STAFF BLOG
合格ブログ

中学生の進路が決まらない悩み【専門家がアドバイス】

中学生の進路が決まらない悩み【専門家がアドバイス】

オンライン授業で全国の小学生と中学生を応援する。

 

塾オンラインドットコムです。

 

今回の記事の担当は、進路アドバイザー資格を持っているスタッフです。

 

中学生の進路が決まらない時ってありますよね?

 

実は今回紹介する「中学生の進路が決まらない悩み【専門家がアドバイス】」を読めば、進路についての悩みが解消されるはずです。

 

なぜなら、進路アドバイザーの資格を持っているスタッフが実践している内容だからです。

 

この記事では、中学生の進路が決まらないときの具体的な対処法について紹介しています。

 

記事を読み終わると、中学生の進路についてのヒントになるはずです。

中学生の進路はどうやって決める?

子どもにあった高校の選び方

どうしても進路が決まらない

資料請求

記事の内容
中学生の進路が決まらない理由

子どもにあった高校の選び方

どうしても進路が決まらない場合

あわせて読みたい
参考記事:中学生の勉強の仕方がわからないを解決して成績アップ
参考記事:暗記が苦手な中学生を得意にするたった3つのコツ

内申点対策に興味のある方

↓↓↓↓↓

無料体験授業のお申し込みはこちら

中学生の進路が決まらない理由

中学生の進路が決まらない悩み【専門家がアドバイス】

中学生の進路が決まらない理由についてまとめてみました。

 

以下のポイントについて説明しています。

中学生だけでは進路が決められない

やりたいことや将来の夢がない

大学進学を見据えているのか?

中学生だけでは進路が決められない悩み

中学3年生になったけれど、志望校や進路が決められない中学生は多いのではないでしょうか?

 

塾オンラインドットコムの生徒の中にも志望校がなかなか決められない中学生が多くいます。

 

なぜなら、中学生だけでは決められないからです。

 

中学生が自分の志望校や将来のことを一人で決めることは、並大抵のことではありません。

 

進路を決めるためにはどうしたら良いのかを理解しないで、安易な判断をしてしまうと、後悔することがあるので慎重に決めるのがポイントです。

 

そのため、進路や志望校を決めるためには、親のサポートが必要と言えます。

 

また、中学3年生になっても受験を他人事のように感じている生徒も中にはいます。

 

中学3年生になっても自分の進路について考えたくないのでしょうか?

 

このような場合にも親のサポートが必要と言えます。

 

いずれにしても、進路を決める時に大切なことは、自分を取り巻く現状や適性を客観的に観察して判断することが、大事なポイントです。

やりたいことや将来の夢がない

中学3年生の段階で、やりたいことや将来の夢がある場合には、夢の実現のための高校を選択することができますが、やりたいことや将来の夢がまだ決まっていないケースも多いのでは無いでしょうか?

 

そのために、どんな高校を選べば良いのか?悩んでいる中学生も多くいます。

 

進路選択は、多くの人が中学で初めて経験する人生の分かれ道だといえます。

 

高校に進学してから、やりたいことや将来の夢を現実的に考える人もいるでしょう。

 

なかには「将来像や夢と言われても、まだイメージできない」「自分の好きなことを追求してもよいものだろうか?」などの悩みをもつ中学生もいるかもしれません。

 

将来について漠然としている場合には、中学卒業後に将来の可能性を広げやすい進路を選ぶのが有効です。

 

多様な進路実績(進学、就職、留学など)のある普通科の高校に進学すれば、勉強しながら進路や将来の夢を模索し続けることができます。

高校卒業に就職か?大学進学か?わからない!

高校卒業後に自分はどうしたいのか?についても多くの中学生が悩んでいます。

 

やりたいことや将来の夢が決まらない生徒が多くいるという説明をしましたが、高校に入学してからの3年後にどうしたいのかを決められない中学生も多くいます。

 

具体的には、高校卒業後に就職するのか?それとも、大学進学を考えているか?ということです。

 

これについては、家庭の経済的な状況も考慮しないといけないため、高校卒業後に就職するのか?大学への進学を希望するのか?を明確にしておくことが大切です。

 

就職を希望するのであれば、高校卒業後の就職先などをしっかりとイメージして、職種なども具体的に考えて高校を選ぶことがポイントとなります。

 

大学進学を見据えている場合は、高校進学の際の選び方のポイントが変わってきます。

 

高校の中には、大学進学を見据えて受験勉強に特化した授業を組むところや、補習などが充実した学校もあります。

 

