中学1年生の【一般動詞】を読むだけで成績が上がる記事

一般動詞

オンライン授業で全国の小学生と中学生を応援する。

 

塾オンラインドットコムです。

 

今回の記事の担当は、塾長です。

 

中学1年生の英語の一般動詞で困っていませんか?

 

この記事で紹介する「中学1年生の【一般動詞】を読むだけで成績が上がる記事」を読めば、一般動詞について理解できる内容になっています。

 

なぜなら、いつも生徒に説明して理解してもらっている内容だからです。

 

この記事では、一般動詞についてわかりやすく解説しています。

 

記事を読み終えると、一般動詞について理解できる内容と思います。

 

以下の悩みを解消します。

一般動詞って?

一般動詞を理解したい

英語・数学対策に興味のある方

↓↓↓↓↓

無料体験授業実施中です!

記事の内容
一般動詞の意味を知る

一般動詞の基本形

一般動詞の確認テスト

 

 

内申点対策に興味のある方

↓↓↓↓↓

無料体験授業のお申し込みはこちら

一般動詞とは

一般動詞

一般動詞についてまとめてみました。

 

以下のポイントについて説明しています。

一般動詞とは?

動作を表す一般動詞

状態を表す一般動詞

一般動詞の意味

英語の一般動詞(現在形)を使った文とは、日本語で「私は~をします。」という文のことです。

 

簡単に言うと人や物の動きを表す単語(動詞)使って表現していくのが一般動詞です。

 

一般動詞とはbe動詞以外のすべての動詞を指します。

 

英語における動詞にはbe動詞とそれ以外の一般動詞の2種類しかなく、be動詞が特殊な動詞だと覚えてしまえば意外と簡単に理解できます。

 

一般動詞は文の中で述語になり、主語の行う動作や、主語の状態を表します。

 

be動詞は原形のbe、現在形のis・am・are、(まだ学習していない:過去形のwas・were、過去分詞のbeen)の7パターンしかありませんが、一般動詞は無数にあるのが特徴です。

動作を表す一般動詞

一般動詞のなかで動作や行動を表す動詞を「動作動詞」と言います。

 

「感情」や「感覚」、「所有」などの動詞が状態動詞に該当します。

 

study (勉強する),use (使う), have (持っている、食べる), go (行く), speak (話す), run (走る), swim (泳ぐ), watch (見る), read (読む), write (書く)、play(遊ぶ)、walk(歩く)、go(行く)、come(来る)、read(読む)、eat(食べる)など

状態を表す一般動詞

一般動詞のなかで状態を表す動詞を「状態動詞」と言います。

 

多くの一般動詞はこれに分類され、何らかの行動を表す動詞を指します。

 

know(知っている), like(好き)know(知っている)、believe(信じる)、like(好む)、think(思う)、love(愛する)など

 

 

一般動詞の基本形

一般動詞

一般動詞の基本形についてまとめてみました。

 

以下のポイントについて説明しています。

一般動詞の位置

動詞の原形

三単現のsがついた場合

進行形

否定形疑問文

一般動詞の位置

一般動詞は基本的には文中で述語になります。

 

英文では普通、述語は主語の直後に置かれます。

 

日本語の述語は原則として文末なので、違いに注意してください。

 

主語 + 述語 + 〜

 

I play baseball after school. 私は放課後野球をする。

 

We study Japanese every day. 私たちは毎日日本語を勉強します。

 

You like sports. あなたはスポーツが好きです。

動詞の原形

動詞の原形とは、変化する前の動詞の形のことです。

 

規則動詞の場合は、過去形では「ed」を、進行形では「ing」を語尾につけます。

 

不規則動詞は、動詞の活用において規則動詞と異なり不規則に変化する動詞のことです。

 

不規則動詞は、覚えるしかありません。

 

一般動詞の原形は、主語が一人称や二人称、または複数人称の現在形の時に使います。

 

例文としては、以下に挙げられます。

 

・I play baseball.「私は野球をします」

 

・We speak Japanese and read English.「私たちは日本語を話し、英語を読みます」

sがついた場合

中学1年生の英語において、一番多くあるケアレスミスが、「3単現の時の動詞にsのつけ忘れ」です

 

3単現の勉強をしたら、真っ先に「s」をつける習慣を付けさせるのがポイントです。

 

3単現とは、主語が3人称単数形で現在形のことです。

 

その場合の一般動詞は語尾に「s」もしくは「es」や「ies」をつける必要があります。

 

