STAFF BLOG
合格ブログ

数学が嫌いな中学生は必見!数学嫌いを克服する勉強法の紹介

数学が嫌いな中学生は必見!数学嫌いを克服する勉強法の紹介

オンライン授業で全国の小学生と中学生を応援する。

 

塾オンラインドットコムです。

 

今回の記事の担当は、塾長です。

 

数学嫌いの中学生って心配ですよね?

 

実は、今回紹介する「数学が嫌いな中学生は必見!数学嫌いを克服する勉強法の紹介」を読めば、数学嫌いを克服するヒントになります。

 

なぜなら、数学嫌いを克服してきた塾長が書いた記事だからです。

 

今回の記事では、数学が嫌いな原因や数学の勉強法を具体的に紹介しています。

 

記事を読み終わると、中学生の数学嫌いを克服できる内容となっています。

 

以下の悩みを解決します。

中学生が数学嫌いな理由を知りたい

中学生が数学嫌いを克服する勉強法は?

中学生が数学嫌いを克服するポイントは?

記事の内容
数学が嫌いな中学生は必見!数学嫌いを克服する勉強法の紹介

数学の勉強法を知って中学生の数学嫌いを克服

中学生の数学嫌いを克服するポイント

内申点対策に興味のある方

↓↓↓↓↓

無料体験授業のお申し込みはこちら

数学が嫌いな中学生は必見!数学嫌いを克服する勉強法の紹介

数学が嫌いな中学生は必見!数学嫌いを克服する勉強法の紹介

数学が嫌いな中学生は必見!数学嫌いを克服する勉強法の紹介についてまとめてみました。

 

以下のポイントについて説明しています。

数学嫌いは授業についていけない

数学嫌いは勉強の仕方を知らない

家で数学の復習しない中学生

数学嫌いは授業についていけない

中学生の数学は学年が上がるに連れて勉強の難易度が格段に上がります。

 

しかも、数学の授業は進度も早く、一生懸命に数学の授業を聞いていても理解できない場合もあります。

 

そのため、ただ単に数学の授業を聞いているだけでは、数学の授業についていけなくなる可能性があるのです。

 

さらに中学生の数学は、積み上げ式のため、最初がわからないと、その後も当然わかりません。

 

中学生で数学が嫌いと感じている生徒に、「今日の数学の授業で何を勉強した?」と聞いてみてください。

 

何も答えられない場合は、授業についていけていない可能性があります。

 

逆に数学の授業についていけているのであれば、数学の授業内容を整理して説明できるため、安心と言えます。

 

中学の授業についていけなくて、数学の勉強が嫌いなのかもしれません。

数学嫌いは勉強の仕方を知らない

数学の勉強の仕方がわからなくて、数学が嫌いになる中学生もいます。

 

なぜなら、数学の勉強の仕方なんて誰にも教わっていない可能性があるからです。

 

数学の勉強の基本は、公式を覚えて、公式を使った問題演習を繰り返し解くことです。

 

中学の数学で出題されるほとんどの問題は、公式がわかれば解ける問題が多く、応用問題に関してもいくつかの公式を使うことで答えを導き出せます。

 

まずは、公式を覚えて当てはめていくことが大切になります。

 

しかし、暗記だけで数学を勉強すると、応用問題に対応できなくなる可能性があるため、公式の暗記と問題演習をセットで学習するのがポイントです。

 

数学は公式を理解することが重要です。

家で数学の復習しない中学生

理想的は数学の学習は、「予習→学校の授業→家での復習」、このサイクルで数学を学習するのがおすすめです。

 

しかし、中学生で数学が嫌いな場合は、家での復習がおろそかになっているケースがほとんどです。

 

数学の授業があった時は、必ず、家で数学を復習するのが大切です。

 

なぜなら、先程、数学の勉強は公式を暗記してから使えるようなることと説明した通り、忘れる前に家で数学を復習することで効率的に数学の公式を覚えて使えるようになるのです。

数学の勉強法を知って中学生の数学嫌いを克服
数学が嫌いな中学生は必見!数学嫌いを克服する勉強法の紹介

数学の勉強法を知って中学生の数学嫌いを克服についてまとめてみました。

 

以下のポイントについて説明しています。

計算力をアップして数学嫌いを克服

公式を暗記して数学嫌いを克服

数学嫌いは基本問題の繰り返し

計算力をアップして数学嫌いを克服

数学が苦手な中学生に最初に取り組んでほしいのが計算力のアップです。

 

なぜなら、計算の仕方を覚えてしまえば、たくさん練習することで計算力がアップするからです。

 

また、高校入試の問題では、必ず計算問題が出題されるため、計算問題は確実に得点を稼ぎたいからです。

 

計算力のアップは、計算の仕方を覚えて、計算問題をたくさん解くことです。

 

最初は簡単な計算問題から初めて、徐々に難易度を上げていくのがおすすめです。

 

計算問題が解けるようになると、数学嫌いが克服できているはずです。

公式を暗記して数学嫌いを克服

繰り返しになりますが、数学が嫌いな中学生は公式を暗記していないため、答えを導き出せないことがあります。

 

なぜなら、中学生の数学は公式を暗記していないと解けない問題が数多くあるからです。

 

中学生の数学で学習する公式は、算数と比べると数多くあり重要なものばかりです。

 

しっかりと復習してすべて完璧に覚えてください。

 

中学の数学では、中学1年生から重要な公式を学習します。

 

特に方程式や関数、平面図形、空間図形などの単元には覚えるべき公式が多いです。

 

中学の数学では、中学1年生で学習した公式が、中学2年生、中学3年生と応用として学習します。

 

