STAFF BLOG
合格ブログ

【必見】冬休みの勉強時間と勉強法を中学生3年生に徹底指導

【必見】冬休みの勉強時間と勉強法を中学生3年生に徹底指導

オンライン授業で全国の小学生と中学生を応援する。

 

塾オンラインドットコムです。

 

今回の記事の担当は、塾長です。

 

中学3年生の冬休みの勉強時間って気になりませんか?

 

実は、今回紹介する「【必見】冬休みの勉強時間と勉強法を中学生3年生に徹底指導」を読めば、中学3年生の冬休みを有意義に過ごせるはずです。

 

なぜなら、塾オンラインドットコムで実践している内容だからです。

 

この記事では、具体的な冬休みの勉強時間や勉強法を紹介しています。

 

記事を読み終わると、中学3年生の冬休みの勉強時間と勉強法がわかります。

 

以下の悩みを解決します。

中学生の冬休みの受験勉強の時間を知りたい

冬休みの受験勉強の学習内容が知りたい

受験生が冬休みを有意義に過ごすためには?

記事の内容
【必見】冬休みの勉強時間と勉強法を中学生3年生に徹底指導

高校受験対策:冬休み編

高校受験の中学生が冬休みを有意義に過ごすためには

あわせて読みたい
参考記事:高校を受験する受験生の勉強時間を知る【ここからが本番】
参考記事:受験生の勉強時間を知ると中学生は勉強のやる気が出る!

内申点対策に興味のある方

↓↓↓↓↓

無料体験授業のお申し込みはこちら

冬休みの勉強時間と勉強法を中学生に徹底指導

【必見】冬休みの勉強時間と勉強法を中学生3年生に徹底指導

冬休みの勉強時間と勉強法を中学生に徹底指導ことについてまとめてみました。

 

以下のポイントについて説明しています。

高校受験の中学生の冬休み勉強時間

冬休み科目別勉強時間

冬休みのおすすめ勉強スケジュール

高校受験の中学生の冬休み勉強時間

高校受験を控えた中学生は冬休みに何時間勉強したらいいのでしょうか?気になりますよね?

 

塾オンラインドットコムでは、高校受験を間近にした中学生の冬休みの勉強時間を最低5時間、できれば、理想は8時間と決めています。

 

理由は、冬休みは受験直前の最後の追い込みでもあり、部活もなく、勉強に集中できる環境が整っているからです。

 

冬休みの勉強の成果が受験を左右すると言っても過言ではありません。

 

受験勉強に専念できる冬休みは、しっかりと勉強時間を確保して受験勉強に取り組みましょう

冬休み科目別勉強時間

冬休みに5時間勉強する時は、1教科1時間を目安に勉強します。

 

1日の勉強時間が8時間の場合には、英語・数学・国語を各2時間、理科・社会は各1時間の勉強時間がおすすめです。

 

科目別の勉強内容としては、

英語 単語と英文法をひたすら覚える
数学 基本問題を繰り返し行う
国語 漢字や接続詞を覚える
理科 暗記分野はひたすら暗記、計算分野は基本問題を行う。
社会 教科書を繰り返し読んで、重要語句を暗記する。

冬休みのおすすめ勉強スケジュール

7:00〜9:00 起床・勉強の準備
9:00〜11:00 英語の勉強
11:00〜12:00 理科の勉強
12:00〜13:00 昼食
13:00〜15:00 数学の勉強
15:00〜16:00 休憩
16:00〜18:00 国語の勉強
18:00〜20:00 夕食・お風呂
20:00〜21:00 社会の勉強
21:00〜23:00 自由時間
23:00 就寝

冬休みのおすすめ勉強スケジュールですが、約50分ごとに細かい休憩を取るのがポイントです。

なぜなら、中学生の集中力限度が約50分だからです。

また、これまでに勉強の経験がない中学生は、少しずつ勉強に取り組んでください。

あわせて読みたい
参考記事:中学1年生の勉強時間と勉強法のヒミツを知ると成績アップ
参考記事:中学2年生の勉強時間ってどれくらい?【おすすめ勉強時間】

高校受験対策:冬休み編【必見】冬休みの勉強時間と勉強法を中学生3年生に徹底指導

高校受験対策として冬休みに行う学習についてまとめてみました。

 

以下のポイントについて説明しています。

中学3年生の冬休みは過去問をやる

冬休みは苦手単元を克服する

中学3年生の冬休みは暗記系の勉強

中学3年生の冬休みは過去問をやる

冬休みには志望校の過去問を購入して、過去問を解いて受験勉強の総仕上げに取り組みます。

 

なぜなら、過去問を解くことで志望校の出題傾向や苦手な問題を把握できるからです。

 

苦手な問題や間違えた問題は、教科書や参考書を中心に総復習するのがポイントです。

 

過去問は同じ問題を最低2回は解くのがおすすめです。

 

冬休みには志望校の過去問を利用して受験勉強の総仕上げを行いましょう。

冬休みは苦手単元を克服する

冬休みはこれまで行った学習の総復習を行うのがポイントですが、苦手な単元が見つかったら徹底的に学習してください。

 

