中学生の社会は教科書を勉強すると成績がグングン伸びる

中学生の社会は教科書を勉強すると成績がグングン伸びる

オンライン授業で全国の小学生と中学生を応援する。

 

塾オンラインドットコムです。

 

今回の記事の担当は、塾長です。

 

中学生の社会の勉強法って気になりますよね?

 

実は、今回紹介する「中学生の社会は教科書を勉強すると成績がグングン伸びる」を読めば、中学生の社会の教科書を使った勉強法がわかります。

 

なぜなら、塾オンラインドットコムで実践している内容だからです。

 

この記事では、中学生の社会の勉強法を具体的に紹介しています。

 

記事を読み終わると、中学生の社会の教科書を使った勉強法がわかります。

 

以下の悩みを解決します。

中学生の社会の勉強法が知りたい

歴史の勉強法が知りたい

地理の勉強法が知りたい

公民の勉強法が知りたい

資料請求

記事の内容
中学生の社会は教科書を勉強する

中学生の歴史の勉強

中学生の地理の勉強

中学生の公民の勉強

内申点対策に興味のある方

↓↓↓↓↓

無料体験授業のお申し込みはこちら

中学生の社会は教科書を勉強する

中学生の社会は教科書を勉強すると成績がグングン伸びる

中学生の社会は教科書を勉強するについてまとめてみました。

 

以下のポイントについて説明しています。

中学生の社会とは

社会の教科書をよく読む

確認テストを実施する

中学生の社会とは

中学生の社会は暗記科目になります。

 

なぜなら、定期テストでは、社会の知識を問われる問題が多く出題されるからです。

 

そのため、暗記が得意な中学生は社会のテストで点数を稼ぐことができます。

 

一方、社会が苦手な中学生は、社会の勉強法や暗記の仕方がわからない事が多いのも事実です。

 

社会は暗記することで一定の点数を取ることができるので、暗記の仕方を覚えることが大切になります。

 

暗記の仕方を覚えることで、社会の勉強が楽しくなり、社会の成績が上がることを願っています。

社会の教科書をよく読む

社会の勉強法の基本は、教科書を繰り返して読んで暗記することです。

 

理由は、中学生の定期テストは教科書を中心に出題されるからです。

 

教科書を繰り返して読んで重要語句を暗記することで、定期テストには十分対応することができます。

 

社会の成績を上げるためには、教科書の内容をしっかりと把握して、重要語句を暗記することがとても重要となります。

 

教科書は一度読んだだけでは暗記できないので、教科書を覚えるコツとしては、最低7回は読むようにしてください。

 

なぜなら、「教科書7回読み勉強法」というのがあるからです。

 

覚えられない場合は、声に出して音読したほうが効率的に内容を記憶できることもあります。

 

これは声に出して読むことで、五感が刺激され、脳が活発になると言われています。

 

また、重要語句を書いて覚える方法もあります。

 

社会の勉強法で最も大切なのは、教科書を何度も反復して勉強するということです。

 

自分にあった覚え方をマスターして、繰り返し読んで教科書を暗記してください。

確認テストを実施する

教科書を繰り返して読んで暗記したならば、次は確認テストの実施です。

 

確認テストを実施する理由は、覚えたことが確実に暗記できているかを確認して、覚えたことを社会の学力として定着させるためです。

 

その場では覚えていたけれど、時間が経つと忘れてしまう、そんな経験はありませんか?

 

確認テストで覚えたことを毎回確認し暗記の徹底を図ります。

 

確認テストは学校のワークなどでやるのがおすすめです。

 

授業で使っているので定期テスト対策にもなるからです。

 

「教科書をよく読んで覚える」→「覚えた内容を確認する」この繰り返しで社会の知識が身につきます。

 

社会の勉強法で最も大切なのは、何度も反復して勉強するということです。

 

一度覚えた内容も、すぐに忘れてしまっては意味がありません。

 

それを防ぐのが反復学習です。

 

社会の定期テスト対策について知りたい方、社会の勉強法【中学生編】これで定期テスト対策は万全だ!

中学生の歴史の勉強について

中学生の社会は教科書を勉強すると成績がグングン伸びる

中学生の歴史の勉強についてまとめてみました。

 

以下のポイントについて説明しています。

中学生の歴史の勉強のコツ

重要語句を暗記する

歴史の漫画を読んで勉強する

中学生の歴史の勉強のコツ

中学生が歴史上の出来事を丸暗記しようとすると、途中で挫折をすることがあります。

 

そうならないためにも中学生の歴史の勉強のコツは、時代の流れや時代背景、因果関係を知ることで効率よく暗記することができます。

 

出来事にはそれぞれつながりがあるため、時系列を整理して覚えるとすんなりと頭に入るものです。

 

しかし歴史上の出来事を個別に丸暗記しようとすると関連性がわからず、重要語句がバラバラになってしまうため、効率が悪くなります。

 

特に実力試験や高校入試の場合には全時代が出題の範囲になるので、時系列で時代のできごとをしっかりと押さえていかなければならないのです。

 

歴史の勉強のコツは、時代の流れや時代背景、因果関係を知ることが大切です。

重要語句を暗記する

時代の流れを理解したなら、次は教科書の重要語句とその意味の暗記です。

 

暗記の方法は先ほど説明しましたが、人それぞれなので自分にあった暗記方法で覚えることがポイントです。

 

