勉強しない中学生の接し方と解決方法を受験メンタルトレーナーが教えます!

勉強しない中学生の接し方と解決方法を受験メンタルトレーナーが教えます!

オンライン授業で全国の小学生と中学生を応援する。

 

塾オンラインドットコムです。

 

今回の記事は、受験メンタルトレーナーが担当いたします。

 

テーマは、「勉強しない中学生」です。

 

勉強しない中学生を勉強させる方法について悩んでいませんか?

 

実は、塾オンラインドットコムでは、この記事で紹介する「勉強しない中学生の接し方と解決方法」をアドバイスしています。

 

なぜなら、これまでに何人もの勉強しない中学生に対してさまざまなアドバイスをしてきた経験があるからです。

 

この記事では、勉強しない具体的な理由と具体的な解決策を紹介していますのでとても参考になります。

 

きっと、この記事を読み終えると、以下の悩みが解消できる内容となっています。

家で全く勉強しない

勉強をやらせたい

勉強しないとどうなる

公立高校を目指すなら

↓↓↓↓↓

無料体験授業実施中です!

記事の内容

勉強をしない理由

勉強するようになる解決策

このままの状況ではどうなる?

 

勉強させたい場合はこちらから

↓↓↓↓↓

無料体験授業のお申し込みはこちら

勉強をしない理由

勉強しない中学生の接し方と解決方法を受験メンタルトレーナーが教えます!

勉強をやらない理由を考えてみましょう?

 

勉強をやらない生徒の気持ちになって、理由を以下にまとめました。

授業についていけなくなった

勉強が分からない

中学生は部活が忙しい

中学生は反抗期

中学生になって授業についていけなくなった

勉強しない中学生の中には、小学生時代は一生懸命に勉強していたという場合があります。

 

中学生になるとなぜ?勉強しなくなるのでしょうか?

 

理由は、中学の勉強は難しくなり、授業のペースも早いため、勉強しても授業についていけなくなるためです。

 

中学生になっていくら頑張っても授業についていけなくなってしまうと、努力が虚しくなり、勉強が嫌いになります。

 

授業についていけない場合は、思い切って中学1年生の勉強から復習するのがおすすめです。

 

決して遠回りにはなりません。

勉強が分からない

子どもと向き合ってみてください。

 

もしかしたら、子どもの勉強しない最大の理由は、「勉強が分からない」「勉強についていけない」「勉強の仕方が分からない」などの学習に対する悩みがあるのかもしれません。

 

「勉強が分からないから、何をして良いのか分からない」ということは子どもが勉強しない理由で圧倒的多数を占めます。

 

子どもの勉強しない本当の理由を知ることは解決策にもつながります。

 

勉強をしない時は、正面から向き合って理由を確かめてみてください。

 

そうすることで解決策が見えてきます。

中学生は部活が忙しい

毎日、部活動があり、勉強と部活動の両立が難しいことはよくあります。

 

なぜなら、運動部などで部活動をしていると疲れが原因で勉強する気力がなくなるからです。

 

家に帰っても晩御飯を食べて、ダラダラとテレビを見て、お風呂に入って寝るという中学生は結構多くいます。

 

しかし、部活動が忙しくも勉強しない理由にはなりません。

 

部活動と勉強を両立させたい人はこちら、部活と勉強の両立ができる中学生がやっているポイント

中学生は反抗期

中学生くらいになると反抗期になる子どもが多く、反抗期が原因で勉強をしない子どももいます。

 

男の子のなかには、壁を蹴って穴を開けたり、物を投げたり、暴言を吐いたりと反抗的な行動に出ることも珍しくありません。

 

女の子の場合は気に入らないことがあると、親の言うことを無視したり、自分の部屋に閉じこもったりと自分の殻に閉じこもるような行動をとることがあります。

 

反抗期は決して珍しいわけではありません、それでも中学生の時は多くの子どもが反抗期を経験するので、もしかすると勉強しない理由は反抗期という子ども少なくありません。

 

反抗期が原因の場合は、ついカッとなってしまうかもしれませんが、子どもの言動を深刻にとらえず、「反抗期はいつか終わるもの」という気持ちで、親としてゆったりと構えてみてください。