そのため、公式を確実に暗記しておかなければなりません。

 

中学1年生の公式を暗記していない場合、学年が上がった時につまずく原因になってしまいます。

 

中学2年生・中学3年生で数学が嫌いになった場合は、中学1年生の基礎ができていない可能性があるため、中学1年生の内容から復習するのがおすすめです。

数学嫌いは基本問題の繰り返し

公式の暗記は重要ですが、公式を覚えただけでは問題を解くことはできません。

 

問題を解けるようになるためには、基本問題を繰り返し行うことが大切です。

 

基本問題を繰り返し行い、問題のパターンを覚えることで応用問題にも対応できるようになるでしょう。

 

基本問題は、最低3回、繰り返して行うと、その単元の本質を理解できるようになるはずです。

 

数学は基本問題をしっかりと理解しましょう。

 

基本問題を理解したら、次は演習量を確保することが重要です。

 

なぜなら、演習量を増やすことで学力の定着ができるからです。

 

数学では、学校の授業では理解していても、家に帰って、問題を解いてみると「できない」ということがあります。

 

公式を暗記して基本問題をまで解けるようになったとしても、学力が定着していないため完全に理解できていないためです。

 

学力を定着させるためには多くの演習量を確保して、人に説明できるレベルまで完全に理解することが重要です。

 

しっかりと演習問題の確保をしてください。

中学生の数学嫌いを克服するポイント

数学が嫌いな中学生は必見!数学嫌いを克服する勉強法の紹介

中学生の数学嫌いを克服するポイントについてまとめてみました。

 

以下のポイントについて説明しています。

中学生は毎日数学の勉強

中学生は数学の課題宿題は必ず提出

学習塾に通わせる

中学生は毎日数学の勉強

「継続は力なり」

 

数学の勉強は、毎日継続して行うことがおすすめです。

 

なぜなら、「習うより慣れろ」と言われているように、数学も慣れることで、数学の理解力が向上します。

 

「数学に慣れること」は、数学の偏差値を上げる第一歩になるため、日頃から意識して毎日数学に触れる機会を作りましょう。

 

また、毎日まとまった時間の勉強時間を確保することが理想的と言えますが、それができない場合は、10分でも良いので単語の学習などを欠かさず行うことが効果的です。

 

毎日、少しでも良いので数学の学習時間を確保しましょう!

中学生は数学の課題や宿題は必ず提出

宿題や提出物を期限内に提出することを心がけてください。

 

なぜなら、先生は宿題や提出物を管理することで、内申書の評価を決めているからです。

 

先生も授業内容の理解を図るために宿題や提出物の課題を与えているので、期限内に提出物を出さないことは先生の意図を理解していないと判断されます。

 

特に、提出期限を守れない場合は、全く評価されない可能性があります。

 

宿題や提出物は定期テストの前に集中的に出されることがあるので、提出期限を確認し、優先順位をつけて行うようにしてください。

 

親のサポートが必要な場合もあるので、宿題や提出物はいつも注意するようにしてください。

 

宿題や提出物をやるこことは定期テスト対策にもなるので、家庭での学習は最優先してやることが大切です。

 

内申点が上がった中学生について知りたい方、【必見】内申点が上がった中学生の5つの行動をマネする

数学嫌いな中学生を学習塾に通わせる

親が言っても全く勉強しないケースでは、塾に通わせるのも選択肢の一つです。

 

なぜなら、塾に行くことの最大のメリットは、学習習慣が身につくことです。

 

「学校の授業が終わるとスマホやゲーム」「机に向かっても勉強しない」など、親がいくら言っても勉強しないケースが多いのです。

 

中学時期は反抗期と言われる年頃でもあり、親の言うことを一切聞こうとしないのが普通なのです。

 

塾に通うことで、勉強時間の確保になり、学力も身につくはずです。

 

早い段階から塾に行って学習習慣をつけることで、長期的には塾に行っていないお子さまと大きな差がつくでしょう。

 

塾には多種多様なタイプが有り、塾ごとに特長や授業の進め方も異なるため、子どもに合うか合わないかの判断はインターネットやチラシの情報では判断できません。

 

そのため、実際の授業を体験してから入塾の判断ができるよう、無料体験のサービスがほとんどの塾で設けられています。

 

無料体験授業を受けてみて、子どもにあった学習塾を選ぶのがポイントです。

まとめ:数学が嫌いな中学生は必見!数学嫌いを克服する勉強法の紹介

最後までご覧いただき、ありがとうございます。

 

今回の記事、「中学生の数学嫌いは必見!これを読んで数学嫌いを克服だ」は参考になりましたでしょうか?

 

塾オンラインドットコムでは、無料体験実施中です。

「塾オンラインドットコムにお任せください」

受験生の親は不安や心配で何かと大変ですが、子どもに悔いのない高校受験をさせてあげるのが大切です。

 

塾オンラインドットコムでは、受験勉強はもちろんのこと、ご家庭とのコミュニケーションを大切にして、スタッフ一同が塾生の高校合格までを全力でサポートいたします。

 

ぜひこの機会に塾オンラインドットコムの無料体験授業を受けてみてください。

 

もちろん、受験生の親の不安や心配事があれば、なんでも相談してください。

 

そのために塾オンラインドットコムがあるのです。

塾オンラインドットコムについて知りたい方

塾オンライン

資料請求はこちらから

お気軽にお問い合わせください。

スタッフ一同、心からお待ちしています。

友だち追加

効率よく勉強したい方

↓↓↓↓↓

無料体験授業のお申し込みはこちら