STAFF BLOG
合格ブログ

都立高校の受験対策のポイントをアドバイス【読まないと損?】

都立高校の受験対策のポイントをアドバイス【読まないと損?】

オンライン授業で全国の小学生と中学生を応援する。

 

塾オンラインドットコムです。

 

今回の記事の担当は、進路アドバイザー資格を持ったスタッフです。

 

都立高校の受験対策って気になりますよね?

 

今回紹介する「都立高校の受験対策のポイントをアドバイス【読まないと損するかも?】」を読むと、都立高校の受験対策がわかる内容となっています。

 

なぜなら、進路アドバイザーの私が生徒にアドバイスしている内容だからです。

 

この記事では、都立高校の受験対策を具体的に紹介しています。

 

記事を読み終わると、都立高校の受験対策がわかるはずです。

 

以下の悩みを解決します。

都立高校の入試制度とは?

内申点点対策?

受験対策の勉強法は?

資料請求

記事の内容
都立高校の入試制度について

都立高校の内申点について

受験対策の勉強法

受験を成功させるために

あわせて読みたい
参考記事:内申点の計算方法は意外と簡単すぐにマスターできます(都立編)
参考記事:【高校受験】志望校を下げるな!行きたい高校を選ぶ!20のチェックポイント

内申点対策に興味のある方

↓↓↓↓↓

無料体験授業のお申し込みはこちら

都立高校の受験対策

塾オンラインドットコム

都立高校の入試制度を知る

一般入試

推薦入試

都立高校の合否判定

都立高校の入試制度を知る

都立高校の入試は大きく分類すると、「推薦入試」と「一般入試」に分けられます。

 

普通科は募集定員が男女別に決められていますが、専門学科、総合学科、普通科のコース制・単位制は男女合同の選抜となっています。

一般入試

一般選抜(第一次募集・分割前期募集)は、ほとんどの高校で募集定員の70%以上が決まります。

 

おもに5教科の学力検査(芸術および体育に関する学科は国・数・英の3教科)の得点と調査書の評定(内申点)と、高校によっては面接や作文または小論文、実技検査なども実施し、それらも点数化して総合成績とします。

推薦入試

都立高校の推薦入試は、いわゆる学力テストがなく、一般入試に先んじて1月下旬に行なわれるため人気が高く非常に狭き門となるケースが多いようです。

 

推薦入試には「一般推薦」と「文化・スポーツ等特別推薦」があります。

 

都立高校の推薦入試の募集人数は、普通科で募集定員の20%(コース制30%)まで、専門学科、総合学科などでは30%(工業科は40%)までとなっています。

 

面接・集団討論 ※コロナ感染症対策のため集団討論は実施されませんでした。

 

全校で個人面接と集団討論が実施されます(エンカレッジスクールは個人面接のみ実施)。

 

個人面接の時間や面接官の人数などは各高校によって異なります。

 

集団討論の実施方法も各校様々ですが、受験生5~6名で30分程度の学校が多いようです。

 

面接・集団討論の他に、作文・小論文・実技などの検査から1つ以上実施されます。

 

どの検査を実施するかは各高校によって異なります。

 

高校の面接について知りたい方は、【高校受験】面接対策の必勝ポイント!これで安心です。

都立高校の合否判定

学力検査点と調査書の評定(内申点)は計1000点満点(総合得点)に換算し、学力検査点:調査書の評定(内申点)の比率は全日制高校では原則として7:3(芸術および体育に関する学科は6:4)と、学力検査点を重視します。

 

学力検査の一部の教科に比重をかける傾斜配点を実施する高校・学科・コースもあります。

 

一部の高校では、国語、数学、英語の学力検査問題をそれぞれの高校(自校)が作成し出題します。

あわせて読みたい
参考記事:【必見】都立高校の一般入試について詳しく解説
参考記事:【必見】東京都の都立高校推薦入試制度について詳しく徹底解説

都立高校の内申点

都立高校の受験対策のポイントをアドバイス【読まないと損?】

都立高校の内申点についてまとめてみました。

 

以下のポイントについて説明しています。

内申点のとは

内申点の計算方法

内申点対策

内申点とは?

皆さん、「調査書」「内申書」は、聞いたことがあると思います。

 

生徒が中学校で行った学習状況や学校生活について中学校の先生が作成します。

 

生徒が願書を提出した高校に入学の合否の資料として提出する文書のことです。

 

都立高校の一般入試・推薦入試・私立高校入試にも合否の選考資料となります。

 

とても重要な書類です。

 

内申書には、教科の成績を点数化した「内申点」が記載されます。

 

内申点とは、内申書に記載された各教科に対する5段階の「評定」をもとに、東京都で定められた計算方法で算出された数値です。

 

以上の理由から、高校受験において内申点が重要なことが分かりましたよね?

