STAFF BLOG
合格ブログ

【高校受験】リスニング対策と勉強法をわかりやすく実践指導

【高校受験】リスニング対策と勉強法をわかりやすく実践指導

オンライン授業で全国の小学生と中学生を応援する。

 

塾オンラインドットコムです。

 

今回の記事の担当は、塾長です。

 

高校受験のリスニング対策って気になりませんか?

 

実は、今回紹介する「【高校受験】リスニング対策と勉強法をわかりやすく実践指導」を読めば、高校受験のリスニング対策がわかります。

 

なぜなら、塾オンラインドットコムで実践している内容だからです。

 

この記事では、リスニング対策を具体的に紹介しています。

 

記事を読み終わると、高校受験のリスニング対策がわかる内容になっています。

 

以下の悩みを解決します。

高校受験のリスニング問題って?

リスニングで点数を稼ぐには?

実践でのリスニング対策は?

記事の内容
【高校受験】リスニング対策と勉強法をわかりやすく実践指導

リスニング問題で得点ゲット

リスニング問題実践攻略編

内申点対策に興味のある方

↓↓↓↓↓

無料体験授業のお申し込みはこちら

【高校受験】リスニング対策と勉強法をわかりやすく実践指導

【高校受験】リスニング対策と勉強法をわかりやすく実践指導

【高校受験】リスニング対策と勉強法をわかりやすく実践指導についてまとめてみました。

 

以下のポイントについて説明しています。

高校入試のリスニング問題

リスニング対策の前に英語の基礎力を身につける

リスニングは「習うより慣れろ」

高校入試のリスニング問題

高校受験において、英語の試験で出題されるリスニング問題は配点の比率も高いため、しっかりと対策を講じて試験に挑むのがポイントです。

 

しかし、リスニング問題の対策は学校や塾でも、ほとんど実施されていないため、リスニング対策を必ずどこかで行う必要があります。

 

リスニング対策をやる場合、12月から受験直前に英語の総仕上げとして、取り組むのがおすすめです。

 

なぜなら、単語や英文法をしっかりと理解して、リスニング対策に取り組まないと効果が上がらないからです。

 

英語学習の総仕上げとして、リスニング問題に取り組みましょう。

リスニング対策の前に英語の基礎力を身につける

リスニング問題に取り組んでも、まったく英語が聞き取れなくてリスニング問題が嫌いという中学生がいます。

 

理由は、英語が聞き取れなくてリスニングが嫌いな中学生は、英語の基礎ができていない可能性があるからです。

 

当たり前ですが、知らない単語や知らない文法は聞き取ることもできませんし、意味を理解することもできません。

 

新学習指導要領で学習する英単語は、小学校で600~700語、中学校で1,600~1,800語学習するとなっています。

 

まずは、小中学校で学ぶ英単語を、聞いて意味をイメージできるようにすることが非常に重要です。

 

また、小中学校で学んだ英単語や文法は基礎であり、これらが身についていなければリスニングは難しいといえます

 

リスニング問題に取り組む前に、中学3年間の総復習を行って、最低限の英語の知識を養っておきましょう。

 

英語の復習に力を入れて、英語の基礎力を身につければリスニングの力も必然的に養われるはずです。

リスニング問題に慣れる

リスニング問題の対策としては、リスニング問題に慣れるのが最優先です。

 

なぜなら、リスニング問題に接する機会がないため、問題形式に慣れることで対策になるのです。

 

つまり、リスニング問題の対策は、「習うより慣れろ」が、大切な要素と言えます。

 

同じ問題や教科書の音声データを繰り返し聞くことで、耳が英語に慣れてきます。

 

まずは、リスニング問題を繰返し解いて、リスニング問題に慣れるところから、取り組んでください。

高校受験のリスニング問題で得点ゲット【高校受験】リスニング対策と勉強法をわかりやすく実践指導

高校受験のリスニング問題で得点ゲットについてまとめてみました。

 

以下のポイントについて説明しています。

リスニング対策:英語の過去問を解く

リスニング対策:オーバーラッピング

リスニング対策:シャドーイング

リスニング対策:英語の過去問を解く

高校受験のリスニング対策として、英語の過去問に取り組んでください。

 

理由は、志望校のリスニング問題の出題傾向に慣れるためです。

 

リスニング問題は、学校によって出題傾向が異なるため、過去問に取り組むことで慣れることが大切です。

 

過去問を解いて終わりではなく、問題の音声を繰返し聞いて、聞き取れるようになるのがポイントです。

 

最初は1文流して一旦停止して、聞いたままを声に出し英文を再現すると効果的です。

 

過去問を反復練習することでリスニングの力が高まります。

リスニング対策:オーバーラッピング

英語のリスニング問題に慣れるためには、オーバーラッピングという学習方法があります。

 

