広島県の内申点の計算方法と内申点対策をわかりやすく5分で解説

広島県の内申点の計算方法と内申点対策をわかりやすく5分で解説

広島県の内申点の計算方法って気になりませんか?

 

今回は、以下の悩みを解決します。

 

内申点って大事なの?

広島県の内申点の計算方法がわからない人

内申点対策について知りたい人

 

広島県の公立高校入試に重要な役割を果たす、内申点の話です。

 

実は、今回紹介する「広島県の内申点の計算方法と内申点対策をわかりやすく5分で解説」を読めば、内申点の計算方法がわかります。

 

なぜなら、内申点の計算方法を具体的に紹介しているからです。

 

記事を読み終わると、広島県の内申点の計算方法がわかります。

 

記事の内容
広島県の内申点の計算方法と内申点対策をわかりやすく5分で解説

広島県の公立高校入試について

内申点を上げる内申点対策

広島県の内申点の計算方法と内申点対策をわかりやすく5分で解説

広島県の内申点の計算方法と内申点対策をわかりやすく5分で解説

広島県の内申点の計算方法と内申点対策をわかりやすく5分で解説についてまとめてみました。

 

以下のポイントについて説明しています。

広島県:内申点とは?

広島県の内申点の計算方法

公立高校では内申点が大切

広島県の内申点とは?

「調査書」は、聞いたことがあると思います。

 

生徒が中学3年間で行った学習状況や、学校生活について中学校の先生が作成します。

 

生徒が願書を提出した高校に入学の合否の資料として、提出する文書のことです。

 

公立高校の一般入試・推薦入試・私立高校入試にも合否の選考資料となります。

 

とても重要な書類です。

 

調査書には、教科の成績を点数化した、評定と言われる「内申点」が記載されます。

 

内申点とは、報告書に記載された各教科に対する5段階の「評定」をもとに、広島県で定められた計算方法で算出された数値です。

 

今回は広島県の内申点にフォーカスした記事となります。

広島県の内申点の計算方法

広島県の公立高校入試では、中学1年生から中学3年生の内申点が高校入試に影響するのがポイントです。

 

広島県の内申点の計算方法はとても簡単です。

a)第1学年及び第2学年の国語,社会,数学,理科,音楽,美術,保健体育,技術・家庭及び外国語については,それぞれ指導要録に従って5段階で評定する。


b)第3学年の国語,社会,数学,理科,音楽,美術,保健体育,技術・家庭及び外国語については,それぞれ指導要録に従って5段階で評定した評点を3倍する。

c)調査書の合計評点は,上記a及びbを合計した225点満点とする。

令和5年度の広島県の入試においては、内申点の計算法が変更になっています。

 

具体的には、中学3年生の評定が3倍になるということです。

 

中学1年生 5教科+実技4教科 45点満点
中学2年生 5教科+実技4教科 45点満点
中学3年生 (5教科+実技4教科)×3倍 135点満点
合計 225点満点

 

例えば、

 

中学1年生と中学2年生の成績が5オール3の場合は、各27点

 

中学3年生の場合は、27点×3倍=81点となります。

とても簡単です。

 

広島県の内申点を上げるポイントは、中学3年生の勉強を頑張ることです。

 

理由は、評定が「1」上がると、「3」上がったことになるからです。

 

詳細については、広島県教育委員会のホームページでご確認願います。

広島県:調査書(内申点)が合否を分ける

広島県の公立高校入試における、一般枠の選抜は、一般学力検査,調査書及び自己表現の合計点から高い順に合格が決まります。

 

以下、詳細をまとめてみました。

・一般学力検査,調査書及び自己表現の配点の比重は6:2:2とし,一般学力検査,調査書及び自己表現の結果を総合的に判断して決定する。

 

なお,一般学力検査について,高等学校長は,各高等学校,課程,学科等の特色に応じ,特定の教科の配点に比重をかける傾斜配点を実施することができる。

 

・ 特色枠による選抜を実施した学科・コースにあっては,特色枠による選抜により合格者を決定した後,一般枠による選抜により合格者を決定する。

 

・学校独自検査を実施した学科・コースにあっては,その結果を選抜の資料に加えて,総合的に判断して決定する。

 

つまり、調査書が2割も合否に影響してくるのです。

 

入学試験当日の学力検査を頑張れば良いというわけではなくて、内申点をできるだけ確保するのが大切です。

 

