STAFF BLOG
合格ブログ

【小学生】国語の勉強法を知って親が教えると国語の成績アップ

【小学生】国語の勉強法を知って親が教えると国語の成績アップ

オンライン授業で全国の小学生と中学生を応援する。

 

塾オンラインドットコムです。

 

今回の記事の担当は、塾長です。

 

小学生の国語の勉強法って気になりませんか?

 

実は、今回紹介する「【小学生】国語の勉強法を知って親が教えると成績アップ」を読めば、小学生の国語の勉強法がわかります。

 

なぜなら、塾オンラインドットコムで実践している内容だからです

 

この記事では、小学生の国語の勉強法を具体的に紹介しています。

 

記事を読み終わると、小学生の国語の勉強法がわかり、成績アップにつながるはずです。

 

以下の悩みを解決します。最後に小学生の各教科の勉強法をまとめていますので参考にしてください。

小学生の国語の勉強って大切なの?

小学生の国語の成績を上げるために

読解問題を得意にしたい

記事の内容
小学生の国語の勉強法を親が知って教えると成績アップ

小学生の国語の成績を上げるために

小学生が読解問題を得意にするポイント

内申点対策に興味のある方

↓↓↓↓↓

無料体験授業のお申し込みはこちら

【小学生】国語の勉強法を知って親が教えると国語の成績アップ

【小学生】国語の勉強法を知って親が教えると国語の成績アップ

国語が苦手な小学生の苦手を克服するためには、国語の本質について理解する必要があります。

 

これからの国語力に求められる力についてまとめてみました。

 

以下のポイントについて説明しています。

 

国語を教える時のヒントにしてください。

国語とは
国語力を構成する能力
国語力の領域

国語の知識を増やすと成績アップ

国語とは

国語で求められる能力は、「考える力」「感じる力」「想像する力」「表す力」「国語の知識」「教養・価値観・感性」、日本語を使うための総合的な力が求められます。

 

国語の能力には、漢字の読み書き、慣用句やことわざの知識、文章読解力、論理的思考力、読解力、設問に適切に答える解答力なども含まれます。

 

国語の果たす役割は極めて広範囲にわたり,文化の基盤である国語の重要性はいつの時代においても変わるものではなく、その意味では,国語力の向上が大切なことがわかります。

国語力を構成する能力

「これからの時代に求められる国語力」は大きく二つの領域に分けて捉えられます。

 

これからの時代に求められる国語力として,何が必要な能力なのかを明確にすると何が求められているのか、わかりやすくなります。

 

以下に示すものは,「これからの時代に求められる国語力」を表したものです。

①考える力,感じる力,想像する力,表す力から成る,言語を中心とした情報を処理・操作する領域
②考える力や,表す力などを支え,その基盤となる「国語の知識」や「教養・価値観・感性等」の領域

 

①は国語力の中核であり,言語を中心とした情報を「処理・操作する能力」としての「考える力」「感じる力」「想像する力」「表す力」の統合体となります。

 

②は,「①の諸能力」の基盤となる国語の知識等の領域です。

 

この二つの領域は,相互に影響し合いながら,各人の国語力を構成しており,生涯にわたって発展していくものと考えられます。

 

なお,読書は,①の「考える力」「感じる力」「想像する力」「表す力」のいずれにも関連しており,②の国語の知識等の領域とも密接に関連しています。

 

国語力を高める上で,読書が極めて重要であることがわかります。

国語力の領域

国語力は、「考える力」「感じる力」「想像する力」「表す力」の四つの力によって,構成されています。

 

これらは,言語を中心とした情報を「処理・操作する能力」であり,国語力の中核と考えられるものでです。

 

以下の表に4つの領域についてまとめてみました。

【考える力】 分析力,論理構築力などを含む,論理的思考力です。
【感じる力】 相手の気持ちや文学作品の内容・表現,自然や人間に関する事実などを感じ取ったり,感動したりできる情緒力です。
【想像する力】

