【中学生の古文】定期テスト対策!古文の勉強法を5分で解説

【中学生の古文】定期テスト対策!古文の勉強法を5分で解説

オンライン授業で全国の小学生と中学生を応援する。

 

塾オンラインドットコムです。

 

古文の定期テスト対策って知りたくないですか?

 

実は、今回紹介する「【中学生の古文】定期テスト対策!古文の勉強法を5分で解説」を読めば、古文の定期テスト対策の勉強法がわかります。

 

この記事では、定期テスト対策の勉強法を具体的紹介しています。

 

記事を読み終わると、古文の定期テスト対策の勉強法がわかる内容になっています。

 

以下の悩みを解決します。

中学生の古文って大事なの?

中学生の古文の定期テスト対策が知りたい?

古文の成績を上げる勉強法を知りたい?

記事の内容
【中学生の古文】定期テスト対策!古文の勉強法を5分で解説

定期テストで古文の成績を上げる勉強法

効率よく古文を勉強して定期テストの点数アップ

内申点対策に興味のある方

↓↓↓↓↓

無料体験授業のお申し込みはこちら

【中学生の古文】定期テスト対策!古文の勉強法を5分で解説

【中学生の古文】定期テスト対策!古文の勉強法を5分で解説

【中学生の古文】定期テスト対策!古文の勉強法を5分で解説についてまとめてみました。

 

以下のポイントについて説明しています。

中学生の古文の勉強とは

中学生の古文の定期テストは暗記

高校受験にも古文は必要

中学生の古文の勉強とは

古文を苦手としている中学生は、ついつい定期テスト対策を後回しにしてしまい、その結果、定期テストで良い点数が取れません。

 

なぜなら、古文の勉強の仕方について知らないからです。

 

また、古文は日本語が混じっているため、なんとなく理解できそうだから、勉強しなくても何とかなると思っているのです。

 

古文が苦手な中学生が、今回紹介する、古文の勉強の仕方を知ると、定期テストで満点を取ることも十分に可能となります。

 

古文の勉強の仕方は、現代語訳できるようにし、古文単語や文法などの暗記事項を覚え、問題集を繰り返して学習することです。

中学生の古文の定期テストは暗記

古文の定期テストで満点を取るために大切な要素は暗記です。

 

なぜなら、古文は外国語の勉強と同様に知識の量を増やすと、テストで得点を稼げるようになるからです。

 

しかし、暗記と言っても、テスト前日に詰め込み式で勉強しても、テストに対応できる知識は身につきません。

 

古文を理解しながら、暗記するのが大切なのです。

 

定期テストでは、教科書をすべて暗記するつもりが学習してください。

高校受験にも古文は必要

高校入試の国語の試験では、数多くの高校で古文の問題が出題されています。

 

つまり、高校入試においては、古文の対策をしっかりとしておかないと、合否に影響する可能性があるのです。

 

そのためには、古文の定期テスト対策をしっかりと行うことで、受験対策にもなるのです。

 

国語の教科書に掲載されている、基本的な古文を学習することが大切なのです。

 

また、高校入試の古文は基本を押さえていれば、得点を稼げるようになっているのです。

 

高校受験対策を視野に入れながら、古文の定期テスト対策してください。

定期テストで古文の成績を上げる勉強法【中学生の古文】定期テスト対策!古文の勉強法を5分で解説

定期テストで古文の成績を上げる勉強法についてまとめてみました。

 

以下のポイントについて勉強すると、高得点が狙えるはずです。

古文の定期テスト対策:日本語訳

古文の定期テスト対策:古文単語の暗記

古文の定期テスト対策:文法・仮名の暗記

古文の定期テスト対策:ワーク

古文の定期テスト対策:日本語訳

古文の日本語訳を暗記してください。

 

なぜなら、古文を日本語訳で理解するのが、古文の勉強の基本だからです。

 

日本語訳ができなければ、古文の問題は解けません、

 

そのためには、古文のテスト範囲すべて古文の日本語訳を暗記することです。

 

日本語訳を暗記するだけで、古文の定期テストはスラスラと解けるようになるはずです。

古文の定期テスト対策:古文単語の暗記

先ほど、古文は外国語と同じ勉強の仕方と説明したとおり、古文単語を暗記してください。

 

なぜなら、古文単語は、古文を構成する最小単位の言葉だからです。

 

具体的には、意味がわからない単語、読めない単語、間違った単語、授業で大事と言われた単語を一冊のノートにして、暗記するのがおすすめです。

 

古文単語には、関連語をはじめ、1つの単語についてたくさんの意味があります。

 

