STAFF BLOG
合格ブログ

中学生の内申点の付け方を知る!これで内申点対策はバッチリ!

内申点対策

オンライン授業で全国の小学生と中学生を応援する。

 

塾オンラインドットコムです。

 

今回の記事は、内申点の付け方について解説いたします。

 

定期テストで良い点をとっても内申点が悪かったことはありませんか?

 

それには、いろいろな理由があるからです。

 

内申点の評価基準を知れば内申点の上げ方が分かります。

 

「学習指導要領」の改訂により、全国の中学校では2021年度より新しいカリキュラムが実施されています。

 

改訂に伴い中学生の内申点の評価基準も大きく変更されました。

 

高校受験において内申点はとても重要です。

 

この記事を読めば内申点について理解することが出来るはずです。

 

内申点の付け方を知れば内申点対策もしっかりと行うことができます。

 

きっと、こんな悩みを解消します。

新指導学習要領

内申点のポイント

内申点の付け方を知りたい

資料請求

内申点を上げたい生徒

↓↓↓↓↓

無料体験授業実施中です!

記事の内容

新学習指導要領のポイント

分かりやすく内申点の変更点を説明

内申点が決まる仕組み

 

あわせて読みたい
参考記事:【神奈川県】の内申点の計算方法と高校入試の概要を10分で理解する!

参考記事:内申点の計算方法は意外と簡単すぐにマスターできます(都立編)

内申点対策に興味のある方

↓↓↓↓↓

無料体験授業のお申し込みはこちら

中学生の内申点の付け方

塾オンラインドットコム

まずは、新学習指導要領のポイントから説明いたします。

 

文部科学省のホームページを参考にしています。

 

ポイントは以下の内容となります。

学習指導要領とは

知識の理解の質を高め資質・能力を育む「主体的・対話的で深い学び

各学校におけるカリキュラム・マネジメントの確立

学習指導要領とは

全国各地どこで教育を受けても、一定の水準の教育を受けられるようにするため、文部科学省では、学校教育法等に基づき、各学校で教育課程(カリキュラム)を編成する際の基準を定めています。これを「学習指導要領」といいます。

 

「学習指導要領」では、小学校、中学校、高等学校等ごとに、それぞれの教科等の目標や大まかな教育内容を定めています。また、これとは別に、学校教育法施行規則で、例えば小・中学校の教科等の年間の標準授業時数等が定められています。

 

各学校では、この「学習指導要領」や年間の標準授業時数等を踏まえ、地域や学校の実態に応じて、教育課程(カリキュラム)を編成しています。

子供たちの教科書や時間割は、これを基に作られています。

 

小学校:2020年度~ 中学校:2021年度~ 高等学校:2022年度~

 

幼稚園は、2018年度に新しい幼稚園教育要領がスタート。

 

特別支援学校は、小・中・高等学校学習指導要領に合わせて実施されています。

知識の理解の質を高め資質・能力を育む「主体的・対話的」で深い学び

知・徳・体にわたる「生きる力」を子供たちに育むため、「何のために学ぶのか」という学習の意義を共有しながら、授業の創意工夫や教科書等の教材の改善を引き出していけるよう、全ての教科等を、

①知識及び技能

 

②思考力、判断力、表現力等

 

③学びに向かう力、人間性等

 

この大きな三つの柱で再整理をしています。

 

我が国のこれまでの教育実践の蓄積に基づく授業改善の活性化により、子供たちの知識の理解の質の向上を図り、これからの時代に求められる資質・能力を育んでいくことが重要と書かれています。

 

小・中学校においては、これまでと全く異なる指導方法を導入しなければならないと浮足立つ必要はなく、これまでの教育実践の蓄積を若手教員にもしっかり引き継ぎつつ、授業を工夫・改善されていきます。

各学校におけるカリキュラム・マネジメントの確立

教科等の目標や内容を見渡し、特に学習の基盤となる資質・能力(言語能力、情報活用能力、問題発見・解決能力等)や現代的な諸課題に対応して求められる資質・能力の育成のためには、教科等横断的な学習を充実する必要があると書かれています。

 

また、「主体的・対話的で深い学び」の充実には単元など数コマ程度の授業のまとまりの中で、習得・活用・探究のバランスを工夫することが重要となります。

 

そのため、学校全体として、教育内容や時間の適切な配分、必要な人的・物的体制の確保、実施状況に基づく改善などを通して、教育課程に基づく教育活動の質を向上させ、学習の効果の最大化を図るカリキュラム・マネジメントを確立するとなっています。

 

以上 学習指導要領の改訂のポイントでした。

あわせて読みたい
参考記事:英語の偏差値を上げたい中学生はこれを実践するだけ!

