中学生の英語は英単語から勉強するのがおすすめな理由

中学生の英語は英単語から勉強するのがおすすめな理由

オンライン授業で全国の小学生と中学生を応援する。

 

塾オンラインドットコムです。

 

今回の記事の担当は塾長です。

 

中学生の英語の勉強って何から始めます?

 

実は今回紹介する「中学生の英語は英単語から勉強するのがおすすめな理由」を読めば、中学生が英語の勉強するヒントになります。

 

なぜなら、塾長が実践している内容だからです。

 

この記事では、中学生の英単語の勉強法を具体的に紹介しています。

 

記事を読み終わると、中学生が英語の勉強するヒントになる内容になっています

 

以下の悩みを解決します。

中学生の英語は何から勉強したらいいの?

中学生の英単語の勉強法が知りたい?

中学生が英単語を効率的に覚える方法を知りたい?

記事の内容
中学生の英語は英単語から勉強するのがおすすめな理由

中学生英語の英単語の勉強法

英単語を効率良く覚える勉強法

内申点対策に興味のある方

↓↓↓↓↓

無料体験授業のお申し込みはこちら

中学生の英語は英単語から勉強するのがおすすめな理由

中学生の英語は英単語から勉強するのがおすすめな理由

中学生の英語は英単語から勉強するのがおすすめな理由についてまとめてみました。

 

以下のポイントについて説明しています。

中学生が英単語を勉強する理由:単語数が増えた

中学生が英単語を勉強する理由:単語は英語の基礎

中学生が英単語を勉強する理由:高校受験対策

中学生が英単語を勉強する理由:単語数が増えた

中学生が学習する英単語の数が増えたって知ってました。

 

学習指導要領の改定により、中学3年間で学習する英単語の数が1600語から1800語へと増加したのです。

 

理由はともかく、中学生の英語力を底上げするために、英単語数が増えたと考えるとよいと思います。

 

これにより、指導する先生も学ぶ生徒も英語の学習が大変になったと言われています。

 

つまり、中学生の英語は、英単語の勉強をしっかりして、語彙力を上げるのがポイントになるのです。

 

中学生の英語の基礎である、英単語を勉強して、語彙数を増やすのが英語を学習するたに大切ということを理解してください。

中学生が単語を勉強する理由:単語は英語の基礎

中学生が英単語を勉強する2つ目の理由として、英単語は英語の基礎だからです。

 

英語は、「単語」「文法」「長文」に分けられますが、英単語の勉強は最も初歩的な英語の学習と言えるのです。

 

具体的には、英単語がわからなければ、文法もわかりませんし、文法がわからなければ、長文問題に対応できません。

 

つまり、英単語の学習はすべての英語の勉強の土台になり、基本の言葉の意味がわからなければ、語学は習得できないのです。

 

英単語の勉強は、英語の大切な基礎ということを理解してください。

中学生が英単語を勉強する理由:高校受験対策

中学生が英単語を勉強する理由の最後は、高校受験対策です。

 

なぜなら、英単語を覚えていないと、英語の試験で出題される、長文読解、リスニング、英文法に対応できないからです。

 

高校受験の入試問題は、長文問題は避けては通れませんし、長文問題は配点も高いため、合否に大きく影響してくるのです。

 

中学生が勉強する英単語1800語を覚えるためには、中学1年生からコツコツと英単語の勉強が必要になります。

 

中学3年生になると、本格的に高校受験対策が始まります。

 

そのため、中学3年生の夏休みまでに、英単語力が定着していると、理想的と言えるでしょう。

 

英単語力が英語の基礎となり、高校入試対策が有利に運べるはずです。

 

英単語力を身につけるためにも、日頃から英単語の学習が必要になります。

中学生英語の英単語の勉強法中学生の英語は英単語から勉強するのがおすすめな理由

中学生英語の単語の勉強法についてまとめてみました。

 

以下のポイントについて説明しています。

中学生の英単語の勉強は教科書

英単語の勉強は毎日コツコツ

英単語の勉強はインプットとアウトプット

中学生の英単語の勉強は教科書

中学生英語の英単語の勉強は英語の教科書を利用して、勉強するのがおすすめです。

 

理由は、学校の授業の予習や復習にもなるし、中学生が勉強する英単語が網羅されているからです。

 

具体的な勉強法としては、英語の教科書を読んで、読めない単語や意味のわからない単語を書き出します。

 

意味のわからない単語については、辞書などで調べるクセをつけると良いでしょう。

 

読めない単語や意味のわからない単語だけをまとめた、自分専用の単語ノートを作るのがおすすめです。

 

中学生の英単語の勉強は、英語の教科書をしっかり勉強することで語彙力アップにつながります。

英単語の勉強は毎日コツコツ

中学生が勉強する英単語の数は、先程も説明した通り、「1800語」です。

 

1800語の英単語を覚えるためには、何日?何ヶ月?必要なのでしょうか?

