STAFF BLOG
合格ブログ

【高校受験】面接対策の必勝ポイント!これで安心です。

【高校受験】面接対策の必勝ポイント!これで安心です。

オンライン授業で全国の小学生と中学生を応援する。

 

塾オンラインドットコムです。

 

今回の記事の担当は進路アドバイザーです。

 

高校受験の面接って気になりますよね?

 

実は、今回紹介する「【高校受験】面接対策の必勝ポイント!これで安心です。」を読めば、高校受験の面接のポイントがわかります。

 

なぜなら、進路アドバイザーが塾生ににいつも実践している内容だからです。

 

この記事では、面接のポイントを具体的に紹介しています。

 

記事を読み終わると、高校受験の面接のポイントがわかる内容となっています。

 

以下のポイントについて説明しています。

面接が初めてで不安

高校受験の面接が不安

面接対策は何をしたらよいのか?

どんな質問をされるのか心配?

資料請求

高校受験の面接対策しています!

↓↓↓↓↓

説明会&無料体験実施中

今回の記事の内容

メラビアンの法則

面接の事前準備

面接の想定質問対策

面接時の態度

 

あわせて読みたい

参考記事:勉強しない中学生の接し方と解決方法を受験メンタルトレーナーが教えます!
参考記事:中学生の内申点の付け方を知る!これで内申点対策はバッチリ!

高校受験の面接対策「メラビアンの法則」

【高校受験】面接対策の必勝ポイント!これで安心です。

高校受験における面接対策についてまとめてみました。

 

以下のポイントについて説明しています。

メラビアンの法則とは?

第一印象を決める時間

面接で最も大切なポイント3つ

メラビアンの法則とは?

面接は、「第一印象が大事」とよく言います。

 

なぜ、大事なのでしょうか?

 

ちゃんとした理由があるからです。

 

これらを理解して面接に挑むのと知らないので挑むのでは、結果が大きく違ってきます。

 

では、その理由について説明いたします。

メラビアンの法則は、1971年にカリフォルニア大学ロサンゼルス校の心理学者である、アルバート・メラビアンが提唱した概念です。

 

「感情や気持ちを伝えるコミュニケーションをとる際、どんな情報に基づいて印象が決定されるのか」ということを検証したもので、その割合が示されました。

第一印象を決める時間

第一印象はどの位の時間で決まるかご存知ですか?

 

実は人の第一印象は3秒で決まる、と言われています。

 

メラビアンの法則では、「視覚情報」が55%、「聴覚情報」が38%、「話の内容」が7%と提唱されています。

 

話の内容はなんとたったの7%です!

 

いかに見ためが大事かがわかりますね。

面接で最も大事なポイント3つ

あなたのイメージが決まる最初の3秒、大事なポイントは3つだけ!

 

この3つのポイントをきちんと抑えて、「不安と緊張の初対面」をクリアしましょう。

 

1.身だしなみを整える

 

2.表情や姿勢に気をつける

 

3.声のトーンや話し方に気を付ける

 

以上のポイントから、面接に挑む時。

 

「面接は第一印象が大事だよ」と教わった人は多いと思います。

 

それは、「メラビアンの法則」があるからです。

 

メラビアンの法則を正しく理解しておけば、面接で面接官に良い印象を与えることができたり、気落ちの良いコミュニケーションができるようになります。

 

塾オンラインドットコムでは、3つのポイントを徹底的に繰り返し、練習を行い本番に備えます。

あわせて読みたい

参考記事:高校受験3ヶ月前、親子関係が良好になる。メンタルサポート
参考記事:【高校受験】1週間前!勉強法とメンタルケア!これで入試を突破する!

 

内申点の対策しています!

