STAFF BLOG
合格ブログ

中学1年生の英語文法こうすれば英語の成績がグングン伸びる!

中学1年生の英語

オンライン授業で全国の小学生と中学生を応援する。

 

塾オンラインドットコムです。

 

今回の記事の担当は、塾長です。

 

「中学1年生の英語の勉強」について、心配はありませんか?

 

この記事で紹介する、「中学1年生の英語文法こうすれば英語の成績がグングン伸びる!」を読めば、中学1年生の英語の不安が解消できる記事となっています。

 

なぜなら、生徒にいつも対応している内容を記事にしたからです。

 

この記事では、英語の具体的な勉強法を紹介していますので、

 

この記事を読み終えると、英語の勉強法について迷うこと無く、英語の勉強ができるはずです。

 

以下の悩みを解消します。

中学生の英語の勉強が心配

英語の単元を知りたい

英語の勉強法は?

英語・数学対策に興味のある方

↓↓↓↓↓

無料体験授業実施中です!

記事の内容
中学1年生の英語のポイント

中学1年生の英語の学習単元

英語の勉強法

あわせて読みたい

参考記事:中学1年生で知っておくと中学の勉強に困らない!【誰にも聞けない勉強の話】

参考記事:冬休みの効率的に勉強する方法をこっそり教えます。(小学生・中学生編)

内申点対策に興味のある方

↓↓↓↓↓

無料体験授業のお申し込みはこちら

中学1年生の英語のポイント

中学1年生の英語

中学1年生の英語のポイントについてまとめてみました。

 

以下のポイントについて説明しています。

英語に慣れる

英語の文法の意味を知る

英語の語順を理解する

英語に慣れる

中学生になると本格的に英語という外国語の勉強が始まります。

 

英語の学習を始めるにあたって、まずは英語に慣れることを意識しましょう。

 

理由は、中学生になったばかりでは、頭の中が英語を勉強する準備ができていないからです。

 

日常生活で英語に触れる機会は数多くありますので、意識して英語に浸るうちに、だんだんと脳が英語慣れしていきます。

 

英語に慣れ親しみながら、中学生の英語を勉強することはとても効果的なことといえます。

 

まずは、習うより慣れろ!

英語の文法の意味を知る

英語の文法には、聞き慣れない言葉が多く出てきます。

 

英語の勉強で最初に学習する、「be動詞」などは、その典型的な例ともいえます。

 

英語を学習する上で、文法の意味を理解していないと理解に苦しむことになるので、日本語の意味を必ず理解しましょう。

 

例えば、「be動詞」であれば、日本語の意味は、「is , am, are」 のことです。

 

日本語にすると「〜です。」 「〜いる(ある)。」の2つの意味があり、文の述語となります。

 

このケースでは、「文の述語」の意味まで調べると理解が増すことになります。

 

ちなみに、述語とは文の中で、どうする・どんなだ・なんだ・ある(いる・ない)を意味する言葉です。

 

述語を見つける時に注目すべきポイントとなるのが主語です。

 

主語は、文の中で、何が・誰がにあたる言葉です。

 

主語と述語は意味がつながっていて、主語が「何が・誰が」、述語が「どうする・どんなだ」をあらわします。

 

述語と主語はセットで文のベースになるので、述語を見つけるためには主語も一緒に探します。

 

このように日本語の意味を深彫すると英語がわかりやすくなります。

 

意外と日本語の文法の意味を知らない事が多くあります。

 

おまけ、一般動詞の意味って説明できますか?

英語の語順を理解する

英語を学習する上で、最難関なので英語の語順を理解することです。

 

なぜなら、英語と日本語の語順がまったく違うので。そこで英語が苦手になる生徒がいるからです。

 

英語は、「主語」+「動詞」で始まります。

 

例えば、

 

彼は、昨日、学校で英語の勉強をした。

 

これを英語に直すと、

 

He studied English  at the school  yesterday.

 

この日本語の語順と英語の語順を理解するのが大変なのです。

 

しかし、英語の語順の基本がわかれば、できるようになるのでしっかりと学習していきましょう!

 

あわせて読みたい

参考記事:中学生の準備講座【英語編】先取り学習やる?やらない?

参考記事:【小学生】の算数を復習するポイント、中学生になるための準備編 

中学1年生の英語の学習単元

中学1年生の英語

中学1年生の英語の単元についてまとめてみました。

 

以下のポイントについて説明しています。

中学1年生の英語の単元

間違いやすい単元

中学1年生の英語の単元

単元 意味 ポイント
アルファベット(大文字と小文字)
be動詞 is , am, are をbe動詞という。 日本語にすると「〜です。」 「〜いる(ある)。」の2つの意味があり、文の述語になる。
一般動詞 be動詞以外の動詞を一般動詞という。 一般動詞は文の中で述語になり、主語の行う動作や、主語の状態を表す。
助動詞(can) 助動詞とは、用言・体言などに付属して意味をそえる働きがある語で、大きな述語のまとまりをつくる言葉です。 canは動詞の原形とセットで使い、動詞に「できる」の意味を付け加える。
命令文(命令文と否定命令文) 命令文は「〜しなさい」という意味を表す。 命令文の共通の特徴は主語がないことである。
疑問文 疑問文とは、人に何かを尋ねる場合に使う文章です。 述語がbe動詞か一般動詞かによって違う。
過去形 過去形は、「過去に起こったこと」について話すときに使います。 動詞を過去形に変える。
名詞(複数形、所有格) 2つ以上のものや、2人以上の人を表す名詞の形のことを複数形という。 英語の名詞には「数えられる名詞」と「数えられない名詞」がある。
代名詞(人称代名詞の主格、所有格、目的格) 名詞の代わりとして人や物などを指し示す働きをするのが代名詞である。 文の中で主語になるものを「主格」、目的語になるものを「目的格」、名詞の前について所有を表すものを「所有格」という。