詳細については、広島県教育委員会のホームページでご確認願います。

広島県の公立高校入試について

広島県の内申点の計算方法と内申点対策をわかりやすく5分で解説

広島県の公立高校入試についてについてまとめてみました。

 

以下のポイントについて説明しています。

広島県の公立高校入試日程

広島県の公立高校入試:一般選抜について

広島県の公立高校入試の平均点

広島県の公立高校入試日程

一次選抜の日程

 

学力検査・自己表現等 2月 27 日(月)~ 3月 1日(水)
追検査等 3月6日(月)
合格者発表 3月9日(木)

広島県の公立高校入試:一般選抜

一般選抜についてまとめました。

1.実施教科は,国語,社会,数学,理科及び外国語(英語)の5教科とする。

 

2.実施時間は,各教科それぞれ50分とする。

 

3.配点は,各教科50点満点で,合計250点満点とする。

自己表現カード

広島県の公立高校入試では、自己表現カードについても合否の判断要素となるため、理解してください。

1.自己を認識する力,自分の人生を選択する力及び表現する力をみるために,自己表現カードを活用し,個人ごとの面談形式で実施する。

 

2.実施時間は,1人当たり10分以内とする。

 

3.配点は,検査官1人当たり15点満点とする。

広島県の公立高校入試の平均点

国語 社会 数学 理科 英語 平均点

令和4年度入試

24.6 23.3 20.2 28.8 20.4 21.5

令和3年度入試

21.5 26.5 21.1 24.4 21.1 22.9

令和2年度入試

26.5 22.0 28.2 28.6 23.9 25.8

平成31年度入試

23.6 21.6 21.0 23.3 21.3 22.2

平成30年度入試

23.5 18.0 22.4 19.1 24.4 21.5

 

各教科50点満点です。

 

例年の平均点を見ると、平均点が20点代前半となっており、広島県の公立高校入試は難易度が高いと言えます。

内申点を上げる内申点対策

広島県の内申点の計算方法と内申点対策をわかりやすく5分で解説

よい報告書を目指すための内申点対策についてまとめてみました。

 

以下のポイントについて説明しています。

定期テストで高得点を取る

課題をちゃんと提出する

授業中の態度に気をつける

定期テストで高得点を取る

定期テストで高得点を取る!

 

これは、内申点を上げる対策としては、N0.1です。

 

理由は、内申点を決める最大の要因は「定期テスト」の結果です。

 

内申点を上げるには、定期テストの結果を上げるのが1番効果的です。

 

中間テストだけ良い点を取っても上がりません。

 

中間テストも期末テストも良い点を取る必要があります。

 

定期テスト対策をしっかりと行いましょう。

課題の提出を怠らない

学校から出された、宿題・プリント・実技であれば作品等、期限を厳守して提出して下さい。

 

期限を守れない場合は、どんな理由があろうと評価は下がります。

 

提出物の内容はもちろんですが、万が一の場合は、とりあえず提出期限を守って提出して下さい。

 

提出物の期限が守れない場合は、親子で一緒になって提出期限をチェックするのも1つの手です。

学校の授業態度に気をつける

これも内申点の対策としては、必要不可欠なテーマです。

 

具体的には、

授業中の姿勢に気をつける。(背筋を伸ばす)

視線を先生に向け、うなずく。

先生の話を聞く&黒板をノートに取る。

積極的に挙手をする。(最近は出席番号順で答えることが多い)

以上となりますが裏技として、

 

授業が終わってから友達と一緒に先生に質問する。

 

などすると印象が良くなり効果があるかもしれません。

 

内申点が上がった中学生について知りたい方、【必見】内申点が上がった中学生の5つの行動をマネする

まとめ:広島県の内申点の計算方法と内申点対策をわかりやすく5分で解説

広島県の内申点の計算方法と内申点対策をわかりやすく5分で解説

最後までご覧いただき、ありがとうございます。

 

今回の記事、「広島県の内申点の計算方法と内申点対策をわかりやすく5分で解説」は参考になりましたでしょうか?

記事のまとめ
広島県の高校入試は、中学1年生から中学3年生までの内申点が合否に影響します。

広島県の内申点の計算は、とても簡単です。

内申点を上げるためには、内申点を意識して、内申点対策してください。

 

広島県の公立高校に合格するためには、内申点の役割をしっかりと理解することです。

 

普段の学習活動については、、学校の先生は目を光らせて見ています。

 

テスト対策だけではなく、普段の授業、すべての教科に対して、しっかりと対策していくことが重要です。

 

広島県の内申点の計算方法と内申点対策をわかりやすく5分で解説

-