STAFF BLOG
合格ブログ

勉強嫌いな中学生の原因と解決法を知る【これで勉強の成績アップ】

勉強嫌いな中学生の原因と解決法を知る【これで勉強の成績アップ】

オンライン授業で全国の小学生と中学生を応援する。

 

塾オンラインドットコムです。

 

今回の記事の担当は、受験メンタルトレーナーです。

 

勉強が嫌いな中学生の原因と解決法って興味ありませんか?

 

実は、今回紹介する「勉強嫌いな中学生の原因と解決法を知る【これで勉強の成績アップ】」を読めば、勉強が嫌いな中学生の原因と解決法がわかります。

 

なぜなら、受験メンタルトレーナーが実践している内容だからです。

 

今回の記事では、勉強が嫌いな中学生の原因と解決法を具体的に紹介しています。

 

記事を読み終わると、勉強嫌いが克服できるはずです。

 

以下の悩みを解決します。

中学生が勉強嫌いになる原因を知りたい

中学生が勉強嫌いの解決法を知りたい

中学生を勉強させる工夫について知りたい

記事の内容
勉強嫌いな中学生の原因と解決法を知る【これで勉強の成績アップ】

中学生の勉強嫌いを克服する原因別解決法

中学生の勉強嫌いを克服する工夫

内申点対策に興味のある方

↓↓↓↓↓

無料体験授業のお申し込みはこちら

勉強嫌いな中学生の原因と解決法を知る【これで勉強の成績アップ】

勉強嫌いな中学生の原因と解決法を知る【これで勉強の成績アップ】

勉強嫌いな中学生の原因と解決法を知る【これで勉強の成績アップ】についてまとめてみました。

 

最初は勉強が嫌いな原因です。

 

当てはまらないかどうか、確認しながら読み進めてください。

 

以下のポイントについて説明しています。

勉強が嫌いな原因:中学校の部活が忙しい

勉強が嫌いな原因:スマホやゲームが勉強の妨げに

勉強が嫌いな原因:中学生は反抗期

勉強が嫌いな原因:中学校の部活が忙しい

中学生が勉強嫌いになる理由として、部活が忙しいケースが考えられます。

 

なぜなら、中学生の部活動は時間も拘束されて、さらには肉体的にも疲れて、家に帰ると勉強する気力が無くなるからです。

 

また、家に帰っても晩御飯を食べて、テレビを見て、寝るだけの習慣が身についてしまっていると、机に向かうことができなくなるのです。

 

しかし、部活と勉強を両立させている中学生もいるため、部活が忙しいからと言って、勉強しない言い訳にはなりません。

 

親子で一緒になって、中学生の子どもの勉強サポートをすることが大切になります。

 

中学生で勉強が嫌いな場合、部活が忙しくないか?確認する必要があります。

勉強が嫌いな原因:スマホやゲームが勉強の妨げに

中学生が勉強嫌いになる原因として、スマホやゲームが勉強の妨げになっているケースもあります。

 

なぜなら、勉強よりも楽しいことを優先してしまうため、勉強の優先順位が下がるからです。

 

1日のスマホやゲームの時間をちゃんと管理していますか?

 

中学生の中には、勉強そっちのけで、夜中までスマホやゲームに夢中になっている場合があります。

 

スマホやゲームの時間を中学生の自主性に任せるのも良いのですが、親がしっかりと管理しないと、勉強しない中学生になってしまう可能性があります。

 

勉強しない原因がスマホやゲームになっていないか、確認してください。

勉強が嫌いな原因:中学生は反抗期

中学生の子どもを持つ保護者の方で中学生の反抗期でどう解決して良いのか、困ってしまいますよね?