歴史で高得点を狙うためには、漢字を覚えるのも大切になります。

 

また、歴史上の出来事を語呂合わせで覚えるのも効果があります。

 

なぜなら、出来事を順番に並べ替えろという問題も出題されるからです。

 

教科書の重要語句を覚えることで高得点が狙えます。

歴史の漫画を読んで勉強する

中学生の歴史を勉強するために、歴史の漫画を読んで勉強するのもおすすめです。

 

理由は、漫画は絵がメインなので文字がメインの教科書と比べて、読みやすい点が挙げられます。

 

漫画は、時代背景や登場人物などが物語として説明されているので、頭に入りやすいのも特徴です。

 

したがって、漫画のほうが、すんなりと歴史の勉強ができる可能性があります。

 

しかし、漫画に夢中になって勉強時間が疎かになるケースもあるので注意が必要です。

 

そうならないためにも、時間を決めて漫画を読んで歴史を理解するのが良いでしょう。

中学生の地理の勉強法

中学生の社会は教科書を勉強すると成績がグングン伸びる

中学生の地理の勉強についてまとめてみました。

 

以下のポイントについて説明しています。

中学生の地理の勉強のコツ

地図を見ながら勉強

記述問題に取り組む

中学生の地理の勉強のコツ

地理の学習のポイントは、周りの出来事と関連づけることです。

 

理由は、周りの出来事と関連付けることで印象に残るからです。

 

例えば、会話の中で農産物の生産地を教えるだけで、中学生は覚えた知識を身近に感じ、自然と覚えることができます。

 

そして気候や地形は産業とも関係しており、気候・地形・産業の知識が線でつながった時は「面白い」と感じ、地理への興味が高まる可能性があります。

 

地理の重要語句は関連付けて覚えることをおすすめします。

地図を見ながら勉強

地理の勉強は、農産物や気候のことがよく出てきたり統計資料やグラフなどが出てきます。

 

こういった問題に対応するには、農作物がどこで作られているのか?地図上のどこなのか?などが分かっていないと、解答を導くことができません。

 

したがって、地名の暗記も地理の勉強には必要です。

 

その際に地図と地名をリンクさせて覚えるのがポイントです。

 

学校の教科書や地図帳を参考にして、地名や地形、気候などと一緒に場所も一緒に暗記していきます。

 

一度に全部の地名を覚えていくことは大変です。

 

しかし、地図と関連付けることで効率よく覚えることができるのです。

 

地理は地図帳を片手に勉強するのがおすすめです。

記述問題に慣れる

地理は教科書を覚えていけば、問題集の正答率も上がってくると思います。

 

地理でさらに得点を伸ばしたい場合は記述問題に取り組むのがポイントです。

 

入試などでは資料に関する記述問題が出題される傾向にあるので、記述問題をしっかり学習する必要があります。

 

記述問題が苦手な場合は、それほど多くの時間を費やす必要はありません。

 

入試で地理の得点を伸ばしたければ記述問題にも積極的に取り組んでください。

 

中学生の公民の勉強法

中学生の社会は教科書を勉強すると成績がグングン伸びる

中学生の公民の勉強法についてまとめてみました。

 

以下のポイントについて説明しています。

中学生の公民の勉強のコツ

公民の勉強のポイント

教科書と資料集を使う

中学生の公民の勉強のコツ

公民の勉強のポイントは、日頃からニュースや新聞に興味を持つことです。

 

興味のある内容は中学生も率先して見るため、記憶の定着が早くなります。

 

中学生がわからない言葉は保護者の方が補足して説明してあげると記憶に定着しやすくなります。

 

またニュースや新聞が難しいと感じる中学生には、情報バラエティー番組などがわかりやすくておすすめです。

公民の勉強のポイント

公民の勉強も単語を覚えるだけでなく、歴史的な背景や因果関係を理解することで、全体の流れを把握することがポイントです。

 

なぜなら、公民は時代の流れを読み解くことを重視しているからです。

 

公民で学ぶ内容は難しい内容のものが多く、国会や選挙の話などは、学習してもモチベーションが上がりません。

 

用語やシステムの話で飽きてしまうこともあると思いますが、興味のある分野から徐々に覚えることで公民の理解が増すことになります。

教科書と資料集を使う

公民の勉強は教科書が基本になりますが、資料集を活用するのもおすすめです。

 

理由は、資料集には多くの写真やイラストが掲載されているため、視覚的に理解しやすいからです。

 

そのため、公民が苦手な中学生でも資料集を見ているだけで、興味が湧く効果も期待できます。

 

資料集に掲載されている内容は定期テストや入試でも問われることが多いため、有効活用するべき教材なのです。

 

定期テストが悪かった場合、中学生のテストが悪かったときの原因と対策をアドバイス

まとめ:中学生の社会は教科書を勉強すると成績がグングン伸びる

最後までご覧いただき、ありがとうございます。

 

今回の記事、中学生の社会は教科書を勉強すると成績がグングン伸びるは参考になりましたでしょうか?

 

塾オンラインドットコムでは、無料体験実施中です。

 

社会の勉強をしっかりと指導します。

資料請求はこちらから

お気軽にお問い合わせください。

スタッフ一同、心からお待ちしています。

友だち追加

効率よく勉強したい方

↓↓↓↓↓

無料体験授業のお申し込みはこちら

-