数学が苦手な中学生を克服する4つのステップ【すぐに使える】

数学が苦手な中学生を克服する4つのステップ【すぐに使える】

オンライン授業で全国の小学生と中学生を応援する。

 

塾オンラインドットコムです。

 

今回の記事の担当は、塾長です。

 

数学が苦手な中学生って多いですよね?

 

実は、今回紹介する「数学が苦手な中学生を克服する4つのステップ【すぐに使える】」を読めば、数学の苦手を克服できる内容となっています。

 

なぜなら、塾長がいつも数学が苦手な生徒に実践している内容だからです。

 

この記事では、数学が苦手な中学生を克服するための4ステップを紹介しています。

 

記事を読み終わると、数学が苦手な中学生を克服できます。

 

以下の悩みを解決します。

数学が苦手な原因

数学の勉強法知りたい

数学がさっぱりわからない

記事の内容
数学が苦手な中学生を克服するための原因を知る

数学が苦手な中学生を克服する4つのステップ

数学の苦手を克服して得点アップ

内申点対策に興味のある方

↓↓↓↓↓

無料体験授業のお申し込みはこちら

数学が苦手な中学生を克服するための原因を知る

数学が苦手な中学生を克服する4つのステップ【すぐに使える】

数学が苦手な中学生の原因についてまとめてみました。

 

以下のポイントについて説明しています。

算数と数学の違い

数学が苦手な中学生は公式を覚えていない

数学の授業についていけない

算数と数学の違い

小学生の算数では具体的な数だけの計算式を取り扱っていましたが、中学生の数学では文字を含む文字式を使うようになります。

 

また、数学では関数や空間図形などイメージしにくい問題も出てきます。

 

具体的なイメージが難しくなることで、苦手意識をもってしまうこともよくあります。

 

内容が算数よりも高度になっているため、そこでつまずく子どもが多いのです。

 

また、基本的な問題はできるけど、難しくなると途端にできなくなることが出てきます。

 

これは、問題の難易度そのものが小学校の時と比べて上がっているため、応用問題がむずかしくなっているからです。

 

算数と数学の違いについて知りたい方、たった5分で算数と数学の違いを理解して中学生になったら数学を得意にする!

数学が苦手な中学生は公式を覚えていない

数学が苦手と感じているお子さまは、そもそも公式やルールを覚えていない場合があります。

 

なぜなら、数学を勉強する場合には、公式を覚えなければ問題が解けないからです。

 

公式を覚えてから、公式の使い方を学ぶのが数学の勉強の仕方です。

「公式・ルールを覚えていない」
 ↓
「問題が全く解けない」
 ↓
「苦手」

公式を覚えてないから、数学が苦手になる中学生が多くいます。

中学生の数学の授業についていけない

中学生になると、勉強の難易度が上がり、授業のペースも早いため、授業についていけない中学生がいます。

 

なぜなら、数学は積み上げ式の教科だからです。

 

積み上げ式の教科は、前の単元を理解していないと、新しい単元も理解することが難しいのです。

 

そのため。数学の授業についていけなくなり、数学が苦手になる原因にもなります。

 

きちんと数学の知識を理解していれば、難しい問題に直面しても「この公式とこの公式を使えば答えがわかる」と判断できるのが数学です。

 

数学は一回つまずいてしまうと、どんどん新しい知識が増えてくるため、どう手をつけていいかわからず苦手になってしまうケースが多いのです。

 

そうなると授業についていけずに数学が苦手になってしまいます。

数学が苦手な中学生を克服する:4ステップ

数学が苦手な中学生を克服する4つのステップ【すぐに使える】

ステップ1.公式を覚える

ステップ2.基本問題を繰り返し解く

ステップ3.できなかった問題の解説を読む

ステップ4.同じ問題を繰り返し解く

ステップ1.公式を覚える

数学の基本である、公式を暗記してください。

 

覚え方は、人それぞれですが、自分にあった暗記法を使って覚えてください。

 

数学は他の科目に比べて、覚えるべき内容は少ないですが、覚えにくい公式が多いため「覚えよう」という意識が必要です。

 

公式を暗記したら、ちゃんと暗記しているかの確認をしてください。

 

公式の確認は、学力を定着させるためには必要になります。

ステップ2.基本問題を繰り返し解く

公式を使って数学の教科書の基本問題を繰り返し解いてください。

 

簡単な問題から取り組むのがおすすめです。

 

基本問題は全て解いて、解き方のパターンまで覚えるのが理想的です。

 

