STAFF BLOG
合格ブログ

受験勉強に集中できない中学生はこれを読めば解決

受験勉強に集中できない中学生はこれを読めば解決

オンライン授業で全国の小学生と中学生を応援する。

 

塾オンラインドットコムです。

 

今回の記事の担当は、受験メンタルトレーナーです。

 

受験勉強に集中できない中学生って意外と多いのです。

 

実は、今回紹介する「受験勉強に集中できない中学生はこれを読めば解決」を読めば、受験勉強に集中できるヒントになります。

 

なぜなら、塾オンラインドットコムで実践している内容だからです。

 

この記事では、受験勉強に集中できない時の対処法を具体的に紹介しています。

 

記事を読み終わると、受験勉強に集中できるはずです。

 

以下の悩みを解決します。

中学生が集中できる時間は?

受験勉強に集中できない中学生の原因

受験勉強に集中できない時の対処法は?

記事の内容
受験勉強に集中できない中学生

受験勉強に集中できない中学生の原因

受験勉強に集中するための対処法

あわせて読みたい
参考記事:高校受験で親ができることをアドバイス【知らないと損する】
参考記事:中学生は親のプレッシャーを感じている?これで親子関係を良好に!
参考記事:受験生なのに勉強に集中できない中学生を解決するコツ10個

内申点対策に興味のある方

↓↓↓↓↓

無料体験授業のお申し込みはこちら

受験勉強に集中できない中学生はこれを読めば解決

受験勉強に集中できない中学生はこれを読めば解決

受験勉強に集中できない中学生はこれを読めば解決についてまとめてみました。

 

以下のポイントについて説明しています。

受験勉強に中学生が集中できる目安

受験勉強に集中できないと

受験勉強に集中するために

受験勉強に中学生が集中できる目安

中学生が勉強に集中できる目安をご存じでしょうか?

 

中学生が一度に集中できる時間は個人差もありますが、約40~50分前後と言われています。

 

もし、勉強する時の集中力が、いつもこれよりも短い場合は、ちょっと黄色信号と言えます。

 

当然その日の体調等にも左右されますが、子どもの勉強時間をよく観察してみましょう。

 

また、中学1・2年生の平均的な1日の学習時間は約1時間20分前後、中学3年生になると高校受験を控えているため学習時間が2時間以上になるので、休憩を1回は取るのがおすすめです。

受験勉強に集中できない

中学生が受験勉強するときに集中できないと、勉強の効果が期待できません。

 

例えば、テレビを見ながら勉強した時を想像してみてください。

 

覚えようと思ってもテレビが気になって、勉強に集中できずに覚えれらませんよね?

 

暗記をするときも、集中して暗記しようとするから暗記ができるのです。

 

勉強には集中力が必要なことがわかりますよね。

受験勉強に集中するために

中学生が受験勉強に集中するためには、家族の協力も必要になります。

 

なぜなら、勉強中はテレビの音に気を付けたり、大声での会話を控えたり、勉強に集中できる環境づくりが大切だからです。

 

受験勉強の時期は家族で受験生を応援するために、家族で協力体制について話し合うのがおすすめです。

 

受験時期の中学生も家族の協力があると、受験勉強に集中して頑張ろうという気持ちになるはずです。

 

あわせて読みたい
参考記事:高校受験の親がストレスを感じたら【原因はこれかも?】
参考記事:家の近くに塾がない中学生の親の悩みを解決するを記事

受験勉強に集中できない原因

受験勉強に集中できない中学生はこれを読めば解決

受験勉強に集中できない原因についてまとめてみました。

 

以下のポイントについて説明しています。

中学生にとってスマホや漫画は禁物

周りの声が気になる

勉強中に「ボーっ」となる

中学生は休憩を計画的に

中学生にとってスマホや漫画は禁物

家で勉強する場合、スマホやマンガなどの勉強を妨げるものは電源を切ったり、視界から遠ざけてください。

 

なぜなら、勉強より楽しいものは、目に入るだけで気が散り、勉強に集中できないからです。

 

勉強を妨げるものは視界に入らない場所に片付け、机の上を整理整頓してから勉強を始めるのがポイントです。

 

中学生にとって、スマホのLINEやSNSの通知は、集中を妨げる一番の要因になります。

 

特に必要がなければ電源を切って別の部屋に移しておくか、機内モードにしておきましょう。

 

これだけで集中力が格段に上がります。

周りの声やテレビの音が気になる

勉強中に家族の大きな声やテレビの音が聞こえてくると、勉強に集中できなくなります。

 

なぜなら、雑音は集中力を妨げる要因のひとつだからです。

 

勉強中に家族の笑い声やテレビの大きな音などが聞こえてくると、誰しもが気になって勉強に集中できなくなります。

 