または、私立大学付属の高校に入るのも一つの方法です。

 

高校卒業後の進路を考えてみると中学卒業後の進路についても考えやすくなるので、高校も選びやすくなります。

あわせて読みたい
参考記事:中学生の勉強の仕方がわからないを解決して成績アップ
参考記事:中学生が塾に行って成績を上げるヒミツ3つ紹介

高校の選び方

中学生の進路が決まらない悩み【専門家がアドバイス】

高校の選び方についてまとめてみました。

 

以下のポイントについて説明しています。

高校について知る

高校の学科について知る

学校説明会に参加する

高校について知る

高校についての知識を増やすと、子どもにあった高校の選択肢が増えることになります。

 

一口に高校といっても、学習スタイルによって種類はさまざまです。

全日制 在籍期間は3年間。決められたカリキュラムに沿って学び、進級要件を満たすことで卒業できます。
通信制 修業年限は3年以上。主に紙の教材を中心に勉強し、決められた時数の登校(スクーリング)があります。
定時制

在籍期間は3年以上。単位制を採用しており、74単位を取得することで卒業できます。昼間部・昼夜部・夜間部と多様な時間に学べる環境があることも特徴です。

高等専門学校(高専)

実践的な技術力の習得を目指す5年一貫の高等教育機関です。

 

卒業すると準学士(短期大学卒業と同じ学位)を取得でき、大学に3年次から編入できます。

 

また、3年修了すれば高校卒業資格を取得できます。

 

学科は工業系(機械工学や情報工学など)や商船系がメインです。

専修学校

一般教養を身につけながら、職業や実生活に必要なスキルを養う学校です。

 

カリキュラムによって以下のように分かれています。

各種学校

実践的な職業教育・技術教育を受けられる学校です。

 

料理学校や語学学校、理容学校などが含まれます。

 

入学資格は特に定められておらず、修業年数はそれぞれの各種学校によって独自に設定されています。

職業能力開発校(高等技術専門校)

特定の職業に必要な実践的な知識・スキルを身につけ、希望に合った就職を目指す「職業能力開発施設」のひとつです。

 

中学卒業者を対象とした職業訓練「学卒者訓練普通課程」をおこなっており、自動車整備科や木造建築科、OA事務科などの学科で学ぶことができます。

 

設置している都道府県によって名称が異なり「高等技術専門校」などと呼ばれることもあります。

 

訓練期間は1~2年です。

フリースクール

不登校を経験しているなど、通学が難しい児童・生徒の居場所・学びの場として提供されている民間の施設です。

 

教育方針や学費などはスクールによって異なりますが、さまざまな体験活動のなかで無理なく社会生活を送れるようになっています。

高校の学科について知る

高校には「普通科」「総合学科」「専門学科」の3つの学科に大きく分けることができます。

 

どの学科もさまざまな特徴を持っているため、各学科の特徴を知ることで自分に合う学科を選ぶことができます。

 

普通科は、高校卒業後に大学進学などを目指すために、大学受験に必要な数学や英語などの一般教養を学んでいく学科です。

 

専門学科は、高校卒業後に就職を目指して、ある分野の専門的なスキルを身につけるために学んでいく学科です。

 

普通科のような一般教養の学習もありますが、専門知識や資格の取得に重点が置かれます。

 

総合学科は、普通科のような基礎学習を行うとともに、専門学科のような専門スキルを選択して学んでいく学科です。

 

わかりやすく言うと、普通科と専門学科を合わせたような学科で、自分で学びたいものを選択できる特徴があります。

 

学科は、高校進学後の進路も含めたうえで選択するのがベストです。

 

学科の特長を理解して、高校を選ぶのもポイントです。

 

高校の学科について知りたい方、高校の学科と種類をわかりやすく進路アドバイザーが解説 

学校説明会とは

高校の志望校を決めるために学校説明会に参加することは、行きたい学校のことを知ることができるのでとても参考になります。

 

しかし、学校説明会に参加したからといって合否に影響することは表向きはないということになっています。(多分?)

 

時間の許す限り、自分の目で行きたい学校を確認しましょう!

 

学校説明会に参加すると良いことがあるかもしれないので、生徒には必ず行くように指導しています。

 

高校の学校説明会は、学校の敷地内で行われることが多く、体育館などで学校の詳しい説明を受けるのが一般的な形式です。

 

説明会の内容は、校長先生や担当教員が教育理念や指導方針、進路実績、部活動、授業のスタイル、学校行事などについて説明をすることが多いです。

 

また、説明会の後半では、学校見学会などもあり、学校内の施設や設備についても説明があります。

 

インターネットでは、わからない情報を得られるのが学校説明会のメリットです。

 

学校説明会について知りたい方、高校の学校説明会に参加して志望校を決める7つのポイントを紹介!

