【古文の受験勉強】中学生に古文の勉強法をわかりやすく5分で解説

【古文の受験勉強】中学生に古文の勉強法をわかりやすく5分で解説

オンライン授業で全国の小学生と中学生を応援する。

 

塾オンラインドットコムです。

 

今回の記事の担当は、塾長です。

 

古文の受験勉強の仕方って気になりませんか?

 

実は、今回紹介する「【古文の受験勉強】中学生に古文の勉強法をわかりやすく5分で解説」を読めば、古文の受験勉強の仕方がわかります。

 

なぜなら、古文の受験対策として、実践している内容だからです。

 

この記事では、古文の勉強の仕方を具体的に紹介しています。

 

記事を読み終わると、古文の勉強の仕方がわかり、古文の成績が上がるはずです。

 

以下の悩みを解決します。

高校受験に古文は大切なの?

古文の高校受験対策を知りたい?

入試本番までの古文の勉強について知りたい?

記事の内容
【古文の受験勉強】中学生に古文の勉強法をわかりやすく5分で解説

高校受験対策:古文の勉強法

高校受験本番までにやっておきたい古文の勉強

内申点対策に興味のある方

↓↓↓↓↓

無料体験授業のお申し込みはこちら

【古文の受験勉強】中学生に古文の勉強法をわかりやすく5分で解説

【古文の受験勉強】中学生が抑えるべき古文の勉強法を5分で解説

【古文の受験勉強】中学生に古文の勉強法をわかりやすく5分で解説についてまとめてみました。

 

以下のポイントについて説明しています。

高校入試に必要な古文

古文は基礎の勉強で成績アップ

古文の受験勉強は暗記

高校入試に必要な古文

高校入試の国語の試験で出題される古文は、ポイントを理解して勉強すると得点が稼げる問題です。

 

しかし、国語の授業で古文を学習すると、日本語と異なる言い回しや言葉の意味に苦しみ、古文に苦手意識を持つ中学生が多くいます。

 

また、過去問や模試などで、古文の問題に取り組んでみたものの、得点が思うように取れなくて、苦戦している中学生もいるのではないでしょうか?

 

古文の勉強のポイントを知ると、初めて見る古文の問題にも対応できるようになるため、今回紹介する古文の勉強の仕方を参考にしてください。

 

実は、国語の得点源になるのが古文なのです。

古文は基礎の勉強で成績アップ

高校入試の古文の問題は、難しい単語の意味や文法がわからないと解けないような問題は出題されません。

 

公立と私立高校では出題傾向が異なりますが、比較的簡単な問題が出題される傾向にあります。

 

そのため、たくさんの古語や古典文法を暗記する必要はありません。

 

つまり、古文の基礎をしっかりと勉強することで、古文の問題が解けるようになります。

 

中学生が学習する古文の基礎は、古文を表す時の「歴史的仮名遣い」です。

 

歴史的仮名遣いを理解して暗記すると、古文の問題で得点が稼げます。

古文の受験勉強は暗記

古文の勉強の基本は、暗記です。

 

なぜなら、古語や文法、歴史的仮名遣いを覚えていなければ、古文が読めないからです。

 

古文が苦手、古文がさっぱり読めない中学生は、暗記の量が圧倒的に少ないのです。

 

英語においても、単語と文法を覚えていなければ、問題は解けないように、古文も覚えていないと問題が解けないのです。

 

古文は日本語と似ているので、なんとかなると思っていると、古語は現代語とは異なる意味で使われていることがあり、そこが試験の問題として出題されることも多いです。

 

古文は外国語を学習するのと同様に、暗記の量を増やせば、成績が上がります。

高校受験対策:古文の勉強法【古文の受験勉強】中学生に古文の勉強法をわかりやすく5分で解説

高校受験対策:古文の勉強法についてまとめてみました。

 

以下のポイントについて説明しています。

古文の高校受験対策:学校の授業に集中

古文の高校受験対策:古文の単語を覚える

古文の高校受験対策:文法・仮名遣いを覚える

古文の高校受験対策:現代訳を覚える

古文の高校受験対策:学校の授業に集中

古文の高校受験対策の一番目は、どの教科にも当てはまりますが、学校の授業に集中することです。

 

理由は、学校の授業では、古文の大事なポイントをわかりやすく説明してくれるからです。

 

授業に集中して、説明を聞いているだけでも、古文の理解は深まります。

 

一方、古文に対して苦手意識があると、授業に集中できず、さらに古文への苦手意識が高まることでしょう。

 

古文の勉強は難しそうに感じますが、中学生の古文の授業では、基本的な古文しか学習しないため、理解しやすい内容になっています。

 

古文の受験対策としては、授業に集中することを心がけてください。

古文の高校受験対策:古文の単語を覚える

古文の高校受験対策の二番目は、古文の単語を覚えることです。

 