 

また、学校やご家庭で頭ごなしに「勉強しなさい」と強制されると、反抗心からますます勉強から遠ざかってしまうこともあります。

 

勉強するよう周囲から促されるかたちで、やる気をもって勉強に向き合える子どもは多くありません。

 

子ども自身が勉強する意義を感じられるように丁寧にかかわることが理想的といえます。

 

以上 勉強しない理由を紹介しました。

 

高校受験で親がストレスを感じる原因について知りたい方、高校受験の親がストレスを感じたら【原因はこれかも?】

勉強するようになる解決策

勉強しない中学生の接し方と解決方法を受験メンタルトレーナーが教えます!

つづいては、勉強するようになる解決策です。

 

以下、4つのポイントを説明いたします。

勉強の仕方を工夫する

環境を整える

勉強を毎日することを目標

親が言っても無理

勉強の仕方を工夫する

ゲームやスマホばかりしている子どもには、スマホやタブレットを使った学習アプリを使うのも一つの手です。

 

スマホやタブレットには、教育系のアプリがたくさんあります。

 

教育系のアプリを上手に使えば、お子さまの勉強への苦手意識を緩和させて、勉強に興味を持ってもらうキッカケになることもあります。

 

今まで、解けなかった問題が解けるようになったりすると勉強が楽しくなったという子どももいます。

 

意外とスマホやタブレットを使った勉強では画面を自分で操作する必要があるため、集中力が途切れにくく、自然と勉強習慣が身に付きやすいというメリットもあります。

 

勉強を習慣化させるためには、中学生が勉強の習慣化ができる方法【コツを3つ紹介】

環境を整える

家では、ゲームやスマホ、テレビや漫画など何かと誘惑が多いですよね?

 

それらが、目に入ると集中力が低下します、なるべく勉強する環境においては、ゲームや漫画からは距離を取ったほうが良いのです。

 

勉強の環境を整えてあげることで、勉強に対する意識が芽生えるからです。

 

また、勉強する体制がすぐ取れる状況だと、机に向かうまでのハードルが下がりますのでおすすめです。

 

例えば、勉強部屋が近い、子どもの勉強机の上が片付いていることなど、すぐに勉強ができる環境にしておくことが大切です。

 

自分で机の上が片付けられないのであれば、親が許可をとって片付けてあげることも有効です。

勉強を毎日することを目標にする

中学生が勉強を習慣化するためのコツで一番大事なのが、続けること自体を目標にすることです。

 

次のような結果目標がある場合は、続けることに目標を置き換えてみると習慣化しやすくなります。

英語の点数を上げる

 

→毎日英語の勉強を10分だけする

 

漢字テストで満点を取る

 

→毎日、漢字を10分勉強する

 

数学の公式を覚える

 

→毎日数学の勉強を10分する

結果を目標にすると、結果が伴わなかったり、目標と程遠い状況になってしまっただけでモチベーションが下がり、続けることをやめてしまって習慣化がリセットされてしまいます。

 

まずは続けてること自体を目標とし、毎日続けることができた自分をホメてあげましょう。

 

勉強の習慣化について知りたい方、中学生が勉強の習慣化ができる方法【コツを3つ紹介】

親が言っても無理

親が口うるさく行ってもだめな場合は、学習塾や家庭教師などに任せるのも一つの手です。

 

費用は発生しますが将来のことを考えると何もしないよりかは、大事な時期にちょっとでも勉強していたほうが安心です。

 

私の経験上、家で反抗期でも塾では講師の言うことを聞く生徒がほとんどです。

 

ぜひこの機会に塾に入る検討してみてはいかがでしょうか?

 

塾に行っても効果がない場合があります。こんな中学生は塾に行かせても無駄になるかも?塾に行かせる前に要チェック!

 

このままの状況ではどうなる?

勉強しない中学生の接し方と解決方法を受験メンタルトレーナーが教えます!

中学生の大事な時期に勉強しないとどうなるのでしょうか?