経験していない事柄や現実には存在していない事柄などをこうではないかと推し量り,頭の中でそのイメージを自由に思い描くことのできる力です。

【表す力】 考え,感じ,想像したことを表すために必要な表現力であり,分析力や論理構築力を用いて組み立てた自分の考えや思いなどを具体的な発言や文章として,相手や場面に配慮しつつ展開していける能力です。

国語の知識量を増やすと成績アップ

国語の成績を上げるためには、国語の知識量を増やす必要があります。

 

以下に国語の知識についてまとめてみました。

1 語彙(個人が身に付けている言葉の総体)

2 表記に関する知識(漢字や仮名遣い,句読点の使い方等)

3 文法に関する知識(言葉の決まりや働き等)

4 内容構成に関する知識(文章の組立て方等)

5 表現に関する知識(言葉遣いや文体・修辞法等)

6 その他の国語にかかわる知識(ことわざや慣用句の意味等)

以上、これからの国語力に求められる力についてまとめてみました。

小学生の国語の成績を上げるために

【小学生】国語の勉強法を知って親が教えると国語の成績アップ

小学生の国語の成績を上げるコツについてまとめてみました。

 

以下のポイントについて説明しています。

小学生の国語は毎日勉強

漢字の練習・意味を調べる

国語は読む力をつける

小学生の国語は毎日勉強

国語は毎日勉強するのが基本です。

 

なぜなら、国語は全教科の土台になる教科だからです。

 

だからこそ、小学生は国語を毎日しっかりと勉強する必要があるのです。

 

具体的には、毎日、1日15分から30分の国語の勉強を続けることで国語の成績アップにつながります。

 

このくらいの時間であれば、国語が嫌いな小学生にも負担はないはずです。

 

学校から帰ったらすぐに勉強する、ゲームの前に勉強するなど、遊ぶ時間の前に勉強時間を設定すると勉強しやすくなります。

 

国語の成績アップは、難しいと言われていますが毎日少しの継続が一番の近道です。

漢字の練習・意味を調べる

国語の語彙力を増やすためには、漢字の練習を毎日コツコツと取り組むことが重要です。

 

国語の教科書に出てくる、新出漢字や読めない漢字をピックアップして覚えてください。

 

その時には、漢字一文字を練習するのではなく、とめ、はね、はらいと漢字のさまざまな読み方・使い方も覚えるのがポイントです。

 

また、漢字の意味を理解しながら覚えるのも大切なので、意味のわからない漢字については辞書で調べるクセをつけるようにしてください。

 

なぜなら、知っている言葉や漢字が増えれば読める文章のレベルや幅が広がり、国語力強化に直結するからです。

 

語彙力が高まると文章をまとめる力や文章を書く力が格段にアップします。

 

あわせて、ことわざや慣用句なども同様にして覚えるようにしてください。

 

ただ、語彙力は一朝一夕では身につきません。毎日の少しずつの暗記が重要です。

国語は読む力をつける

国語の教科書を繰り返し音読することで読む力が養われます。

 

読む力が養われると、どんなことが書いてあるのか、登場人物は何人なのか、話の内容を理解できるようになります。

 

国語が苦手な小学生は、教科書を読ませても上手く読めません。

 

理由は、文章の読み書きに慣れておらず、国語の基本である、読む力が養われていないのです。

 

親子で一緒に教科書の音読をしてみてください。

 

スラスラと読める場合は問題ありませんが、読めない場合は、読む力が不足している可能性があります。

 

しかし、読む力は教科書を大きな声で繰り返し音読することで養われます。

 

読解問題に対応できるようになるためにも、国語の基本的な学習方法である音読を反復して取り組むのはおすすめです。

小学生が読解問題を得意にするポイント

【小学生】国語の勉強法を知って親が教えると国語の成績アップ

小学生が読解問題を得意にする方法についてまとめてみました。

 