オーバーラッピングとは、スクリプト(原稿)を見ながら音声と同時に発音する勉強法です。

 

参考書や過去問には、スクリプト(原稿)がついているため、これを参考にして聞きながら発音してください。

 

最初は、音声のあとから遅れての発音になりますが、音声と同時に発音できるようになるまで練習してください。

 

オーバーラッピングは繰り返しすることで効果が現れるので、最低5回は繰返して行ってください。

 

そうすることで、英語が聞き取れる耳になってくるはずです。

リスニング対策:シャドーイング

「シャドーイング(Shadowing)」は、英語を聞きながらマネして発音するリスニング対策の勉強法のことです。

 

シャドーイングは、聞こえてくる音声の後を影(shadow)のように追いかけるのがポイントです。

 

最初はテキストを見ずに全文を聞いて、全体像を掴みます。

 

テキストを見ずに、聞こえてくる英文だけを頼りにシャドーイングします。

 

シャドーイングの音声は録音して、後で確認できるようにします。

 

途中でつまずいても止まらず次に進むことがポイントです。

 

自分のシャドーイング音声を聞いて、発音できていなかったところ、ついていけなかったところ、英語のリズムやイントネーションなどを確認します。

 

シャドーイングも練習を重ねて、英語の音声に耳が慣れるまで繰返し行ってください。

高校受験:リスニング対策実践編

【高校受験】リスニング対策と勉強法をわかりやすく実践指導

高校受験:リスニング対策実践編についてまとめてみました。

 

以下のポイントについて説明しています。

リスニング問題:開始前

リスニング問題:1回目

リスニング問題:2回目

リスニング問題:開始前

リスニングの開始前に必ず設問やイラスト、もしくは表などがある場合には必ず目を通してください。

 

理由は、設問に目を通すことで、情景やシチュエーションなどがイメージできると、答えが見つかりやすいからです。

 

リスニング問題の設問すべてに目を通すのが理想ですが、最低でも1問は必ず目を通してください。

 

選択肢から答えが予想できると、聞くポイントもある程度明確になってくるのです。

 

しかし、「あくまでも問題のヒント」ということを理解しておいてください。

 

あとは、聞きそびれないように注意するだけです。

リスニング問題:1回目

設問からある程度イメージを膨らませて、放送1回目は「情景やシチュエーション」「5W1H」「質問」を中心に聞くことを心がけてください

 

情景やシチュエーションとは、どんな場面なのか?登場人物は?何について話しているのか?を聞き取ってください。

 

その際には、「5W1H」を使うとわかりやすく理解できます。

「5W1H」とは

 

・いつ(When)

 

・どこで(Where)

 

・誰が(Who)

 

・何を(What)

 

・なぜ?(Why)

 

・どのように(How) 

リスニング問題の片隅に「5W1H」をメモして、各項目を埋めていくとわかりやすいのでおすすめです。

 

最後に何を聞かれているかがわかれば、2回目のリスニングで聞く内容が明確になります。

 

その時にある程度の解答を決めておくと、2回目のリスニングでは解答の確認作業が中心になります。

リスニング問題:2回目

1回目のリスニングである程度の解答の目星がついたならば、2回目のリスニングでは解答の確認を中心に行ってください。

 

また、「5W1H」が聞き取れなかった場合には、再度、「5W1H」や質問に関する内容を集中して聞いてください。

 

リスニング問題では、「5W1H」がわかれば、答えを推測できるため、「5W1H」に注力するのがポイントです。

 

わからない単語や聞き取れない単語については、前後の文章から推測するのもポイントです。

まとめ:【高校受験】リスニング対策と勉強法をわかりやすく実践指導

最後までご覧いただき、ありがとうございます。

 

今回の記事、「【高校受験】リスニング対策と勉強法をわかりやすく実践指導」は参考になりましたでしょうか?

 

塾オンラインドットコムでは、無料体験実施中です。

「塾オンラインドットコムにお任せください」

受験生の親は不安や心配で何かと大変ですが、子どもに悔いのない高校受験をさせてあげるのが大切です。

 

塾オンラインドットコムでは、受験勉強はもちろんのこと、ご家庭とのコミュニケーションを大切にして、スタッフ一同が塾生の高校合格までを全力でサポートいたします。

 

ぜひこの機会に塾オンラインドットコムの無料体験授業を受けてみてください。

 

もちろん、受験生の親の不安や心配事があれば、なんでも相談してください。

 

そのために塾オンラインドットコムがあるのです。

塾オンラインドットコムについて知りたい方

塾オンライン

資料請求はこちらから

お気軽にお問い合わせください。

スタッフ一同、心からお待ちしています。

友だち追加

効率よく勉強したい方

↓↓↓↓↓

無料体験授業のお申し込みはこちら