STAFF BLOG
合格ブログ

英語の偏差値を上げたい中学生はこれを実践するだけ!

英語 偏差値

オンライン授業で全国の小学生と中学生を応援する。

 

塾オンラインドットコムです。

 

中学生の英語の偏差値って気になりますよね?

 

今回紹介する「英語の偏差値を上げたい中学生はこれを実践するだけ!」を読めば、英語の偏差値が上がります!

 

なぜなら、塾オンラインドットコムで実践して、英語の偏差値を上げているからです。

 

この記事では、英語の偏差値を上げる具体的な勉強法を紹介しています。

 

この記事を読み終えると、中学生の英語の偏差値が上がるポイントがわかる内容となっています。

 

以下の悩みを解決します。

英語の偏差値を上げたい

どんな参考書が良いの?

英語の勉強法が知りたい

資料請求

記事の内容
英語の偏差値とは

英語の教科書を徹底的に

英語の偏差値を上げる勉強法

あわせて読みたい
参考記事:中学1年生の英語文法こうすれば英語の成績がグングン伸びる!
参考記事:中学1年生の【be動詞】を理解して英語が得意になるコツを解説!

内申点対策に興味のある方

↓↓↓↓↓

無料体験授業のお申し込みはこちら

英語の偏差値とは

塾オンラインドットコム

英語の偏差値についてまとめてみました。

 

以下のポイントについて説明しています。

英語の成績は重要

偏差値とは

英語の偏差値は上がります!

英語の成績は重要

中学生の英語に限らず、英語の勉強はとても重要です。

 

大学受験をする場合においても、英語を避けては通れません。

 

社会に出ても英語の必要性が年々増しているのが現状です。

 

そういった状況においては、英語の学習がとても重要となってきます。

 

中学生の英語をしっかりと学習することで、将来の選択肢も多くなりますので、この記事を読んで実践してみてください。

 

きっと、英語の偏差値が上がるはずです。

偏差値とは

簡単にいうと偏差値とは、その試験を受けた人の全体の中で自分がどのくらいの位置にいるかを表しているのが偏差値です。

 

もう少しわかりやすく言うと平均点を取ると偏差値は50となり、試験の点数が平均点より高くなるほど偏差値は55、60、65…と高くなり、一方で試験の点数が平均点より低くなると、偏差値は45、40、35…と低くなります。

 

しかし、偏差値は同じ100点満点のテストで、平均点が低ければ60点で偏差値60になることもありますし、平均点が高ければ80点で偏差値45になることもあります。

 

このように見かけの点数に左右されることなく、あくまで平均点との差異で表示されるのが偏差値となります。

 

偏差値は、一般的なテストでは通常25-75の範囲で表示されますので、100点を取ったとしても偏差値は75ということになります。

 

偏差値を知ると何ができるかというと、

1.客観的な学力のレベルを知ることができる。

 

2.得意科目・苦手科目を把握することができる。

 

3.偏差値の推移を知ることでモチベーションが上がる。

 

4.偏差値で精度の高い進路指導が行える。

というようなことが挙げられます。

 

偏差値は中学3年生にとっては必要となりますので、しっかりと理解してください。

 

偏差値を知るためには、【高校受験】模擬試験の活用でグングン成績が伸びる方法!

英語の偏差値は上がります!

英語の正しい勉強をすることで、英語の偏差値は受験までにグングン上がります。

 

しかし、いくつかの条件があります。

 

例えば、「英語の偏差値40の生徒が1ヶ月後に偏差値70になりたい」と言っても、可能性はゼロに近いと思われます。

 

また「偏差値60の生徒を偏差値70」にするのも大変なこととご理解ください。

 

今回紹介する勉強法は、英語の偏差値が45から55くらいの生徒を対象とした英語の基礎を固める勉強法になります。

 

これを実践することで何人もの中学生の偏差値が上がりました。

 

これを読んで実践するときっと偏差値が上がることと思います。

 

あわせて読みたい
参考記事:中学1年生の【一般動詞】を読むだけで成績が上がる記事
参考記事:中学1年生の助動詞を読むだけで簡単に理解

教科書を徹底的に勉強する!

英語 偏差値

英語の偏差値を上げるための教科書の勉強法についてまとめてみました。

 

以下のポイントについて説明しています。

毎日英語の勉強

教科書を音読する

インプットとアウトプットを繰り返す

毎日英語の勉強

「継続は力なり」

 

英語の勉強は、毎日継続して行うことがおすすめです。

 

なぜなら、「習うより慣れろ」と言われているように、英語も慣れることで、英語の理解力が向上します。

 

「英語に慣れること」は、大切になりますので、日頃から意識して毎日英語に触れる機会を作りましょう。

 

また、毎日まとまった時間の勉強時間を確保することが理想的と言えますが、それができない場合は、10分でも良いので単語の学習などを欠かさず行うことが効果的です。

 

理由は、英語は言語なので、やはり毎日、言語に触れ続けることで言語を習得しやすくなります。

 

特に「英語の偏差値を上げたい」など英語学習の目的がはっきりしてい場合は、勉強する時間、つまり英語に触れている時間が重要です。

 

毎日、少しでも良いので英語の学習時間を確保しましょう!