 

考えただけでも気が遠くなりますが、中学生の英単語の勉強は、毎日、コツコツと勉強するのが基本です。

 

なぜなら、日々行う英単語の勉強の積み重ねで、英単語の記憶が脳にインプットされるからです。

 

1800語の英単語を覚えるためには、毎日、コツコツと勉強してください。

英単語の勉強はインプットとアウトプット

英単語の勉強のポイントは、インプットとアウトプットの繰り返しです。

 

インプットとは、英単語を覚えることです。

 

アウトプットは、英単語を覚えているか確認することです。

 

英単語を記憶として定着させるためには、インプットとアウトプットの繰り返しが必要になるのです。

 

インプットだけでは、記憶が定着しませんし、アウトプットだけでは、英単語の量が増えません。

 

英単語を覚えたら、必ず確認作業してから、次の単元に進みましょう。

英単語を効率良く覚える勉強法

中学生の英語は英単語から勉強するのがおすすめな理由

英単語を効率良く覚える勉強法についてまとめてみました。

 

英単語の覚え方は、人によってさまざまです。

 

自分にあった覚え方で、英単語を学習してください。

 

以下のポイントについて説明しています。

教科書を音読して英単語の勉強

教科書の英単語を書いて勉強

親子でクイズを出し合って英単語の勉強

教科書を音読して英単語の勉強

英語の教科書を音読して、英単語を覚える勉強法です。

 

英語の教科書を読む時に、ただ目で文章を追うのではなく、英文を声に出して音読してください。

 

また、読めない単語や意味のわからない単語だけを音読するのも効果的です。

 

五感のうち視覚と聴覚の両方から情報を得ることで、より記憶に残りやすくなり、声に出すという動作が脳を刺激して、記憶が定着しやすくなります。

 

英語の教科書を音読するときのポイントは、外国人になった気分で音読するのがおすすめです。

 

恥ずかしがらずに、大きな声で英語の教科書を音読してください。

 

自然に単語が頭の中に入ってくるはずです。

教科書の英単語を書いて勉強

英語の教科書に掲載されている英単語を、ひたすらノートに書いて暗記する方法です。

 

古典的な勉強法ですが、書く行為が脳の神経を刺激するため、記憶が定着しやすいのです。

 

単語帳を書いて覚える方法は、時間を要したり、手が痛くなったり、時間も手間もかかります。

 

しかし、目で見て、手も一緒に動かすと暗記の効率があります。

 

書いて、覚えるという意識を持って暗記するのが大切です。

親子でクイズを出し合って英単語の勉強

英単語を覚えるのがどうしても苦手という場合には、親子でクイズを出し合って英単語を覚える勉強法がおすすめです。

 

なぜなら、クイズは勉強が苦手な中学生にとっても、関心や興味がわき、楽しんで英単語の勉強ができるからです。

 

勉強というとソッポを向いてしまう中学生も、クイズやなぞなぞなら夢中になるはずです。

 

正解することでアウトプットする喜びや達成感を味わえます。

 

また、わからなかったり、間違えたりすることで、印象に残りより知識が定着するのです。

 

クイズなら、ゲーム感覚で遊びながら英単語の勉強になります。

まとめ:中学生の英語は英単語から勉強するのがおすすめな理由

最後までご覧いただき、ありがとうございます。

 

今回の記事、「中学生の英語は英単語から勉強するのがおすすめな理由」は参考になりましたでしょうか?

 

塾オンラインドットコムでは、無料体験実施中です。

「塾オンラインドットコムにお任せください」

受験生の親は不安や心配で何かと大変ですが、子どもに悔いのない高校受験をさせてあげるのが大切です。

 

塾オンラインドットコムでは、受験勉強はもちろんのこと、ご家庭とのコミュニケーションを大切にして、スタッフ一同が塾生の高校合格までを全力でサポートいたします。

 

ぜひこの機会に塾オンラインドットコムの無料体験授業を受けてみてください。

 

もちろん、受験生の親の不安や心配事があれば、なんでも相談してください。

 

そのために塾オンラインドットコムがあるのです。

資料請求はこちらから

お気軽にお問い合わせください。

スタッフ一同、心からお待ちしています。

友だち追加

効率よく勉強したい方

↓↓↓↓↓

無料体験授業のお申し込みはこちら

-