勉強に集中できない原因が家族ということもあるので、気を付けてください。

勉強中に「ボーっ」となる

勉強の仕方がわからなくて、勉強が続かいないケースも意外とあります。

 

また、難しい問題に取り組んでいるときも集中力が途切れることもあります。

 

理由は、勉強の仕方がわからない場合も、難しい問題に取り組んでいる場合も、何をしたらよいのかわからずに「ボーっ」となるからです。

 

そんなときは一度別の問題に取りかかるか、勉強する内容を紙に書き出してしまいましょう。

 

脳の中をリセットしたり、頭の中を目に見える形で出してしまったりすることで、新たな気分で取り組めるはずです。

中学生は休憩を計画的に

勉強中は適度な休憩も必要ですが、一度休憩してしまうと必要以上に長い休憩になってしまいます。

 

理由は、休憩を取るときに「何時から始める」「何をするか」を決めないで休憩を取ると勉強を再開できなくなるからです。

 

よくあるのが、疲れたからといってソファやベッドに寝転んでしまったり、マンガやゲームがある部屋に腰を落ち着けてしまったりする場合は、勉強どころではなくなってしまいます。

 

そのような場合には、タイマー等を使って、強制的に休憩を終了させるのがポイントです。

 

休憩は大切ですが、休憩時間を決めて休憩を取るのがおすすめです。

あわせて読みたい
参考記事:最低限知っておきたい高校受験の面接を具体的にアドバイス
参考記事:高校受験1週間前!勉強法とメンタルケア!これで入試を突破する!

受験勉強に集中できないときの勉強法

受験勉強に集中できない中学生はこれを読めば解決

受験勉強に集中できない時の勉強法についてまとめてみました。

 

以下のポイントについて説明しています。

集中できない時は得意科目から勉強する

教科書の音読で集中

d軽い運動をする

集中できない時は得意科目から勉強する

得意科目から勉強してみてください。

 

理由は、得意科目は勉強に対するモチベーションを上げやすいため、勉強に対する集中が高まるからです。

 

逆に苦手科目は、モチベーションが下がるため、注意が必要です。

 

そのため毎日の勉強は得意科目から始めて、その後苦手科目の勉強をするのがおすすめです。

 

しかし、苦手な科目もしっかりと勉強しないといけないので、バランスよく得意科目と苦手科目の勉強をするようにしてください。

教科書の音読で集中

勉強にちょっと疲れたなとか?集中できなくなったときには教科書の音読がおすすめです。

 

なぜなら、教科書の音読は記憶力がアップする効果があるからです。

 

音読といえば国語の教科書というイメージがありますが、国語以外の教科書も音読してください。

 

しかし、教科書を1度読むくらいでは教科書の内容も覚えられないので、繰り返し読むのがポイントです。

 

毎日教科書を読むのも効果があるので試してみてください。

気分転換をする

眠気がなくても、集中できない、いつも通りに頭に入らないということもあると思います。

 

そういった時は、気分転換がおすすめです。

 

なぜなら、気分転換をすると、気持ちを切り替えることができるので、前向きに勉強に取り組めるようになり、勉強に集中しやすくなるからです。

 

頭をリフレッシュするのが気分転換の役割になります。

 

具体的な方法としては、軽くストレッチをしたり、部屋の中をグルグルと歩くのがおすすめです。

 

また、勉強の環境を変えるのも気分転換になるため、リビングに移動して勉強するのも良いでしょう。

あわせて読みたい
参考記事:中学生の春休みの勉強の仕方を5分で解説いたします!
参考記事:部活と勉強の両立ができる中学生がやっているポイント

まとめ:受験勉強に集中できない中学生はこれを読めば解決

最後までご覧いただき、ありがとうございます。

 

今回の記事、受験勉強に集中できない中学生はこれを読めば解決は参考になりましたでしょうか?

 

塾オンラインドットコムでは、無料体験実施中です。

 

「塾オンラインドットコムにお任せください」

受験生の親は不安や心配で何かと大変ですが子どもに悔いのない高校受験をさせてあげるのが大切です。

 

塾オンラインドットコムでは、受験勉強はもちろんのこと、ご家庭とのコミュニケーションを大切にして、スタッフ一同が塾生の高校合格までを全力でサポートいたします。

 

ぜひこの機会に塾オンラインドットコムの無料体験授業を受けてみてください。

 

もちろん、受験生の親の不安や心配事があれば、なんでも相談してください。

 

そのために塾オンラインドットコムがあるのです。

塾オンラインドットコムについて知りたい方

塾オンライン

資料請求はこちらから

お気軽にお問い合わせください。

スタッフ一同、心からお待ちしています。

友だち追加

効率よく勉強したい方

↓↓↓↓↓

無料体験授業のお申し込みはこちら