 

中学生の反抗期は家族に対し「反発心」を抱く時期のことを指します。

 

決して「しつけが間違っていたのかも」と悲観せずに成長の過程で起きる自然な現象と認識してください。

 

反抗期が始まると、親の言うことを聞かずに反発ばかりして、「勉強しなさい」と言っても、勉強しない状況が続きます。

 

中学生時代は反抗期の中にいて、子ども自身も葛藤や不安を抱いています。

 

そして、そんな自分自身との葛藤をしながら成長をしている時期であることを親は先ず理解し、子どもに関わっていかなければいけません。

 

自分の子どもの反抗期が原因で親に反発して勉強が嫌いなケースも多くあります。

中学生の勉強嫌いを克服する原因別解決法勉強嫌いな中学生の原因と解決法を知る【これで勉強の成績アップ】

中学生の勉強嫌いを克服する原因別解決法についてまとめてみました。

 

以下のポイントについて説明しています。

部活が忙しい中学生の解決法

ゲームやスマホが勉強の妨げになっているときの解決法

反抗期の中学生の解決法

部活が忙しい中学生の解決法

部活動が忙しい中学生は、部活動が優先されているため、勉強が嫌いになる傾向にあります。

 

そのような場合には、勉強時間を毎日固定するのがおすすめです。

具体的には、

 

1.勉強する時間を固定する(毎日、8時から9時は勉強の時間)

 

2.晩御飯のあとに必ず勉強する

 

3.10分の勉強でも良いので毎日続ける

そして、毎日、同じ時間に勉強机に向かって何をするのかを明確にする必要があります。

 

勉強をする具体的な内容を明確にしていないと、机に座っているだけで勉強しないことがあるからです。

 

具体的には、「英単語を毎日、10個覚える」、「漢字を毎日、10個覚える」などして勉強の内容を明確化することが大切です。

 

それを紙に書いて、壁に貼っておくとさらに効果が増します。

 

勉強の時間を固定させると勉強時間の確保ができるようになります。

 

部活と勉強の両立について知りたい方、部活と勉強の両立ができる中学生がやっているポイント

ゲームやスマホが勉強の妨げになっているときの解決法

中学生とゲーム・スマホは一番難しい問題とも言えます。

 

しかし、放置しておくとゲーム依存やスマホ依存になってしまう恐れがあるため、対象法についてアドバイスいたします。

 

最初に親子でよく話し合ってルールを決めて運用するのがおすすめです。

 

新しくゲームを購入する時もルールを決めてから購入するのがポイントです。

ルールを決めるポイントは3つ。

 

(1)使用できる時間…「21時以降はやらない」「1日1時間」など

 

(2)使用できる場所…「勉強部屋には持ち込まない」「勉強中は親に預ける」など

 

(3)使用できる時…「勉強した後、宿題した後」など

親が一方的にルールを押しつけても、子どもは守らないため、親子で納得するルールを話し合い、その時によってルールの変更をすることも大切です。

 

ゲームやスマホは勉強の後にできるようにするのがポイントです。

 

なぜなら、勉強の前にゲームやスマホをやってしまうと、勉強時間がどんどん削られるからです。

 

楽しみはあとに取っておくのがポイントと言えます。

反抗期の中学生の解決法

中学生の子どもが反抗期で親の言うことを聞かない状況が続くと、勉強に対して不安を感じることでしょう。

 

しかし、親として、「今は反抗期だから、もう少し様子を見よう」という心構えも必要です。

 

理由は、反抗期の時期にいくら親が注意しても、聞く耳を持たずに、効果が期待できないからです。

 

とはいえ、何もしないのでは、状況も変わらないため、反抗期の子どもに声のかけ方についてアドバイスいたします。

1.ポジティブな声がけ

 

ネガティブな声がけは、親子の距離がますます遠くなります。

 

できるだけ、ポジティブな言葉を使うようにしてください。

 

2.子どもに決めさせる

 

他人の指図が嫌いなため、自分で何事も決めさせるようにしてください。

 

3.褒めてあげる

 

子どもを褒めることで自信を持たせてあげましょう。

以上、3つのポイントを挙げましたが、反抗期は一筋縄ではいかないため、ゆとりを持って解決するのが一番といえます。

 

中学生の勉強嫌いを克服する工夫

勉強嫌いな中学生の原因と解決法を知る【これで勉強の成績アップ】

中学生の勉強嫌いを克服する工夫についてまとめてみました。

 