繰り返し解くことで、「どの問題パターンでどの公式を使えば解きやすいか」がわかるようになります。

 

暗記した公式が使えるように、しっかりと繰り返し基本問題を練習しましょう。

 

基本問題を繰り返し解き、公式を頭に定着させることで、いろいろなパターンの問題に対応できるようになります。

ステップ3.できなかった問題の解説を読む

間違えた問題は、教科書の解説をよく読み、間違えた原因を追求してください。

 

間違えた原因がすぐに理解できて、解答を導くことができたら問題はありません。

 

しかし、間違えた原因がわからない場合は、前の単元を復習することも必要になります。

 

なぜなら、過去に学習した単元を理解していないから、間違いがわからない可能性が高いからです。

 

わからないまま次の単元に進んでも、理解できない可能性が高いため、しっかりとわからない単元を復習してください。

ステップ4.同じ問題を繰り返し解く

最後は、間違えた問題もできた問題も繰り返し解くことが数学の苦手克服のポイントです。

 

間違えた問題は、本当に理解しているのか?公式の使い方は理解しているのか?を確認するためです。

 

先程も説明しましたが、公式の使い方のパターンを覚えるまで繰り返し解くのがおすすめです。

 

問題が解けるようになったら、数学の苦手も克服できているはずです。

数学の苦手を克服して得点アップ

数学が苦手な中学生を克服する4つのステップ【すぐに使える】

中学生の数学は計算が大切

中学生の数学は復習が大切

数学が苦手な場合は塾を検討

中学生の数学は計算が大切

数学の苦手を克服したいのであれば、簡単な計算問題を毎日やるのがおすすめです。

 

理由は、数学を毎日勉強する習慣が身につけば、数学の苦手克服になるからです。

 

はじめは、1日に5問程度の計算問題に取り組むのが良いでしょう。

 

これなら、数学が苦手な中学生でも毎日できるはずです。

 

簡単なレベルの計算問題からはじめて、徐々にレベルを上げて、気づいた時には、数学が好きになっているかもしれません。

 

できる範囲からスタートして、毎日計算問題をやることで数学の苦手を克服します。

中学生の数学は復習が大切

中学校で数学の授業があった日は、必ず復習をしてください。

 

理由は、授業で学習した内容をしっかりと覚えて、学力として定着させるためです。

 

人間は時間が経つと覚えたことでも忘れてしまいます。

 

忘れる前に問題の解き方を定着させることで数学の学力向上につながります。

 

数学の復習が習慣化されると、数学の苦手克服も時間の問題です。

数学が苦手な場合は塾を検討

数学の苦手が克服できない中学生は、塾に行くことを検討するのも一つの手です。

 

理由は、学校の授業の予習、復習をサポートして、生徒が授業のペースに遅れない基礎学力をつけることができからです。

 

授業でわからなかった箇所を塾で質問をすることもできます。

 

学校の授業では生徒それぞれのペースに合わせてはくれないため、授業についていけない生徒も多いので現状です。

 

また、受験対策がしっかりできるのも魅力の一つです。

 

多くの塾では高校受験対策の授業を行っています。

 

志望校合格のためには効率よく勉強のポイントをおさえて、しっかりと受験勉強する必要があります。

 

学習塾に通うことで志望校の傾向と対策を知ることで合格する可能性が高まります。

 

塾に入るとたくさんのメリットがありますので、検討してみてください。

 

塾オンラインドットコムでは、無料体験実施中です。

 

まとめ:数学が苦手な中学生を克服する4つのステップ【すぐに使える】

 

最後までご覧いただき、ありがとうございます。

 

今回の記事、数学が苦手な中学生を克服する4つのステップ【すぐに使える】は参考になりましたでしょうか?

 

塾オンラインドットコムでは、無料体験実施中です。

「塾オンラインドットコムにお任せください」

受験生の親は不安や心配で何かと大変ですが子どもに悔いのない高校受験をさせてあげるのが大切です。

 

塾オンラインドットコムでは、受験勉強はもちろんのこと、ご家庭とのコミュニケーションを大切にして、スタッフ一同が塾生の高校合格までを全力でサポートいたします。

 

ぜひこの機会に塾オンラインドットコムの無料体験授業を受けてみてください。

 

もちろん、受験生の親の不安や心配事があれば、なんでも相談してください。

 

そのために塾オンラインドットコムがあるのです。

資料請求はこちらから

お気軽にお問い合わせください。

スタッフ一同、心からお待ちしています。

友だち追加

効率よく勉強したい方

↓↓↓↓↓

無料体験授業のお申し込みはこちら

-