【中学生】英語の苦手を5分で解決!英語の定期テストで良い点数を取る方法!

英語苦手

オンライン授業で全国の小学生と中学生を応援する。

 

塾オンラインドットコムです。

 

今回の記事の担当は、塾長です。

 

「中学生の英語がちょっと苦手になった」と感じていませんか?

 

実は、この記事で紹介する「【中学生】英語の苦手を5分で解決!英語の定期テストで良い点数を取る方法!」を読むと、英語の苦手が克服できるかも!?

 

なぜなら、英語が苦手な生徒にいつも実践している内容だからです。

 

この記事では、英語が苦手な原因を具体的に紹介して、英語の勉強法も紹介しています。

 

記事を読み終えると、苦手な英語が克服できることを願っています。

以下の悩みを解消します。

英語が苦手な理由は?

英語の勉強法が分からない

定期テストで良い点を取りたい

英語・数学対策に興味のある方

↓↓↓↓↓

無料体験授業実施中です!

記事の内容

中学生が英語を苦手になる原因は?

中学生の英語の基本的な勉強法

英語の定期テスト対策

あわせて読みたい

参考記事:中学生のノートのとり方 英語編 簡単にまねできます

参考記事:個別指導の学習塾が中学生におすすめな5つの理由

内申点対策に興味のある方

↓↓↓↓↓

無料体験授業のお申し込みはこちら

中学生が英語を苦手になる原因は?

中学生が英語を苦手になる原因についてまとめてみました。

 

以下のポイントについて説明しています。

英語の授業についていけなくなった

英語に苦手意識がある

英語の勉強法がわからない

英語の授業がついていけなくなった

中学生が英語でつまずく原因は、単語の暗記不足か文法の理解不足にあると思います。

 

まず、単語の暗記ですが、中学生の英語に必要な単語は一般に、約1200語と言われています。

 

簡単な単語も含んでいるとはいえ、特に小学校などで英語にあまり触れてこなかった中学生にとってこの量はかなり多いはずです。

 

また、英語という日本語と異なる言語を扱う以上、三単現のsなどの文法の理解に苦しむ子も多くいます。

 

そのため、英語の学習に支障が出て、学校の授業についていけなることがあります。

英語に苦手意識がある

次に、英語に苦手意識がある場合です。

 

苦手意識を持つ理由は、いろいろありますので、なぜ英語が苦手なのか?原因を探ってみてください。

 

理由は、原因によって対処方法が違うからです。

 

中学生が英語を苦手と感じる理由として多いのが「日本語を英語に変換できない」、「英語が聞き取れない」、「発音できない」などがあります。

 

苦手意識を持ったまま勉強すると英語の成績を向上させるのが難しくなります。

 

英語の苦手意識を克服するには、「習うより慣れろ」が効果的なこともあります。

英語の勉強法が分からない

最後に、英語の勉強法が分からなくて、英語につまずいてしまうことがあります。

 

原因は、誰からも英語の勉強法について教わっていないことが考えられます。

 

例えば、「わからない単語があれば辞書で調べる」、「教科書を声に出して読む」、「単語を覚える」など基本的な勉強の仕方が分からないので英語の成績が伸び悩むことがよくあります。

 

こういったケースは、英語の勉強の仕方について説明をすれば英語の成績が飛躍的に伸びることがあります。

 

あわせて読みたい

参考記事:【都立高校】過去問の対策はこれを読めば完全攻略!

参考記事:受験メンタルトレーナーがいる学習塾は強い味方だ!

中学生の英語の基本的な勉強法

中学生の英語の勉強法についてまとめました。

 

以下のポイントについて説明しています。

中学生、英単語の暗記のコツとは?

中学生、英文法の理解のコツとは?

英語の勉強は、「継続は力なり」

中学生、英単語の暗記のコツとは?

英単語の暗記のコツとしてよく言われるのが、まず単語自体を音で覚えて、綴りを書いて覚えるという方法です。

 

すべてを書いて覚えるのは時間がかかり過ぎるので、まず音で単語を覚える。

 

そのあと、書き出すことで、正確に単語の綴りを覚える。このやり方がおすすめです。

 

定期テストなどでは、単語を書かせる出題も多く見られますので、書き出して覚えることも重要だと思われます。

 

また、日常などで目にした英単語を覚えていくことも重要です。

 

例えば、公共施設に書いてある注意書きなど、日常の中で触れた英語の方が記憶に残りやすいからです。

 

日常の中で気になった英語を覚えていくことも重要だと思います。

中学生、英文法の理解のコツとは?