↓↓↓↓↓

説明会&無料体験実施中

【高校受験】面接の事前準備

【高校受験】面接対策の必勝ポイント!これで安心です。

高校受験の面接の事前準備についてまとめてみました。

 

以下のポイントについて説明しています。

面接のタイプを知る

1.個人面接

2.集団面接

3.グループ討論

面接のタイプを知る

何事も事前の準備は重要です。

 

高校受験の面接においても同じことが言えます。

 

では、どんな事前準じをしたら良いのかをみていきましょう。

 

高校受験で行われる面接の基本となる3タイプを押さえておきましょう。

 

面接は大きく分けて「個人面接タイプ」「集団面接タイプ」「グループ討論タイプ」の3つのタイプに分けることができます。

 

志望校の面接がどのタイプなのかを確認し、それに合わせた準備をしましょう。

 

学校によっては、グループ討論と個人面接の両方を行うなど、2回以上の試験が行われることもあります。

1.個人面接

高校受験において最も多くの学校で行われている面接スタイルです。

 

出願時に提出した志望理由書にもとづいた質問も多く、志望理由はしっかり頭に入れておくのがポイントです。

 

面接官が1人〜3人に対して生徒が1人で行うことが多いです。

 

個人面接では、入室して退出するまでの態度や話し方などがみられています。

 

特に態度は、面接官からの質疑応答の際の表情や声、姿勢などです。

 

ハキハキと明るい表情で返答することで、好印象を与えることができます。

 

また、自分が話すときだけでなく、面接官の話を聞くときの態度にも気をつけてください。

 

面接官の話を無表情で聞くよりも、適度に相づちを打ったり返事をしたりすると印象がよくなるのです。

2.集団面接

集団面接方式も高校受験では、よく行われる方式です。

 

質問内容も様々で他の受験生と同じ質問を順番に答えてくこともあれば、違う質問をされることもあります。

 

面接官1人〜3人、生徒3人〜5人で行うことが多いです。

 

全員に対して同じ質問が投げかけられることが多く、自己PRや中学生時代に頑張ったことなど定番の質問が多い傾向があります。

 

個人面接と大きく違うところは、他の中学生の前で受け答えをする点です。

 

集団面接の対策ポイントは他の中学生と比較される点です。

3.グループ討論

5人から10人くらいまでのグループで、課題として与えられたテーマに沿ってディスカッションを行います。

 

面接官はその様子を観察します。

 

個人面接や集団面接と大きく違うところは、面接官の質問に答えて直接PRをするのではなく、議論や発表の様子を通じてPRをする必要がある点です。

 

この場合、発言をしないと評価されない点に注意してください。

あわせて読みたい
参考記事:英語の偏差値を上げたい中学生はこれを実践するだけ!
参考記事:最低限知っておきたい高校受験の面接を具体的にアドバイス

【高校受験】面接の想定質問対策

【高校受験】面接対策の必勝ポイント!これで安心です。

面接官の想定質問についてまとめてみました。

 

以下のポイントについて説明しています。

1.志望動機

2.高校に入学してやりたいこと

3.高校卒業後の夢や進路

1.志望動機

初めての高校受験で面接を受ける中学生は、不安や疑問に感じることがたくさんあります。

 

質問を想定して、事前に準備をしておけば本番で力を発揮することができます。

 

想定問答対策としては、必ず答えを原稿に書くことです。

 

書いて自分の言葉で覚えることが大切です。

 

高校受験で多い質問と模範解答をみてみましょう。

 

「志望動機」この質問は、必ず聞かれます。

面接官も最初に聞いてくる質問で特に知りたい項目になります。

 

自分の回答をしっかりと考えておきましょう。

 

模範的な志望動機の回答は、面接官に入学したいという思いを感じさせることが重要です。

 

積極性のない答えは避けて下さい。

 

必ず、具体的な内容にして下さい。

 

[模範回答例]

「私は高校で演劇ををしたいので、演劇部の活動が活発な貴校を志望しました」

 

「私は高校で甲子園を目指したいので、野球部が強い貴校を志望しました」

2.高校に入学してやりたいこと

高校受験の面接で質問として、「高校に入学したらやりたいこと」も、最近では多い傾向にあります。

 