【東京都】の高校入試の内申点の計算方法

東京都の内申点の計算方法について解説いたします。

 

とても簡単なのですぐに覚えられます。

 

まず、東京都の内申書に記入される内申点は、中学3年生の成績のみが対象です。

 

一般選抜(学力検査に基づく選抜)の場合、中学3年生の9教科の成績を5段階で評価し、学力検査を実施しない実技教科は2倍して比重をつけます。

 

内申点の算出方法は、「5教科×5段階評定」と「実技4教科×5段階評定×2倍」の合計65点満点です。

 

芸術および体育に関する学科の内申点は、算出方法が異なり、「国・数・英の3教科×5段階評定」と「それ以外の6教科×5段階評定×2倍」の合計75点満点です。

 

推薦選抜では、ほとんどの高校が評定を点数化して内申点とします。

 

「観点別学習状況の評価」(9教科の全37観点の3段階評価を点数化)を内申点とする高校もあります。

計算例)

 

中学3年生の成績 9教科 オール3の場合、

 

主要5教科の内申点は3☓5教科=15点

 

実技4教科は、3☓4教科☓2倍=24点

 

計算例では、主要5教科と実技4教科を足して内申点は、39点となります。

東京都の内申点の計算方法は意外と簡単ですよね?

 

中学3年生の成績のみが評定されるのがポイントと、内申点の対策として、実技4教科の内申点を「1」上げると、内申点としては、「2」上がったことになります。

 

したがって、実技4教科の内申点を上げることもとても重要となってきます。

 

但し、推薦入試や私立高校の入試については異なりますのでホームページなどで確認してください。

定期テストで高得点を取る

定期テストで高得点を取る!

 

これは、内申点を上げる対策としては、NO.1です。

 

理由は、内申点を決める最大の要因は「定期テスト」の結果だからです。

 

内申点を上げるには、定期テストの結果を上げるのが一番効果的です。

 

中間テストだけ良い点を取っても上がりません。

 

中間テストも期末テストも良い点を取る必要があります。

 

したがいまして、定期テスト対策をしっかりと行いましょう。

課題の提出を怠らない

学校から出された、宿題・プリント・実技であれば作品等、期限を厳守して提出してください。

 

期限を守れない場合は、どんな理由があろうと評価は下がります。

 

提出物の内容はもちろんですが、万が一の場合は、とりあえず提出期限を守って提出してください。

 

提出物の期限が守れない場合は、親も一緒になって提出期限をチェックするのも一つの手です。

学校の授業態度に気をつける

これも内申点の対策としては、必要不可欠なテーマです。

 

具体的には、

・授業中の姿勢に気をつける。(背筋を伸ばす)

 

・視線を先生に向け、うなずく。

 

・先生の話を聞く&黒板をノートに取る。

 

・積極的に挙手をする。(最近は出席番号順で答えることが多い)

以上となりますが裏技として、

 

「授業が終わってから友達と一緒に先生に質問する」などすると効果があるかもしれません。

 

詳しい内申点については、中学生の内申点の付け方を知る!これで内申点対策はバッチリ!

あわせて読みたい
参考記事:【東京都】内申点の計算方法と内申点対策!さらには志望校を決めるポイントを10分で理解する!
参考記事:東京の小学生・中学生はオンラインの塾がおすすめな7つの理由

受験対策勉強法

都立高校 受験対策

各教科の勉強法についてまとめてみました。

 

各教科の勉強法を参考にしてください。

英語

数学

国語

理科

社会

過去問

英語

英語は、「単語」「文法」「長文」に分けて対策することがポイントです。

 

中学英語は単語の暗記量と偏差値は比例する傾向にあります。

 

高校入試の「英語」は、その大半が読解問題です。

 

単語が分からない状態では、文章はまったく読めず、入試の「英語」は解けなくなってしまいます

 

英語が苦手な生徒は、暗記している単語の数が圧倒的に少ないことがあげられます。

 

中学1年生からの単語を覚えることで、偏差値アップにつながります。

 

英語の文法は、例文といっしょに覚えることで学力として定着しやすくなります。

 

中学英語の場合、文法と例文をセットで暗記すると点数が取りやすくなります。

 

英語の長文は応用問題として出題され、差がつきやすい部分です。

 

まずは教科書や参考書で登場する長文の一文ずつの意味を正確に理解できるようにし、全体の流れは音読を繰り返し長文独特のリズムや展開の仕方をつかめるようになりましょう。

英語の偏差値を上げたい方、英語の偏差値を上げたい中学生はこれを実践するだけ!