英文法の理解のコツは複数の先生や教材からしっかりと学ぶことです。

 

英文法の解説は難しいと思う子が多くいます。

 

しかし、多くの場合これは先生の教え方が原因です。

 

先生はたくさんの生徒を教えますが、生徒一人ひとりは理解の仕方が異なります。

 

そのため、同じ説明を聞いても、理解した生徒と理解できなかった生徒が出てしまうのです。

 

そのため、頑張って理解しようとする努力も重要ですが、複数の先生のいろいろな教え方を知ることで、自分に合った説明を知ることが大切です。

 

今の時代はYouTubeなどで英語を解説している教育系ユーチューバーもたくさんいるため、その中から探してみるのもいいかもしれません。

英語の勉強は「継続は力なり」

最後に、中学生の英語の勉強について以上のように書きましたが大切なのは諦めずに勉強することです。

 

中学生の英語というのは、簡単な日常会話とされるため、アメリカの小学生などが話せるものです。

 

第二言語として学ぶため、難しく感じますが、小学生が話す内容と考えれば簡単なように思えるはずです。

 

そのため、諦めずに継続して取り組むことが重要です。

 

あわせて読みたい

参考記事:【高校受験】面接対策の必勝ポイント!これで安心です。

参考記事:中学生の内申点の付け方を知る!これで内申点対策はバッチリ!

英語の定期テスト対策

定期テストの英語で良い点が取れる方法をまとめました。

 

以下のポイントについて説明しています。

定期テスト期間中は、毎日、英語の勉強

テスト範囲の単語と熟語は全部覚える

文法を理解する

定期テストの期間中は、毎日、英語の勉強

定期テスト期間中は毎日、英語の勉強をしてください。

 

理由は、英語は暗記科目だからです。

 

テスト前日に詰め込んでも、テストでは実力を発揮することはできません。

 

毎日、継続して、繰り返し、繰り返し暗記することで学力として身につきます。

 

定期テスト期間中は、毎日、15分でも良いので英語の勉強を行いましょう。

テスト範囲の単語と熟語を全部暗記する

教科書のテスト範囲の単語と熟語を全部暗記してください。

 

理由は、英単語と熟語が英語の基礎となるからです。

 

当然、読めない単語や意味のわからない単語も一緒に覚えてください。

 

可能であれば、教科書の英文を全部覚えて、和訳も全部覚えることができれば英語の定期テスト対策は万全です。

 

なぜなら、定期テストは教科書から出題されることがほとんどだからです。

 

繰り返しになりますが暗記は、毎日、コツコツやるのが一番の近道です。

文法を理解する

テスト範囲の文法は必ず理解してください。

 

理由は、学習した単元の新しい文法は定期テストにおいて頻出事項だからです。

 

テストで問われるのは、「新出の文法を理解しているかどうか」です。

 

学校で配布されたプリントやワークなどがあれば繰り返し行って文法を理解してください。

 

間違えた場合は、なぜ間違えたのかをちゃんと理解してから次に進みましょう。

 

あわせて読みたい

参考記事:塾オンラインドットコムのオンライン授業の特徴と指導方針について徹底解説!

参考記事:【中学生】学習塾に行くタイミングが簡単に分かるポイントをご紹介!

 

まとめ:【中学生】英語の苦手を5分で解決!英語の定期テストで良い点数を取る方法!

最後までご覧いただき、ありがとうございます。

今回の記事、【中学生】英語の苦手を5分で解決!英語の定期テストで良い点数を取る方法!は参考になりましたでしょうか?

まとめ

中学生が英語が苦手になる原因は?・・・英語に苦手意識がある

中学生の英語の基本的な勉強法・・・暗記がメイン

英語の定期テスト対策・・・毎日の積み重ねが大切

塾オンラインドットコムでは、英語の学習指導を徹底的に行っています。

 

少数精鋭で授業を行っています。

 

お気軽にお問い合わせください。

 

スタッフ一同、心からお待ちしています。

効率よく勉強したい方

↓↓↓↓↓

無料体験授業のお申し込みはこちら

-