STAFF BLOG
合格ブログ

【高校受験】試験前日の過ごし方!親が知っておくポイント10個!

【高校受験】試験前日の過ごし方!親が知っておくポイント10個!

オンライン授業で全国の小学生と中学生を応援する。

 

塾オンラインドットコムです。

 

今回の記事の担当は、受験メンタルトレーナーです。

 

高校受験:試験前日の過ごし方って気になりませんか?

 

実は、今回紹介する「【高校受験】試験前日の過ごし方!親が知っておくポイント10個!」を読めば、試験前日の過ごし方がわかります。

 

なぜなら、受験メンタルトレーナーがいつもアドバイスしている内容だからです。

 

この記事では、試験前日の過ごし方について具体的に紹介しています。

 

記事を読み終わると、高校受験:試験前日の過ごし方についてわかる内容になっています。

高校受験:試験前日の過ごし方を知りたい?

高校受験:試験前日の生活に知りたい

高校受験:試験前日の勉強法が知りたい?

記事の内容
【高校受験】試験前日の過ごし方!親が知っておくポイント10個!

高校受験:試験前日の過ごし方(生活編)

試験前日の勉強法を知って高校受験を突破する

内申点対策に興味のある方

↓↓↓↓↓

無料体験授業のお申し込みはこちら

【高校受験】試験前日の過ごし方!(準備編)

【高校受験】試験前日の過ごし方!親が知っておくポイント10個!

【高校受験】試験前日の過ごし方!(準備編)についてまとめてみました。

 

以下のポイントについて説明しています。

ポイント1.試験前日に試験の準備をする

ポイント2.試験当日のイメージトレーニング

ポイント3.試験当日の服装を考える

試験前日に試験の準備をする

受験前日に試験の準備は必ず細部までチェックして行ってください。

 

なぜなら、受験当日の朝にあわてないようにするためです。

 

受験当日は、いかにいつもと同じ心の状態でいられるかが大事なポイントになるからです。

 

そのためにはチェックリストを使って準備するのがおすすめです。

 

チェックリスト(例)

リスト チェック
試験会場までの計画を立てる
出発時間を確認する
電車・バスの時間を確認する
経路を確認する
受験会場を確認する
トイレの場所をチェックする
受験票
筆記用具
現金
ハンカチ・ティシュ
時計
生徒手帳
その他

 

チェックリストを作成し、チェックすると安心感が違います。

試験当日のイメージトレーニング

試験当日の平常心を保つためには、事前に試験会場の下見をするのが効果的です。

 

しかし、試験会場の下見ができない場合は、イメージトレーニングをするのも効果的です。

 

なぜなら、脳は、一度経験すると落ち着いて対処できるからです。

 

逆に初めて経験することに対しては緊張感が高まります。

 

先ほど作成したチェックシートに基づき、「持ち物を準備するシーン」「家を出るシーン」「電車に乗るシーン」を頭に浮かべながらイメージトレーニングを繰り返し行ってください。

 

事前に試験日のイメージトレーニングをすることで不安が和らいでくるはずです。

試験当日の服装を考える

事前に試験当日の服装を準備してください。

 

なぜなら、試験会場はどんな環境なのかわかりません。

 

今どき空調設備がない会場は考えられませんが、廊下の近くや窓際の席になった場合は、寒さを強く感じるかもしれないからです。

 

逆に何十人、何百人の受験生が会場を埋め尽くしていると、熱気で蒸し暑くなる可能性もあります。

 

暑さや寒さは集中力の妨げになるため、試験本番で実力が発揮できない可能性もあります。

 

そうならないためにも、どんな環境でも対応できるような服装を事前に準備するのが大切です。

高校受験:試験前日の過ごし方(生活編)

【高校受験】試験前日の過ごし方!親が知っておくポイント10個!

高校受験:試験前日の過ごし方(生活編)についてまとめてみました。

 

以下のポイントについて説明しています。

ポイント4.試験前日はいつもと同じ生活

ポイント5.消化の良い食事

ポイント6.睡眠をしっかり取る

ポイント7.不安で寝られない場合

試験前日はいつもと同じ生活を

受験前日は、勉強してもなかなか頭に入らないという意見が多くあります。

 

そのため、息抜き・気分転換・体調を整えることを意識して、受験前日を過ごすことも大切です。

 

具体的には、美味しいものを食べる、試験の準備をする、などして過ごしてみてはいかがでしょうか?

