成績が上がらない中学生は要注意かも?【ここにヒントがある】

成績が上がらない中学生は要注意かも?【ここにヒントがある】

オンライン授業で全国の小学生と中学生を応援する。

 

塾オンラインドットコムです。

 

今回の記事の担当は、ベテラン塾長です。

 

成績が上がらない中学生が多くいます!

 

実は今回紹介する「成績が上がらない中学生は要注意かも?【ここにヒントがある】」を読めば、成績が上がるヒントになります!

 

なぜなら、ベテラン塾長が塾生に中学生の成績を上げている内容だからです。

 

この記事では、最後に5科目別の勉強法を具体的に紹介しています。

 

記事を読み終わると、成績が上がらない中学生の勉強のヒントになるはずです。

 

以下の悩みを解決します。

中学生の成績が上がらない理由を知りたい?

中学生の成績を上げるポイントを知りたい?

具体的な勉強法を知りたい?

資料請求

記事の内容
成績の上がらない中学生

中学生の成績を上げる

中学生の成績を上がる勉強法

内申点対策に興味のある方

↓↓↓↓↓

無料体験授業のお申し込みはこちら

成績の上がらない中学生

成績が上がらない中学生は要注意かも?【ここにヒントがある】

成績の上がらない中学生についてまとめてみました。

 

以下のポイントについて説明しています。

小学生と中学生の違い

家庭での勉強の習慣がなくなった

勉強の仕方がわからない

勉強より楽しい誘惑が多い

小学生と中学生の違い

小学校と中学校は、同じ義務教育でもさまざまな面での違いがあります。

 

この違いに早い段階で慣れることができるかどうかが、充実した中学生の成績を上げる重要なポイントの1つです。

 

小学校と中学校の授業の大きな違いは、受け身の授業から主体的な授業に変わることです。

 

小学校の時は、授業で習う(受け身の勉強)ことで、単元テストは100点が取れる仕組みになっています。

 

しかし、中学校では、小学校とは違い、教科担任制となり、定期テストにおいては、教科ごとの先生が独自に作る問題なので受け身の姿勢では、平均点を取るのがやっとの状況になります。

 

中学生になると学習の観点が大きく変わるのです。

 

「小学生の頃は優秀だったのに、中学生になって成績が落ちてきた」というケースの場合は、中学校の授業の変化に適応していない可能性があります。

中学生は家庭での勉強の習慣がない

そもそも家庭で勉強時間がゼロの場合は、成績を上げることはできません。

 

中学生の成績を上げる、前提として、子どもの一日の中でまとまった勉強時間を確保することが必要不可欠だからです。

 

家庭での学習が習慣化されていないケースでは、「何時から何時は勉強の時間」「家に帰ったらすぐに勉強する」などと習慣化することで、勉強したくないという気持ちを抑えて勉強することもできるはずです。

 

そのためには、勉強時間はテレビのボリュームを下げたりして、勉強ができる環境づくりなど、家族のサポートも大切になってきます。

勉強の仕方がわからない

勉強の仕方がわからない生徒は意外と多いですね?

 

勉強の仕方を教わったことがないのでしょう?

 

だから、勉強しなさいと言われて、勉強机に向かっても何を勉強したら良いのかわからないのです。

 

英語なら単語、数学なら公式、国語なら漢字を覚えることが基本となります。

 

これすら知らない生徒がいるので、勉強しなさいではなく、具体的に「単語の練習をやってみたら」、「数学の公式は覚えたの」と言い換えることで、具体的な勉強がはじめてできるのです。

 

勉強は暗記の量に比例して、学力が向上するのです。

 

覚えるべきところはしっかりと覚える勉強の仕方を覚えて実行することが大切になります。

勉強より楽しい誘惑が多い

勉強よりも楽しい誘惑が多いので勉強をしないケースがあります。

 

代表的なものがゲーム、スマホです。

 

ゲームやスマホの誘惑に中学生が打ち勝つことはとても難しく、ゲーム自体がとても魅力のあるコンテンツになっているため、多くの大人も魅了されるのが現実です。

 

中学生の場合、ゲームやスマホを禁止したり、電源を切ったりしたら、たちまち機嫌が悪くなり、親子関係がギクシャクしてしまいます。

 

