STAFF BLOG
合格ブログ

公立高校と私立高校の違いを比較してみました【徹底解説】

公立高校と私立高校の違いを比較してみました【徹底解説】

オンライン授業で全国の小学生と中学生を応援する。

 

塾オンラインドットコムです。

 

今回の記事の担当は、進路アドバイザーです。

 

公立高校か?私立高校か?進学先で悩んでいませんか?

 

実は、今回紹介する「公立高校と私立高校の違いを比較してみました【徹底解説】」を読めば、進路についてのヒントになります。

 

なぜなら、進路に詳しい進路アドバイザーが書いた記事だからです。

 

この記事では、公立高校と私立高校の違いを具体的に紹介しています。

 

記事を読み終わると、公立高校と私立高校の違いがわかる内容になっています。

 

以下の悩みを解決します。

公立高校と私立高校の違いって?

公立高校と私立高校の入試制度の違いって?

高校に入学してからの違いは?

記事の内容
公立高校と私立高校の違いを比較してみました【徹底解説】

公立高校と私立高校の入学試験の違い

公立高校と私立高校に入学してからの違い

内申点対策に興味のある方

↓↓↓↓↓

無料体験授業のお申し込みはこちら

公立高校と私立高校の違いを比較してみました【徹底解説】

公立高校と私立高校の違いを比較してみました【徹底解説】

公立高校と私立高校の違いを比較してみました【徹底解説】についてまとめてみました。

 

以下のポイントについて説明しています。

公立高校とは

私立高校とは

国立・大学付属の高校

公立高校とは

公立高校は、公立高校は、地方公共団体が設置し、多くの場合税金による公的資金で運営されていて、原則的にその都道府県の在住者のみしか受験できません。

 

また、地域によっては学区制があり受験できる学校が限られます。

 

公立高校を大きく分けると、普通科と専門学科に分かれますが、最近は普通科目と専門科目の多様な科目の中から自分の興味・関心・進路希望に合わせて幅広く学習が出来る総合学科の高校も増えてきています。

 

公立高校の普通科では2年・3年生の進学時に希望進路に合わせて文系・理系のクラス分けが行われますが、私立高校のように細かくはありません。

 

公立高校も私立高校ほどではないにしても、各学校によって校風は異なります。

 

部活が盛んな高校、ほとんどが大学進学を目指している高校、地域活動に積極的な学校などその高校の特色があります。

 

私立高校に比べると学費が非常に安いのが大きな特徴です。

私立高校とは

私立学校は、独自の特色ある教育を行いたいという志をもつ人々が、自分の財産や賛同してくれる人々からの寄付を集めて作る学校のことです。

 

それぞれの私立学校では、国民の希望や期待も考えて、特色のある教育や研究がおこなわれています。

 

私立学校は、国立学校、公立学校とともに、日本の学校教育に不可欠な存在です。

 

私立高校では建学の精神や理念によって、その校風は多種多様です。

 

私立高校では公立高校と比べて普通科の割合が多く、最近は普通科の中をさらに細分化し、特進コース・進学コース・文理コースなど、目標とする大学に合わせてカリキュラムを組んで進学指導体制を整えている高校が増えているのが特長です。

 

また、部活動などで非常に優れた実績を持つ高校、心の教育に力を入れている高校など、進学実績だけでなくさまざまな角度から学校選びができるのも私立高校の魅力です。

 

私立高校は学校の数だけ校風・特色などスタイルが違います。

国立・大学付属の高校

国立高校とは国立大学法人が設置する学校です。

 

国民の税金による資金で運営されていますが、国立大学法人が運営母体になったため、学校によって特色が違う教育が行われています。

 

国立高校の多くは普通科のため、大学進学を目指す生徒が多く、進路指導に力を入れている学校が多くあります。

 

大学付属高校とは、大学に併設された学校です。

 

一定の基準を満たせば内部進学できる学校があるため、系列の大学に進学する学生が多いのが特徴です。

 

私立大学の付属高校も多くあり、学校によっては幼稚園からの一貫教育を行っている学校もあるほか、大学の教職課程に所属する学生の教育実習の場として使われている学校もあります。

公立高校と私立高校の違い入試編公立高校と私立高校の違いを比較してみました【徹底解説】

公立高校と私立高校の入学試験の違いについてまとめてみました。

 

以下のポイントについて説明しています。

公立高校と私立高校の受験の違い

公立高校と私立高校の内申点の違い

公立高校と私立高校の推薦の違い

公立高校と私立高校の受験の違い

公立高校と私立高校では、入試の受験科目が大きく違います。

 

公立高校の場合、一般入試の受験科目数は国語・数学・英語・社会・理科の5教科です。

 

私立高校では「英語」「数学」「国語」の3教科で入試が行われます。

 

試験の内容も大きく異なり、公立高校では基礎的な学力が試されるため、教科書の内容を理解して入れば解ける問題ですが、私立高校では教科書レベルを超えた難問が出題されるケースがあり、応用力が求められます。

 

一部の公立高校の入学試験ではオリジナルの問題が出ることがありますが、基本的に自治体ごとに共通の問題が出題されます。

 

また、公立・都立試験の内容は、約70%が中学2年3学期までの内容です

公立高校と私立高校の内申点の違い

公立高校では、入試の合否の判定に内申書の内申点が大きく影響してきます。

 

内申書は、基本情報の他、中学3年間の成績や各教科の学習の記録や学校生活、部活動の記録などが記載されています。

 

公立高校の合否は、当日の試験の結果と内申書を総合的に判断して決定されるのです。

 

