勉強が苦手な中学生はこれを読めば解決!【専門家がアドバイス】

勉強が苦手な中学生はこれを読めば解決!【専門家がアドバイス】

オンライン授業で全国の小学生と中学生を応援する。

 

塾オンラインドットコムです。

 

今回の記事の担当は受験メンタルトレーナーです。

 

勉強が苦手な中学生は多いですよね?

 

実は、今回紹介する「勉強が苦手な中学生はこれを読めば解決!【専門家がアドバイス】」を読めば、中学生の勉強の苦手を解決できる内容となっています。

 

なぜなら、受験メンタルトレーナーが熟成にいつも実践している内容だからです。

 

この記事では、勉強する工夫や勉強が好きになるコツを具体的に紹介しています。

 

記事を読み終わると、勉強が苦手な中学生のヒントになるはずです。

 

以下の悩みを解決します。

なぜ?勉強が苦手なの?

勉強させる工夫は?

勉強の苦手を克服したい!

資料請求

記事の内容
勉強が苦手な中学生はこれを読めば解決

勉強を好きになる工夫

勉強の苦手を克服

内申点対策に興味のある方

↓↓↓↓↓

無料体験授業のお申し込みはこちら

勉強が苦手な中学生はこれを読めば解決

勉強が苦手な中学生はこれを読めば解決!【専門家がアドバイス】

勉強が苦手な中学生はこれを読めば解決についてまとめてみました。

 

以下のポイントについて説明しています。

中学生になると勉強が苦手に

勉強の仕方がわからない

中学生なのに家で勉強しない

中学生になると勉強が苦手に

小学生時代は勉強が好きだったけれど、中学生になると勉強が苦手になるケースが多く見受けられます。

 

中学生の高学年になるともっと勉強が苦手になる割合が多くなると言われています。

 

理由は、中学生になると授業の進度が早く、教科数も増え、授業の難易度が小学生時代と比べるとグッと上がるからです。

 

そのため、勉強が理解できずに、勉強が苦手になる生徒が増えるのです。

 

しかし、中学生になると高校受験を控えているので、勉強が苦手のままでは希望している高校に進学できない可能性も出てきます。

 

そうならないためにも、勉強が苦手になった時の対処法を理解しておくことが必要となります。

勉強の仕方がわからない

中学生になると、授業が難しくなり、勉強の仕方も教科によっては使い分けなくてはなりません。

 

わかりやすく言うと、英語と数学では勉強の仕方が違うのです。

 

これを理解していない中学生は、勉強しなさいと言われても、何をしたら良いのか?わからないので勉強が苦手になることがあります。

 

勉強の仕方を教えてあげることで、勉強を理解して、勉強が楽しくなれば勉強の苦手が克服できるはずです。

中学生なのに家で勉強しない

勉強が苦手になり、家で全く勉強しなくなる中学生も多くいます。

 

中学生が家で勉強しない理由のNO.1は、「勉強が苦手」、「勉強に興味がない」ことです。

 

さらには、勉強よりも楽しい、ゲームやスマホなど勉強を邪魔する誘惑も、家で勉強しない要因と言えます。

 

また、部活動が忙しい場合には、疲れ果てて家で勉強する気力が出ないこともあります。

 

部活でヘトヘトになると勉強する気力も体力もなくなりますよね?

 

親としては中学生が家で勉強をしないと将来に不安を感じることでしょう。

 

そのような場合には家で勉強をする工夫が必要です。

中学生が勉強を好きになる工夫

勉強が苦手な中学生はこれを読めば解決!【専門家がアドバイス】

勉強の環境を変える

タブレットで勉強する

絶対に「勉強しなさい」は言わない

勉強の環境を変える

勉強する環境を変えてあげたり、勉強の環境を整えてあげるのもポイントです。

 

いつもは、自分の部屋で勉強しているけれど、たまにはリビングで勉強するのもおすすめです。

 

意外とリビング学習をしている中学生は多くいます。

 

また、勉強部屋を整理整頓するのは家で勉強するためには必要不可欠です。

 

なぜなら、勉強机の上が散らかっていたり、お菓子や漫画がそばにあると、誘惑に負けてしまうからです。

 

勉強の妨げになるものは視界から遠ざけるのが鉄則です。

 

ちょっとした工夫で勉強に集中できるので試してみてください。

タブレットで勉強する

最近では、教育系のアプリが多くあるので、タブレットで学習するのもおすすめです。

 

タブレット学習のメリットとしては、子どもが興味を持ちやすいことが第一に挙げられます。

 

タブレット教材にはゲーム感覚で学習できたり子どもが好むモチーフや色を用いたりと、子どもの興味をそそる工夫がなされたものが多く、楽しみながら学習できるのが特徴です

 