参考記事:【高校受験】志望校を下げるな!行きたい高校を選ぶ!20のチェックポイント

わかりやすく内申点の変更点について説明

変更ポイント

この章では、内申点の変更点について説明をいたします。

 

ポイントは以下の内容です。

具体的な変更点

変わった背景

評価の視点

具体的な変更点

これまでの通知表の観点別評価は「関心・意欲・態度」「思考・判断・表現」「技能」「知識・理解」の主に4観点でした。

 

学習指導要領の変更に伴い、中学校では2021年から、「主体的に学習に取り組む態度(主体性)」「思考・判断・表現」「知識・技能」の3つの観点に変わりました。

大きく変わったのは、4観点から3観点に変わったことです。

 

特に「関心・意欲・態度」の観点が「主体的に学習に取り組む態度」に変わっています。

 

名前が変わっても授業中の態度が大切なのには変わりないのです。

なぜ、内申点の評価が変わったのか

内申点の観点別評価の付け方が変わった背景には、近年ではスマホの普及やインターネット利用の低年齢化があります。

 

生徒自らがさまざまな方法で知識・情報を24時間どこにいても手に入れられる情報化社会になっているからです。

 

だれもが簡単に情報収集できるようになった時代で自分らしく生きるためには、さまざまな事柄に関する「基礎となる知識や技能」を身につけることが必要です。

 

手に入れた情報が正しいかどうか、また情報をどのように使うべきかを考えたり、判断したりする力も必要です。

 

そして自分の思いを持ち、言葉にして発信する力、周りの意見を聞く力が求められます。

 

それらのスキルが内申点の評価基準として「主体的に学習に取り組む態度」「思考・判断・表現」「知識・技能」の3つの柱に落とし込まれたのです。

評価の視点

評価の視点について、これまでは定期テストの点数などの「結果」が評価の中心でした。

 

新学習指導要領では、「過程」も重要視されます。

 

アクティブ・ラーニングの視点を取り入れ、授業での積極的な姿勢やレポートの内容などの学びのプロセスも評価されることになります。

あわせて読みたい
参考記事:【高校受験】模擬試験の活用でグングン成績が伸びる方法!
参考記事:【中学生】英語の苦手を5分で解決!英語の定期テストで良い点数を取る方法!

内申点が決まる仕組み

決まるポイント

最後の章では、内申点が決まる仕組みについてまとめてみました。

 

ポイントは以下となります。

内申点が決まる仕組み

知識・技能の評価の仕組み

思考・判断力・表現の評価の仕組み

主体的に取り組む評価の仕組み

内申点が決まる仕組み

内申点は観点別評価を基準にして教科別に「知識・技能」、「思考・判断・表現」、「主体的に学習に取り組む態度」の3の観点について評価されます。

 

教科別・項目別でA~Cの3段階で評価されます。

 

この観点を総合的に判断して内申点の「5・4・3・2・1」の評定が決まります。

 

通知表を見返して自分はどの観点が優れているか?どの観点が劣っているのかで対策を講じることができます。

知識・技能とは?

「知識・ 技能Jの評価の考え方は,従前の評価の観点である「知識・ 理解J,「技能」においても重視してきたところです。

 

具体的な評価方法としては,例えば定期テストやプリントなどでは,事実的な知識の習得を問う問題と,知識の概念的な理解を問う問題とのバランスに配慮するなどの工夫改善を図る等が考えられます。

 

また,児童生徒が文章による説明をしたり,各教科等の内容の特質に応じて,観察 ・ 実験をしたり,式やグラフで表現したりするなど実際に知識や技能を 用いる場面を設けるなど,多様な方法を適切に取り入れていくこと等も考えられます。

 

思考・判断力・表現とは?

「思考・ 判断 ・ 表現」の評価の考え方は,従前の評価の観点である「思考・ 判断 ・ 表現」においても重視してきたところです。

 

具体的な評価方法としては, 定期テストやプリントに限らず,論述やレポー 卜の作成,発表,グルー プや学級における話合い,作品の制作や表現等の多様な活動を取り入れたり,それらを集めたポー 卜フオリオを活用したりするなど評価方法を工夫することが考えられます。

「主体的に学習に取り組む態度」

具体的な評価方法としては,ノー トやレポー ト等における記述,授業中の発言,教師による行動観察や,児童生徒による自己評価や相互評価等の状況を教師が評価を行う際に考慮する材料のー っとして用いることなどが考えられます。

 

その際,各教科等の特質に応じて,児童生徒の発達の段階や一 人一人の個性を十分に考慮しながら,「知識・ 技能」や「思考・ 判断 ・ 表現」の観点の状況を踏まえた上で,評価が行われます。

 

以上 国立教育政策研究所のホームページを参考にしました。

あわせて読みたい
参考記事:【高校受験生】中学3年生の受験までの1年間のスケジュールを確認する!

参考記事:体育・音楽・美術・技術家庭の実技4教科の内申点を上げる!

 

まとめ:中学生の内申点の付け方を知る!これで内申点対策はバッチリ!

最後までご覧いただき、ありがとうございます。

 

今回の記事、中学生の内申点の付け方を知る!これで内申点対策はバッチリ!は参考になりましたでしょうか?

塾オンラインドットコムでは、内申点対策を行っています!

内申点がグングン伸びています!

お気軽にお問い合わせください。

スタッフ一同、心からお待ちしています。

塾オンラインドットコムについて知りたい方

塾オンライン

塾オンラインドットコムでは、無料体験実施中です。

資料請求はこちらから

お気軽にお問い合わせください。

スタッフ一同、心からお待ちしています。

友だち追加

効率よく勉強したい方

↓↓↓↓↓

無料体験授業のお申し込みはこちら