 

将来への選択肢が少なくなることだけは避けたいです。

 

以下のポイントについて説明しています。

勉強がわからなくなり、勉強のやる気が低下

気がつけば手遅れ

中学生にとって大事な高校受験

先を見越した大学受験

勉強がわからなくなり、勉強の自信がなくなる

中学生の学校の勉強は難しくて授業のペースも早いので、勉強がわからなくなると、当然、学校の授業についていけなくなります。

 

そうなると、成績がよくないことで先生から注意を受ける機会が多くなり、自信をなくしてしまう中学生も多くいます。

 

やる気が低下し、勉強そのものが嫌いになってしまうのです。

 

勉強に対する自身がなくなり、最悪のケースだとそのまま放っておくことで学校に行くのが嫌になる場合もあるのです。

 

自信がなくなると勉強への苦手意識が強くなり、ますます自発的に勉強に取り組むことが困難になってしまいます。

気がつけば手遅れ

勉強しない状況が続くと、気がつけば手遅れになってしまうことがあります。

 

特に中学3年生になっても、勉強しないようであれば高校受験に影響が出てしまいます。

 

中学3年生の夏休みを過ぎても勉強しない状況が続いていると危険信号です。

 

そうならないためにも、一日でも早く解決策を講じて勉強を始めましょう。

 

きっと、ささいなキッカケで状況に変化が現れるはずです。

 

夏休みの過ごし方は、中学生の夏休みの勉強を成功させるポイントを紹介

中学生にとって大事な高校受験

中学生にとっては、高校受験はこれまでの人生において最大のイベントと言っても過言ではありません。

 

中学生の勉強を怠っていれば希望する進路に進むこともできなくなり、妥協をした望まない進路に進むことになります。

 

まず中学生にとっての当面のゴール、高校入試について意識してください。

 

ゴールまでの道のりを知ることで勉強への動機付けになるからです。

先を見越した大学受験

勉強は、高校受験では終わりません。

 

大学の進学を目指すのであれば中学生時代に勉強した基礎的な学習が大切となります。

 

なぜなら、中学の発展した内容が高校での学習内容になるからです。

 

中学時代に勉強をしなということは大学受験する際にも大きく影響してきます。

 

大学受験をしないのであれば関係ありませんが高校卒業と大学卒業では選択肢が大きく変わってきます。

 

しっかりと将来について話し合って子どもの気持ちを動かしましょう。

塾オンラインドットコムにお任せください

受験生の親は不安や心配で何かと大変ですが子どもに悔いのない高校受験をさせてあげるのが大切です。

 

塾オンラインドットコムでは、受験勉強はもちろんのこと、ご家庭とのコミュニケーションを大切にして、スタッフ一同が塾生の高校合格までを全力でサポートいたします。

 

ぜひこの機会に塾オンラインドットコムの無料体験授業を受けてみてください。

 

もちろん、受験生の親の不安や心配事があれば、なんでも相談してください。

 

そのために塾オンラインドットコムがあるのです。

まとめ:勉強しない中学生の接し方と解決方法を受験メンタルトレーナーが教えます!

 

最後までご覧いただき、ありがとうございます。

 

今回の記事、勉強しない中学生の接し方と解決方法を受験メンタルトレーナーが教えます!は参考になりましたでしょうか?

 

保護者様一人で悩むのではなく、誰かに相談するのも気持ちが落ち着きます。

まとめ

勉強をやらない理由・・・勉強が分からない、部活が忙しい、反抗期

勉強するようになる解決策・・・勉強の工夫、環境を整える、塾に通わせる

このままの状況ではどうなる?・・・手遅れになる、高校受験が心配、大学受験にも影響

塾オンラインドットコムでは、無料体験実施中です。

 

受験メンタルトレーナーがお悩みを解決いたします。

 

勉強しない生徒もしっかりと指導しています!

 

塾オンラインドットコムで勉強ができる生徒に大変身!

 

お気軽にお問い合わせください。塾オンラインドットコムでは、無料体験実施中です。

 

スタッフ一同、心からお待ちしています。

資料請求はこちらから

お気軽にお問い合わせください。

スタッフ一同、心からお待ちしています。

友だち追加

効率よく勉強したい方

↓↓↓↓↓

無料体験授業のお申し込みはこちら

-