同じ問題を繰り返し解くこともできますので、苦手分野の克服にもなるはずです。

絶対に「勉強しなさい」は言わない

中学生で勉強が嫌いな場合、決して「勉強しなさい」と言わないということです。

 

家で勉強していないと、親としては不安になって「今すぐ勉強しなさい!」と言いたくなる気持ちは理解できます。

 

しかし、多感な時期を迎えている中学生にいくら「勉強しなさい」と言っても、親への反抗心が増して逆効果になってしまう可能性があるのです。

 

「勉強しなさい」は、勉強意欲を奪ってしまうので、自主的に勉強するまで待つのも一つ手です。

 

気持ちを抑えて言い方を変えてみるのがおすすめです。

 

例えば、「何時くらいから英語を勉強する予定なの?」といった感じで優しく声をかけ、勉強開始の時間に猶予を与えることによって自発的に勉強に向かわせるのが得策です。

中学生の勉強の苦手を克服

勉強が苦手な中学生はこれを読めば解決!【専門家がアドバイス】を読めば解決!

中学生が勉強の苦手を克服するために必要なことについてまとめてみました。

 

以下のポイントについて説明しています。

中学生の勉強の習慣化

毎日続けられる簡単な目標にする

塾に行かせる

中学生の勉強の習慣化とは

勉強を習慣化するというのは、日々の生活の中で「無意識で繰り返し行動している状態」のことです。

 

たとえば、「毎朝歯磨きをしなければ!」と使命感でやっている人は少なく、朝起きたら毎日当たり前のように歯磨きをしている人が多いと思います。

 

このように何も考えなくても行動できる状態が習慣化できていると言えるでしょう。

 

中学生が一度勉強を習慣化してしまえば、やる気の有無に関係なく行動できますので、目標の達成もしやすくなります。

 

ちなみに心理学上の定義における習慣とは、同じ行動の反復によって脳が行動パターンを習得し、少ない心的努力で繰り返すことが可能になっている、固定した行動のことをいいます。

 

中学生の成績を上がるためには、学習の習慣化が必要不可欠となります。

毎日続けられる簡単な目標にする

勉強の習慣化は、続けること自体を目標にして、それが達成できるように、とにかくハードルを下げた目標を設定してください。

 

面倒くさいなと感じても、「続けることが未達成になるくらいなら、やる」と思える水準がおすすめです。

具体的には次のような目標にするのがおすすめです。

 

英単語

 

→毎日10個覚える

 

漢字

 

→毎日10個覚える

これくらい目標ならできそうな気がしませんか?

 

初めはハードルを下げて、毎日勉強することを目標にしてください。

 

勉強が毎日できたならば、ほめてあげることも大切です。

 

そして、勉強の習慣化が身についてきたら、目標を徐々に上げていくことがポイントです。

 

「単語を20個覚える」「漢字を20個覚える」など、徐々に量を増やしていくとをおすすめします。

塾に行く

勉強を習慣化できない場合は、今までとは異なる目標や学習時間帯の設定、記録方法などの工夫で、習慣化ができることもあります。

 

一方、試行錯誤を繰り返しても勉強の習慣化が難しい場合は、オンラインで学習できる塾オンラインドットコムの完全個別指導コースを利用するのがおすすめです。

 

一人ひとりに合った時間割を作成可能な完全個別指導コースは、部活動やアルバイトが忙しい人でも安心です。

 

また、毎日同じ時間に塾オンラインドットコムの自習室で勉強することで、それだけで習慣化の目標も達成しやすくなるはずです。

 

完全個別指導コースの最大の魅力は、勉強嫌いを招く苦手科目や不明点を、先生が1対1、もしくは1対2でじっくり教えてくれることです。

 

こうした授業を通して少しずつ勉強がわかるようになると、弱点の克服や努力する楽しみが得られます。

 

また、受験勉強に対するポジティブな気持ちは、今までなかなか集中できなかった自宅学習にも、より良い影響を与えてくれます。

 

中学生の勉強の習慣化実現のために塾に行くこともご検討ください。

まとめ:勉強が苦手な中学生はこれを読めば解決!【専門家がアドバイス】

最後までご覧いただき、ありがとうございます。

 

今回の記事、勉強が苦手な中学生はこれを読めば解決!【専門家がアドバイス】は参考になりましたでしょうか?

 

塾オンラインドットコムでは、無料体験実施中です。

 

一緒に勉強しませんか?

資料請求はこちらから

お気軽にお問い合わせください。

スタッフ一同、心からお待ちしています。

友だち追加

効率よく勉強したい方

↓↓↓↓↓

無料体験授業のお申し込みはこちら

-