STAFF BLOG
合格ブログ

中学生のテストが悪かったときの原因と対策をアドバイス

中学生のテストが悪かったときの原因と対策をアドバイス

オンライン授業で全国の小学生と中学生を応援する。

 

塾オンラインドットコムです。

 

今回の記事の担当は、ベテラン塾長です。

 

今回紹介する「中学生のテストが悪かったときの原因と対策をアドバイス」を読めば、中学生のテスト対策がわかる内容となっています。

 

なぜなら、塾オンラインドットコムで塾長が生徒にいつも指導している内容だからです。

 

この記事では、主要5教科の具体的な勉強法も紹介しています。

 

記事を読み終わると、中学生のテスト対策がわかる内容となっています。

 

以下の悩みを解決します。

定期テストの結果が良くなかった?

中学生の定期テストの対策が知りたい

各教科の勉強法が知りたい

資料請求

記事の内容
中学のテストの結果が悪かった原因

中学のテストの対策

5教科の勉強法をアドバイス

あわせて読みたい
参考記事:英語の偏差値を上げたい中学生はこれを実践するだけ!
参考記事:中学生が定期テストの勉強法を知ると内申点アップ間違いなし!

内申点対策に興味のある方

↓↓↓↓↓

無料体験授業のお申し込みはこちら

中学のテストが悪かった原因

中学生のテストが悪かったときの原因と対策をアドバイス

中学のテストが悪かった原因についてまとめてみました。

 

以下のポイントについて説明しています。

学校の授業に集中していない

復習しない

勉強法が間違っている中学生

学校の授業に集中できない

中学生で定期テストの点数が悪い場合、授業をおろそかにしているケースがあります。

 

中学生が定期テストで点を取るには、まず「一番重要なのは学校の授業」ということを親子で確認することが大切です。

 

中学では基礎レベルを学習するため、学校の成績がすべてだと思えるほど、学校の授業を大切にすることが必要なのです。

 

定期テストは出題範囲が指定されているうえ、授業中に先生が「ここは重要だから」「ここは試験に出すよ」などと言ってくれます。

 

時間をかけて準備すれば、平均点を取ることは難しくありません。

 

テストが悪かった中学生は、まずは学校の授業をきちんと受けることがポイントです。

復習しない

普段から復習しない中学生は定期テストで良い点数を取ることはできません。

 

なぜなら、学力を定着させるためには復習が必要不可欠だからです。

 

理想的な復習の仕方は、授業でやった内容を家に帰ってから、その日のうちに復習することです。

 

人間は学んだこともほとんどのケースで、1日経てば忘れてしまいます。

 

忘れてしまわないためにも、その日のうちにノートを見直すだけでも良いので、復習が大切になります。

 

その日のうちに復習するという、学習習慣が身についていいない中学生は、テスト期間中に頑張っても良い結果を残せません。

 

復習する学習習慣を身につけましょう。

勉強法が間違っている中学生

中学生になっても勉強の仕方がわからないでいる生徒が多くいます。

 

間違った勉強法をしていては、効率的に成績を上げることができません。

 

そのため、中学生のテストで結果が悪かった生徒は、覚えるべき語句をしっかり覚えていない事があげられます。

 

中学生の定期テストの出題傾向は思考力よりも圧倒的に知識を問われる問題が多いのです。

 

つまり、暗記の問題が多いんです。

 

だから、覚えていないと解けない問題が多いということになります。

 

勉強法が間違っているため、暗記ができずに、定期テストで点数が取れないことが多いのです。

覚えるべき語句の例

 

漢字、熟語、慣用句など

 

英語の単語、構文

 

社会科の重要語句および太字、年代・地名等

 

理科の重要語句および太字

 

数学の公式や基本問題

 

実技教科の重要語句および太字

上記の表を参考にして暗記することを中心とした勉強法に変えてみてください。

あわせて読みたい
参考記事:中学生の英語がわからなくなったら!これを読んで解決
参考記事:勉強しない中学生の接し方と解決方法を受験メンタルトレーナーが教えます!

中学のテストの対策

中学生のテストが悪かったときの原因と対策をアドバイス

次回のテストに向けての対策についてまとめてみました。

 

以下のポイントについて説明しています。

3週間前からテスト対策

勉強の計画を作成する

とにかく暗記する

3週間前からテスト対策

一般的に定期テスト期間は、テストの一週間前から始まり、部活などもテスト期間中はお休みとなります。

 

しかし、定期テスト対策は1週間前からで良いのでしょうか?

 

実は、定期テストの勉強を開始するのは、中間テストならば2週間前、期末テストならば3週間前からスタートするのがおすすめです。

 

なぜなら、これまでの経験上、1週間では短すぎて、テスト範囲が終わらなくなることが非常に多いからです。

 

テスト範囲の勉強が終わらずに、テストを受けてしまうと、十分な学力を発揮することができずに悔いの残る結果となってしまいます。

 

そうならないためにも、3週間前から準備をしてテスト勉強を開始するのが良い理由なのです。

 

また、テスト1週間前になると、部活も休みになり、テスト勉強に割り当てられる時間も増えることになります。

 

ここからは追い込み期間として、これまでに足りなかった勉強内容を補い、テストに向けて最終調整を行う時期となります。

 

自分が通う学校の年間予定表から、事前に定期テストの日程を必ずチェックして、2週間前からテスト勉強を開始しましょう!

