。

 

そのため、生徒の学力に応じた授業をすることは難しいのです。

 

学校の授業についていけなくなった場合は、個別指導の学習塾をご検討ください。

英語の勉強法

中学生の英語がわからなくなったら!これを読んで解決

英語の勉強法についてまとめてみました。

 

以下の勉強法を実践すると成績がアップするかも?

単語の勉強法

英文法の勉強法

定期テスト対策

単語の勉強法

中学生の英語を理解するためには単語をたくさん覚えることです。

 

教科書の新出の単語・熟語は読めて、書けて、意味まで必ず覚えてください。

 

単語の品詞、過去形なども一緒に覚えると効率的です。

 

覚え方は人それぞれですので、自分が一番覚えやす方法で覚えるのがポイントです。

 

また、覚えたかどうかを確認するために、単語テストは必ず行ってください。

 

テストを行い、正解することで学力として定着することができるからです。

 

単語は覚えるだけなので、誰にでもできるが勉強法です。

 

毎日、コツコツと継続してやることがとても大切です。

英文法の勉強法

英文法の学習のポイントは、新出の文法の例文を声を出して覚えることです。

 

最低でも10回以上は、大きな声をだして例文を覚えてください。

 

各文法の例文をいくつか覚えることで、それを活用して文章を作ったり、英文を日本語訳に変更することができるからです。

 

あとは、学校の英語のワークなどの問題を繰り返して解くことです。

 

同じ問題を何度も繰り返すことで、文法を覚えることです。

 

文法をしっかりと覚えることで英語の学力が定着します。

定期テスト対策

英語の定期テスト対策としては、英語のテスト範囲の教科書をすべて覚えることです。

 

なぜなら、定期テストは教科書から出題されるからです。

 

教科書をすべて覚えたら、100点に近い得点が取れるはずです。

 

そのためには、単語の学習と文法の学習を並行して行い、教科書をしっかりと音読することが必要となります。

 

教科書の音読はテスト前には最低20回以上はしてください。

 

その時には、読めない単語、意味のわからない英文などをチェックして、必ずわかるようにすることです。

 

この勉強を実践することで定期テストできっと良い点が取れるはずです。

まとめ:中学生の英語がわからなくなったら!これを読んで解決

最後までご覧いただき、ありがとうございます。

 

今回の記事、中学生の英語がわからなくなったら!これを読んで解決は参考になりましたでしょうか?

中学生の英語をしっかり指導!

英語の苦手を克服!

塾オンラインドットコムについて知りたい方

塾オンライン

塾オンラインドットコムでは、無料体験実施中です。

資料請求はこちらから

お気軽にお問い合わせください。

スタッフ一同、心からお待ちしています。

友だち追加

効率よく勉強したい方

↓↓↓↓↓

無料体験授業のお申し込みはこちら

-