【高校受験対策】社会の勉強法を知ると社会の成績がアップする!

【高校受験対策】社会の勉強法を知ると社会の成績がアップする!

オンライン授業で全国の小学生と中学生を応援する。

 

塾オンラインドットコムです。

 

今回の記事の担当は、塾長です。

 

社会の高校受験対策の勉強法って知りたくないですか?

 

実は、今回紹介する「【高校受験対策】社会の勉強法を知ると社会の成績がアップする!」を読めば、社会の高校受験対策の勉強法がわかります。

 

なぜなら、塾長が実践している内容だからです

 

この記事では、高校受験対策としての社会の勉強法を具体的に紹介しています。

 

記事を読み終わると、社会の高校受験対策の勉強法がわかる内容になっています。

 

以下の悩みを解決します。

社会の高校受験対策の勉強法が知りたい?

分野別の社会の勉強法が知りたい?

受験までにやっておきたい社会の勉強が知りたい?

記事の内容
【高校受験対策】社会の勉強法を知ると社会の成績がアップする!

分野別勉強法:社会の高校受験対策

受験前までにやっておきたい社会の高校受験対策

内申点対策に興味のある方

↓↓↓↓↓

無料体験授業のお申し込みはこちら

【高校受験対策】社会の勉強法を知ると社会の成績がアップする!

【高校受験対策】社会の勉強法を知ると社会の成績がアップする!

【高校受験対策】社会の勉強法を知ると社会の成績がアップする!についてまとめてみました。

 

以下のポイントについて説明しています。

社会の勉強は暗記中心に高校受験対策

社会で出題される内容を知って高校受験対策

社会の勉強の基本を知って高校受験対策

社会の勉強は暗記中心に高校受験対策

社会の勉強の基本は暗記です。

 

暗記が得意な生徒は社会の点数が伸びて、暗記が苦手な生徒は点数が取れません。

 

しかし、暗記が苦手な生徒というのは、そもそも暗記の仕方がわからないということが多いのです。

 

社会の高校受験対策として、高校入試の社会で高得点を獲得するためには、自分にあった暗記の仕方で、社会の学習することが何よりも大切になります。

 

暗記が得意な生徒は、さらに高得点を目指すために、時事問題や記述式問題の対策に目を向けると良いでしょう。

 

社会は知識の量に比例して成績が上がるため、社会の暗記に取り組めば、きっと高校入試の社会で高得点が狙えるはずです。

社会で出題される内容を知って高校受験対策

高校入試で問われる社会の分野は、「地理」「歴史」「公民」と「時事問題」の4分野から出題されます。

 

社会の出題範囲は、3年間で学習したすべての範囲なので、膨大な量の知識を暗記しなければなりません。

 

暗記が嫌いという人もいるかも知れませんが、社会は暗記の量が増えると得点も稼げるのです。

 

ということは、自分にあった暗記の方法を取り入れて、暗記の量を増やすのが効率的な勉強と言えるのです。

 

社会に対しての苦手意識を持たずに、より効率的な勉強の仕方で確実に得点をあげるのがポイントです。

 

社会は、「地理」「歴史」「公民」と「時事問題」をまんべんなく勉強してください。

社会の勉強の基本を知って高校受験対策

社会は繰り返して暗記ということを説明してきましたが、効率的に暗記するにはどのようにしたら良いのでしょうか?

 

暗記を効率的に行うためには、インプットとアウトプットの繰り返しです。

 

インプットとは社会の教科書を読んで知識を頭に入れることです。

 

アウトプットは社会の問題集を使って、知識を確認します。

 

インプットとアウトプットを繰り返し行って、社会の知識が学力として定着するのです。

 

ここでのポイントはインプットとアウトプットを繰り返し行うことです。

 

なぜなら、人は一度覚えただけでは忘れてしまうため、繰り返して覚えないと知識が定着しないからです。

 

一度覚えた内容も、すぐに忘れてしまっては意味がありません。

 

それを防ぐのが反復練習です。

分野別勉強法:社会の高校受験対策【高校受験対策】社会の勉強法を知ると社会の成績がアップする!