勉強の計画を作成する

テスト対策は2週間前から余裕をもってスタートし、勉強の計画を作成して計画的にコツコツと勉強することが大切です。

 

無理のない計画を立てて一生懸命に努力することで最高の結果を得られるような計画の立て方について見てみましょう。

 

最初に目標を設定が必要となります。

 

目標は勉強へのモチベーションを上げる役割を担います。

 

たとえば、「得意な英語で90点以上を目指す」など、各教科の目標を見つけてください。

 

目標達成するための全体の勉強を具体的にリストにしてください。

 

リストアップの時には、「第何章の漢字を覚える」のように具体的に書くと効果的です。

 

勉強の全体像が見えたら、テスト対策として各教科の勉強時間を考えてみてください。

 

勉強に必要な時間を把握するためです。

 

「勉強量」「勉強時間」を考えたら、日割して計画を立てて、あとは計画通りに実行するだけとなります。

とにかく暗記する

冒頭でも説明したように、中学生の定期テスト対策は暗記で乗り切ることができるので、とにかく教科書を中心とした暗記の勉強を行ってください。

 

理由は、定期テストは学校で学習した教科書の範囲から出題されるからです。

 

暗記とは、理解する前の段階では必要なことです。

 

たとえば、因数分解の問題を解くためには公式を「暗記」します。

 

暗記した公式を使うことにより因数分解の解き方が「理解」できます。

 

このように、「理解のための暗記」で考えてみてください。

 

最後に理解へと変換することにより、定期テストでの点数アップを実現しやすくなります。

 

とにかく暗記に力を入れて勉強することが定期テストの対策になります。

あわせて読みたい
参考記事:中学生の勉強時間って知りたくないですか?意外と勉強しています!
参考記事:中学生の定期テスト対策を具体的に紹介【正しい勉強法を学べ】

主要5教科の勉強法

中学生のテストが悪かったときの原因と対策をアドバイス

主要5教科の勉強法についてまとめてみました。

 

以下のポイントについて説明しています。

英語

数学

国語

理科

社会

英語

英語の定期テスト対策のポイントです。

 

1.教科書をスラスラ読めるまで音読する。 (7回読むのが効果的です「7回読み勉強法」)

 

2.新出の単語と熟語、そして重要な英文法の例文を暗記する。

 

3.教科書に書かれている英文を和訳する。

 

4.学校のプリント、先生から出題されたワークを使った問題演習の繰り返し学習する。

教科書をすべて暗記することができたら、定期テストで良い点が取れるはずです。

 

なぜなら、定期テストは教科書で習った範囲が出題されるからです。

 

英語の勉強法についてもう少し詳しく、【中学生】英語の苦手を5分で解決!英語の定期テストで良い点数を取る方法!

数学

数学のテスト対策のポイントです。

 

1.公式はすべて暗記する。公式の暗記だけではなく使い方も覚える。

 

2.公式を使った基本問題を繰り返し行う。

 

3.学校のワークやプリントの計算問題・応用問題を繰り返し行い、解き方を覚えるまで行う。

公式などを暗記するだけでは数学の点数はあがらないので公式は基本問題をしっかりと理解しておく必要があります。

 

数学のポイントについて知りたい方は、中学生数学の勉強法をわかりやすくポイントをまとめた記事

国語

国語の定期テスト対策のポイントです。

 

1.教科書をスラスラ読めるまで繰り返し音読する。

 

2.新出漢字・熟語の暗記そして語句の意味まで覚える。

 

3.国語のノートを見直して、重要なポイントを確認する。

 

4.授業で使ったワークやプリントの見直し。

国語は、意外と授業中に先生が黒板に書いていたことがテストに出ることがあるので、ノートの見直しはしっかりと行ってください。

 

国語の勉強法についてもう少し詳しく、中学生の内申点の付け方を知る!これで内申点対策はバッチリ!

理科

理科の定期テスト対策のポイントです。

 

1.教科書を読み「理解」する。テストまでに7回以上読んで理解してください。

 

2.用語・公式・実験等の重要事項を暗記する。用語・用語の意味・公式・実験等の暗記事項を暗記します。

 

3.学校のワークやプリントの問題集などを繰り返し解いて解き方をマスターしてください。

理科は、暗記系と計算系の分野に別れますので、その分野にあった勉強法を実践してください。

 

理科の勉強についてもう少し詳しく、中学生の理科の勉強法で絶対に抑えるべきポイントとは?

社会

社会の定期テスト対策のポイントは

 

1.教科書を読み「理解」する。テストまでに7回以上読んで理解してください。

 

2.教科書の太字や重要事項を暗記する。

 

3.学校のワークやプリントの問題集などを繰り返し解いて習得します。

社会は一番点数の取りやすい教科です。テスト対策をしっかりと行えば高得点が期待できます。

 

社会の勉強法についてもう少し詳しく、社会の勉強法【中学生編】これで定期テスト対策は万全だ!

あわせて読みたい
参考記事:中学生は国語の文章題が苦手かも?これを読めばすぐに解決!
参考記事:中学生の勉強のやる気が出ないどうしたらいい?これで解決!

まとめ:中学生のテストが悪かったときの原因と対策をアドバイス

最後までご覧いただき、ありがとうございます。

 

今回の記事、「中学生のテストが悪かったときの原因と対策をアドバイス」は参考になりましたでしょうか?

 

定期テスト対策はしっかりと行う!塾オンラインドットコムで無料体験授業を受けてみませんか?

 

塾オンラインドットコムでは、無料体験実施中です。

 

スタッフ一同、お待ちしております!

塾オンラインドットコムについて知りたい方

塾オンライン

資料請求はこちらから

お気軽にお問い合わせください。

スタッフ一同、心からお待ちしています。

友だち追加

効率よく勉強したい方

↓↓↓↓↓

無料体験授業のお申し込みはこちら