理由は、古文単語を覚えていないと、古文が読めないからです。

 

古文単語の意味を暗記しないと高校入試の問題は解けないため、教科書や問題集に載っている、入試によく出る古文単語を暗記してください。

 

古文単語の暗記の数は、英単語の数に比べて圧倒的に少ないので、無理なく覚えられるはずです。

 

古文の単語には複数の意味がある単語も多いですが、それをすべて覚えたとしても、中学生で覚える古文の単語はそれほど多くはありません。

 

古文の単語を覚えることから、始めてみましょう。

古文の高校受験対策:文法・仮名遣いを覚える

古文の高校受験対策の三番目は、歴史的仮名遣いの暗記です。

 

理由は、高校入試では、歴史的仮名遣いを現代仮名遣いにする問題が頻出なので、規則を理解し、実例を暗記し、問題を解き、習得する必要があるからです。

 

古文でつかわれる仮名遣いは現代の仮名遣いと異なります。

 

歴史的仮名遣いを現代仮名遣いに直すときには,ルールに従って直すのがポイントです。

 

例えば、語頭と助詞以外の

「は・ひ・ふ・へ・ほ」は「わ・い・う・え・お」に置き換えます。

 

「ゐ」・「ゑ」・助詞以外の「を」は「い・え・お」に置き換えます。

 

「ぢ・づ」は「じ・ず」に置き換えます。

現代仮名遣いに直すルールの中でも基本です。必ず覚えましょう。

高校受験本番までにやっておきたい古文の勉強

【古文の受験勉強】中学生に古文の勉強法をわかりやすく5分で解説

高校入試本番までにやっておきたい古文の勉強についてまとめてみました。

 

以下のポイントについて説明しています。

古文の過去問対策

古文の日本語訳を暗記する勉強法

古文のワークや問題集

古文の過去問対策

高校入試までには、必ず、過去問に取り組んでください。

 

理由は、古文の入試傾向に慣れるためと、時間配分を知るためです。

 

中学3年生の夏休みには、1度過去問に挑戦するのがおすすめです。

 

過去問の勉強法としては、必ず時計を用意し、時間を決めて実施してください。

 

そして、古文の過去問を解き、時間内に全部解けなければ時間を延長し、解き終わったら自己採点し、現代語訳を確認してください。

 

古文の過去問の出題傾向を知るために、過去問は高校入試までに繰り返して取り組んでください。

 

古文の出題傾向と時間配分に慣れると、きっと本番でも実力が発揮できるはずです。

古文の日本語訳を暗記する勉強法

古文の過去問に取り組んだら、日本語訳を暗記するのもおすすめの勉強法です。

 

なぜなら、古文を日本語訳で理解するのが、古文の勉強の基本だからです。

 

日本語訳ができなければ、古文の問題は解けません、

 

そのためには、過去問や教科書の古文の日本語訳を照らし合わせながら暗記すると、内容の理解ができるようになります。

 

日本語訳を暗記するだけで、古文の問題ができるようになります。

 

日本語訳勉強も積極的に取り入れてみてください。

古文のワークや問題集

古文のワークや問題集にも取り組んでください。

 

理由は、古文の知識を確認するためです。

 

古文の勉強は、「暗記」と説明しましたが、暗記したかどうかを確認するために、ワークや問題集に取り組んでください。

 

ワークや問題集には、古文単語、歴史的仮名遣い、文法などの必要十分な暗記事項と、適量の長文問題が掲載されています。

 

ワークや問題集が完璧にできるまで、繰り返して取り組むのがポイントです。

 

間違った問題は、再度暗記して、知識の定着を図ってください。

 

ワークや問題集に取り組んで、古文の知識をしっかりと定着させましょう。

まとめ:【古文の受験勉強】中学生に古文の勉強法をわかりやすく5分で解説

最後までご覧いただき、ありがとうございます。

 

今回の記事、「【古文の受験勉強】中学生に古文の勉強法をわかりやすく5分で解説」は参考になりましたでしょうか?

 

塾オンラインドットコムでは、無料体験実施中です。

「塾オンラインドットコムにお任せください」

受験生の親は不安や心配で何かと大変ですが、子どもに悔いのない高校受験をさせてあげるのが大切です。

 

塾オンラインドットコムでは、受験勉強はもちろんのこと、ご家庭とのコミュニケーションを大切にして、スタッフ一同が塾生の高校合格までを全力でサポートいたします。

 

ぜひこの機会に塾オンラインドットコムの無料体験授業を受けてみてください。

 

もちろん、受験生の親の不安や心配事があれば、なんでも相談してください。

 

そのために塾オンラインドットコムがあるのです。

資料請求はこちらから

お気軽にお問い合わせください。

スタッフ一同、心からお待ちしています。

友だち追加

効率よく勉強したい方

↓↓↓↓↓

無料体験授業のお申し込みはこちら

-