分野別勉強法:社会の高校受験対策についてまとめてみました。

 

以下のポイントについて説明しています。

高校受験対策:地理の勉強法

高校受験対策:歴史の勉強法

高校受験対策:公民の勉強法

高校受験対策:時事問題の対策

高校受験対策:地理の勉強法

地理の高校入試問題には、グラフ・地形図・分布図・雨温図の読み取りなど、暗記した知識を関連付けた問題が多く出題されます。

 

さまざまな地理の出題形式に対応するためには、グラフ・地形・産業・気候などを細かく暗記する必要がありますが、これらは関連付けて暗記できるのです。

 

例えば、地名が出てきた場合にはインターネットで検索して、その地名に関連する内容や写真などを見て関連付けて覚えるのです。

 

また、学校の資料集には関連するグラフや気候図などが載っているため、資料集を見ることも大切です。

 

もちろん、地図帳で場所も確認する必要があるため、知らない地名が出てきた場合には、必ず地図帳と資料集のセットでチェックしてください。

 

教科書本文に加えて、写真付き資料集や地図帳を使うとイメージしやすくなり、記憶に残りやすくなるのです。

 

普段から各地域の特長や気候、産業などを資料から読み取れるよう、日頃から資料に触れておきましょう。

 

また、地理では地図帳も重要なため、教科書に出てくる地名は必ず地図とセットで暗記してください。

高校受験対策:歴史の勉強法

高校受験対策の歴史は、もちろん暗記が中心になりますが、ただ重要語句を覚えればいいというものではありません。

 

なぜなら、歴史は年号や出来事、人名などをバラバラに覚えるのではなく、時系列に沿って順番通りに整理して覚えることが大切だからです。

 

代表的な出来事は、登場人物、時代背景、理由などを関連付けて覚えていくのがポイントです。

 

そのためには、歴史の教科書の音読がおすすめです。

 

歴史の教科書を音読して、重要語句や重要人物、そして年号などを中心に暗記することで高校受験に対応できます。

 

音読する時のポイントは、先ほど説明した、登場人物や時代背景を考えながら音読するとことです。

 

特に重要な出来事の年号については、出来事の並べ替えや正誤問題で問われるケースがあるため、しっかりと暗記してください。

 

また、高校入試では歴史の重要語句を書く問題があるため、漢字なども含めて正確に書けるようにしましょう。

高校受験対策:公民の勉強法

公民は中学3年生から学習するため、高校受験対策がしっかりとできないという中学生もいるかも知れません。

 

しかし、公民は日常生活の中で出てくる言葉が多くあるため、ニュースなどをチェックすることで受験対策になります。

 

例えば、政権が変わったり、選挙があったり、少子化の問題など、ニュースで聞いたり、見たりして、言葉の意味を自然と理解できるのです。

 

公民では、現代の社会的事象や制度、政治に関する問題が多く出題されるため、難しい言葉や用語の意味を理解して覚えるのがポイントです。

 

公民で難しい言葉が出てきたら、言葉の意味を含めてシステムや流れをイメージ出来るようにしましょう。

 

具体的には、小選挙区制、三権分立、基本的人権の尊重などの言葉を暗記するのはもちろんのこと、言葉の意味やシステムを理解するのが大切です。

 

また、高校入試の公民では、表やグラフなどの読み取り問題も必ず出題されますので、いろいろなパターンの演習問題に触れておきましょう。

高校受験対策:時事問題の対策

時事問題とは、幅広い分野でのトピックが含まれますが、「社会で起きた出来事」の総称です。

 

時事問題編対策は、普段から新聞を読んだり、ニュースを見たりして、政治・学問・文化・法律・スポーツなどに関する情報は日頃から気にかけるようにしてください。

 

時事問題は、直近で話題になったニュースが出題される可能性が高いと言えます。

 

また、既に起きた出来事だけでなく、これから活躍が期待される最新技術など、これからのトピックについても情報を得ておくことも大切です。

 

例えばよくある問題が「次のオリンピックの開催地はどこか?」というような問題にも対応できるようになるために、アンテナを立てておく必要があります。

 

社会の時事問題対策は、ネットニュースなどでニュースランキングを活用するのもおすすめです。

受験前までにやっておきたい社会の高校受験対策

【高校受験対策】社会の勉強法を知ると社会の成績がアップする!