教科書を音読する

英語の教科書の音読は、英語の4技能と語彙力強化につながる最強の勉強法と言われています。

 

繰り返しになりますが、英語の教科書の音読は、英語の4技能を総合的に高められる効果的な学習方法なのです。

 

教科書の音読をしているとき、脳内では音読の内容を「認識」し、声に出すことで「表現」をしています。

 

音読をしているときは、脳全体が活発に動いているのです。

 

音読は「目で読み、声に出して耳で聞く」と複数の作業を同時に行います。

 

視覚や聴覚など複数の感覚機能を使うため、脳の働きを高めることができるのです。

 

特に日本人が使い慣れていない英語を音読練習すると、日本語を音読する以上に脳に負荷がかかるので、脳が活性化されより良い学習効果が得られます。

 

教科書を音読するポイントは、恥ずかしがらずにネイティブのように声に出すことが大切です。

 

英語らしい発音に近づくほど、リスニング力も上がり、ネイティブの発音を聞き取れるようになります。

 

大きな声で英語の教科書を音読することをおすすめします。

インプットとアウトプットを繰り返す

英文法の勉強法としては、教科書の英文法の重要事項をインプットすることから始めてください。

 

インプットとは覚えることです。

 

インプットの方法は人によっていろいろな方法があります

 

自分にあった方法でインプットしてください。

 

次はインプットした知識を定着させることです。

 

インプットが終わったら、知識を定着させるため、英文法の問題集を解くのがポイントです。

 

インプットした英語の知識を定着させるには、同じ参考書を何度も繰り返し解くことが重要です。

 

このインプットとアウトプットを繰り返し行い、英文法の学力を定着させるのが基本的なパターンです。

 

この勉強法は地道な作業ですがこれしかありません。

あわせて読みたい
参考記事:勉強しない中学生の接し方と解決方法を受験メンタルトレーナーが教えます!
参考記事:【高校受験生】中学3年生の受験までの1年間のスケジュールを確認する!

英語の偏差値を上げる勉強法

英語 偏差値

英語の偏差値を上げる方法を具体的にまとめてみました。

 

以下のポイントについて説明しています。

英単語と英熟語

英文法

長文

英単語と英熟語

英単語と英熟語の勉強は、ズバリ!「暗記」することです!

 

英語の教科書を全部暗記するとどうなると思います?

 

意外と定期テストで良い点が取れるんです!

 

英語の暗記は、毎日の積み重ねがとても大切になってきます。

 

暗記の方法は何種類もありますので、自分にあった暗記法を使ってたくさんの単語を覚えてください。

 

英単語や英熟語の暗記の量に比例して偏差値が上がることを実感することができます。

 

英単語と英熟語は教科書を参考して覚えるのがおすすめです。

 

教科書の新出の単語と熟語は必ず覚えるようにしてください。

 

英単語と英熟語を覚えることは英語の基本です。

英文法

英文法の勉強では、内容を理解するとともにできるだけたくさんの例文を覚えることで効率が上がります。

 

英文法も基本は教科書の例文を参考にすると良いでしょう。

 

教科書の例文を覚えることで、いろいろな問題や英作文ができるようになります。

 

英文法は受験英語の基礎部分となります。

 

高校の受験問題は英文法がわかっていないと解けない問題がほとんどで、中学校では1年生の2学期くらいから受験にでてくる本格的な文法の単元が出てきます。

 

中学生の早い段階で苦手意識を持たないためにも英語を意識して文法の勉強を始めましょう。

 

英語が苦手教科となってしまった場合も、前に単元に戻って、しっかり理解していけば、苦手意識も徐々になくなっていくはずです。

長文

中学生の中には英語の長文問題が苦手という生徒が多くいます。

 

英語の長文読解を苦手なままにしていると、受験の際に配点の高い長文問題で点数を稼ぐことができないため、大きなリスクになってしまいます。

 

とは言え、英語の基礎ができていない生徒が長文に取り組んでも、問題を解くことができません。

 

そのような状況で長文問題に取り組むと、英語が嫌いになる生徒も中にはいるのです。

 

したがいまして、長文対策は英語の基礎固めができてから取り組むことをおすすめします。

塾に通わせる

塾に通っていないのであれば、塾に行くことを考えても良いと思います。

 

理由は、勉強の専門家に任せることで、効率よく偏差値を上げることができるからです。

 

塾は成績を上げるためにあるものです。

 

成績を上げるためのノウハウを持っているからです。

 

ただし、子どもにあった学習塾を選ぶことがポイントです。

 

無料体験授業などを受講して、子どもにあった学習塾を選ぶことをおすすめいたします。

 

あわせて読みたい
参考記事:こんな症状の子どもは要注意!今すぐ塾に通わせて解決する!
参考記事:家の近くに塾がない中学生の親の悩みを解決するを記事

まとめ:英語の偏差値を上げたい中学生はこれを実践するだけ!

最後までご覧いただき、ありがとうございます。

 

今回の記事、英語の偏差値を上げたい中学生はこれを実践するだけ!は参考になりましたでしょうか?

英語の偏差値を上げたい中学生を応援しています!

塾オンラインドットコムで一緒に勉強してみませんか?

きっと英語の成績が上がるはずです!

塾オンラインドットコムについて知りたい方

塾オンライン

塾オンラインドットコムでは、無料体験実施中です。

資料請求はこちらから

お気軽にお問い合わせください。

スタッフ一同、心からお待ちしています。

友だち追加

効率よく勉強したい方

↓↓↓↓↓

無料体験授業のお申し込みはこちら