・He plays the guitar.「彼はギターを弾きます」

 

・She studies Japanese.「彼女は日本語を勉強します」

進行形

進行形とは、今まさにその動作をしているという様子を表すときに使う時制表現のことを言います。

 

進行形は「be動詞+動詞のing形」を取り、現在・過去・未来といういかなる時制においても、「今まさにその動作をしている様子」を表します。

 

be動詞は忘れやすいので注意が必要です。

 

・I am playing guitar with my friends.「私は友達とギターを演奏しています」

 

・She is listening the music.「彼女は音楽を聴いています」

否定形

そうではないという、否定の内容を表す文のこと、「今日は日曜日ではない」「あの山はそれほど高くない」などです。

 

一般動詞の否定文、動詞の前に「do not」もしくは「does not」をつけます。

 

その後に続く動詞は原形になります。

 

肯定文と否定文の違いを比べながら学習すると効果的です。

 

・I play baseball everyday.「私は毎日野球をします」(肯定文)

 

・I do not play baseball everyday.「私は毎日野球をしません」(否定文)

 

・He likes music.「彼は音楽が好きです」(肯定文)

 

・He does not like music.「彼は音楽が好きではありません」(否定文)

疑問文

疑問文とは、相手に何かを尋ねるための文です。

 

一般動詞の疑問形は、主語の前に「do」もしくは「does」をつけ、文末に「?」をつけます。

 

肯定文と疑問文の違いを比べながら学習すると効果的です。

 

・You like soccer.「あなたはサッカーが好きです。」(肯定文)

 

・Do you like soccer?「あなたはサッカーが好きですか?」(疑問文)

 

・肯定文 He plays the piano.「彼はピアノを演奏します。」(肯定文)

 

・疑問文 Does he playsthe piano?「彼はピアノを演奏しますか?」(疑問文)

過去形

過去形は「~した」「~だった」というような、過去の動作や状態などを表したい時に使う表現方法です。

 

一般動詞の過去形は、動詞の語尾に「ed」をつける規則動詞と、異なる変化をする不規則動詞の2種類あります。

 

規則動詞は「ed」をつけるだけで過去形になりますが、不規則動詞は原形から形が変わらなかったり、異なる形になったりしますので、不規則動詞に注意が必要です

 

・I play with friends.「私は友達と遊ぶ。」(現在形)

 

・I played with friends.「私は友達と遊んだ。」(規則動詞の過去形)

 

・I run hard.「私は一生懸命走る。」(現在形)

 

・I ran hard.「私は一生懸命走った。」(不規則動詞の過去形)

 

一般動詞の確認テスト

一般動詞

簡単なテストなのでやってみてください。

一般動詞の確認テスト

一般動詞の確認テスト

1.私は赤色が好きです。【①】【②】red.

 

2.私は春が好きではありません。【③】【④】【⑤】Spring.

 

3.I like baseball.を⑥日本語に

 

4.I don’t like June. ⑦日本語に

 

5.You like running.を疑問文に⑧

 

6.You like running.を否定文に⑨

 

7.You are succer fan.を疑問文に⑩

 

8.You are succer fan.を否定文に⑪

解答

①I  ②like ③I ④don't ⑤like ⑥私は野球が好きです。 ⑦私は6月が好きではありません。 ⑧Do you like running?

⑨You don't like running. ⑩You aren't succer fun ⑪Are you succer fun?

 

塾オンラインドットコム

塾オンラインドットコムでは、中学生の英語を理解するまで徹底的に行なっていますので、定期テストの点数が爆上げしています。

 

英語がわからない生徒には基礎から徹底的に学習して、成績をグングン伸ばします!

 

オンライン授業で全国の小学生と中学生を応援しています!

 

 

まとめ:中学1年生の【一般動詞】を読むだけで成績が上がる記事

最後までご覧いただき、ありがとうございます。

 

今回の記事、中学1年生の【一般動詞】を読むだけで成績が上がる記事は参考になりましたでしょうか?

まとめ

一般動詞の意味を知る・・・動詞のこと

一般動詞の基本形・・・全部覚える

一般動詞の確認テスト・・・全問正解目指して

塾オンラインドットコムでは、無料体験実施中です。

 

資料請求はこちらから

 

お気軽にお問い合わせください。

 

スタッフ一同、心からお待ちしています。

友だち追加

効率よく勉強したい方

↓↓↓↓↓

無料体験授業のお申し込みはこちら

-