以下のポイントについて説明しています。

勉強の環境を整える

ご褒美を与える

子どもを信じる

勉強の環境を整える

中学生の勉強をサポートするために、勉強する環境を整えてあげましょう。

 

理由は、勉強部屋が散らかっていたり、テレビの音や笑い声が聞こえてくると勉強に集中できないからです。

 

中学生の勉強をサポートするためには家族の協力が必要になるのです。

 

特に勉強が嫌いな中学生は、勉強の環境を整えてあげることで勉強の意識が高まるはずです。

 

具体的には、勉強机の周りには勉強以外のものは置かないようにすることが重要です。

 

勉強が嫌いな中学生の勉強部屋は勉強に集中できる工夫が必要になるのです。

 

中学生の勉強部屋について知りたい方、勉強部屋で中学生が勉強するときのポイント【これを読めば成績アップ】

ご褒美を与える

勉強が嫌いな中学生にはご褒美を考えてあげることも時には大切です。

 

なぜなら、勉強が嫌いな中学生は、まずは勉強を始めることが大切だからです。

 

そのためには、ご褒美を考えて、勉強を始めることから取り組んでください。

 

ご褒美を与えることについては賛否両論あるかもしれませんが、勉強を始める動機づけとしては、最も有効的と言えるのです。

 

とにかく、勉強が嫌いな中学生には勉強を始めてもらいたいのです。

 

そうすることで、やる気が生まれるケースもあるかもしれません。

 

意外と効果があるご褒美は、欲しい文房具を買ってあげることです。

 

勉強を始めるきっかけを作ってあげましょう。

子どもを信じる

子どもの可能性を否定するのか?子どもの可能性を応援するのか?親の対応で子どもの未来が大きく変わります。

 

子どもの可能性を否定した場合、心のエネルギーが低下して、やる気が持てなくなります。

 

子どもの可能性を信じた場合、心のエネルギーが高まり、夢の実現に向けて行動ができるようになります。

 

もしも、子どもが高校受験で良い結果につながらない場合でも、それを否定するのではなく、子どもを信じて応援してください。

 

夢に向かうことで心のエネルギーが最大化して、受験勉強に身が入るようになるはずです。

塾に行かせる

受験勉強が思うようにいかない場合は、塾に行くことを検討しなければなりません。

 

受験制度も複雑になり、勉強のやり方も随分と変わってきました。

 

高校受験を失敗させないためにも専門家のアドバイスを受けるのは、効率的な受験勉強と言えます。

 

塾に入ることで志望校に向けた具体的なアドバイスで勉強ができるようになります。

 

限られた時間を有効に使うためにも、塾を活用してみてはいかがでしょうか?

 

塾に行って成績を上げるヒミツについて知りたい方、中学生が塾に行って成績を上げるヒミツ3つ紹介

まとめ:勉強嫌いな中学生の原因と解決法を知る【これで勉強の成績アップ】

最後までご覧いただき、ありがとうございます。

 

今回の記事、「勉強嫌いな中学生の原因と解決法を知る【これで勉強の成績アップ】」は参考になりましたでしょうか?

 

塾オンラインドットコムでは、無料体験実施中です。

「塾オンラインドットコムにお任せください」

受験生の親は不安や心配で何かと大変ですが、子どもに悔いのない高校受験をさせてあげるのが大切です。

 

塾オンラインドットコムでは、受験勉強はもちろんのこと、ご家庭とのコミュニケーションを大切にして、スタッフ一同が塾生の高校合格までを全力でサポートいたします。

 

ぜひこの機会に塾オンラインドットコムの無料体験授業を受けてみてください。

 

もちろん、受験生の親の不安や心配事があれば、なんでも相談してください。

 

そのために塾オンラインドットコムがあるのです。

塾オンラインドットコムについて知りたい方

塾オンライン

資料請求はこちらから

お気軽にお問い合わせください。

スタッフ一同、心からお待ちしています。

友だち追加

効率よく勉強したい方

↓↓↓↓↓

無料体験授業のお申し込みはこちら