面接官は「入学後の高校生活」を重要としています。

 

「まだ、決めていません」などの後ろ向きな答えはやめて、必ず、前向きな答えを考えて下さい。

 

[模範回答例]

「私はアメリカの文化に興味があり、将来はアメリカで仕事をしたいので、高校では英語の勉強を頑張りたいです」

 

「私は野球が得意なので、野球部の活動に徹底的に取り組みたいと考えています」

高校卒業後の進路、将来の夢

卒業後の進路や将来の夢についても高校受験の面接では多い質問です。

 

こちらの回答も消極的な答えはやめて、積極的な答えを用意しましょう。

 

[模範回答例]

「私は、IT関係の仕事がしたいと思っています。そのため、高校を卒業したらITの技術を学べる大学に進学を希望しています。」

 

「私は、高校の教師を目指しています。そのため、大学では、教育学部に進学して夢を実現させたいです。」

あわせて読みたい
参考記事:中学生の偏差値の上げ方をわかりやすく解説
参考記事:成績が上がらない中学生は要注意かも?【ここにヒントがある】

【高校受験】面接時の態度

【高校受験】面接対策の必勝ポイント!これで安心です。

面接時の態度についてまとめてみました。

 

以下のポイントについて説明しています。

控室

入室

面接

退室

控室から面接、退室まで気を緩めずに行って下さい。

 

当日は学校に着いた時から始まり、門を出るまで続いているつもりで態度に気をつけて下さい。

 

身だしなみ、服装やマナー、態度も注意が必要です。

 

いつ誰に見られても大丈夫なように、礼儀正しさを忘れず慎重に臨んでください。

控室

控室では、雑談などをしないで、志望動機を頭の中でイメージして下さい。

 

身だしなみを整えることも忘れずに。

 

できるだけリラックスし、自分の順番まで、姿勢よく静かに待ちましょう。

 

緊張したら深呼吸をすると落ち着きます。

入室

名前を呼ばれたら「はい」とはっきり返事をします。

 

面接室のドアをノックし、室内から返事があったら静かにドアを開けて入室する。

 

その時に必ず、両手で静かにドアを閉めます。

 

面接官の方へ向き直り、姿勢を正して「失礼します」と言ってからおじぎをします。

 

名前や受験番号を確認されたらはっきりと答え、「おかけください」と促されてから、

 

一礼して静かに着席します。

面接

「志望理由」などの基本的な聞かれます。

 

面接官の顔(眉間あたり)をしっかりと見て話を聞き、答えるときは相手の目を見て答えましょう。

 

言葉遣いに注意し、面接官との受け答えをして下さい。

退室

面接は最後まで気を抜かないことが大切です。

 

理由は、退室の態度の良し悪しで印象が変わってくるからです。

 

終了したら、「ありがとうございました」とお礼を言ってから、丁寧におじぎをします。

 

出口のドアまで背筋を伸ばし歩きます、ドアの前で面接官のほうへ向き直り、

 

「失礼します」と言ってから一礼して退室しましょう。

あわせて読みたい

参考記事:体育・音楽・美術・技術家庭の実技4教科の内申点を上げる!
参考記事:中学生は親のプレッシャーを感じている?これで親子関係を良好に!

まとめ:【高校受験】面接対策の必勝ポイント!これで安心です。

【高校受験】面接対策の必勝ポイント!これで安心です。

以上、記事を読んでいただきありがとうございました。

 

まとめ、面接対策は事前準備が最も大切です。

 

親子で一緒になって、できるだけ練習を行って下さい。

 

練習に比例して、面接も上手になるはずです。

塾オンラインドットコムについて知りたい方

塾オンライン

資料請求はこちらから

お気軽にお問い合わせください。

スタッフ一同、心からお待ちしています。

友だち追加

効率よく勉強したい方

↓↓↓↓↓

無料体験授業のお申し込みはこちら