なぜなら、苦手な単元があると高校受験に不安を残すからです。

 

苦手な単元の克服は反復学習すると効果があり、過去に学習した分野を繰り返し学習・演習することです。

 

1回学習しただけでは身につけるのが難しい知識や考え方も、復習する機会を増やすことで定着させられるということです。

 

冬休みには苦手単元の克服に取り組んでください。

中学3年生の冬休みは暗記系教科の勉強

暗記系の教科は、受験生の冬休みから頑張ってもグングン成績が上がります。

 

なぜなら、暗記系の教科の成績は知識の量に比例して上がるからです。

 

特に社会は、教科書を繰り返し読んで重要語句を覚えるだけでも成績が上がります。

 

中学3年生は冬休みから受験まで、あきらめずに暗記系の教科に力を入れると、合格の可能性が高まります。

あわせて読みたい
参考記事:小学生の冬休みの勉強時間を知ると有意義に過ごせる
参考記事:中学生の勉強時間って知りたくないですか?意外と勉強しています!

高校受験の中学生が冬休みを有意義に過ごすために

【必見】冬休みの勉強時間と勉強法を中学生3年生に徹底指導

高校受験の中学生が冬休みを有意義に過ごすためについてまとめてみました。

 

以下のポイントについて説明しています。

冬休みは規則正しい生活を送る

中学3年生はスマホや漫画を遠ざける

周りの声やテレビの音が気になる

中学3年生の冬休みは家族が全面的にサポート

冬休みは規則正しい生活を送る

高校受験を控えた中学生が冬休みを有意義に過ごすためには、規則正しい生活は必要不可欠です。

 

なぜなら、寝不足や不規則な生活では、勉強に集中して取り組むことができないからです。

 

具体的には、普段の学校と同じ朝型の生活リズムを守るのがおすすめです。

 

生活が規則正しいと、勉強にもリズムが生まれて効率良くできるのです。

 

受験前の冬休みに不規則な生活を送ってしまうと、取り返しがつかなくなる場合があるので注意してください。

中学3年生はスマホや漫画を遠ざける

冬休み気限らず家で勉強する場合、スマホやマンガなどの勉強を妨げるものは電源を切ったり、視界から遠ざけてください。

 

なぜなら、勉強より楽しいものは、目に入るだけで気が散り、勉強に集中できないからです。

 

勉強を妨げるものは視界に入らない場所に片付け、机の上を整理整頓してから勉強を始めるのがポイントです。

 

中学生にとって、スマホのLINEやSNSの通知は、集中を妨げる一番の要因になります。

 

特に必要がなければ電源を切って別の部屋に移しておくか、機内モードにしておきましょう。これだけで集中力が格段に上がります。

周りの声やテレビの音が気になる

勉強中に家族の大きな声やテレビの音が聞こえてくると、勉強に集中できなくなります。

 

なぜなら、雑音は集中力を妨げる最大の要因だからです。

 

勉強中に家族の笑い声やテレビの大きな音などが聞こえてくると、誰しもが気になって勉強に集中できなくなります。

 

勉強に集中できない原因が家族ということもあるので、気を付けてください。

中学3年生の冬休みは家族の協力も必要

受験生が集中して勉強できる環境を整えるためには、家族の協力も必要になります。

 

受験生が勉強中にテレビの音や大きな笑い声が聞こえたら、勉強に集中できるでしょうか?

 

誰もが周りの音が気になって、勉強に集中できるはずがありません。

 

受験生を応援するためにも、家族が協力して勉強に集中できる環境を整えてください。

あわせて読みたい
参考記事:小学生・中学生時代の勉強時間と勉強の仕方を早稲田大学の講師に聞いてみた!
参考記事:中学生の春休みの勉強の仕方を5分で解説いたします!

まとめ:【必見】冬休みの勉強時間と勉強法を中学生3年生に徹底指導

最後までご覧いただき、ありがとうございます。

 

今回の記事、「【必見】冬休みの勉強時間と勉強法を中学生3年生に徹底指導」は参考になりましたでしょうか?

 

塾オンラインドットコムでは、無料体験実施中です。

「塾オンラインドットコムにお任せください」

受験生の親は不安や心配で何かと大変ですが、子どもに悔いのない高校受験をさせてあげるのが大切です。

 

塾オンラインドットコムでは、受験勉強はもちろんのこと、ご家庭とのコミュニケーションを大切にして、スタッフ一同が塾生の高校合格までを全力でサポートいたします。

 

ぜひこの機会に塾オンラインドットコムの無料体験授業を受けてみてください。

 

もちろん、受験生の親の不安や心配事があれば、なんでも相談してください。

 

そのために塾オンラインドットコムがあるのです。

塾オンラインドットコムについて知りたい方

塾オンライン

資料請求はこちらから

お気軽にお問い合わせください。

スタッフ一同、心からお待ちしています。

友だち追加

効率よく勉強したい方

↓↓↓↓↓

無料体験授業のお申し込みはこちら