間違いやすい単元

中学1年生の英語で一番間違いやすいのは、「be動詞」と「一般動詞」です。

 

なぜなら、中学1年生の英語の学習で最初にやる単元だからです。

 

まだ、英語に慣れていない状態でこの単元を学習すると難しく感じて、理解できずに次の単元に進んでしまうと、中学1年生の英語が全滅する可能性がありますので注意が必要です。

 

難しい単元ではないのですが最初の単元ということで、しっかりと理解しているかどうかを確認してください。

 

あわせて読みたい

参考記事:中学生の準備講座【数学編】先取り学習する単元はこれだ!

参考記事:【オンライン学習塾】小学生・中学生の活用事例をご紹介

 

英語の勉強法

中学1年生の英語

英語の基本的な勉強法についてまとめてみました。

 

以下のポイントについて説明しています。

単語と熟語を暗記する

教科書の音読

日本語訳

予習→授業→復習

単語と熟語を暗記する

英語は暗記科目です。

 

まずは、教科書の新出単語と熟語を暗記してください。

 

英単語の暗記のコツとしてよく言われるのが、まず単語自体を音で覚えて、綴りを書いて覚えるという方法です。

 

すべてを書いて覚えるのは時間を要するので、まず音で単語を覚える。(発音する)

 

そのあと、書き出すことで、正確に単語の綴りを覚える。このやり方がおすすめです。

 

定期テストなどでは、単語を書かせる出題も多く見られますので、書き出して覚えることも重要です。

 

単語を覚える際に、品詞や現在進行形、過去形なども一緒に覚えると効率的です。

 

自分にあった方法で単語と熟語を覚えてください。

教科書の音読

英語力を伸ばすための基礎となる勉強法としておすすめしたいのが、英文を繰り返し音読することです。

 

英語の教科書を音読する時は、目で英文を追いながら口で英文を発音し、自分が発した英語の音を耳で聞くので、英文が覚えやすくなります。

 

そういった理由から、中学生の英語力を伸ばす第一歩としておすすめするのが、「教科書の音読」です。

 

教科書の音読をすることで、教科書を丸暗記することができれば定期テストで良い点が取れること間違いなしです。

 

なぜなら、定期テストは、教科書中心の出題だからです。

 

教科書の音読は、とてもシンプルな勉強法ですが効果的に英語の力が身につきますので、是非やってみてください。

日本語訳

英語のノートの取り方について説明をします。

 

当塾で推奨している英語のノートのとり方は、左側に英文、右側に日本語訳を書くようにしています。

 

英語の教科書を和訳する場合には、きちんと文法事項を理解したうえで、適切に英語を日本語に置き換えることができるかを確認します。

 

定期テストでは、和訳の問題も必ず出題されますのでしっかりと学習を行いましょう!

英語は予習→授業→復習

英語の勉強法で基本となるのが、予習→授業→復習です。

 

理由は、英語は毎日継続的に取り組むことで学力が定着するからです。

 

予習については、教科書の音読や新出単語と熟語をチェックするだけでも大丈夫です。

 

それをするだけでも、授業中の理解度が上がります。

 

英語の授業中は、しっかりと先生の話を集中して聞いてください。

 

そして、いちばん大事なのが復習です。

 

人間は、物事を覚える時に忘却曲線というものがあります。

 

忘却曲線を簡単に言うと、時間と共にどれだけ忘れるかを数値化しましたものです。

 

具体的には、1日後には、約67%のことを忘れるらしいです。

 

したがって、忘れる前に復習を行うことで、学力を定着させるためには復習がいちばん大事なのです。

 

授業で習った、ポイントや単語や文法をしっかりおさえるようにして復習をしてください。

 

このサイクルを継続的に繰り返すことができるようになると英語の実力が身につきます。

 

あわせて読みたい

参考記事:塾オンラインドットコムのオンライン授業の特徴と指導方針について徹底解説!

参考記事:中学生のノートのとり方 英語編 簡単にまねできます

まとめ:中学1年生の英語文法こうすれば英語の成績がグングン伸びる!

最後までご覧いただき、ありがとうございます。

 

今回の記事、中学1年生の英語文法こうすれば英語の成績がグングン伸びる!は参考になりましたでしょうか?

まとめ

中学1年生の英語のポイント・・・英語に慣れる

中学1年生の英語の学習単元・・・be動詞・一般動詞は大事

英語の勉強法・・・試してみてください

塾オンラインドットコムでは、無料体験実施中です。

 

少数精鋭で授業を行っています。

 

お気軽にお問い合わせください。

 

スタッフ一同、心からお待ちしています。

友だち追加

効率よく勉強したい方

↓↓↓↓↓

無料体験授業のお申し込みはこちら