 

注意してほしいのは、ハメを外して逆に体調やペースを崩さないようにリラックスしていつも通り過ごしましょう。

消化の良い食事

受験前日、多くの受験生は緊張感が高まり、不安やストレスによって胃腸のはたらきが低下する可能性があります。

 

試験当日に万全のコンディションで臨むためには、胃にやさしい食事をとることが大切です。

 

例えば、うどんや鍋などは消化しやすく、身体を温めて寝つきを良くする効果も期待できるため、受験前日の食事におすすめです。

 

揚げ物や生物など、消化しにくいものは胃に負担をかけてしまうので避けましょう。

睡眠をしっかり取る

受験前日の睡眠時間は、6時間〜7時間30分が理想的と言われています。

 

なぜなら、睡眠にはリズムがあり、寝てから約90分ごとに眠りが浅くなるからです。

 

起床予定時刻から6時間や7時間半を差し引いて就寝時刻を決めると、朝にスッキリ目覚められます。

 

普段から遅い時間に寝ている場合は、1週間前から寝る時間を早めて試験に備えて準備してください。

 

受験前日だけ早く寝ようとしても、眠れずに焦って余計に目が覚めることもあるからです。

 

しっかりと睡眠時間を取って試験に挑んでください。

不安で寝られない場合

受験前日に緊張のあまり眠れないという受験生もいるはずです。

 

明日のことを考えると、逆に脳が活性化して、眠りを妨げる悪循環になってしまいます。

 

しかし、眠れないからといって焦る必要はありません。

 

なぜなら、目を閉じているだけでも疲労回復には一定の効果があると言われているからです。

 

目を閉じて横になっていれば、眠れなかったとしても試験当日のコンディションにはそれほど影響がないのです。

 

眠れなくても安心て試験に挑んでください。

試験前日の勉強法を知って高校受験を突破する

【高校受験】試験前日の過ごし方!親が知っておくポイント10個!

試験前日の勉強法を知って高校受験を突破するについてまとめてみました。

 

以下のポイントについて説明しています。

ポイント8.試験前日は簡単な暗記ものを復習する!

ポイント9.試験前日はノートや参考書を見返す

ポイント10.得意科目を勉強する

試験前日は簡単な暗記ものを復習する!

受験前日に新しい知識を詰め込むのは禁物です。

 

なぜなら、新しいものに取り組んでも、結局、理解できずにわからないまま試験に挑んでも、自信をなくすだけだからです。

 

受験前日は、これまでに学習した内容の復習がおすすめです。

 

具体的には、英単語の復習や公式などの暗記の確認が良いでしょう。

試験前日はノートや参考書を見返す!

これまで学習したノートを見直すことで、受験本番のモチベーションが上がります。

 

なぜなら、これまでに学習したノートに書かれていることは今まで自分が積み上げてきた努力の証だからです。

 

ノートを見て、これまでの自分を振り返り、自分の頑張りを確認して自信をもちましょう。

 

これまでに取り組んだ問題集や過去問、ノートを見返して、今までやってきたことを確認するくらいの勉強で十分と言えます。

得意科目を勉強する

受験前日は得意科目を勉強するのがおすすめです。

 

受験前日は、勉強が落ち着かないケースもよくあります。

 

そのような状況の場合は、苦手科目に取り組むよりも得意科目に取り組んだほうが、メンタル的に楽になるからです。

 

受験前日にはなるべくストレスのかからない、楽な状況を作って勉強するのがポイントです。

まとめ:【高校受験】試験前日の過ごし方!親が知っておくポイント10個!

最後までご覧いただき、ありがとうございます。

 

今回の記事、「【高校受験】試験前日の過ごし方!親が知っておくポイント10個!」は参考になりましたでしょうか?

 

塾オンラインドットコムでは、無料体験実施中です。

「塾オンラインドットコムにお任せください」

受験生の親は不安や心配で何かと大変ですが、子どもに悔いのない高校受験をさせてあげるのが大切です。

 

塾オンラインドットコムでは、受験勉強はもちろんのこと、ご家庭とのコミュニケーションを大切にして、スタッフ一同が塾生の高校合格までを全力でサポートいたします。

 

ぜひこの機会に塾オンラインドットコムの無料体験授業を受けてみてください。

 

もちろん、受験生の親の不安や心配事があれば、なんでも相談してください。

 

そのために塾オンラインドットコムがあるのです。

塾オンラインドットコムについて知りたい方

塾オンライン

資料請求はこちらから

お気軽にお問い合わせください。

スタッフ一同、心からお待ちしています。

友だち追加

効率よく勉強したい方

↓↓↓↓↓

無料体験授業のお申し込みはこちら