社会の勉強法【中学生編】これで定期テスト対策は万全だ!

社会の勉強法【中学生編】これで定期テスト対策は万全だ!

オンライン授業で全国の小学生と中学生を応援する。

 

塾オンラインドットコムです。

 

今回の記事の担当は、塾長です。

 

中学生の社会の勉強法について気になりますよね?

 

今回紹介する「社会の勉強法【中学生編】これで定期テスト対策は万全だ!」を読めば、社会の成績が上がるはずです。

 

なぜなら、塾長が生徒にいつも指導している内容だからです。

 

この記事では、社会の具体的な勉強法を紹介しています。

 

記事を読み終わると、社会の定期テストで良い成績が取れるはずです。

 

今回は、以下のお悩みを解決いたします。

定期テストでとりあえず良い点を取りたい。

社会のテストで90点以上を取りたい。

社会の勉強方法について知りたい。

 

次回の定期テストでは良い結果を期待しています。

定期テスト対策行っています!

↓↓↓↓↓

無料体験授業実施中です!

記事の内容

社会とはどんな教科?

歴史の勉強方法

地理の勉強方法

公民の勉強方法

英語の対策行っています!

↓↓↓↓↓

無料体験授業のお申し込みはこちら

中学生の社会の勉強について

社会の勉強法【中学生編】これで定期テスト対策は万全だ!

ずばり、社会は一番成績の上がる教科です。

 

5教科の中で一番成績を上げやすい教科と言われています。

 

以下の内容を見てみましょう。

社会はなぜ得点を取りやすいの?

社会の暗記のコツ

社会の勉強法

中学生の社会はなぜ得点を取りやすいの?

繰り返しになりますが、社会は教科書の太字や重要事項を暗記をすれば定期テストで点数を稼げます。

 

なぜなら、暗記の要素が非常に強い科目にだからです。

 

中学生の社会は、歴史・地理・公民と3分野に分かれていますが、どの教科も暗記するだけで成績を上げやすいと言えます

 

定期テストでは、歴史上の人物、地名、制度など暗記を問われる問題がほとんどです。

 

覚えているか?覚えていないかを問うテストなんです。

 

考える必要もありませんので知識の量を増やせば成績も上がるというわけです。

 

以上、社会が成績を上げやすいポイントです。

社会の暗記のコツ

では、次に社会の暗記のコツについて説明していきます。

 

暗記系の科目は、インプット(覚える)してアウトプット(確認する)という繰り返しが必要になります。

 

具体的には、

教科書を繰り返しよく読む・太字を書いて覚える(インプット)

 

学校のワークや問題集で覚えたかどうか確認する。(アプトプット)

この作業を繰り返すことで実力が身につききます。

 

その他には、歴史といえば語呂合わせです。

 

「1192作ろう鎌倉幕府」

 

楽しく覚えるのも一つのコツです。

 

以上、暗記のコツについてまとめてみました。

中学生の社会の勉強法

いちばん大事なのは、学校で学習したことはその日のうちに復習をすることです。

 

時間の経過とともに脳の記憶の量は減ってきます。

 

忘却曲線といって、人間は何かを学んだ時、1日後には67パーセントも忘れると言われています。

 

したがって、忘れる前に復習をすることがとても大事な勉強法と言えいます。

 

テストの前日に詰め込む事もできますが普段の勉強が大事になってきます。

 

以上、社会は学校の勉強を復習するだけで成果は全然違います。

歴史の勉強法

社会の勉強法【中学生編】これで定期テスト対策は万全だ!

教科別の学習法について解説していきます。

 

科目の概要や勉強法についても説明をいたします。

 

以下の内容となります。

中学生の歴史の教科書

歴史勉強法

中学生の歴史とは

中学生の歴史で学習する教科書の内容をまとめてみました。

1.古代国家の成立と展開

 

2.武家政権と東アジア

 

3.武家政権の展開と世界の動き

 

4.近代国家の歩みと国際社会

 

5.2つの世界大戦

 

6.現在の日本

内容的には、基本的な事柄が多く、歴史を学ぶには基礎的なレベルです。

 

時代の流れを把握して重要人物を学習できる内容となっています。

歴史の勉強法

次に中学生の歴史の勉強法についてポイントを説明いたします。

 

・歴史の全体的な流れを覚える

 

理由:歴史の勉強は時系列で覚える必要があるからです。

 

対策:時代の名前は全部暗記してください。

 

・重要な人物の名前を覚える

 

理由:定期テストで出題されることが多いからです。

 

対策:人物の名前を感じで書け、何をしたかまでを覚える。

 

・出来事の年を覚える

 

理由:出来事の年を覚えることで時系列で覚えられる。

 

対策:語呂合わせで覚える。

 

以上、歴史の勉強法のポイントについて解説しました。

地理の勉強法

社会の勉強法【中学生編】これで定期テスト対策は万全だ!

