中学生の国語の勉強法を知りたくないですか?【成績が上がるコツ】

中学生の国語の勉強法を知りたくないですか?【成績が上がるコツ】

オンライン授業で全国の小学生と中学生を応援する。

 

塾オンラインドットコムです。

 

今回の記事の担当は、学習塾業界28年目の塾長が担当いたします。

 

今回は、【中学生】国語の勉強法の記事となります。

 

実際に「国語の勉強法」で悩んでいる方は多いのです。

 

実は今回、この記事で紹介する「中学生の国語の勉強法を知りたくないですか?【成績が上がるコツ】」を実践すると、国語の勉強の仕方が分かります。

 

なぜなら、塾オンラインドットコムの塾生も実践していて、中学校の国語の成績が上がりました。

 

この記事では、国語の成績を上げる3つのポイントに絞って紹介いたします。

 

記事を読み終えると、国語の勉強の仕方に悩むことなく国語の勉強に取り組める記事の内容です。

 

以下のお悩みをお持ちの方、とても参考になると思います。

国語の勉強ってどうやってやるの?

何から始めたら良いの?

なんとか国語の成績を上げたい

国語の成績を上げたい生徒

↓↓↓↓↓

無料体験授業実施中です!

記事の内容

中学生の国語の勉強法で最初にやること

塾での国語の勉強法

国語の点数をすぐに上げたい

国語の成績を上げたい生徒

↓↓↓↓↓

無料体験授業のお申し込みはこちら

中学生が国語の勉強法で最初にやること

中学生の国語の勉強法を知りたくないですか?【成績が上がるコツ】

国語の勉強は、後回しにしてしまう教科です。

 

理由は、一人で勉強するのが難しいからです。

 

ここでは、一人でできる勉強法をまとめてみました。

中学生の国語は教科書を繰り返し読む

中学生は漢字と熟語を覚える

集中して授業を受ける

中学生の国語は教科書を繰り返し読む

国語の教科書を繰り返し読んでください。

 

教科書をよく読むことはどの教科にも当てはまる勉強法です。

 

国語の教科書を繰り返し、大きな声で読んでください。

 

音読はすべての学力の基礎になります。

 

また、記憶力を高める効果もあります。

 

音読する際に注意する点は、句読点に注意することです。

 

国語の教科書がスラスラと読めるようになったら合格です。

中学生は漢字と熟語を覚える

新出の漢字と熟語を覚えてください。

 

暗記モノを確実に覚えることは勉強の基本です。

 

新出の漢字や熟語、さらには音読で読めなかった漢字は必ず覚えてください。

 

覚え方は、生徒によってさまざまですが基本はノートに繰り返し書いて覚えるのが一般的です。

 

漢字を覚えることは受験勉強にもつながりますので必ずやってください。

 

また、漢字を覚えるのと同時に意味を覚えることも大切です。

 

ちなみに漢字を覚えるのは家庭での学習となります。

集中して国語の授業を受ける

学校の授業を集中して受ける理由は2つあります。

 

1つは、国語の学力を身につけるためです。

 

2つ目は、内申点の対策です。

 

今回は学校の授業に的を絞って説明いたします。

 

国語の授業はノートをしっかり取ることが大切です。

 

授業中は先生の板書を写すことはもちろん大切ですが、板書はあくまで「まとめ」の役割です。

 

授業中の先生の説明や意見は、国語の考えを深め、文章をよりよく理解するためのカギになります。

 

だからこそ、どんな発言も漏らさずノートに記録しておくのがポイントです。

塾でやる中学生の国語の勉強法

中学生の国語の勉強法を知りたくないですか?【成績が上がるコツ】

次は、塾オンラインドットコムでの国語の学習方法です。

 

学校の授業と連動して行います。

 

以下の内容について説明いたします。

仲学校の国語のノートの見直し

中学生は国語のワーク問題を解く

答えの解説をよく読む

中学校の国語ノートの見直し

勉強は、「予習」→「授業」→「復習」のサイクルで行います。

 

塾オンラインドットコムでは、授業中に書いたノートの見直しをします。

 

なぜなら、中学校の先生が黒板に書いたことが国語の要点だからです。

 

自分が書いたノートを見直して大事なポイントを理解するのが目的です。

中学生は国語のワーク問題を解く

中学校の教科書に準拠したワークで問題演習します。

 

教科書準拠のワークをすることで自分の理解していないところを確認するのが目的です。

 

