【中学生の漢文】定期テストで成績が上がる漢文の勉強法

【中学生の漢文】定期テストで成績が上がる漢文の勉強法

オンライン授業で全国の小学生と中学生を応援する。

 

塾オンラインドットコムです。

 

今回の記事の担当は、塾長です。

 

中学生の皆さん!漢文の定期テスト対策の勉強法って知りたくないですか?

 

実は、今回紹介する「【中学生の漢文】定期テストで成績が上がる漢文の勉強法」を読めば、漢文の定期テスト対策の勉強法がわかります。

 

なぜなら、漢文の定期テスト対策として、塾長が実践している内容だからです。

 

この記事では、成績の上がる漢文の勉強法を具体的に紹介しています。

 

記事を読み終わると、漢文の定期テスト対策の勉強法がわかる内容になっています。

 

以下の悩みを解決します。

 

中学生の漢文が苦手な理由を知りたい?

中学生が簡単にできる漢文の定期テスト対策を知りたい?

定期テストで成績が上がる勉強法を知りたい?

記事の内容
【中学生の漢文】定期テストで成績が上がる漢文の勉強法

【中学生の漢文】定期テスト対策の勉強法

中学生が漢文の知識を定着させるための勉強法

内申点対策に興味のある方

↓↓↓↓↓

無料体験授業のお申し込みはこちら

【中学生の漢文】定期テストで成績が上がる漢文の勉強法

【中学生の漢文】定期テストで成績が上がる漢文の勉強法

【中学生の漢文】定期テストで成績が上がる漢文の勉強法についてまとめてみました。

 

以下のポイントについて説明しています。

中学生は漢文が苦手

中学生の漢文は点が取りやすい

中学生の漢文の勉強は暗記

中学生は漢文が苦手

漢文が苦手な中学生が多いのはなぜでしょうか?

 

理由は、漢文に普段から接することがないからです。

 

実際、漢文よりも英語が得意という中学生のほうが多いです。

 

しかも、漢文は国語の授業の一部でしかなく、漢文を目にする機会は、日常生活においてほとんどありません。

 

実は、漢文が苦手な生徒は、漢文が難しいのではなく、漢文に触れく機会が少なく、勉強していないからできないのです。

 

勉強法を知って、漢文を勉強すると定期テストで良い点数が取れるようになります。

中学生の漢文は点が取りやすい

中学生の中には、漢文と聞くと苦手意識を持ってしまう人もいます。

 

しかし、漢文は、英語と比べて簡単で得点も取りやすいのです。

 

理由は、漢文は普段日本語として使っている、漢字だからです。

 

日本語に中国の字をあてたものだから、日本語として読めるのです。

 

いわゆる、訓読みです。

 

わかりやすく言うと、漢文は単語を覚えなくていい外国語と言えます。

 

漢文は覚えることが少ないので、定期テストで得点が稼ぎやすいのです。

中学生の漢文の勉強は暗記

勉強の基本は暗記ですが、漢文も教科書の暗記で定期テストの点数が稼げます。

 

なぜなら、漢文の勉強法は、テスト範囲の漢文を、「訓読」「現代語訳」できるようにし、語句と句法を暗記すれば、高得点が狙えるからです。

 

しかも、先程も説明しましたが、漢文は覚えることが少ないため、定期テストで漢文の問題が出題されると、チャンスです。

 

漢文の勉強法を知って定期テスト対策の勉強している中学生は、満点に近い点数を取っています。

 

次の章で説明する、漢文の定期テスト対策を実践してみてください。

【中学生の漢文】定期テスト対策の勉強法【中学生の漢文】定期テストで成績が上がる漢文の勉強法

【中学生の漢文】定期テスト対策の勉強法についてまとめてみました。

 

漢文の勉強法を知らない中学生に、漢文の勉強法を紹介します。

 

以下のポイントについて説明しています。

漢文の定期テスト対策:訓読

漢文の定期テスト対策:現代語訳

漢文の定期テスト対策:返り点の特徴を知る

漢文の定期テスト対策:語句の暗記

漢文の定期テスト対策:訓読

漢文の定期テスト対策の一番目は、漢文の勉強の基礎となる訓読です。

 

漢文の訓読とは、辞書によると

漢字を、その意味にあたる日本語の読み方で読むこと。「花」を「はな」、「草」を「くさ」と読む類。

 

漢文を日本語の文法に従って、訓点をつけて読むこと。

 

たとえば〈登彼山〉を〈カレヤマニノボル〉のように読みます。

 

中学生の定期テストの問題は、訓読文で出題されるため、訓読が必要になるのです。

 

訓読のポイントは、「点やマルなどの意味の区切りごとに、訓読し、書き下し文で確認し、間違いなら印を付け、スラスラ訓読できること」

 

漢文がスラスラ訓読できるまで、何回も繰り返してください。

漢文の定期テスト対策:現代語訳

漢文の定期テスト対策の二番目は、漢文の現代語訳の暗記です。

 

理由は、漢文の現代語訳を理解することで、漢文のストーリーがわかるからです。

 

