STAFF BLOG
合格ブログ

部活と勉強の両立ができる中学生がやっているポイント

部活と勉強の両立ができる中学生がやっているポイント

オンライン授業で全国の小学生と中学生を応援する。

 

塾オンラインドットコムです。

 

今回の記事は、受験メンタルトレーナーが担当しています。

 

「中学生の勉強と部活動の両立をするためにどうすればいいんだろう」と悩んでいませんか?

 

実は、この記事で紹介する「部活と勉強の両立ができる中学生がやっているポイント」を実践すると、勉強と部活動の両立ができるはずです。

 

なぜなら、受験メンタルトレーナーがこれまでに実際にアドバイスをして、勉強と部活動の両立をサポートしてきたからです。

 

この記事では、勉強と部活動を両立するための具体策を紹介しています。

 

この記事を読み終えると、勉強と部活動の両立がきっとできると思います。

 

以下の悩みについて解消いたします。

勉強と部活は両立できるのか?

勉強を習慣化させるには?

子ども一人で両立はできるのか?

勉強と部活動の両立をサポートします!

↓↓↓↓↓

無料体験授業実施中です!

記事の内容

部活動と勉強の両立に必要なこと

勉強を習慣化させるために

家族で部活動と勉強をサポート

 

あわせて読みたい
参考記事:成績が上がらない中学生は要注意かも?【ここにヒントがある】
参考記事:中学生の勉強のやる気が出ないどうしたらいい?これで解決!

勉強と部活の両立を目指すなら!

↓↓↓↓↓

無料体験授業のお申し込みはこちら

部活動と勉強の両立に必要なこと

部活と勉強の両立ができる中学生がやっているポイント

勉強と部活動の両立には、普段の生活のリズムが大事ということについて説明します。

 

ポイントは、以下の内容となります。

自己管理能力

時間の使い方・計画

生活のリズムが大切

部活と自己管理能力

勉強と部活動と多忙な中学生の生活では、これらを両立するためには自己管理能力が必要となってきます。

 

中学生ともなると、反抗期がはじまったり、親の手を離れ、心も体もともに成長していきます。

 

子どもに芽生えた自我や自信を損うことなく、学習と部活などのやりたいことを両立しながら成長していくには自己管理能力を身につける必要があります。

 

自己管理がしっかりとできない子どもは、勉強と部活動の両立は難しくなってきます。

勉強時間の使い方・計画

自己管理能力とは、「タイムマネジメント」と言われることもあり、限りある時間を有効に使うための能力のことです。

 

時間を管理するとは、行動を管理すること、つまりセルフコントロールだと考えられています。

 

ほとんどの中高生は時間を上手に使えていません。

 

なぜなら、部活動が優先されているからです。

 

時間の使い方を考えて、1日の時間の使い方や計画を立てることはとても有効です。

 

例えば、○時〜○時は勉強の時間、ゲームは30分、テレビは○時〜○時と自分自身で決めて、実行に移すことができれば勉強と部活動の両立は可能となってきます。

中学生は生活のリズムが大切

私たちの生活の8割はいつもの習慣で成り立っていると言われています。

 

いつもの習慣は、無意識にやっている癖や習性のようなもののため、もし、そこに重大な問題点があったとしても、意識の焦点を強く当てなければ絶対に改善することはできません。

 

しかし、良い習慣を身に着けた場合はどうでしょうか?

 

毎日、決まった時間に勉強する、ご飯を食べる、お風呂に入る、就寝するのが習慣化されると無意識のうちに勉強と部活動の両立ができるはずです。

 

つまり、普段の生活のリズムを規則正しくすることがとても大事になってきます。

あわせて読みたい
参考記事:社会の勉強法【中学生編】これで定期テスト対策は万全だ!
参考記事:勉強しない中学生の接し方と解決方法を受験メンタルトレーナーが教えます!