数学

数学はなによりも「公式」を身につけ、問題を繰り返し解いて「解法を身につける」ことが重要です。

 

中学数学は公式や解法を覚えることが最優先となります。

 

公式をしっかりと覚え、覚えたかどうかの確認を繰り返し行ってください。

 

数学で出題される問題はパターンが決まっているため、問題を解いた回数が多ければ多いほど、テスト本番でも解ける問題が増えます。

 

問題集に取り組むときには、間違えた問題を繰り返し復習して解き方を覚えることで偏差値が上がります。

 

数学の詳しい勉強法は、中学生数学の勉強法をわかりやすくポイントをまとめた記事

国語

国語は「読解力」と「漢字・文法」への対策がポイントです。

 

・読解力をつける

 

国語は成績を上げるのが難しい科目のうちの一つです。

 

国語に必要な「読解力」は一朝一夕で身につくものではなく長期的な練習が必要だからです。

 

読解力を底上げしたい場合は日常的に本を読む習慣をつけましょう。

 

テスト前でとにかく点数を上げたいという場合は、教科書で扱った長文に再度目を通し、できれば問題集やワークなどで練習しておくと良いです。中学の国語の試験はほとんどの場合、授業で扱った教科書の文章が問題として出題されるためです。

 

・出題範囲の漢字や文法を覚える

 

国語で点数を伸ばしたい場合は、漢字や文法の取りこぼしをなくすようにしてください。

 

ここできちんと点を取っておくことで、文章題が苦手でも一定の点数を取ることができます。

 

テスト前は必ず漢字や文法をもれなく覚えるようにしましょう。

 

国語の勉強法について知りたい方、国語の勉強法を知りたくないですか?【成績が上がるコツ】

理科

理科で暗記系の分野の偏差値を上げるためには、教科書を繰り返し読んで重要語句を覚えることが大切です。

 

教科書の図やイラスト、授業内で行った実験などのイメージといっしょに基本用語や単元ごとの仕組みを覚えると内容が理解しやすくなり、教科書の重要語句を覚えるだけでも偏差値は上がります。

 

理科は暗記力と思考力が同時に試される難しい教科です。

 

あとは問題集やワークで単元の問題を繰り返し練習することです。

 

理科は単元ごとに問題の種類や形式も全く異なりので、問題を解く回数を増やしやり方に慣れておくことが重要で、たくさん練習すればするほど正答できる問題の数も増えていきます。

社会

社会は「暗記」と「説明問題」への対策を中心にしましょう。

 

・工夫して暗記する

 

社会は暗記が中心です。そのため、かけた時間が長ければ長いほど点数が上がる対策をしやすい教科であるとも言えます。

 

点数が伸び悩んでいる場合は、まず重要事項をしっかりと覚える必要があります。

 

教科書や授業のノートを使い、赤シートで用語を隠したり語呂合わせで年号を覚えたりするなど工夫をすると暗記がしやすくなります。

 

・教科書の説明文も読んでおく

 

社会は文章題が出題されることもあるため、重要単語の説明や出来事の因果関係に関する教科書の文章にも目を通しておくとさらに点数を伸ばせます。

 

教科書で強調されている箇所や授業で詳しく説明された部分は、特に出題されやすいため要チェックです。

 

社会の勉強法について詳しく知りたい方、社会の勉強法【中学生編】これで定期テスト対策は万全だ!

過去問

都立入試の出題傾向を知るためにも過去問に取り組むことは、合格の可能性が高まります。

 

過去問に取り組むためには、中学で学習した単元をすべて終わらせてからとりくと良いでしょう。

 

そのためには、中学で学習する単元を早めに終わらせる必要があります。

 

過去問に取り組む時には、時計やストップウォッチを用意することをおすすめします。

 

理由は、時間配分をマスターするためです。

 

試験本番で時間が足りなくならないためにも、時間配分を覚えることが大切です。

 

都立高校の合格に向けて過去問もしっかりと取り組むことが合格への近道です。

 

過去問対策を知りたい方、【都立高校】過去問の対策はこれを読めば完全攻略!

あわせて読みたい
参考記事:東京で高校受験を目指す塾選びのポイントを解説!
参考記事:都立高校の志望校の決め方をわかりやすく5分で解説!