受験前までにやっておきたい社会の高校受験対策についてまとめてみました。

 

以下のポイントについて説明しています。

社会の過去問で高校受験対策

社会の教科書を音読して高校受験対策

社会の内申点を上げて高校受験対策

社会の過去問で高校受験対策

受験対策として必ずやっておきたいのが過去問です。

 

過去問は、夏休みに1回やると、「こんなに難しいの」と、お尻に火がつく人がいますが、難易度を知ってもらうためには効果的です。

 

過去問をやる時期は、中学3年生の2学期の定期テストが終わってから本格的に取り組んでください。

 

過去問に取り組むポイントは、

①試験に慣れる

 

②出題傾向を知る

 

③時間配分を知る

過去問に挑戦する際は、必ず時計を用意して、時間を決めて取り組んでください。

 

なぜなら、時間配分を知ることは、最も重要だからです。

 

高校入試本番で時間を気にしていると、集中できなくなり、ケアレスミスしてしまうと、合否に大きく影響します。

 

また、出題傾向を分析することで、問題のパターンなどを把握でき、試験に慣れるのです。

 

過去問をやることで、苦手な分野を把握できるため、苦手分野の克服にも役立ちます。

 

過去問にしっかりと取り組んで受験対策してください。

社会の教科書を音読して高校受験対策

社会の高校受験対策は、教科書の音読を中心に始めるのがおすすめです。

 

なぜなら、受験に必要なことがすべて体系的に説明されているため、社会の勉強の基本は教科書だからです。

 

高校入試の出題範囲も教科書の中から、出題されるのため、教科書をしっかりと音読することで、高校受験対策になるのです。

 

社会の教科書を音読する効果は、インプットとアウトプットが同時にできるのが最大のメリットです。

 

教科書の音読は、繰り返す回数が多いほど理解につながり、教科書の内容を説明できるレベルになるまで音読すると、重要語句が知識として定着しやすくなるのです。

 

教科書を通じて得た知識の量が増えると、高校入試の社会の問題に対応できるようになります。

社会の内申点を上げて高校受験対策

社会の高校受験対策として欠かせないのが、内申点の対策です。

 

理由は、高校受験といっても各学校でさまざまな評価項目がありますが、必ず評価項目として入っているのは中学生活3年間の内申点です。

 

内申点の評価基準は都道府県によって異なりますが、公立高校は内申点と当日の試験結果の合計で合否が判定されるのです。

 

つまり、内申点が高いと高校受験にアドバンテージを持って挑めるのです。

 

そのためは、内申点を上げる方法として確実性の高いものは、定期テストで好成績を残すことです。

 

また、授業中の態度や提出物、宿題などが内申点の評価対象となります。

 

志望校に合格するためには、内申点の仕組みや計算法などを理解すると対策が立てやすくなります。

 

中学3年間しっかり内申点を取ることで、高校受験に、後悔することもなく自信を持って受験に挑めます。

 

内申点について知りたい方、【高校受験】内申書の対策が簡単にできる7つのポイント

まとめ:【高校受験対策】社会の勉強法を知ると社会の成績がアップする!

最後までご覧いただき、ありがとうございます。

 

今回の記事、「【高校受験対策】社会の勉強法を知ると社会の成績がアップする!」は参考になりましたでしょうか?

 

塾オンラインドットコムでは、無料体験実施中です。

「塾オンラインドットコムにお任せください」

受験生の親は不安や心配で何かと大変ですが、子どもに悔いのない高校受験をさせてあげるのが大切です。

 

塾オンラインドットコムでは、受験勉強はもちろんのこと、ご家庭とのコミュニケーションを大切にして、スタッフ一同が塾生の高校合格までを全力でサポートいたします。

 

ぜひこの機会に塾オンラインドットコムの無料体験授業を受けてみてください。

 

もちろん、受験生の親の不安や心配事があれば、なんでも相談してください。

 

そのために塾オンラインドットコムがあるのです。

資料請求はこちらから

お気軽にお問い合わせください。

スタッフ一同、心からお待ちしています。

友だち追加

効率よく勉強したい方

↓↓↓↓↓

無料体験授業のお申し込みはこちら

-