そうならないためにも、ゲームはスマホと共存しつつ、一定のルールの中で自由に行わせながら、子どもの自律レベルを上げていくほうが合理的と言えます。

中学生の成績を上げる

成績が上がらない中学生は要注意かも?【ここにヒントがある】

中学生の成績を上げるポイントについてまとめてみました。

 

以下の内容について説明しています。

親が勉強を教える

勉強の仕方を教える

復習中心にしてみる

塾に行かせる

親が勉強を教えてみる

中学生の親なら子どもに勉強を教えることについて悩みますよね。

 

よく耳にするのが、「親が教えようとすると親子喧嘩になる」、「学年が上がるにつれて親が教えられなくなる」という相談です。

 

しかし、勉強を教えることで、生活を見ているだけでは分からない子どもの成長の様子を客観的に知ることができます。

 

問題への取り組み方や丁寧さ・雑さ、また途中計算や漢字の書き方といった学習に関係する情報は、テストの点数だけでは見えません。

 

また勉強を通じてコミュニケ―ションが円滑になり、学校の様子を深く知ることもできます。

 

親が子どもに勉強を教えることで、成績が上がらない原因を客観的に発見することで、どんな対策を講じればよいのかを知ることができるのです。

 

それが、中学生の成績を上げるヒントになります。

勉強の仕方を教える

中学生は勉強の仕方を知らない生徒が多くいます。

 

なぜなら、勉強の仕方を教わったことがないからです。

 

そのため、勉強をしていても何をしたら良いのかが、わかっていないのです。

 

しかし、勉強の仕方を知ることで成績が伸びる生徒がたくさんいます。

 

英語と数学の勉強の仕方が違うように、ちゃんとした勉強法を知ることで成績が伸びるのです。

 

勉強の仕方については、最後の章で紹介していますので参考にしてください。

復習中心にしてみる

成績を上げるためには、復習で定着を図ることは必要不可になります。

 

なぜなら、学校で習ったことを家に帰って復習して、学力を定着させるのが基本だからです。

 

そのためには、復習にポイントを置いて勉強することがおすすめです。

 

中学生の幅広い学習範囲を勉強するためには、特に重要なのが復習です。

 

成績に大きく影響するのが、学校の授業が終わってすぐに復習するかどうかで、学習内容の定着度は大きく変化します。

 

成績の上がらない中学生に多いのが、学校の授業を「受けたら終わり」このケースでは、学習した内容も身につくことはなく、試験勉強に対応することもできません。

 

復習をする生徒の場合、記憶の定着度が上がることはもちろん、試験では良い点数が取れるようになります。

 

復習中心の勉強を実践してみてください。

成績が上がらない場合は塾に行かせる

中学生で成績が上がらない場合は、学校の授業についていくために塾に行かせるのもおすすめです。

 

理由は、学校の授業についていくためだからです。

 

「定期テストの点数が悪い」・「学習習慣がなく一人で勉強できない」「苦手科目の克服がしたい」という場合には、検討してみてください。

 

塾では、定期テスト対策や学習習慣の定着、苦手科目の克服のためのサポートを行ってくれます。

 

また、進路についてのアドバイスをしてもらうのも塾に通う目的の一つです。

 

塾に行く目的として、受験対策も指導してもらうことが志望校合格への近道と言えます。

 

塾には個別指導と集団形式などの授業形式があるので、それぞれメリットとデメリットを十分に把握して、自分にあった塾選びをするのがポイントです。

 

例えば、「基礎が理解できない」、「授業についていけない」という場合には、集団塾から個別指導に変えるだけでも、成績がグンと伸びる可能性があります。

 

効率的に成績を上げるためにも塾に行くことを検討してみてください。

中学生の成績を上げる勉強法

成績が上がらない中学生は要注意かも?【ここにヒントがある】

中学生の科目別勉強法についてまとめてみました。

 

以下のポイントについて説明しています。

英語

数学

国語

理科

社会

英語

英語は、「単語」「文法」「長文」に分けて対策することが大切です。

 

勉強の順番は、単語→文法→長文です。

 

最初は単語を徹底的に暗記してください。

 

中学生の英語は単語の暗記量で成績が左右されると言っても過言ではありません。

 

英語が苦手な生徒は、暗記している単語の数が少なすぎて文章の意味が理解できていないからです。

 

単語の暗記は、毎日、コツコツと継続してやるのがおすすめです。

 

英語の文法は、例文と暗記することがポイントです。

 

中学生の英語の場合、授業や教科書の例文がそのままテストに出ることも多いため、文法と例文をセットで暗記すると点数が取りやすくなります。

 

単語と文法を理解してから、英語の長文に取り組んでください。

 

教科書の長文の一文ずつの意味を正確に理解できるようにするために、音読することもおすすめです。

 

中学生の英語の勉強について詳しく知りたい方、英語の偏差値を上げたい中学生はこれを実践するだけ!