受験を成功させるために

都立高校 受験対策

勉強以外の都立高校の受験対策についてまとめてみました。

 

以下のポイントについて説明しています。

模擬試験の活用

学校説明会の活用

夏休みの過ごし方

模擬試験の活用

高校受験対策のための模擬試験とは、高校入試の本番と同様に試験会場に足を運び、過去の高校入試の問題をもとに出題形式や難易度を予想して作成され、受験者の能力を客観的に測るための試験のことです。

 

一般的に模擬試験はテスト業者が実施しているので「業者テスト」とも呼ばれることがあります。

 

テスト業者がこれまでに蓄積した受験生の試験結果などのデータを分析・活用し、受験の専門家という観点から高校入試を模した試験を作成しているため、高校受験をする受験生にとっては、避けては通れないのが模擬試験です。

 

現在行われている高校受験のための模擬試験は、都道府県単位で実施されるのが一般的です。

 

これは各都道府県の高校受験に対応するためであり、高校受験のための模擬試験では、実際の高校受験の入試問題をもとにした出題傾向や問題数、出題パターンを的確に再現しており、中には問題用紙や解答用紙に至るまで、入学試験本番に近い形の模擬試験もあります。

 

受験を成功させるためにも模擬試験は大切な役割を果たします。

 

都立高校を目指す場合、「Vもぎ」「Wもぎ」の2つの模擬試験がありますが、どちらの模擬試験を受験しても都立高校の入試対策になります。

 

模擬試験の活用を知りたい方、【都立高校入試対策】V模擬の活用ポイントをまとめた記事

学校説明会とは

高校の志望校を決めるために学校説明会に参加することは、行きたい学校のことを知ることができるのでとても参考になります。

 

しかし、学校説明会に参加したからといって合否に影響することは表向きはないということになっています。(多分?)

 

時間の許す限り、自分の目で行きたい学校を確認しましょう!

 

学校説明会に参加すると良いことがあるかもしれないので、生徒には、必ず行くように指導しています。

 

高校の学校説明会は、学校の敷地内で行われることが多く、体育館などで学校の詳しい説明を受けるのが一般的な形式です。

 

説明会の内容は、校長先生や担当教員が教育理念や指導方針、進路実績、部活動、授業のスタイル、学校行事などについて説明をすることが多いです。

 

また、説明会の後半では、学校見学会などもあり、学校内の施設や設備についても説明があります。

 

インターネットでは、わからない情報を得られるのが学校説明会のメリットです。

 

学校説明会について知りたい方、高校の学校説明会に参加して志望校を決める7つのポイントを紹介!

夏休みの過ごし方

受験生の夏休みを有意義に過ごせるかどうかで、受験に成功するかしないかの鍵になってきます。

 

夏休みは、自由な時間がたくさんあり、しっかりと勉強する生徒としない生徒では、学力に相当の差がついてしまいます。

 

そのためにも、しっかりと計画を立てて夏闇の勉強をすることが大切になりますので、有意義に過ごす事を考えてください。

 

夏休みを有意義に過ごすために、中学生の夏休みの勉強を成功させるポイントを紹介

塾に行かせる

都立高校の受験対策として、塾に通っていないのであれば、塾に通わせることをご検討ください。

 

塾オンラインドットコムでは、都立高の受験対策にしっかりと対応しています。

 

成績を上げて、ワンランク上の高校を目指してみませんか?

 

お待ちしております。

 

塾に行くかどうかで迷っている人向け、【中学生】学習塾に行くタイミングが簡単に分かるポイントをご紹介!

あわせて読みたい
参考記事:中学生の勉強時間って知りたくないですか?意外と勉強しています!
参考記事:【高校受験生】中学3年生の受験までの1年間のスケジュールを確認する!

まとめ:都立高校の受験対策のポイントをアドバイス【読まないと損?】

最後までご覧いただき、ありがとうございます。

 

今回の記事、都立高校の受験対策のポイントをアドバイス【読まないと損?】は参考になりましたでしょうか?

都立高校の受験対策をしっかりと行います!
ワンランク上の高校を目指します!
偏差値が上がります!
塾オンラインドットコムについて知りたい方

塾オンライン都立高校関連記事:まとめ

参考記事:都立高校の志望校の決め方をわかりやすく5分で解説!

参考記事:【必見】東京都の都立高校推薦入試制度について詳しく徹底解説 

参考記事:【必見】都立高校の一般入試について詳しく解説

参考記事:【東京都】内申点の計算方法と内申点対策!さらには志望校を決めるポイントを10分で理解する!

参考記事:内申点の計算方法は意外と簡単すぐにマスターできます(都立編)

参考記事:【都立高校】過去問の対策はこれを読めば完全攻略!

参考記事:【都立高校入試対策】V模擬の活用ポイントをまとめた記事

参考記事:東京で高校受験を目指す塾選びのポイントを解説!

参考記事:東京の小学生・中学生はオンラインの塾がおすすめな7つの理由

塾オンラインドットコムでは、無料体験実施中です。

資料請求はこちらから

お気軽にお問い合わせください。

スタッフ一同、心からお待ちしています。

友だち追加

効率よく勉強したい方

↓↓↓↓↓

無料体験授業のお申し込みはこちら