漢文の現代語訳とは、普段使っている日本語の文章にすることです。

 

漢文は偉人のエピソード、季節の風景を詩にしたもの、心情を詩にしたものが多く、漢文の特徴である、言い回しや表現に気をつけながら、現代語訳を暗記してください。

 

漢文の現代語訳も暗記するまで繰り返して学習してください。

漢文の定期テスト対策:返り点の特徴を知る

漢文の勉強で返り点を理解しておくと、訓読や現代語訳が理解しやすくなります。

 

なぜなら、漢文は、返り点を読み解けるかどうかで、漢文の理解度が大きく変わるからです。

 

しかも、中学生で学習する返り点は多くないので、暗記が簡単です。

 

代表的な返り点を紹介します。

レ点 下の字からすぐ上の字に返る時に使います。
一・二点 二字以上上の字へ返る時に使います。
上下点 一・二点のついて句をはさんで返る時に使います。

 

また、返り点と以外にも、「漢字の読み方」「読まない漢字」も必ず覚えておくようにしましょう。

漢文の定期テスト対策:語句の暗記

漢文の定期テスト対策の最後は、語句の暗記です。

 

意味がわからなかった語句や文法など、ノートに書き出して暗記してください。

 

中学生の教科書では、それほど多くの語句が出てこないので、語句の暗記は、意外に簡単です。

 

しかも、漢字なので大体の意味もわかるはずです。

 

以上、漢文の定期テスト対策の勉強法を紹介しましたが、基本は暗記です。

 

暗記なら誰にでもできるため、勉強法を実践すると、きっと漢文のテストで良い点数が取れるはずです。

中学生が漢文の知識を定着させるための勉強法

【中学生の漢文】定期テストで成績が上がる漢文の勉強法

中学生が漢文の知識を定着させるための勉強法についてまとめてみました。

 

以下のポイントについて説明しています。

漢文の定期テスト対策を始める時期

中学生が漢文を暗記する勉強法

ワークや問題集を使って漢文の勉強

漢文の定期テスト対策を始める時期

漢文の定期テストの勉強は、3週間前から始めてください。

 

なぜなら、1週間前から勉強を始めると、テスト範囲をすべて勉強できない可能性があるからです。

 

また、他の教科も勉強しないといけないため、3週間前からテスト勉強を開始するのがおすすめです。

 

テストの日程は、年間の行事予定表で確認できるので、しっかりと確認してください。

 

定期テストの勉強は、しっかりと時間をかけて、テスト範囲を繰り返して勉強して挑んでください。

中学生が漢文を暗記する勉強法

漢文の定期テスト対策の基本は、暗記と繰り返し説明していますが、どのように暗記すればいいのでしょうか?

 

おすすめの暗記法は、書いて覚える方法です。

 

書いて覚える方法は、実は脳を刺激して、暗記の効率が高まります。

 

また、手にはたくさんの神経が集まっているため、書くことで神経が刺激されて記憶をサポートするのです。

 

書くことは、触覚と視覚を刺激するため、何度も書くとその効果は暗記力をアップさせます。

 

暗記するためには、自分にあった方法で暗記するのが一番効率的と言えるため、自分にあった暗記法で学習するのが良いでしょう。

ワークや問題集を使って漢文の勉強

学校のワークや問題集を使って、古文の知識の定着を確認します。

 

漢文の勉強は暗記と説明しましたが、暗記したかどうかの確認が大切なため、ワークや問題集を使います。

 

ワークや問題集を使って、すぐに答えられるようであれば、漢文の知識が定着していると言えます。

 

しかし、ワークや問題集を1回やっただけでは、すべてを暗記できません。

 

漢文の知識を定着させるためには、定期テストの範囲をすべて覚えるまで、繰り返してやるのがポイントです。

 

漢文の定期テスト対策は暗記がすべてなので、暗記さえすればきっと良い点数が取れるはずです。

まとめ:【中学生の漢文】定期テストで成績が上がる漢文の勉強法

最後までご覧いただき、ありがとうございます。

 

今回の記事、「【中学生の漢文】定期テストで成績が上がる漢文の勉強法」は参考になりましたでしょうか?

 

塾オンラインドットコムでは、無料体験実施中です。

「塾オンラインドットコムにお任せください」

受験生の親は不安や心配で何かと大変ですが、子どもに悔いのない高校受験をさせてあげるのが大切です。

 

塾オンラインドットコムでは、受験勉強はもちろんのこと、ご家庭とのコミュニケーションを大切にして、スタッフ一同が塾生の高校合格までを全力でサポートいたします。

 

ぜひこの機会に塾オンラインドットコムの無料体験授業を受けてみてください。

 

もちろん、受験生の親の不安や心配事があれば、なんでも相談してください。

 

そのために塾オンラインドットコムがあるのです。

資料請求はこちらから

お気軽にお問い合わせください。

スタッフ一同、心からお待ちしています。

友だち追加

効率よく勉強したい方

↓↓↓↓↓

無料体験授業のお申し込みはこちら

-