したがいまして、公立高校では内申点を意識した対策が必要になります。

 

一方、私立高校の一般入試では、当日の試験の結果で合否が判定されています。

 

もちろん、内申書は受験する高校に提出されますが、基本的には内申点が合否に係ることはほとんどありません。

公立高校と私立高校の推薦の違い

公立高校の推薦入試は、中学校長の推薦があって初めて出願できる「学校推薦」です。

自治体によっては「推薦基準」を設けている場合があります。

 

推薦入試では学力検査はなく、調査書や推薦書、面接の結果で合否が決まります。

 

合格内定時期は1~2月と、「一般選抜」より早く判明するのも特徴です。

 

都道府県の中には、推薦入試と似た「自己推薦型入試」を行っているところもあります。

 

私立高校の推薦入試には、一般的に単願と併願の2種類あります。

 

単願推薦はは、合格したら必ず入学することを条件とした入試です。

 

入学の意図が明確なので、不合格者は単願の場合ほとんど出ません。

 

一方の併願は、その学校以外にほかの学校の受験もできる入試形態です。

 

この場合も、成績基準をクリアしていることが条件で、入試相談や個別相談をしたうえで出願が認められます。

公立高校と私立高校:入学してからの違い

公立高校と私立高校の違いを比較してみました【徹底解説】

公立高校と私立高校:入学してからの違いについてまとめてみました。

 

以下のポイントについて説明しています。

公立高校と私立高校の違い「教育方針」

公立高校と私立高校の違い「授業のカリキュラム」

公立高校と私立高校の違い「校則」

公立高校と私立高校の違い「施設」

公立高校と私立高校の違い「教育方針」

公立高校の場合、自治体が運営しているため、文部科学省の方針に従って教育方針が定められています。

 

その結果、公立高校は特色を打ち出せない、どの学校も似ていると言われています。

 

私立高校は学校法人が運営をし、「建学の精神」に基づき独自の教育が行われます。

 

その教育理念は代々受け継がれ、カリキュラムや日々の教育に反映されています。

 

また、学校が独自に教育方針を打ち出すことができるため、いち早く最先端の教育に対応できるのも私立の特徴です。

公立高校と私立高校の違い「授業のカリキュラム」

公立高校の場合は、基本的にはどこの学校も同じ授業数で、文部科学省の学習指導要領に沿った同じようなカリキュラムで授業が行われます。

 

私立高校の場合は、学校によってさまざまで、学校独自のカリキュラムで授業が進みます。

 

受験対策が進む学校では、授業のスピードがはやく、高校3年生の春には高校3年間の学習内容を終えて、本格的に大学受験の勉強を始めている学校もあるほどです。

 

高校のカリキュラムが公立高校と私立高校では、1年違うと言われています。

公立高校と私立高校の違い「校則」

校則は各学校で決められているため、学校によってさまざまです。

 

公立高校、私立高校とともに制服がない学校や髪型・服装のルールがない学校もあります。

 

一方、公立高校、私立高校とともに細かく厳しくルールが決められている学校もあるのです。

 

もちろん、公立や私立とは関係なく、伝統校は昔の校則がそのまま現在も使われている場合があります。

 

しかし、私立高校に関して言えば、高校の建学精神や校風に独自性があり、それに合わせた校則が求められています。

 

校則に関しては、公立私立であることは関係なく学校によって違うといえます。

公立高校と私立高校の違い「施設」

公立高校は、自治体が運営しているため、学校施設はどこも同じような水準になっています。

 

そのため、公立高校は、入学金等授業料以外も費用負担が少なくなっています。

 

一方、私立高校は独自の理念のもと民間によって運営していますから、学校によってさまざまな特色ある施設を備えています。

 

専用の野球場やサッカーグランドなどの施設が充実しているのが私立高校の特徴と言えます。

 

しかし、私立高校は、入学金、海外研修、学校への寄附金など授業料以外も費用の負担が増えます。

まとめ:公立高校と私立高校の違いを比較してみました【徹底解説】

結局、公立高校?私立高校?どっち?

公立高校と私立高校を比較しても費用、施設設備、授業のカリキュラムなどいろいろな面でメリット・デメリットがあります。

 

公立高校と私立高校で迷った場合、校風、教育方針、通学時間、進学実績、推薦枠なども考慮すべきポイントに加え、総合的に考えた上で、判断してください。

 

満足のいく高校生活を送るためには、特徴を抑え、ご自分に合った高校を選ぶことが何よりも大切です。

「塾オンラインドットコムにお任せください」

最後までご覧いただき、ありがとうございます。

 

今回の記事、「公立高校と私立高校の違いを比較してみました【徹底解説】」は参考になりましたでしょうか?

 

塾オンラインドットコムでは、無料体験実施中です。

 

受験生の親は不安や心配で何かと大変ですが、子どもに悔いのない高校受験をさせてあげるのが大切です。

 

塾オンラインドットコムでは、受験勉強はもちろんのこと、ご家庭とのコミュニケーションを大切にして、スタッフ一同が塾生の高校合格までを全力でサポートいたします。

 

ぜひこの機会に塾オンラインドットコムの無料体験授業を受けてみてください。

 

もちろん、受験生の親の不安や心配事があれば、なんでも相談してください。

 

そのために塾オンラインドットコムがあるのです。

塾オンラインドットコムについて知りたい方

塾オンライン

資料請求はこちらから

お気軽にお問い合わせください。

スタッフ一同、心からお待ちしています。

友だち追加

効率よく勉強したい方

↓↓↓↓↓

無料体験授業のお申し込みはこちら