「理解していない」ところが見つかったら、次の問題に進む前に間違った問題の問題番号に印をつけます。

 

自分ができなかった問題を記録しておくのがポイントです。

 

最終的に印のついている問題がすべて、自分の力で理解して解けるようになれば、学力が身についたと言えます。

答えの解説をよく読む

ワークの演習問題を解いたら、答え合わせが大切です。

 

講師が答え合わせしますが、生徒には解答の解説をじっくりと読ませます。

 

理由は、解説には「なぜそれが正解なのか?」が書いてあるからです。

 

国語も正解には必ず根拠があります。

 

解説を読んで正解に納得することが大切です。

 

解説を読み、自分で理解できるようになれば自立学習を身につけたことになります。

 

こうやって、生徒は自立学習を身につけていきます。

国語の点数をすぐに上げたい

中学生の国語の勉強法を知りたくないですか?【成績が上がるコツ】

国語の点数を上げるための勉強方法として接続詞を覚えるのが効果的です。

 

接続詞とは

接続詞の種類

接続詞の例文

接続詞とは

テストで良い点数を取るには接続詞を覚えるのが近道です。

 

塾生には徹底して接続詞を覚えてもらいます。

 

接続詞はテストで頻出の問題です。落としてはいけない問題になります。

 

まず、接続詞とは前後の文をつなぐ自立語のことです。

 

活用がない体言で、単独で接続語になります。「それで」「しかし」「それから」などが接続詞です。

接続詞の種類

日本語の接続詞は、順接、逆接などの6つの種類に分けられます。

 

接続詞の6種類を覚えることで点数は上がるはずです。

順接 だから/したがって/よって/ゆえに/それゆえに/それで/そのため/そこで/すると/だとすると 順接の接続詞は、うしろに当然の結果が続きます。
逆接 その反面/にもかかわらず/とはいうものの/とはいえ/それでいて/一方/もしくは/あるいは 逆接の接続詞は、うしろに予想外の結果や展開が続きます。
並立・添加 そして/それから/また 並立・添加の接続詞は、うしろに補足的な内容が続きます。
対比・選択 一方/または/あるいは/それとも/もしくは 対比・選択の接続詞は、前後のどちらかを選ばせるような内容が続きます。
説明・補足 もっとも/なおちなみに/ただし/すなわち 説明・補足の接続詞は、うしろに説明や補足が続きます。
転換 さて/では/ところで/それでは/ときに 転換の接続詞は、うしろに話題を変える内容が続きます。

接続詞を例文で覚える

接続詞は例文を使うと覚えやすいのです。

 

いくつかの例文をご紹介いたします。

順接

たくさん勉強した。だから、成績がいい。(原因→結果)

道は一つしかない。したがって、その道を行こう。(理由→結論)

逆接

人を呼んだ。しかし、返事がなかった。

たくさん勉強した。けれども、テストは悪かった。

並立・添加

友達とけんかをした。そして、仲直りした。

スーパーに寄よって、それから、遊びに行こう。

対比・選択

野菜が好きですか。それとも、肉が好きですか。

電話またはメールで連絡してください。

説明・補足

ひざにすり傷ができた。なぜなら、転んだからだ。

ゲームを借りれる。ただし 、一人につき30分までだ。

転換

教えてくれてありがとう。ところで、いま何時ですか。

やっと終わった。では、次に進もう。

まとめ:中学生の国語の勉強法を知りたくないですか?【成績が上がるコツ】

最後までご覧いただき、ありがとうございます。

 

今回の記事、中学生の国語の勉強法を知りたくないですか?【成績が上がるコツ】は参考になりましたでしょうか?

 

まとめ

国語の勉強で最初にやること・・・家庭での学習をしっかりと行う

塾での国語の勉強方法・・・間違った問題を自分で理解する

国語の点数をすぐに上げたい・・・接続詞をおぼえる

 

塾国語の成績を上げたい生徒

↓↓↓↓↓

無料体験授業のお申し込みはこちら

オンラインドットコムでは、成績を上げる国語の勉強法を実践しています。

お気軽にお問い合わせ願います。

スタッフ一同、心からお待ちしています。

塾オンラインドットコムについて

塾オンライン

塾オンラインドットコムでは、無料体験実施中です。

資料請求はこちらから

お気軽にお問い合わせください。

スタッフ一同、心からお待ちしています。

友だち追加

効率よく勉強したい方

↓↓↓↓↓

無料体験授業のお申し込みはこちら

-