 

中学生英語の勉強のポイントについて知りたい方、【中学生】英語の勉強のポイントと勉強法を具体的に紹介!これで英語の苦手を克服!

数学

中学の数学では公式を覚えてください。

 

公式を覚えたら、その公式を使って基本問題を解いて、その解決法を覚えることがポイントです。

 

基本問題を解いているうちに、解き方のパターンが分かって来るようになります。

 

間違えた問題は、間違えた箇所を復習して、再度問題に取り組むことで正しい答えを導くことができます。

 

公式を覚えて基本問題を繰り返し行うのが数学の勉強法です。

 

中学生の数学の勉強について知りたい方、中学生数学の勉強法をわかりやすくポイントをまとめた記事

国語

国語は「読解力」と「漢字・文法」の学習がポイントです。

 

読解力を身につけることは簡単なことではありません。

 

そのため、国語は成績を上げるのが難しい科目と言われています。

 

国語に必要な「読解力」は一朝一夕で身につくものではなく長期的な練習が必要だからです。

 

読解力を身につける場合は教科書を繰り返し音読したり、本を読んだり、新聞に目を通すなどして文字に触れる機会を多く持つことが大切です。

 

出題範囲の漢字や文法を覚えることで、国語の点数を伸ばすことができます。

 

漢字はしっかりと暗記して、取りこぼさないことが大切です。

 

国語の文章題の苦手克服について知りたい方、中学生は国語の文章題が苦手かも?これを読めばすぐに解決!

 

国語の勉強法について知りたい方、中学生の国語の勉強法を知りたくないですか?【成績が上がるコツ】

理科

理科は暗記して答える「暗記系」と、基本的な解法パターンを理解して回答する「理解系」の2つに分類されます。

 

暗記と理解する勉強法は異なるため、勉強法が異なります。

 

理科の暗記は教科書の太字や重要語句をひたすら覚えることです。

 

暗記をするためには、覚えてから、問題集やワークを繰り返し解いて暗記したかどうかを確認することが大切です。

 

理科の理解が必要な分野の学習は、数学の勉強法と同じで公式を覚えてから、基本問題を繰り返し行うのが効果的です。

 

理科にはたくさんの公式があり、公式を覚えて基本問題を繰り返し行うことで、解き方のパターンを身に付けられるのです。

 

理科は、暗記分野か理解する分野かを見極めてそれにあった勉強をするのがポイントです。

 

理科の勉強法について知りたい方、中学生の理科の勉強法で絶対に抑えるべきポイントとは?

社会

社会は暗記の量が多いほど、テストで良い点数を取れる科目になります。

 

なぜなら、社会は知識を問われる問題が多いからです。

 

教科書の太字や重要語句、グラフなどを暗記することがポイントです。

 

暗記の方法としては、教科書を繰り返し読むのがおすすめです。

 

教科書を読みながら、要点を理解して、時代の流れなどを理解することが大切です。

 

知識のインプットが終わったら、問題集やワークなどを繰り返し行って、知識の定着を図ります。

 

社会の勉強法で大切なのは、何度も反復して勉強するということです。

 

一度覚えた内容も、すぐに忘れてしまっては意味がありません。

 

それを防ぐためにも反復練習が必要となります。

 

社会の定期テスト対策について知りたい方、社会の勉強法【中学生編】これで定期テスト対策は万全だ!

まとめ:成績が上がらない中学生は要注意かも?【ここにヒントがある】

最後までご覧いただき、ありがとうございます。

 

今回の記事、成績が上がらない中学生は要注意かも?【ここにヒントがある】は参考になりましたでしょうか?

 

塾オンラインドットコムでは、中学生に寄り添い、丁寧に指導して、成績をぐんぐん伸ばしています。

 

この機会に無料体験授業を受けてみませんか?塾オンラインドットコムでは、無料体験実施中です。

資料請求はこちらから

お気軽にお問い合わせください。

スタッフ一同、心からお待ちしています。

友だち追加

効率よく勉強したい方

↓↓↓↓↓

無料体験授業のお申し込みはこちら

-