つづいては、中学生の地理についてです。

 

勉強法は変わりませんが詳しく見ていきます。

 

以下の内容について書いています。

中学生の地理の教科書

中学生の地理の勉強法

中学生の地理の教科書

中学生の地理で学習する教科書の内容をまとめてみました。

1.世界と日本の地域

 

2.世界の色々な地域

 

3.日本の色々な地域

 

4.地域の特色

大きく分けて、世界の地理と日本の地理を学習します。

 

地図を見ながら世界の国名や地名、気候、日本の土地の名前、特産物といった基本的なことを学びます。

 

基礎的なレベルなので学習しやすい内容となっています。

地理の勉強法

つづいて、中学生の地理の勉強ポイントについて説明いたします。

 

・世界地図・日本地図を覚える

 

理由:地理を勉強する上で重要なのは「地図」です。

 

日本だけでなく、世界の地理も学びますので、地球の全体像を把握する必要があるからです。

 

対策:世界地図を壁に貼るなどして普段から身近なものにするのも一つの手です。

 

・グラフや表を覚える

 

理由:グラフや表を使って、何を意図しているのかを問う問題が頻出だからです。

 

対策:問題集をひたすら解いて、解説を読みながら確認する作業を繰り返し行ってください。

 

・地域ごとの特色をおぼえる

 

理由:地域とその地域の特色を関連付けて覚えると効率がいいからです。

 

対策:日本に限らず世界においても、地域の名前が出てきたら、気候・産業・特産物などを一緒に覚えるように習慣化する。

 

以上、地理の勉強法のポイントについて解説しました。

公民の勉強法

社会の勉強法【中学生編】これで定期テスト対策は万全だ!

最後は、公民の勉強法です。

 

同じく以下の内容をまとめています。

中学生の公民の教科書

中学生の公民の勉強法

 

中学生の公民で学習する教科書の内容をまとめてみました。

1.現代の社会と文化

 

2.現代社会の枠組み

 

3.日本国憲法

 

4.民主政治

 

5.市場経済

 

6.財政

 

7.国際社会

中学校で習う「公民」は、現代の社会の仕組みやそれを構成する人間性や生き方について学習する教科です。

 

中学の『公民』は、高校の社会科の基礎となり、『政治経済』科目、『地理』『現代社会』や『日本史』『世界史』の基礎となります。

 

現代社会における基礎的な内容となっています。

公民の勉強法

最後に公民の勉強法について解説いたします。

 

・新聞やニュースを見る

 

理由:「社会に出たときに身に着けておくべき一般常識」を学ぶ科目が公民であるため、日ごろのニュースに関心を持つことが大切だからです。

 

対策:日頃からニュースに触れる環境を作り、身近なものにしておきましょう。最近では、ヤフーニュースを見るのも良いと思います。

 

・身近な問題に関心を持つ

 

理由:公民は、現在の政治・社会・経済を学ぶ科目だからです。

 

対策:身近に起こる出来事で問題に感じることを探してみる。例)消費税・介護保険制度など

 

最後は、地理と同じく

 

・グラフや表を覚える

 

以上、公民の勉強法のポイントについて解説しました。

まとめ:社会の勉強法【中学生編】これで定期テスト対策は万全だ!

最後までご覧いただき、ありがとうございます。

 

今回の記事、社会の勉強法【中学生編】これで定期テスト対策は万全だ!は参考になりましたでしょうか?

 

塾オンラインドットコムでは、社会の勉強にも力を入れています。

 

生徒に寄り添った指導法が特徴です。

 

この機会に無料体験授業を受けてみませんか?

「塾オンラインドットコムにお任せください」

受験生の親は不安や心配で何かと大変ですが、子どもに悔いのない高校受験をさせてあげるのが大切です。

 

塾オンラインドットコムでは、受験勉強はもちろんのこと、ご家庭とのコミュニケーションを大切にして、スタッフ一同が塾生の高校合格までを全力でサポートいたします。

 

ぜひこの機会に塾オンラインドットコムの無料体験授業を受けてみてください。

 

もちろん、受験生の親の不安や心配事があれば、なんでも相談してください。

 

そのために塾オンラインドットコムがあるのです。

資料請求はこちらから

お気軽にお問い合わせください。

スタッフ一同、心からお待ちしています。

友だち追加

効率よく勉強したい方

↓↓↓↓↓

無料体験授業のお申し込みはこちら

-