特に古文単語は英単語とは違い、現代語と近い意味であったり、ニュアンスによって使い分けている単語もあります。

 

古文の定期テスト対策で覚えた古文単語は、そのまま高校受験にも対応できます。

古文の定期テスト対策:文法・仮名の暗記

古文の定期テスト対策として、文法、仮名遣いを暗記してください。

 

なぜなら、古文の文法と仮名遣いは、古文の語順のルールになる部分だからです。

 

具体的には、教科書・プリント・板書ノート・学校の問題集で勉強した古典文法・歴史的仮名遣いを暗記します。

 

古文の内容を理解するには、文字の発音を理解するのが大切です。

 

発音できない文字を読むというのはとても大変なのです。

 

古文は「歴史的仮名遣い」という現代語とは違う仮名づかいで書かれています。

 

発音のしかたが現代語の仮名づかいとは違うため、理解してから暗記してください。

古文の定期テスト対策:ワーク

学校のワークや問題集を使って、古文の知識の定着を確認します。

 

古文の勉強は暗記と説明しましたが、暗記したかどうかの確認が大切なため、ワークや問題集を使います。

 

ワークや問題集を使って、すぐに答えられるようであれば、古文の知識が定着していると言えます。

 

しかし、ワークや問題集を1回やっただけでは、すべてを暗記できません。

 

古文の知識を定着させるためには、定期テストの範囲をすべて覚えるまで、繰り返してやるのがポイントです。

 

古文の定期テスト対策は暗記がすべてなので、暗記さえすればきっと良い点数が取れるはずです。

効率よく古文を勉強して定期テストの点数アップ

【中学生の古文】定期テスト対策!古文の勉強法を5分で解説

効率よく古文を勉強して定期テストの点数アップについてまとめてみました。

 

以下のポイントについて説明しています。

古文の定期テストの開始時期

書いて覚えて定期テストの点数アップ

音読して覚えて定期テストの点数アップ

古文の定期テストの開始時期

古文の定期テストの勉強は、3週間前から始めてください。

 

なぜなら、1週間前から勉強を始めても、テスト範囲をすべて勉強できない可能性があるからです。

 

また、他の教科も勉強しないといけないため、3週間前からテスト勉強を開始するのがおすすめです。

 

テストの日程は、年間の行事予定表で確認できるので、しっかりと確認してください。

 

定期テストの勉強は、しっかりと時間をかけて、テスト範囲を繰り返して勉強して挑んでください。

書いて覚えて定期テストの点数アップ

古文の定期テスト対策の基本は、暗記と繰り返し説明していますが、どのように暗記すればいいのでしょうか?

 

暗記の方法の一つ目は、書いて覚える方法です。

 

書いて覚える方法は、実は脳を刺激して、暗記の効率が高まります。

 

また、手にはたくさんの神経が集まっているため、書くことで神経が刺激されて記憶をサポートするのです。

 

書くことは、触覚と視覚を刺激するため、何度も書くとその効果は暗記力をアップさせます。

音読して覚えて定期テストの点数アップ

古文の暗記に限らず、暗記系の勉強におすすめの暗記法が教科書の音読です。

 

なぜなら、音読は、脳の前頭前野が活性化され、暗記力が高まると言われています。

 

音読によるメリットは、

読解力向上

やる気がでる

会話能力向上

語彙力向上

音読は、勉強の基本とも言えるので、暗記するまで繰り返して行ってください。

 

暗記は、自分に合った方法で暗記するのが一番効率的なので、いろいろ試して、自分に合った暗記法を見つけましょう。

まとめ:【中学生の古文】定期テスト対策!古文の勉強法を5分で解説

最後までご覧いただき、ありがとうございます。

 

今回の記事、「【中学生の古文】定期テスト対策!古文の勉強法を5分で解説」は参考になりましたでしょうか?

 

塾オンラインドットコムでは、無料体験実施中です。

「塾オンラインドットコムにお任せください」

受験生の親は不安や心配で何かと大変ですが、子どもに悔いのない高校受験をさせてあげるのが大切です。

 

塾オンラインドットコムでは、受験勉強はもちろんのこと、ご家庭とのコミュニケーションを大切にして、スタッフ一同が塾生の高校合格までを全力でサポートいたします。

 

ぜひこの機会に塾オンラインドットコムの無料体験授業を受けてみてください。

 

もちろん、受験生の親の不安や心配事があれば、なんでも相談してください。

 

そのために塾オンラインドットコムがあるのです。

資料請求はこちらから

お気軽にお問い合わせください。

スタッフ一同、心からお待ちしています。

友だち追加

効率よく勉強したい方

↓↓↓↓↓

無料体験授業のお申し込みはこちら

-