以下のポイントについて説明しています。

指示語・接続語を理解する

読解問題対策:説明文

読解問題対策:小説

指示語・接続語を理解

読解問題の得点力アップに一番効果があるのが、「指示語」と「接続詞」に注目して読むことです。

 

なぜなら、「指示語」も「接続詞」も出題頻度が高く、コツを覚えてしまえばテストで得点アップが期待できるからです。

 

指示語とは「これ」「そこ」などの言葉のことで、小学校では「こ・そ・あ・ど言葉」と習うこともあります。

 

文章においては、直前の言葉を繰り返すのを避けるために使われることが多いため、ほとんどの指示語は前の内容を指しています。

 

以下に指示語を探すポイントをまとめてみました。

① 指示語の後ろからヒントを探す。

② 直前から「答え」を探す

③ 最後に「答え」を指示語にあてはめて意味があっているか確認。

接続詞とは、大雑把に言えば文と文、節と節、句と句、語と語など文の構成要素同士の関係を示す役割を担う品詞です。

 

「それで」「しかし」「それから」などが代表的な接続詞です。

 

接続詞が問題に出てきたら、印をつけるのがポイントです。

 

文と文との意味のつながりに果たす役割を理解し、正しく使えるよう練習してください。

読解問題対策:説明文

説明文に取り組むにあたっては、次のポイントに注意して読んでください。

 

最初に、「〜について」と問いかけている文章を探しながら読む習慣をつけることです。

 

理由は、「〜について」は、いわゆる問題提起に当たる部分なので、筆者が伝えたいことについて説明する、大きなヒントになるからです。

 

説明文は、「問題提起」→「具体例」→「結論」で成り立っているのが一般的です。

 

説明文とは、筆者が何かについて読み手に説明、紹介する文章なので、まずは「何について説明している文章なのか」ということをとらえて読むと、文章が読みやすくなります。

 

そうするために、「話題提起」、「具体例の直前、直後」、「結論(まとめ)」をおさえることに注意して読み進めるのです。

読解問題対策:小説

小説を読む最大のポイントは「登場人物の気持ち」を知ることです。

 

小説の場合、答えは必ず文章にあるので、文章を読み返して答えを探すのが重要です。

 

文中から答えを探すためには、登場人物の動きや登場人物の発言そして風景描写がヒントになります。

 

特に、登場人物の発言には、その人の気持ちを表現している場合があります。

 

文章中から登場人物の性格を把握することにも注意して文章を読みましょう。

 

風景描写は、周りの様子が書かれています。

 

風景描写と主人公の気持ちをリンクさせて考えてください。

 

小説を問題として読む時には登場人物の動きと発言、風景描写から、登場人物の心情を探し出すように練習してください。

まとめ:【小学生】国語の勉強法を知って親が教えると国語の成績アップ

最後までご覧いただき、ありがとうございます。

 

今回の記事、「【小学生】国語の勉強法を知って親が教えると国語の成績アップ」は参考になりましたでしょうか?

 

塾オンラインドットコムでは、無料体験実施中です。

「塾オンラインドットコムにお任せください」

受験生の親は不安や心配で何かと大変ですが、子どもに悔いのない高校受験をさせてあげるのが大切です。

 

塾オンラインドットコムでは、受験勉強はもちろんのこと、ご家庭とのコミュニケーションを大切にして、スタッフ一同が塾生の高校合格までを全力でサポートいたします。

 

ぜひこの機会に塾オンラインドットコムの無料体験授業を受けてみてください。

 

もちろん、受験生の親の不安や心配事があれば、なんでも相談してください。

 

そのために塾オンラインドットコムがあるのです。

塾オンラインドットコムについて知りたい方

塾オンライン

資料請求はこちらから

お気軽にお問い合わせください。

スタッフ一同、心からお待ちしています。

友だち追加

効率よく勉強したい方

↓↓↓↓↓

無料体験授業のお申し込みはこちら