 

あわせて読みたい
参考記事:中学生の勉強のやる気が出ないどうしたらいい?これで解決!
参考記事:中学生は親のプレッシャーを感じている?これで親子関係を良好に!

それでも進路が決まらない場合

中学生の進路が決まらない悩み【専門家がアドバイス】

なかなか、進路が決まらない場合についてまとめてみました。

 

以下のポイントについて説明しています。

親が決める

周りの意見を聞いてみる

塾に相談する

親が決める

いろいろ検討したけれでも、中学卒業後の進路がどうしても決まらないケースもあります。

 

中学3年生の進路のタイムリミットは中学3年生の2学期の三者面談と言われています。

 

それまでに時間の余裕があれば、もう少し様子を見ながら、中学卒業後の進路についてよく考えてみることができます。

 

しかし、時間がない場合は、中学卒業後の進路を親が決めるのも仕方がないと思います。

 

子どもの進路を親が決めることは、間違いでも正解でもありません。

 

理由は、中学生はまだ人生経験が豊富ではないので、社会の考え方を理解出来ないことがあるからです。

 

正しい判断が出来ない可能性の方が高いのではないでしょうか?

 

当然、親が進路を決めたらといって必ずしも正解とは限りません。

 

いろいろな決め方があって良いのではないでしょうか?

 

親が決める場合には、できるだけ将来の選択肢が多くなるようなアドバイスをしてあげるのがポイントと言えます。

 

志望校の決め方を簡単に知りたい方、本当に行きたい高校の選び方3ステップ!

周りの意見を聞いてみる

中学3年生の卒業後の進路が決まらない場合、周りの人の意見を聞いてみるのも参考になるはずです。

 

なぜなら、友人や学校の先生などに相談することで、自分とは違った視点から将来の進路を考えることができます。

 

身近に相談できる相手がいない場合でも、ネットで検索すればさまざまな意見を知ることができます。

 

しかし、他人の意見をそのまま実行しても、他人が自分の行動に対して責任を持ってくれるわけではありません。

 

自分の選択には自分で責任を持つという覚悟が大切です。友達と同じ進路に進んだり、親の言うことを鵜呑みにしたり、後悔して人のせいにするのはよくありません。

 

決定を他人任せにしてしまうと、将来後悔する可能性もあります。

 

周りの人の意見はあくまで参考程度にとどめて、最後は自分の意志を尊重するようにしましょう。

 

周りの意見を聞くことは悩んだ時に有効ですが、最終的には自分で決めなければなりません。

塾に相談する

中学卒業後の進路が決まらない場合は、塾に相談するのもおすすめです。

 

なぜなら、塾の先生は進路についての専門家が多いからです。

 

進路について悩んだ時は、最初に相談しても良いかもしれません。

 

塾は勉強を教えるだけではなく進路の相談にも親身に応じてくれるだけでなく、これまでの経験をもとに的確なアドバイスも受けられます。

 

そのために塾があるのです。

 

塾の中には進路の専門資格を保有しているスタッフが常駐している塾もあります。

 

そのような進路の専門家に相談することで、子どもの将来の進路の役に立つことと思われます。

 

塾を活用するのもポイントです。

 

高校の志望校の決め方について知りたい方、【高校受験】志望校を下げるな!行きたい高校を選ぶ!20のチェックポイント

 

都立高校の志望校の決め方について知りたい方、都立高校の志望校の決め方をわかりやすく5分で解説!

 

あわせて読みたい
参考記事:中学生の三者面談のポイント!これを読めば印象アップ!
参考記事:高校受験の内申点を上げ方のコツをこれを読めばわかります!

まとめ:中学生の進路が決まらない悩み【専門家がアドバイス】

最後までご覧いただき、ありがとうございます。

 

今回の記事、「中学生の進路が決まらない悩み【専門家がアドバイス】」は参考になりましたでしょうか?

 

進路の専門家、「進路アドバイザー」がいる、塾オンラインドットコムで一緒に勉強しませんか?

 

塾オンラインドットコムでは、無料体験実施中です。

 

塾オンラインドットコムについて知りたい方

塾オンライン

資料請求はこちらから

お気軽にお問い合わせください。

スタッフ一同、心からお待ちしています。

友だち追加

効率よく勉強したい方

↓↓↓↓↓

無料体験授業のお申し込みはこちら