勉強の習慣化を身につける

部活と勉強の両立ができる中学生がやっているポイント

良い習慣を身につけるために勉強を習慣化させることについて説明いたします。

 

ポイントは、以下の内容です。

勉強を習慣化する

何を勉強するかを明確に

集中できない時は教科書を読む

勉強を習慣化する

勉強を習慣化することができると、日常生活の中で決まりのように行う動作や行為となって、意識しなくても毎日のように勉強することができるようになります。

 

勉強を習慣化するポイントは、

 

1.勉強する時間を固定する

2.晩御飯のあとに必ず勉強する

3.10分の勉強でも良いので毎日続ける

 

勉強の習慣が身につかない場合、意志の強さは関係なく、勉強のきっかけの方法を間違えていることがほとんどです。

何を勉強するかを明確にする

毎日、同じ時間に勉強机に向かって何をするのかを明確にする必要があります。

 

勉強をする具体的な内容を明確にしていないと、机に座っているだけで勉強しないことがあるからです。

 

具体的には、「英単語を毎日、10個覚える」、「漢字を毎日、10個覚える」などして勉強の内容を明確化することが大切です。

 

それを紙に書いて、壁に貼っておくとさらに効果が増します。

集中できない時は教科書を読む

毎日の学習時間と学習内容が明確になっていたとしても、部活動が忙しく勉強に集中できないこともあります。

 

そんなときには、教科書を繰り返し読むのがおすすめです。

 

なぜなら、独自の勉強法を編み出し数々の難関試験に合格してきた、コメンテーターとしても活躍する山口真由さんが実践してきた勉強法として、「7回読み勉強法」というのがあるからです。

 

記憶は才能ではなく反復と継続によって定着すると言われています。

 

集中できない時は、ぜひ、実践してみてください。

あわせて読みたい
参考記事:中学生の偏差値の上げ方をわかりやすく解説
参考記事:英語の偏差値を上げたい中学生はこれを実践するだけ!

家族で部活動と勉強をサポート

部活と勉強の両立ができる中学生がやっているポイント

中学生一人の力で、勉強と部活の両立は難しいと考えています。

 

やはり、家族のサポートも必要なので以下のポイントについて説明いたします。

中学生には難しい

主体性を育む

塾に通わせる

中学生には難しい?

これまで、勉強と部活の両立について説明をしてきましたが簡単なことではありません。

 

むしろ難しいのが一般的です。

 

理屈ではわかっていても実践できない場合は、家族のサポートが必要となってきます。

 

しかし、中学生は反抗期であったり、心も体もともに成長する時期なので具体的なサポートとしては、毎日、同じ時間に晩御飯を用意したり、同じ時間にお風呂を準備するなどして勉強の環境を整えてあげることが良いと思います。

 

口うるさくすると逆効果になることもあるからです。

主体性を育む

「主体性」とは、どんな状況においても「自分の意志」や「判断」で責任を持って行動する態度や性質のことです。

 

子どもの自主性を育てるコツは、「良い聞き手になること」です。

 

理由は、人は自分の話を聞いてほしい生き物で、良い聞き手がいると沢山自分のことが話せるからです。

 

そして、自分の気持ちが整理されたり、やりたいことが明確になったりします。

 

また、話しているうちに「もっとやってみよう」という意欲がわいたりすることも多いのです。

 

話を聞いてあげることで自主性が芽生えて勉強に目が向くことがあります。

塾に入れる

最後は、塾に入れることです。

 

無理やり塾に行かせても効果はありません。

 

「家で勉強しないのであれば塾に行ってみる」と聞いてみてください。

 

塾に行きたい気持ちを確認することができれば塾に入れることを検討してみてください。

 

塾に行っている間は勉強しているので勉強と部活の両立が可能と言えます。

あわせて読みたい
参考記事:中学生の内申点の付け方を知る!これで内申点対策はバッチリ!
参考記事:体育・音楽・美術・技術家庭の実技4教科の内申点を上げる!

まとめ:部活と勉強の両立ができる中学生がやっているポイント

 

最後までご覧いただき、ありがとうございます。

 

今回の記事、部活と勉強の両立ができる中学生がやっているポイントは参考になりましたでしょうか?

まとめ

普段の生活のリズムが大事・・・自己管理能力、時間の使い方、生活リズムが大切

勉強を習慣化させるために・・・勉強を習慣化する、何を勉強するか明確にする、教科書を読む

家族のサポートが必要・・・中学生には難しい、主体性を育む、塾に通わせる

 

塾オンラインドットコムでは、勉強と部活動の両立を応援しています。無料体験実施中です。

 

お気軽にお問い合わせください。

 

スタッフ一同、心からお待ちしています。塾オンラインドットコムでは、無料体験実施中です。

塾オンラインドットコムについて知りたい方

塾オンライン

資料請求はこちらから

お気軽にお問い合わせください。

スタッフ一同、心からお待ちしています。

友だち追加

効率よく勉強したい方

↓↓↓↓↓

無料体験授業のお申し込みはこちら